• 子宮筋腫の漢方薬~当帰芍薬散・桂枝茯苓丸の効果・効能

    子宮筋腫の薬物療法と並行して使われる漢方薬。いくつか種類があり、出ている症状や体力の減退があるかによって処方も身体に合わせて出してくれる病院もあります。漢方薬はそれ自体でも治療効果があるといわれているものもありますが、根本的な考えとしては体質改善を促進してくれ、肉体的・精神的な部分に働きかけ、免疫力を高めてくれるような体つくりをしてくれるといった考えがわかりやすいかもしれません。
    今回は、特に用いられることが多い当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)と桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の二つに絞って詳しく解説していきます。

    当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の効果・効能とは?

    子宮筋腫による月経異常、月経前困難症、月経困難症、更年期障害など婦人科系の症状改善に用いられる漢方です。体力虚弱で、冷え症、貧血傾向があり疲労しやすい状態の時に処方される漢方です。めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などの諸症状。。血液の循環をよくする働きがあるので、体質改善の一つとして広く処方されています。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の効果・効能とは?

    生理痛などの痛みによる症状の緩和に用いられる漢方薬です。漢方の考え方として、気と血(けつ)を正常に巡らせることで、バランスを調整するといった意味があります。
    特に女性ホルモンの変動により現れる一般的に、血の道症と呼ばれる症状に効果があり、精神的な不安、症状などに作用する効能が見込め(イライラや不安症状など)、痛みの緩和や精神的に安定させるような観点からも用いられるケースもあります。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)と同様にめまいや月経異常、更年期障害等の病気でも作用する効果があり、他には生理痛、しもやけ、湿疹、にきび、皮膚炎などの肉体的な症状の体質完全にも用いられます。

    病院治療や漢方の併用

    病院での診断が大前提ではありますが、漢方薬を使うことによるメリットもあります。基本的に害はないといわれていますが、体質的に合わない場合は悪化することも考えられるので漢方に精通した医師か漢方医学の専門医がいる病院であればより安心して使えると思います。必ずしも子宮筋腫が小さくなるわけではありませんが(人により筋腫がなくなった症例もあり)、症状の負担軽減に効くのもあるので、特に薬物療法の比重をおきたない人は、漢方の活用もおすすめです。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 2型糖尿病患者の運動習慣、継続には「下肢筋力」が重要。日本人患者約1,400人を対象に検討

    2型糖尿病患者が運動習慣を継続するには「下肢筋力値の高い水準」が重要な因子であることが、関西福祉科学大学リハビリテーション学科の野村卓生氏らの検討で分かった。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」6月14日オンライン版に掲載された。

     2型糖尿病患者では、運動療法が必要とされるにもかかわらず継続が難しいケースが多くみられる。運動が継続できない因子には、時間的な制限や運動に伴う痛みの発生、運動を指導する専門家の不足などが明らかにされている。野村氏らは今回、「下肢の筋力」による影響に着目し、2型糖尿病患者を対象に、定期的な運動の継続状況と下肢筋力との関係を検討した。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象は、2型糖尿病患者の下肢筋力参考基準値の確立を目的とした横断観察研究MUSCLE-std(Multicenter Survey of the Isometric Lower-extremity Strength in Type 2 Diabetes)studyの解析対象とされた30~87歳の1,442人(男性が約6割)。対象患者を継続的な運動習慣(30分以上の運動を週2回以上、6カ月以上継続)の有無で分けて、男女別に等尺性膝伸展筋力との関連を調べた。

     単変量解析によると、運動習慣がない群に比べて運動を継続している群では年齢と膝伸展筋力値が有意に高かった。膝伸展筋力値を四分位で比較した解析では、筋力水準が高いほど運動習慣者の割合が多くなったが、年齢などが影響し、解析結果は傾向にとどまった。

     運動習慣を目的変数として、年齢、糖尿病コントロール指標や糖尿病合併症を共変量とした多変量解析において、性別にかかわらず膝伸展筋力値は運動の継続に有意な影響を及ぼす因子であることが分かった。

     以上の結果から、野村氏は「筋力と運動習慣には双方向の関係が存在するが、下肢筋力のより高い水準が運動を習慣化させるのに重要であると考えられる」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 毎日野菜を食べる人は夜間頻尿になりにくい? 道後studyの2型糖尿病患者で検討

    日本人2型糖尿病患者では、夜間頻尿の発症に食習慣が影響を及ぼしており、中でも野菜を毎日食べる人は夜間頻尿になりにくい可能性のあることが、愛媛大学大学院疫学・予防医学講座の古川慎哉氏らの検討で示唆された。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」7月1日オンライン版に掲載された。

    日本人2型糖尿病患者の夜間頻尿には、勃起不全(ED)や糖尿病網膜症、抑うつ症状が強く関連することがこれまでの調査で示されているが、食習慣との関連は明らかにされていない。同氏らは今回、2009~2014年に2型糖尿病と診断された患者1,051人を前向きに追跡している道後Studyのベースラインデータを用いて、自記式質問票調査による食習慣と夜間頻尿との関連について検討した。

    夜間頻尿に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    解析対象は、道後Studyに参加した2型糖尿病患者785人(平均年齢61.7歳、男性が62.3%、糖尿病罹病期間は平均11.0年)。食習慣に関する自記式質問紙調査では、揚げ物、卵、肉類、魚介類、漬物、野菜や海藻類、果物、大豆製品、乳製品を毎日摂取しているかどうかを尋ねた。また、夜間頻尿は夜間の排尿回数が2回以上と定義し、3回以上の場合を重症の夜間頻尿とした。

    その結果、対象患者全体の夜間頻尿の有病率は39.9%、重症夜間頻尿は14.4%であった。それぞれの食習慣が「ある」と回答した患者の割合は、揚げ物(24.7%)、卵(41.9%)、肉類(30.3%)、魚介類(70.5%)、漬物(31.6%)、野菜(67.3%)、果物(55.0%)、大豆製品(60.3%)、乳製品(58.6%)であった。

    年齢や性、BMIなどを調整した解析によると、野菜を毎日食べる習慣は夜間頻尿と負の関連を示し(調整後オッズ比0.67、95%信頼区間0.48~0.94)、重症の夜間頻尿とも同様の関連を示すことが分かった(同0.46、0.30~0.71)。

    こうした関連性を男女別にみると、女性では野菜を毎日食べる習慣は夜間頻尿、重症の夜間頻尿いずれとも独立した負の関連を示したのに対し(それぞれ同0.44、0.24~0.79、同0.34、0.15~0.78)、男性では重症の夜間頻尿のみと負の関連を示していた(同0.51、0.29~0.88)。

    以上の結果から、古川氏らは野菜を毎日食べる人は夜間頻尿になりにくい可能性があると考えられるとしつつ、「今回の結果は観察研究で得られたものであり、これらの関連を決定づけるには野菜の摂取量や摂取頻度などに関するさらなる研究を行う必要がある」と述べている。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。