沖縄野菜は心筋梗塞や脳卒中予防に有用か? 約1万6千人の日本人男女を解析、JPHC研究

ゴーヤに代表される沖縄野菜はビタミンやミネラル、葉酸など栄養価が高いことで知られている。しかし、沖縄野菜を多く摂取しても、心筋梗塞と脳卒中の予防効果は期待できない可能性があることが、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究で示された。詳細は「Journal of Epidemiology」1月12日オンライン版に掲載された。

 これまで沖縄野菜の摂取量と心筋梗塞や脳卒中の発症との関連を検討した大規模な追跡調査は、ほとんど行われていなかった。研究グループは今回、JPHC研究に参加した40歳以上の男女約1万6,000人を長期にわたり前向きに追跡したデータを用いて、これらの関連を検討する研究を実施した。

動脈硬化に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 研究では、ベースライン時とした1995年に沖縄県中部に、1998年に沖縄県宮古の2地域に在住し、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患とがんの既往がない45~74歳の男女1万6,498人を対象に、2012年まで追跡した。ベースライン時の138項目の食物摂取頻度調査票への回答から、参加者の7種類の沖縄野菜(チンゲン菜、からし菜、ゴーヤ、フダンソウ、ヘチマ、ヨモギ、パパイヤ)の摂取量を評価。参加者を沖縄野菜の摂取量で3つの群に分けた上で、心筋梗塞と脳卒中の発症率を比較検討した。

 約13年の追跡期間中に、839人が脳卒中を発症し、197人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症した。年齢や性、飲酒や喫煙などの生活習慣などで調整した解析でも、沖縄野菜の摂取量と心筋梗塞および脳卒中の発症率との間に有意な関連はみられないことが分かった(最も少ない群と比べて最も多い群のハザード比は1.09、95%信頼区間0.93~1.29、P=0.289)。また、沖縄野菜の種類別に解析しても、同様にこれらの間に有意な関連はみられなかった。

 以上の結果を踏まえ、研究グループは「沖縄野菜の摂取量は、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクと関連しないことが分かった」と結論づけている。一方、研究グループは「今回の研究では、摂取量が最も少なかった群でも比較的多く摂取しており、このことが原因でグループ間の差がみえにくくなった可能性がある」と指摘。また、沖縄野菜の摂取量の評価も妥当性が十分ではなかったことも、原因として考えられるとしている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2019年1月28日
Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。