• 「スマホ操作1日5時間以上」で手根管症候群リスク増大か

    スマートフォンなどの携帯型電子機器を長時間使用すると、手指に痛みやしびれをもたらす手根管症候群のリスクが高まる可能性が、香港理工大学医療技術・情報学部のPeter White氏らによる研究で示された。

     手根管は、手の付け根にある骨と靭帯に囲まれた狭く硬い通路。その中を走行している「正中神経」が頻繁に圧迫されると、手指の疼痛やしびれ、刺すような痛み、握力低下といった手根管症候群の症状が現れる場合がある。

     今回、White氏らは香港の大学生48人を対象に、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム用機器などの携帯型端末の長時間使用が手根管症候群リスクを高めるのかどうか調べた。

     このうち半数は1日当たりの端末の使用時間が平均5時間以上のヘビーユーザーで、残る半数は5時間未満のユーザーだった。全ての学生に対し、首や肩、背中、肘、手首および手の疼痛または不快感に関する質問票に答えてもらったほか、手首部分の超音波検査やファレンテストなどの理学的検査も実施した。

     その結果、1日5時間以上のヘビーユーザーは5時間未満のユーザーと比べて理学的検査で陽性となる割合が高く、自己評価による手首や手の疼痛が強い割合も高かった。筋骨格の疼痛や不快感を訴える学生の割合は、5時間未満のユーザーの12%に対してヘビーユーザーでは54%に上った。また、ヘビーユーザーでは正中神経の断面積が有意に大きかった。さらに使用時間が長いほど手首および手の疼痛は強く長期間続くことも分かった。

     この結果を踏まえ、White氏らは「携帯型端末の操作で必要とされるクリックやスワイプ、スクロール、タップ、プレスといった指の動作が繰り返されることによって、正中神経が膨張したり、圧迫されたりするのではないか」と考察。「携帯型の端末を使用する際には注意が必要」と結論づけている。また、同氏は「手根管症候群リスクをできるだけ抑えるには、携帯型端末の操作時にできるだけ手首を真っすぐにしておくとよい」と助言している。

     ただし、この研究はスマートフォンの使い過ぎが原因で手根管症候群を発症することを証明するものではない。研究結果の詳細は「Muscle and Nerve」6月21日オンライン版に掲載された。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年6月23日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • オフィスワーカー、研修医ではビタミンD欠乏リスクが高い

    日中、屋内に閉じこもって過ごす人は屋外で活動する人に比べてビタミンDが不足しやすく、その重症度は職業によって異なる―こんな研究報告が「BMC Public Health」6月22日オンライン版に掲載された。

     研究を率いたアルバータ大学(カナダ)予防医学准教授のSebastian Straube氏は、「ビタミンDの欠乏や不足は多くの人にみられるが、今回、職業がその重要な危険因子であることが分かった」と述べている。ビタミンDは一部の食品に含まれているが、おもに皮膚に日光を浴びることで生成されるため“太陽光ビタミン”とも呼ばれている。

     同氏らは今回、世界各国で過去に実施された研究71件、計5万3,400人超のデータを統合。ビタミンD欠乏度の指標として血清25-ヒドロキシビタミンD濃度の平均値を算出した。同値が20ng/mL未満であればビタミンD欠乏、30ng/mL未満であればビタミンD不足とした。

     その結果、屋内で働く労働者は屋外で働く労働者に比べ、同値が低いことが明らかになった(16.3ng/mL対26.7ng/mL、p<0.0001)。ビタミンD欠乏がみられる人の割合は、屋外で働く労働者では48%であったのに対し、屋内で働く労働者では78%、交代勤務の労働者では80%だった。

    皮膚がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     医療従事者の中でも、職種によりビタミンDの欠乏リスクは異なった。長時間労働が問題となることが多い研修医では65%にビタミンD欠乏がみられたが、医師では46%、看護師では43%、その他の医療従事者では44%にとどまった。なお、医療に関連する学部の学生では72%にビタミンD欠乏が認められた。

     全体として、職業にかかわらずビタミンD欠乏と不足を合わせた割合は極めて高かった。屋内で働く労働者の91%、屋外で働く労働者の75%はビタミンD不足に該当していた。

     ビタミンDは生命維持に欠かせないビタミンの1つで、カルシウムの吸収を助けたり、免疫力を高めたり、炎症を抑えたりする作用がある。臨床栄養学の専門家である米ニューヨーク大学医療センターのSamantha Heller氏は、今回の研究結果について「日焼け止めの使用や屋外で過ごす時間の減少に伴い、体内におけるビタミンD産生が減少し、多くの人がビタミンD補充の必要な状態に陥っている可能性がある」とコメントしている。Straube氏は、「日光を浴びればビタミンDを自然に補充できるが、過度の日光浴による皮膚がんのリスクの懸念もある。バランスが大切だ」と話している。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年6月22日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 子宮筋腫の基礎知識。病気を知ることが最大の予防策

    子宮筋腫。その病気だけ聞くと不安になったりするかもしれません。子宮筋腫とは、良性の腫瘍が子宮筋層内にできることを主にさし、その発症率は3人に1人、4人に1人と言われています(20代~50代等、年齢により変わる)。初潮前には子宮筋腫ができることはなく、閉経後に筋腫が小さくなる傾向があり、一般的には女性ホルモンによる影響によりできるのではないかと、説を上げる医師も多いです。もちろん、具体的にはこれが原因であるというのはまだまだ医学では解明されておらず、あくまでも一番可能性による原因があるということになります。
    他にもストレスによる免疫力の低下。精神的なもの。遺伝子的なものが原因であるのではないかと考えられています。

    子宮筋腫による症状は?

    腰痛や下腹部痛、頭痛などさまざまです。代表的な例をあげるとすれば、月経中、生理中に生じる出血量の多さや痛みの変化が起きる過多月経の症状が多くみられます。
    出血量が多くなるとやはり血液が不足し、貧血、めまいなどの症状を引き起こしやすくなります。必ずしも子宮筋腫よる症状だけではなく、子宮内膜症などの病気も考えられるため、不自然に感じた場合は病院に行くのが何より最善策。病名がきちんと診断されなければ治療方向や予防策を講じるのも難しいといえます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    子宮筋腫でのリスクや怖いことは?

    早期発見が何より重要と言われています。通常の婦人科検診では小さいうちは見つけにくいと言われており(医師による)、できれば超音波検査・MRI・子宮鏡(ヒステロスコピー)検査を受けてみるというのもいいと思います。超音波検査には2種類あり、「経腹法」と経腟法のお腹の上からあてる検査と、直接膣内に入れて検査する方法があり、両方併用するのも良いでしょう。妊娠と同時にエコー検査で発覚することがあるので、これから赤ちゃんを作る方は念のための検査することにも意味があります。
    子宮筋腫で特に怖いのが大きくなってから症状が発症し、検査を受けたら子宮筋腫が思いもよらない大きさになっているというケースもあります。手術のリスクや極限まで放置し続ければ、大きな死亡事故に起因する止血剤も効かず、出血性ショックを引き起こしたり、車の運転中に貧血になったりという可能性もあるので注意が必要です。そこに至るまでは確率自体も低いものではありますが、いざというときを考えると見過ごさない。自己判断でチェックをせずに、耐えられる痛みだから我慢し続けようというのはよほどの理由がない限りはおすすめできる状態ではないといえます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。