• 子宮筋腫の痛みは、どんな風な症状で感じるの?

    子宮筋腫が起こす痛みはさまざまです。月経時、生理中の痛み。筋腫による痛み。特に痛みが日常生活に支障をきたす症状が出ているときは放置しているのは大変危険です。どんな痛みが生じると危ないのかどんなところが痛むのか。メカニズムと共に詳しく解説していきます。

    月経異常・痛みの激しい生理痛の症状

    子宮筋腫による月経痛は、筋腫ができることによっていつもより痛みがひどくなったり、また痛みが長く続く症状が現れます。初期症状は中々自覚症状がないケースがほとんどで、初めていつもと違う痛みを感じたときは特に病院で詳しい検査を受けることをおすすめします。
    子宮筋腫の大きくなることで、慢性的な痛みへと変化し毎月同じ症状を繰り返し、やがては激痛に変わるといったケースも十分に考えられます。
    何よりも痛みがあるときに放置すると、突然歩けなくなるほどの痛みへと変わるそのまま入院。手術をする必要性が高くなるので、少しでも異常を感じたら病院へ行くのが良いでしょう。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    痛みの感じ方。チクチクとした痛みや慢性的な鈍痛

    子宮筋腫のできる場所により痛みの感じ方も違います。腹部や下腹部に対してチクチクとした痛みを感じる腹痛や下腹部痛を発症するケースもあります。
    なぜチクチクした痛みが生じるのかというと、子宮筋腫が大きくなることで他の臓器を圧迫。圧迫されたことにより、通常では感じない外部から症状とは違い、内側から内側へと感じる痛みが生じます。また子宮筋腫も生活環境や長く放置した状態のままでいると筋腫自体が硝子のように硬くなったり、石のように硬くなったりと子宮筋腫の変性による異常が痛みの症状を引き起こすケースもあります。個人差によって異なりますが、歩けないほどの鈍痛症状と生活に支障をきたす可能性もあり、仕事のやむなく休職するという大きなことへと発展してしまう恐れもあります。

    子宮筋腫の予防策は、放置しない。これが何より大切。

    子宮筋腫は発見されたからといって決してすべての人が大きくなるわけではありません。いざ痛みが出たときなど、医師の処方で痛み止めで和らげることができたり、経過観察を見守ってもらえることで生活改善で小さくすることや成長しないようにすることもできます。決して怖い病気ではありませんが、大きくなればなるほど治療の選択肢も変わっていきますので、違和感を感じたときは、必ず病院で検査をすることを強くおすすめいたします。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫の症状の一つと言われるめまいについて

    子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことをさします。初期症状は無自覚、自覚症状がない人も多いです。必ずしも手術が必要になるわけではなく、個人差もありますが手術自体が必要ない人もいます。大きくなるスピードは、期間の基準はなく数か月で大きくなる人もいれば、まったく大きくならない人もいます。ただこれは決して放置していいわけではなく、知らない間に元々小さかった腫瘍が何センチも大きさが肥大していき、場合によっては手術にいたり、手術費用が通常の通院以上にかかってしまい、重くのしかかってくる場合もあるので注意が必要です。早期発見と医師にいつでも相談できる環境がベストであるといえます。
    今回は子宮筋腫の症状は、腰痛や頭痛。さまざまなケースがありますが今回はめまいの症状にスポットをあてて解説していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    子宮筋腫のめまいの原因は、出血が原因

    過多月経による貧血の症状により、めまいや立ちくらみの症状も考えられます。生理中に出血量が多くなることで、こういった不調に至るケースも必然的と思われがちではありますが、これとは別に経血の量により、貧血の頻度が多くなることがも考えられますが根本を知らなければない。

    婦人科検診や血液検査でもわかるのですが、子宮筋腫によるめまいは、血色素(酸素を体内に送る役割がある組織)のヘモグロビン濃度の低下による酸欠・鉄分の不足により、身体のメカニズムが崩れ、めまいの症状を引き起こす状態であります。

    めまいの症状を治療改善するには?

    一番は何より、医師の診断基準の元に決めるのが最善策です。過多月経を抑える薬などの処方も良いでしょう。鉄分やビタミンのサプリメント摂取。ツボや鍼灸による副交感神経を優位にして改善をはかる人もいらっしゃいます。なにより通常通り日常生活が送れない場合。支障をきたし初めった場合は放置するのは大変危険です。
    命を失うリスクは限りなく低いですが、ある日突然下腹部に激痛が起こりそのまま入院、手術をしなければならない…。仕事復帰に1か月近くかかるというのも決して大げさな話ではありません。
    子宮筋腫は、何よりも早期発見。大きくならないために予防策を講じることが大変重要なので、少しでもいつも以上の不調を感じたら病院で検査することをおすすめいたします。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害のめまい・立ちくらみ症状・特徴について

    更年期中(男性でも女性でも)に起きる肉体の異変のメカニズムは、主にホルモンが急激に減少することにより、脳の視床下部(ししょうかぶ)、自律機能を司る部分が通常はホルモンバランスを整えるように指令を出している場所が、ホルモンの低下で正常に機能しなくなり、血管の運動部分に機能障害をきたし、めまいや立ちくらみ、ふらつきの症状を起こすようになります。
    他にも耳鳴り、吐き気、頭痛などの障害もありますが、今回はめまいと立ちくらみについて詳しく解説していきます。

    更年期障害が及ぼすめまいの特徴的な症状

    更年期障害によるめまいは代表的なものは2種類ありそれぞれの症状が異なります。

    回転性めまい
    車酔いや船酔いの症状にも似ており視界がグルグルと回るようなめまい症状です。これは一時的なものであり、個人差はありますが1分程度で治まるまります。

    浮動性めまい
    回転性めまいと違い、こちらの症状は身体がふわふわしている症状です。長時間乗り物に乗っていると体がどことなく、上下に動くような違和感がある状態が続き、比較的めまい自体も長く頻発するケースがよくあります。

    更年期障害によって引き起こすめまいは、更年期時期のみ一定期間だけ発症する症状と言われています。ただめまい症状が出る場合、メニエール病、突発性難聴(両者ともに耳鳴り症状も併発する可能性も)、動脈硬化、高血圧などの病気が潜伏している可能性があるため、念のため医師の診断を受けておくことをおすすめします。

    更年期障害のめまいの対処法

    めまいの症状の場合、上記で文末で上げた可能性がない場合、精神的なストレス負荷が影響を及ぼしていることが非常に多いといえます。
    偏った食事、過度なストレス、心労を避けるというのも非常に大事です。
    スポーツ、趣味、睡眠時間の確保など身体の副交感神経が健康的な生活を送ると活発化になり、自然治癒力も高まります。
    偏ったバランスを整えるのに漢方、サプリメントで不足栄養分を補ってあげたり、身体の治癒力を高めるためにツボや鍼灸といった外部的な改善アプローチも効果的(人によっては効果が高い人も)に行うことで症状を緩和・改善治療をすることができるので、抱え込みすぎず病院と並行して活用するのも良いでしょう。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 不正出血は子宮筋腫のサイン?自覚症状とその原因

    不正出血の症状。通常な健康な状態であれば月経時(生理時)以外ではおりものなどに血が付くこともなく出血もありません。性行為などによる出血なども必ずしも病気が原因とも言えません。子宮筋腫による起因もありますが、特に異常と感じる自覚症状の場合はその頻度が毎回なのか。毎月、月経時以外に引き起こすのか。そういった場合は病院に行き、原因を探るため診断および検査はしておいた方が良いでしょう。
    今回は子宮筋腫が原因による不正出血の原因と症状を詳しく解説していきます。

    子宮筋腫による原因は筋腫分娩 粘膜下子宮筋腫が考えらえるケース

    子宮筋腫による不正出血症状は、膜下子宮筋腫という子宮内の内側にできる筋腫症状があり、この筋腫により子宮筋腫がある一定の大きさに達すると、膣の近くまで下がっていき、出血症状を及ぼすことがあります。
    また同時に子宮筋腫による原因の場合、上記のような不正出血症状が意外にも月経時に出血量が多くなったり、出血が止まらなくなるケースも当てはまります。これにより鉄分などの不足の影響で貧血症状を起こしたりめまいや立ち眩み症状も自覚症状の一つとして感じる人もいます。腰痛、下腹部痛など痛みの症状も引き起こすこともあります。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    不正出血症状は治療や手術の可能性も?

    不正出血をしたからといっても必ずしも病気が原因によるものというわけでもありません。手術が必要とわけではなく、ホルモンバランスの一時的な乱れ、ストレスなどの精神的な負荷が引き起こすこともあります。ただ子宮筋腫以外にも婦人病の可能性はあるため放置するよりも、病院を受診するのは強くおすすめします。不正出血自体は誰しも引き起こす可能性がありますが、子宮筋腫や他の病気も、早期発見されれば得られる費用面や精神的、肉体的な負担軽減のメリットは大きいです。腫瘍に関しては小さくする治療、不妊症状に至らないように対処したり、万が一にも悪性へと変化した場合も命のリスクも医師の元で経過観察をしていれば不測の事態にも備えられます(良性から悪性への変化の可能性は限りなく0に違いが0ではない)

    最初の自覚症状の時に病院に行くのが一番最善策ですが、もし症状が続くようであれば検査をすることを強くおすすめします。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 月経困難症とPMS(月経前症候群)の違いとは?

    月経困難症と月経前症候群通称PMSは、月経時に症状が起きるのが月経困難症。生理前7日~10日から症状が起きるものを月経前症候群と言います。
    特にこの二つは、肉体的な下腹部痛や腰痛などの肉体的な痛みの症状や精神的なイライラしたり、うつに似た症状が出る場合もあります。
    他にも、吐き気、乳房の張りや痛み。頭痛、めまいなどの個人差によりどの症状がでるかは異なりますが、こういった病気の症状も引き起こし、それぞれ非常に似ているという部分で1くくりで紹介されているケースもあります。

    月経困難症による場合二つの分類、原因がそれぞれ違う可能性も。

    分類1 器質的月経困難症(続発性月経困難症)
    子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内炎症等の子宮及び骨盤の炎症やうっ血により引き起こすもの。病気の根本に疾患があることにより発症してしまうケース。

    分類2 機能性月経困難症(原発性月経困難症)
    上記のような子宮などの別の病気から起因しているものでなく、精神的なストレスや免疫力の低下、ホルモンバランスの減少などによって症状が出るケース。

    分類1、分類2 それぞれは初期の超音波検査などでどちらが原因で引き起こすのか見極めて上げる必要があります。分類1は、他の疾患が関与しているため、症状が重い場合は該当する原因を取り除く必要があり、分類2に関しては、ホルモンバランスの乱れにより、ピルや漢方、ストレスの緩和が有効とされています。
    どちらが起因しているのか、きちんと診断の元、きちんとチェックし医師の診断基準に基づいて治療や改善を行うのが有効的です。
    月経前症候群の治療も同様に、精神的な起因であれば同様にホルモン療法、ピルなどでバランスを整えることで改善方向へ向かうことができます。月経前症候群の場合は精神的な対人によるストレスなどが起因であり、上記の分類2と併発する可能性もあり、同様にホルモンバランスを整えてあげたり、ストレスを緩和、身体をリラックスさせたりしてあげることが重要です。

    どちらの病気も大事なことは、放置しないこと。我慢しても根本を知らなければ予防処置や対策も難しく、症状が重くなっていくといったこともあります。医師の診断の元の治療となりますが、薬を使わずに漢方の治療、身体をリラックスさせるという意味ではツボや鍼などでも症状を取り除くことができたり緩和させることも可能です。
    少しでも月経前、月経時に普段と違う痛みや症状が重い場合は、病院に行って診察を受けることを強くおすすめいたします。

    月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

    月経困難症に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 喘息の治療とは?重症化させないことが大事な治し方

    大気の環境(花粉、排気ガスなどの大気汚染)やストレスによる精神的なことで起因する(免疫力の低下など)で今の現代社会、子供、大人問わず喘息症状に悩まされている人は少なくありません。喘息治療においては、完治させることはできず(限りなく完治に近い状態へと調整する)、あくまでも治し方としては、その症状を健康な人と同じように病気をコントロールし、発作などを起きさせない。その期間を長く保ち続ける(人によっては症状がでなくなることも)ことを中心に治療が行われます。

    治療、症状緩和には薬物療法と生活環境・習慣が大切です

    主に喘息治療は薬を使う薬物療法が一般的で、吸引型のステロイドなど炎症を鎮めたり、日常の気道の炎症によって引き起こさせる、喘息や咳喘息が起こらないように調整していきます。広く一般的に使われるのは、副作用も少なくすみため、安全に使用できること。そして効果が高いことがあげられます。

    喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    生活環境を限りなくよく、生活習慣を改善する

    喘息の原因として多いのがハウスダウト、そこに含まれるダニアレルギーによる影響を受けやすい場合はこまめに掃除が必要です。とくに喘息を起こしている状態、ウィルス性の感染症も喉粘膜が受ける影響が高く、免疫力が低い状態なため風邪、インフルエンザなども冬の乾燥している時期は気を付けなければなりません。

     

    タバコやお酒も出来るだけ控えるのがベスト

    お酒は体調が優れているときは平気なケースもありますが、飲みすぎはよくありません。発作を誘発させることもあるので、特に不調の時は間違いなく避けた方が良いでしょう。

    喘息症状に対しては特にタバコは厳禁です。周囲の煙でさえ気道には負荷が大きくかかるため、日々の仕事の付き合いで避けられないケースもありますが、極力煙の届かないところへ席を置くというのも大切です。人によって免疫力や体調によってもありますが極度に過敏症状ができる場合は、一大事になる前にきちんと伝えるなどの考慮も必要です。

     

    病院での医師の診断により、アレルギー性(アトピー型)か非アレルギー性(非アトピー型)かきちんと見極めるのは一番優先事項ではありますが、日々の栄養バランスのとれた食事。極度にストレス負荷がかかり免疫力の低下や睡眠不足も喘息には天敵です。薬物療法も大切ですが、できるだけ避けれるものは極力避けられれば苦しい思いをせずに健康体の方と同じように過ごすこともできますので、可能な限り予防策を講じておくのも非常に大切といえます。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • MCI(軽度認知症障害)・物忘れは治療ができる?

    病院で物忘れ・MCI(軽度認知症障害)と検査を受けて診断されたとき等は医師に診断を受けて適切な方法を伝えられると思いますが、疑いがある場合など果たして治療できるのか気になります。
    先に結論からいってしまうと、現在は治験などで完治させたり、治療を目的とした治療薬の開発は行われていますが、残念ながら実際に治療効果がある治療法はありません。正確にはさまざまな専門医がおり、独自での治療方法や予防法で確立されていますが、医学的にはっきりと効果がある!と確実に証明しきれないといった方が正解かもしれません。
    そういった観点からMCIは治療をするということもよりも、進行を抑制する。予防するといった症状の改善が主流となります。
    言語、記憶、運動、コミュニケーションなど人によりどこの部分に症状が発症しているのか、どの認知障害が出るのかも異なります。又統合失調症の併発するケースもあり、その影響下などにも対応が変わっていきます。今回はMCIにスポットをあてて抑制の観点から解説していきます。

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    原因を改善することで予防対策を考える方法とは?

    MCIの原因と考えられているのが日々の生活習慣に起因する可能性が高い言われています。
    ・食生活の栄養バランスが崩れることで脳の血流などに影響する(塩分を過剰摂取等)
    ・運動不足による初期の動脈硬化による影響
    ・ストレス起因による影響。うつ病や統合失調症など精神疾患の症状が重い人をにMCIになるリスクが高いと研究機関の報告もあります。
    ・睡眠不足による影響。体の免疫低下、自然治癒力の低下や寝不足症状の場合、食事の過剰摂取や精神疾患に関する免疫も落ちるため、その影響下による発症リスク。

    ・喫煙、飲酒は血管の収縮や摂取による脳の萎縮などの影響があるため必ずしもそれだ原因と言えませんが、少なからず影響を及ぼします。アルコールに関しては、アルコール性の認知症もあるので、過剰摂取は好ましくはないでしょう。

    原因はいくつもあげられ、進行を抑制したいと考えた場合は、アリセプトなどの薬剤投与や治験開発されている薬なども選択肢としてはありですが、こういった原因を改善することも重要です。もちろん必ずしも上記をすべてをすると体には良いですが、医師の診断できちんとチェックリストに基づく検査を実地し、具体的に何が原因として考えらえるのかをきちんと見極めて上げる必要があります。脳トレなどの効果がある症状もありますので、日々の生活に気を付けながら過ごすというのはとても重要なことといえます。

    軽度認知症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。

    軽度認知症に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫の手術の後に、仕事・職場復帰を考える場合

    子宮筋腫による手術。ただでさえ病気で心配なのに仕事復帰ができるのか?もしかしたら辞める必要があるんじゃ…と不安を頂く人も少なくないと思います。
    手術の方法により異なり、医師の判断で多少前後する場合があります。体験談などのブログなど見ても、これは個人の回復力の違いもありますので一概に言えません。
    大体の一つの目安として、手術の方法など合わせて解説していきます。

    手術によって入院期間も異なる?復帰の目安について
    子宮筋腫による手術は、症状やできた場所によってことなり、出産経験の有無などでも推奨される術式が異なります。代表的には、開腹手術、腹腔鏡手術、子宮鏡手術といった方法があり、どれぐらいで復帰できるのか?説明していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    子宮鏡手術

    いわゆる内視鏡を使った手術の方法です。子宮鏡に取り付けられた電気メスで問題の筋腫を切除する方法となります。入院期間は最も短い術式で入院期間も早い人は2、3日で退院。その後に自宅療養で約1週間程度で仕事に復帰できる場合もあります。

    腹腔鏡(ふくくうきょう)手術

    子宮鏡は子宮から内視鏡を通しての術式ですが、こちらは腹部に小さい穴をあけ、そこから内視鏡を通し、切除する術式です。入院期間は5日~1週間程度。仕事復帰までは傷口が塞がる2週間程度の期間が必要となる場合があります。

    開腹手術

    お腹を切開して行う手術です。傷口が大きい分、やはり治療までに時間がかかってしまうため、入院期間も10日前後と上記の2つより長くなり、傷が塞がること、痛みの症状がなくなったり緩和される頃合いの1か月程度、期間を要してしまう場合もあります。

    手術方法は医師の診断により、その筋腫ができている場所によって選択できるケースやできないケースもあります。一見、開腹手術が一番時間がかかるように見えてしまっていても手術の時間が短いなどのメリット、子宮鏡や腹腔鏡にもデメリットはあります。
    開腹によって個人差はあり、例え復帰しても風邪でもあるように病み上がりに無理は禁物です。体力が回復していなかったり、力を入れたりしたら傷口が痛み動けなくなるなんてこともあります。早くても1週間~長くても1か月程度で職場へ復帰はできますが、くれぐれも医師の指示に従って無理はしないようにするのが何より大切です。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫になったら入院が必要?手術後の期間などを解説

    子宮筋腫と診断された場合、病状のことも気になりますが、入院したりする必要があるのかどうかもあると思います。まず初めに早期発見で、腫瘍が小さい状態であるならば、できる場所や大きさによって異なりますが、大半が手術の必要性がなく、通常であれば経過観察や薬での治療を用いられるケースが多いです。子宮筋腫ができたからといって、必ずしも入院が必要なわけではありません。医師による診断に基づくものが何より最善措置であり、一般的にはという認識ではあります。

     

    入院が必要なケースは?どのようなことが想定されるのか?

    先にも上げましたが通常であれば子宮筋腫が発見されたとしても入院の必要性はありません。ではどういったケースで入院が必要になるのか?

    それは大きく痛みの症状がでていたり、腫瘍の規模が大きい。不妊のリスクが高まる場合は、受診される患者さんの症状によって異なります。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    通常は経過観察や薬の場合は入院は必要がなく、手術の必要性がある場合は、どうしても入院の必要性が出てきます。

    術式(全摘出手術や腹膣鏡手術、開腹方法など)やできる箇所や大崎によって、入院にかかる時間や仕事の復帰ができるタイミングが異なります。

    いくつかある症状のうち、どれが該当するのか具体的な病名に対して、細かい部分は異なりますが、通常は一部分だけの切除といったケースでは入院期間はおよそ1週間前後の入院期間が多いです。全摘出に至るのは早期に発見されていた場合はほとんどそこへ至ることはありませんが、その場合は回復や改善の傾向によって前後しますが1か月程度の入院期間が必要になります。

     

    入院や手術に至らないためには早期発見が大切

    初期の子宮筋腫など症状がない時に発見されることで、手術に至るリスクは最小限に抑えられます。いざ入院するとなると持ち物を用意したり、費用のことを考えたり(保険適応される治療法とされない治療法があります)しなければならず負担も大きなものへとなっていきます。手術後の仕事復帰や痛みを抱えるよりも、早い段階で見つけてしまい、そこから適切なセルフケアを行うことで症状の緩和、完全になくなるといったケースも十分可能な病気なので、一度も受けたことがない人がいたら、ご自身の身を守る上では一度は検査を受けるというのも良いと思います。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫は怖い病気?知っておかなければならないこと

    子宮筋腫は、子宮に良性の筋腫ができる病気のことを言います。まず初めに子宮筋腫自体の病気に関しては、命にかかわる病気ではないと、著名な産婦人科医師も発言する通り、怖い病気ではないと言っている人がほとんどです。良性から悪性(子宮がん)に変わる可能性は決して0%ではありませんが限りなく0%に近い確率であり、子宮筋腫の病気自体は諸説は色々ありますが、3人に1人、4人に1人と言われるているほど、決して珍しい病気ではありません。ただ、最も怖いことは放置してしまうこと。これが何より一番リスクが大きくなります。どういったことが生じてしまうのか?詳しく解説していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    放置すると怖い?自分に負担がかかるリスクがあります

    先にもあげましたが子宮筋腫自体は命にかかわる病気ではありません。ただ子宮筋腫が検査などで発覚し、それを放置したり、子宮筋腫が大きくならないからといってある日の病院へ行かなくなるなど、できる限りは避けた方が良いでしょう。

    子宮筋腫の成長速度や大きくなるスピードは個人差があります。半年で大きくなる人もいれば、数十年大きくなることなく、閉経を迎え収縮するといったケースなどもあります。

    成長する速さは人により異なり、1年間成長しなかったからといって安心したときにふと症状が現れた時に病院に運ばれたときは、急激に成長したりといったケースもあります。

     

    怖いのは見守らないこと

    子宮筋腫が大きくなると、何処に腫瘍ができたかによって症状は変わりますが、不妊や食欲不振、生理時に出血量が大きくなったり、痛みが強くなったりずっと続いたり、さまざまな影響を及ぼします。通院のタイミング自体は医師と相談して決めることができますので、通院の負担が大きい場合は頻度を減らすなど相談すると良いでしょう。本当に怖いのは、通院を取りやめてしまうことであります。症状がわかり、原因であるストレスやその他要因を取り除いてあげることで、セルフケアの方法も変わります。万全な体制で備えることで、ある日、突然消えているといったケースや小さくなるといった症例も珍しくはありません。重要なのは自己診断で完結しないこと。これを気を付けていれば手術も行うことなく、負担なく日常生活を送れることもできます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。