• 2015年度の「特定健診・特定保健指導」実施率、前年度から横ばいで推移―健保連 調査

    2015年度(平成27年度)の健康保険組合加入者における特定健康診査(特定健診)・特定保健指導の実施率はそれぞれ72.8%、15.2%と前年度の調査結果(それぞれ72.4%、15.2%)から横ばいで推移していることが、健康保険組合連合会(健保連)の調べで分かった。

    本調査では、2015年度の特定健診対象者約934万人(1,054組合)の特定健診・特定保健指導のデータを元に、実施率やメタボリックシンドローム該当者および予備軍の割合、服薬状況などを分析した。

    その結果、特定健診の実施率は全体で72.8%(対象者約934万人中約680万人)であり(被保険者85.5%、被扶養者42.1%)、年齢層別にみると50~54歳(76.0%)が最も高く、45~49歳および55~59歳(75.2%)、40~44歳(74.4%)が続いた。業態別にみると複合サービス業(92.4%)、飲食料品小売業(92.3%)、農林水産業(92.2%)が高かった一方で、公務(51.9%)や労働者派遣業(76.3%)、金属工業(76.6%)では割合は低かった。

    また、特定健診受診者全体のうち18.3%(約128万人)が特定保健指導の対象とされた(被保険者20.5%、被扶養者7.0%)。特定保健指導の実施率は全体で15.2%(対象者約128万人中約19万人が指導を終了、被保険者15.7%、被扶養者7.6%)であり、年齢層別にみると40~44歳(16.3%)が最も高く、50~54歳(15.8%)、55~59歳(15.6%)が続いた。保健指導レベル別の実施率は、積極的支援が13.5%、動機づけ支援が17.7%であった。

    メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)該当者の割合は全体では12.7%であり、年齢層別では60~64歳および65~69歳(19.4%)が最も高かった。業態別にみると、該当者の割合は建設業(19.5%)が最も高く、運輸業(17.2%)、金属工業(16.8%)が続いた。また、メタボリックシンドローム予備軍の割合は全体では12.2%で、60~64歳(13.2%)が最も高かった。業態別にみると、予備軍の割合は公務(20.3%)が最も高く、建設業(16.6%)、その他のサービス業(15.8%)が続いた。逆に、該当者および予備軍ともに、労働者派遣業、医療・福祉、繊維製品製造業でその割合は低かった。

    メタボリックに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    メタボリックシンドローム該当者の割合は女性(3.6%)に比べて男性(18.4%)が圧倒的に高く、高齢になるほど高まっていた。その予備軍の割合も女性に比べて男性で高かった(4.3%対17.1%)。

    服薬状況をみると、降圧薬を服用している者の割合は全体で13.5%、脂質異常症治療薬を服用している者の割合は8.4%、糖尿病治療薬を服用している者の割合は3.8%で、いずれの薬剤もその割合は年齢層が上がるに伴い上昇し、70~74歳が最も高かった(それぞれ38.9%、25.2%、9.2%)。男女別にみると、降圧薬と糖尿病治療薬を服用する割合は全体的にどの年齢層でも男性の方が高く(降圧薬:全体では男性16.6%、女性8.5%、糖尿病治療薬:男性5.1%、女性1.7%)、脂質異常症治療薬は全体では男性の方が女性よりやや高かったが(9.3%対6.9%)、60歳台以降は女性の方が高い傾向がみられた。

    プレスリリース:リンク先
    HealthDay News 2017年7月3日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 透析導入早期の2型糖尿病患者、血糖指標に「アルブミン補正GA値」が有用

    血清アルブミン値で補正したグリコアルブミン(アルブミン補正GA)値は、血液透析導入早期(6カ月以内)の2型糖尿病患者において、GA値よりも血糖コントロールをより正確に反映した指標になり得ることが、松波総合病院(岐阜県)腎臓内科の矢島隆宏氏らの検討で分かった。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」8月号に掲載された。

    矢島氏らは、2型糖尿病血液透析患者において、アルブミン補正GA値はGA値よりも有用な予後予測因子になることを既に報告している(Yajima T, et al. Diabetes Res Clin Pract 2016; 122: 78-83)。同氏らは今回、こうした患者における血糖コントロールの指標として、GA値とアルブミン補正GA値のどちらが有用であるのかを検討した。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    同氏らは、2型糖尿病血液透析患者31人(平均年齢70.8歳、男性が77%)を、透析導入から6カ月以下の群(短期透析群;透析歴中央値は3.4カ月、16人)と透析導入から6カ月を超える群(長期透析群;同60カ月、15人)に分けて、持続血糖測定(CGM)により得られた血糖コントロール指標とGA値、アルブミン補正GA値、HbA1c値との関連について解析した。

    その結果、対象患者全体の解析では、GA値およびアルブミン補正GA値はともに平均血糖値と有意な正の相関を認めたが、HbA1c値との相関は認められなかった。また、長期透析群では、GA値とアルブミン補正GA値、HbA1c値はいずれも平均血糖値と有意な相関を示したのに対し、短期透析群ではアルブミン補正GA値のみが平均血糖値と有意に相関することが分かった。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月3日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 子宮筋腫の失血死の可能性もゼロではない放置は危険

    子宮筋腫による死亡の可能性はほとんどないと言われていますが、これはあくまでも可能性は低いのであってゼロではありません。ではどういったことを回避することで、そのリスクを避けられるのか?何かの要因で生じるリスクファクターを避けるにはどういったことに気を付ければ良いのか詳しく解説していきます。

    子宮筋腫による出血性ショック及び失血死の危険性

    子宮筋腫を発症した場合、そのこと自体に対しては急に不安になることも過度に心配することもありません。子宮筋腫による失血死、出血性ショックに至るまでは段階がいくつもあり、あくまでも痛みなどの異変を感じたときに、病院などにかからず自己判断でそのまま放置することが一番危険であるといえます。

    子宮筋腫による大量出血は、特に筋腫が大きくなることで、筋腫ができる箇所にもよりますが、臓器や血管を圧迫し傷つけて、それが原因となり、出血が止まらないなどの症状を引き起こす可能性があります。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    特に月経時に多量出血や、出血が止まらない等の症状が出た場合は、いつも以上に異変を感じたら、病院に行くのが何より優先です。この状態を放置し続けると大変危険であり、子宮筋腫もいくつか種類があり、粘膜下筋腫(子宮の筋層の表面部分に近い箇所)で引き起こされるケースも多いと聞きます。

    特に出血の量が多いと、初期のうちは過多月経による出血量の多さで貧血を引き起こすなどの症状もあります。大量出血の場合は、血管自体が損傷、もしくは筋腫自体から出血。大量の血が失われることにより出血性ショックを引き起こし、血圧が低下し、意識レベルを低下させ、それ自体も大変危険ではありますが、さらにそのまま対応が遅れてしまうことで最悪のケースは、失血死してしまう可能性もあります。

    日々の検診や検査で早期発見をするのも大切なことですが、もし診断された場合は全く病院に行かず経過観察もなく、放置し続けるというのは一番危険な選択肢です。
    自分の身を守るためにも継続は重要です。日々の治療やリュープリン注射など治療の幅はさまざまありますので、医師の診断の元、放置せずに無理のない通院を続けるのが大切であると言えます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。