• 月経困難症には、どういった治療方法があるの?

    月経困難症。その治療方法のガイドラインはどういった診断も元、治療が行われるのかはその症状によって異なります。
    月経困難症には二つの分類があり、機能性(原発性)月経困難症と器質性(続発性)月経困難症の2種類があります。
    後者にあげた器質性月経困難症は、子宮筋腫や子宮内膜症により、身体的な何かしらの原因に起因し、過多月経や重い症状が出るタイプの月経困難症です。
    一方、機能性月経困難症は、非常になる割合の人が多く、プロスタグランジンなどのホルモンが過剰分泌されることで、バランスが崩れて症状を引き起こすケースです。

    月経困難症の治療方法は?

    一般的には鎮痛剤、痛みの症状が重い場合などに用いられます。症状を緩和させる対症療法が多く用いられます。プロスタグランジン合成阻害薬も用いられるケースもあり、これはホルモンの過剰分泌を抑える作用があり、特にひどい痛みなどに用いられます。
    治療の選択肢で、ピルの処方が医師の診断により服用を進められますが、高血圧や煙草を吸う人、ほかの病気を抱えている人(病気の種類による)など服用ができない場合があるため、医師によっては服用を禁じる場合もあります。必ず病院での医師の診断によるチェックは必要であるといえます。

    月経困難症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    薬物療法以外にも生活習慣の改善も重要

    月経困難症の原因、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌が原因と考えた場合、日々の生活習慣も非常に重要です。月経前困難症(生理前から起きる症状)にも同じことが考えられます。
    イライラの症状も出やすくなるため極力ストレスをため込まない。身体に無理をさせない。規則正しい生活リズムを送る。リラックスをするタイミングを必ず設ける。十分な睡眠時間を確保するなど精神的な見えない部分のセルフケアも非常に大切です。よく漢方やツボも効果があるといわれているのが、ホルモンバランスを整える上で根本的な体質改善の重要性の観点から、病院と違ったアプローチの重要性も、治療に効果があると感じている人も多くいらっしゃいます(効果や体感は個人差によります)。体のメカニズムの副交感神経(リラックスや自然治癒力を高める場所)をできるだけ優位にさせてあげることができるのかも非常に大切です。

    薬物療法の治療方法やピルの処方。漢方やツボなど自分に合った治療方法は色々とることができます。医師の診断に基づき、指示に従うのは何よりです常用ですが自分自身でもできることも色々あります。もし症状が緩和しないといった場合は、併用して進めたり、日々の生活習慣に気を付けてあげるという心がけも、自分のためにいたわってあげるのもよいかもしれません。

    月経困難症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    月経困難症とは?月経痛や生理痛に関する基本情報。ホルモンによる原因、子宮筋腫などによる起因の症状など。月経困難症・月経前症候群(PMS)のメカニズムを詳しく解説しています。

    月経困難症に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 牛乳の「加熱殺菌」の効果とは?    

    牛乳やその他の乳製品では、加熱して有害な細菌を死滅させる処理である「加熱殺菌」が行われることがあります。この処理について正しい知識を学んでおきましょう。

    • 生乳には危険な微生物が含まれていることがあるため、加熱殺菌は必要な処理です。
    • 加熱殺菌をしても、乳製品アレルギーに対する影響は変わりません。
    • 加熱殺菌した牛乳は生乳に比べて栄養価が劣ることはありません。
    • 加熱殺菌されていても、牛乳を長時間常温で放置してはいけません。
    • 治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
      郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
      治験に関する詳しい解説はこちら

      治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

      治験・臨床試験についての詳しい説明

      情報元:foodsafety.gov
      HealthDay News 2017年7月13日
      Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
      記載記事の無断転用は禁じます。

  • クロスワードパズルが認知機能の維持に役立つ可能性

    日常的にクロスワードパズルを楽しむことで、年齢を重ねても認知機能を維持できる可能性があるという報告が、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC 2017、7月16~20日、英国・ロンドン)で発表された。50歳以上の健康な成人1万7,000人超を対象とした研究で、クロスワードパズルに取り組む頻度が高い人ほど、集中力、推論力、記憶力を測るテストの成績が良いことが分かったという。

     この英国の研究では、オンライン調査に参加した人を対象に、クロスワードパズルなどのワードパズルに取り組む頻度について尋ね、さらに認知機能のテストを実施。集中力、推論力、記憶力などの幅広い認知機能を評価する9つの課題を解いてもらった。

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     その結果、ワードパズルに取り組む頻度は、これらの課題を解く速度と精度に関連していた。ワードパズルに取り組むことがあると回答した人では全体として成績が良く、取り組む頻度が高まるにつれて成績は向上した。例えば、文法的推論の速度と短期記憶の精度を検査する項目では、ワードパズルに取り組む人は10歳ほど若い人と同程度の脳機能を維持していることが分かった。

     認知症の専門家である英国アルツハイマー病学会のDoug Brown氏は、「この結果は順当なものだ。活発な精神活動は思考力の低下を防ぐのに役立つことが知られている」とコメント。ただし、今回の研究ではワードパズルと記憶力や思考力が関連することは示されたものの、ワードパズルの習慣によって実際にこうした能力が改善されるのかを解明するためには追加の研究が必要だと指摘している。

     研究を実施した英エクセター大学認知神経学教授のKeith Wesnes氏もこれに同意し、「今後はこの関連性に関する臨床試験を実施し、ワードパズルに取り組むことが脳機能の改善につながるのかを調べる必要がある」と話す。「現時点では、認知症の発症リスクを低減するために最も役立つと考えられるのは、身体活動を続け、禁煙し、健康的なバランスの取れた食事を心がけることだ」と同氏はアドバイスしている。なお、学会発表された知見は査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

    軽度認知症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。

    軽度認知症に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月17日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。