• 体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?

    男性は身長や腹囲が大きいほど悪性度の高い前立腺がんになるリスクが高く、それにより死亡リスクも高いことが、新たな研究で示された。身長が10cm高くなるごとに、進行した前立腺がんになるリスクは21%、前立腺がんで死亡するリスクは17%増大し、腹囲(ウエスト周囲長)が10cm増えるごとに、同リスクは13%、18%増大することが分かったという。

     研究を率いた英オックスフォード大学のAurora Perez-Cornago氏は、「この結果が肥満予防の新たな推進力となるはずだ」と述べている。今回の研究は、がんと栄養に関する大規模研究に参加したヨーロッパ8カ国の約14万2,000人のデータを分析。平均で約14年間にわたる追跡期間中に、約7,000人が前立腺がんと診断された。そのうち726人は悪性度の高いがん(グリソンスコア8以上)、1,388人は進行したがんであり、934人ががんにより死亡した。

     これまでの研究でも、前立腺がんと身長や体重との関連は認められていたが、がんの悪性度への影響を評価した研究は今回が初めてだという。今回の研究では、身長の高さは前立腺がんの全体的な発症リスク、低・中悪性度の前立腺がんリスクには関連していなかったが、高悪性度の前立腺がんおよびそれによる死亡リスクへの影響が認められた。同様に、体格指数(BMI)と腹囲も高悪性度の前立腺がんリスクに関連していた。

     今回の研究は因果関係を明らかにするものではないが、米国がん協会(ACS)のVictoria Stevens氏によると、身長によるがんリスクの増大は、幼少期の栄養状態に関連する可能性が考えられるという。一方、肥満と前立腺がんの関連については、肥満が体内のホルモンに影響を及ぼす可能性があるほか、単純に肥満の人ではがんを早期に発見しにくいことが考えられる。肥満の男性は直腸診の実施が難しく、前立腺特異抗原(PSA)検査の信頼性も低くなると、同氏は説明している。

     では、長身や肥満の男性は前立腺がんの検診をより頻繁に受けるべきなのだろうか。Perez-Cornago氏は、「長身の男性はがんリスクを低減する手立てがないため、入念な検診を受けるべきかもしれない。一方で、肥満の男性は減量に努めるのがよいだろう」との考えを述べている。一方、Stevens氏は「前立腺がんの多くは致死的なものではない。そのため、全ての男性に検診を実施する価値があるのか、専門家の間で再検討されている」と指摘している。

     今回の研究は「BMC Medicine」に7月12日オンライン掲載された。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月13日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • よく眠れないとアルツハイマー病リスクが増大する仕組み

     深い睡眠状態が中断され、ぐっすり眠れない状態が続くと、アルツハイマー病に関係する脳内の「アミロイドβ」や「タウ」といった蛋白質が増加することが、米ワシントン大学などのグループによる研究で明らかになった。同グループは「中年期にぐっすり眠れない夜が続くと、その後アルツハイマー病を発症するリスクが高まる可能性がある」としている。

     これまでにも、睡眠の状態がアルツハイマー病リスクに影響することを示した複数の研究がある。例えば、睡眠時無呼吸がある人では、睡眠障害がない人と比べて軽度認知障害の発症が10年早いと報告されている。

     今回、米ワシントン大学神経科のDavid Holtzman氏らは、35~65歳の睡眠障害がない健康な男女17人を対象に、睡眠の質を測定するモニタ(アクチグラフ)を最長で2週間装着してもらい、さらに実験室で一晩、ポリソムノグラフィによる睡眠検査を実施した。このとき、対象者の約半数にはノンレム睡眠時の深い睡眠状態にある時に起こる「徐波活動(Slow wave activity)」がみられている際に、ヘッドホンから音を流して徐波活動を妨害した。さらに、その後1カ月以上が経過してから再び実験室に来てもらい、残りの対象者に対して同様の実験を行った。

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     各実験を行った日の翌朝、脊椎穿刺によりアミロイドβとタウの値を測定した結果、徐波活動を妨害された群では、妨害されなかった群に比べてアミロイドβが10%増大していた。しかし、タウの値については有意な変化は認められなかった。

     一方、実験前の1週間に自宅でアクチグラフにより測定した睡眠の質が低かった対象者では、タウの値が上昇していた。アミロイドの値はタウの値に比べてすぐに変動しやすいため、この結果は妥当なものだと考えられるという。

     研究論文の筆頭著者で同大学神経科のYo-El Ju氏によると、一晩あるいは1週間程度ぐっすり眠れない夜があったとしても、その後しっかり眠ることができればこれらの蛋白質の値は正常に戻り、アルツハイマー病リスクにはそれほど影響しないと考えられるという。一方で、「慢性的に睡眠に問題を抱える人ではアミロイドが常に増えている状態が続き、アミロイドが沈着してアルツハイマー病のリスクが上昇する可能性がある」と同氏は指摘している。

     睡眠の量や質を向上させればアルツハイマー病のリスクが低下するかどうかは不明だが、「いずれにしても、夜ぐっすり眠ることは誰もが望んでいることだろう」と同氏は述べている。
     
     この研究結果は「Brain」7月10日オンライン版に掲載された。

    軽度認知症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。

    軽度認知症に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 朝食前の運動は24時間総脂肪酸化量を増大させる 筑波大の研究グループ、日本人女性を対象に検討

    男性と同様に、女性が朝食前の空腹時に運動を行うと24時間総脂肪酸化量が増大し、これは24時間のエネルギーや炭水化物バランスが負になったことが影響している可能性のあることが、筑波大学運動栄養学の徳山薫平氏らの検討で分かった。一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると、24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性があるという。詳細は「PLOS ONE」7月10日オンライン版に掲載された。

     24時間のエネルギーバランスが保たれている条件下では、運動を行っても24時間の総脂肪酸化量には影響を及ぼさないことが報告されている。しかし、これまでの徳山氏らの検討で、健康な男性では一晩絶食した翌朝の朝食前に運動を行うと、朝食や昼食、夕食を摂取後の運動に比べて運動後24時間の総脂肪酸化量が増大する可能性が示唆されている。そこで今回、同氏らは健康な女性を対象に、朝食前の運動が24時間の総脂肪酸化量に及ぼす影響を検討する研究を行った。

     対象は、日常的に中強度の運動を行っている健康な女性9人(平均年齢23.9±1.3歳、平均体脂肪率26.9±1.2%)。参加者には試験初日の22時に代謝測定室に入室してもらい、就寝は23時~翌朝6時とし、食事は朝食(8時)、昼食(12時)、夕食(18時)を提供した(総エネルギー量は、参加者の24時間エネルギーバランスがとれるように設定した)。また、参加者には6時30分に60分間のトレッドミル走行を最大酸素摂取量(VO2max)の50%に相当する強度で行う、あるいは座位で安静状態を保つことをランダムに行ってもらった。

     その結果、朝食前に運動を行うと、座位で過ごした場合と比べて24時間のエネルギー消費量、総炭水化物酸化量とともに総脂肪酸化量が増大することが分かった(519±37kcal/日対400±41kcal/日)。

     また、相対的な24時間エネルギーバランスの経時変化には、運動を行った場合と安静状態を保った場合では推移に差があり、朝食前には一時的な減少がみられた。相対的な24時間エネルギーバランスが最も低下した値は、安静時よりも運動時で有意に大きかった(-124±4kcal対-507±20kcal、P<0.01)。また、24時間炭水化物バランスの推移についても同様な傾向がみられた。

     以上の結果から、徳山氏らは「過去の報告と合わせて、一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性が示唆された。朝食前の運動を継続した場合に効果が持続するのかどうかなどは、今後検討する必要がある」と述べている。

    脂質異常に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 内臓脂肪と皮下脂肪の面積比は心血管疾患の予測因子 東京医歯大ら、2型糖尿病患者で検討

    2型糖尿病患者では、腹部CT検査で求めた内臓脂肪面積(VFA)と皮下脂肪面積(SFA)の比〔visceral fat area(VFA)/subcutaneous fat area(SFA);V/S比)は心血管疾患(CVD)発症の予測因子としてBMIよりも優れる可能性のあることが、東京医科歯科大学大学院分子内分泌代謝学の福田達也氏と国立国際医療研究センター糖尿病内分泌代謝科の坊内良太郎氏らの検討で分かった。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」7月7日オンライン版に掲載された。

     坊内氏らは既に、2型糖尿病患者では、皮下脂肪が少なく内臓脂肪が多い状態は動脈硬化の進展と強く関連する一方で、皮下脂肪が多いと動脈硬化の進展に保護的に働く可能性があることを報告している。同氏らは今回、V/S比に着目し、2型糖尿病患者を対象にV/S比がCVDの初回発症率または再発率とどのように関連するのかを検討する後ろ向き観察研究を行った。

    同氏らは、外来の2型糖尿病患者682人(平均年齢64±13歳、女性が約41%)を対象に、デュアル生体インピーダンス解析(BIA)によりVFAとSFAを評価した。対象患者をV/S比で四分位に分けて、CVDの初回発症率または再発率との関連を比較検討した。CVDは脳卒中、不安定狭心症、心筋梗塞、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)または冠動脈バイパス術(CABG)、血管造影の施行、末梢動脈疾患(PAD)による下肢切断、CVD死と定義した。

     中央値で2.5年の追跡の結果、対象患者のうち21人がCVDを発症した。CVDを発症した患者数はV/S比の上昇に伴って増加した。共変数を調整した多変量モデルにおいて、V/S比の1標準偏差(SD)上昇はCVD発症率の増加と有意に関連した(ハザード比1.82、95%信頼区間1.09~3.04、P=0.021)。同モデルにおいて、推算糸球体濾過量(eGFR)、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)、抗血小板薬の使用、HbA1c値はCVD発症の有意な予測因子であったが、VFA、SFAおよびBMIとCVD発症率との間には有意な関連はみられなかった。

     年齢やeGFR、BNP、抗血小板薬の使用、HbA1c値にV/S比を加えた場合には、CVD発症のnet reclassification improvement(NRI)とintegrated discrimination improvement(IDI)はともに有意に改善したが、VFA、SFAおよびBMIによる予測能の改善は有意ではなかった。

     以上の結果を踏まえ、坊内氏らは「2型糖尿病患者において、BIAで評価したV/S比はCVDの独立した予測因子となる可能性がある」と結論づけている。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 子宮筋腫の悩み。一人で悩むより医師の診断が最善策

    子宮筋腫と診断されることで、不安なことが頭から思い浮かび、ついつい悩み続けてしまうかもしれません。もちろん誰であっても病名が確定されると、未知の病気だからこそ心配事も大きくなるといえます。今回は、悩みのタネを少しでも払拭できるように、色々な悩みの心配事を解説していきます。

    子宮筋腫の悪性の可能性。命のリスク

    子宮筋腫自体は良性の腫瘍。それ自体は特に過度に心配することなく、特に言われている悪性への変化については、確率的には限りなく0パーセントに近い、1パーセント未満なので、子宮筋腫になってしまったから…命の危険性を過度に心配することもありません。有茎粘膜下筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫、筋層内筋などさまざまなケースはありますが、どれも病院に通っていれば症状や痛みの根本的な治療が行えるため、大切なことは放置しない。これがさまざまな症状を回避することができる最善策といえます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    妊娠しにくいと聞くけど…

    妊娠がしにくいといわれていますが、できる箇所によっては多少着床する確率も変わってしまいますが、子宮筋腫によることで妊娠ができないわけではありません。もちろんすべての症状はできる限りは医師の診断の元、見守ってもらえる環境下がベストです。理想としては子供を作ろうと思った際、事前に検査を受けることで子宮筋腫と合併して妊娠をするということは避けられる可能性が非常に高いです。

    過多月経や貧血に悩まされる

    子宮筋腫の症状に過多月経による出血量の増加。体内の血液が不足することで起きえる症状といえます。止血剤などの治療も有効的ですが、体質改善、ストレスをため込まないなど予防策や改善策はいろいろとることができます。医師の判断によりますが、あまりにもひどい症状の場合は子宮筋腫の切除も検討するのもよいかもしれません。
    もちろん薬物療法、漢方やツボ、鍼灸など治療の併用を用いることで体内の治癒力を高めたりすることで筋腫も小さくなるといったケースもあるので、自分に合わせた治療方法を用いるのが良いでしょう。

    子宮筋腫自体は恐ろしい病気ではありません。女性であれば数人に1人というほど身近な病気です。ただ一番怖いのは、何もしない。何かと理由をつけて放置してしまうと、大きくなればなるほど、命を落とすリスクこそ少ないものの激痛を伴ったりなどの症状も引き起こすということも十分ありますので、無理のない定期的な経過観察で通院するのが最良であるといえます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 夏の暑さが厳しいときの対策     

    過酷な夏の暑さは大きな危険をもたらすこともあります。以下の点に注意して、暑さから身を守りましょう。

    • 密閉された車内に子どもやペットを放置してはいけません。
    • 喉が渇いていなくても、1日を通してこまめに水分を取りましょう。その際はアルコールやカフェインの含まれる飲み物は避けましょう。
    • 食事は少量ずつ、回数を分けて摂りましょう。
    • 最も気温の高い時間帯には外出を控え、運動は別の時間帯にしましょう。
    • 淡い色の軽くてゆったりした服を着ましょう。
    • 外で作業する必要がある場合は、誰かと一緒にしましょう。
    • 家族、友人、隣人、ペットの様子をまめに確認しましょう。
    • 熱中症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
      お近くの治験情報を全国から検索できます。

      情報元:米国赤十字社(ARC)
      HealthDay News 2017年7月5日
      Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
      記載記事の無断転用は禁じます。

  • ケネディ元大統領は背部痛に苦しんでいた ―その原因と治療法は

    米国の元大統領ジョン・F・ケネディは、若々しく精力的だったというイメージがあるが、実は生涯にわたり慢性の背部痛に苦しんでいた。ケネディの背部痛とその治療に関する報告書が「Journal of Neurosurgery: Spine」7月11日オンライン版に掲載され、長い闘病生活の中で脊椎手術が何度も失敗したことや、麻薬性鎮痛薬の使用、彼の最期にも大きく影響した装具療法(コルセット)についての詳細が示された。

     当時の医療記録などを精査して報告にまとめた米ホットスプリングス神経外科クリニックのJustin Dowdy氏らは、「ケネディは多くの外科医や内科医、さまざまな分野で名の知れた専門家を訪れた。当時、画像技術は今ほど進歩していなかったが、選択し得る最良の治療が行われたようだ」と述べている。

     報告によると、ケネディの背部痛はハーバード大学時代の1937年、フットボールで負傷したことから始まった。その後、第二次世界大戦中にケネディが配属された魚雷艇が日本の駆逐艦と衝突するという出来事に遭遇し、症状はさらに悪化した可能性が高いという。衝突後にケネディは、重傷者のライフジャケットの紐をくわえたまま近くの島まで5時間泳いだ。この救出劇の1年後、ケネディは初回の脊椎手術を受けたが、背部痛は1963年11月22日に米ダラスで彼が暗殺されるその日までつきまとった。

     また、ケネディは背中を支えるコルセットをつけていたが、これがなければ暗殺事件で命を落とすことはなかったのではないかと考える専門家もいる。最初に銃撃された後、ケネディの身体はコルセットで強く固定されていたために上体が起きた姿勢に戻ってしまい、2発目で頭部を狙撃されたと考えられるという。

     ケネディは椎間板切除や脊椎固定で2回、手術の合併症のために2回、計4回の手術を受けた。さらに、局所麻酔のトリガーポイント注射、メタンフェタミン注射、運動療法、マッサージ療法、温熱療法など、多くの非外科的な治療も試みた。

     Dowdy氏らは「ケネディが抱えていた慢性疼痛は複数の要因によるものである可能性が高い。彼に行われた治療は良い結果をもたらさず不運なパターンに陥っていたが、現代の画像技術の進歩をもってしても、一部の患者では脊椎外科医が治療の決定に迷うことが少なくない」と述べている。

    背部痛に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月11日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 男性の年齢も不妊治療の結果に影響か

    子どもを授かる可能性は母親が高齢になるほど低くなることは知られているが、父親の年齢も不妊治療の結果に影響することが米国の研究で示された。母親は同年齢でも父親が高齢であるほど体外受精(IVF)による生児出生の確率が低下することが分かったという。

     この研究は、米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのLaura Dodge氏らが実施したもので、欧州ヒト生殖医学会(ESHRE 2017、7月2~5日、ジュネーブ)で発表された。

     同氏らは今回、ボストンの不妊治療施設で2000~2014年に実施されたIVFのデータを用い、この間に7,753組のカップルが受けたIVF約1万9,000サイクルについて分析した。

     カップルのうち女性は(1)30歳未満、(2)30歳以上35歳未満、(3)35歳以上40歳未満、(4)40歳以上42歳未満―の4つの年齢層に分け、男性はこれらの年齢層に加えて(5)42歳以上の5つの年齢層に分けた。

     その結果、女性の年齢層だけを見ると、予想通り最も高い年齢層である40歳以上42歳未満の群で生児出生率(IVF6サイクル実施までの累積出生率)が最も低かった。また、この群では男性の年齢による影響はなかった。
     
     しかし、女性の年齢がこれよりも低い場合には、男性の年齢が生児出生率に大きく影響することが示された。たとえば、女性が30歳未満の群における生児出生率は、パートナーの男性が40歳以上42歳未満の場合には46%だったが、男性が30歳以上35歳未満では73%とより高かった。

     また、女性が35歳以上40歳未満の群における生児出生率は、パートナーの男性が30歳以上35歳未満の場合は54%だったが、男性が30歳未満では70%に上昇。パートナーの男性が若ければ若いほど生児出生率が高まることが示された。

    不妊症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     Dodge氏は「今回の研究では、生児出生率に男性の年齢が独立して影響することが示された」と結論。そのメカニズムについては「はっきりとは分からないが、精子の数や運動率などの異常、精子のDNA損傷、受精や着床、胚の発達に影響するような精子におけるエピジェネティックな変化といった要因などが考えられる」としている。

     なお、今回の研究は男性の年齢と体外受精の結果との間に因果関係があることを証明するものではない。また、学会で発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 遺伝子を改変するがん免疫療法、米国で初承認へ

    米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は7月12日、米国初となる遺伝子治療の承認を満場一致で勧告した。この治療は、B細胞性急性リンパ性白血病(ALL)に対するがん免疫療法であるキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR-T)療法で、「CTL019」と呼ばれるもの。FDAがこの勧告を承認すれば、長らく有望とされてきた遺伝子治療の新たな時代の幕開けとなる可能性がある。

    CTL019はノバルティス社により開発され、再発または他の治療が奏効しない3~25歳のB細胞性ALL患者への適応が検討されている。米国ではALLに年間5,000人が罹患し、その約60%を小児または若年成人が占めている。患者の85%は標準治療で治癒するが、15%では治療が無効か、再発が認められる。

    米ニューヨーク・タイムズ紙は、この新治療を受けた患者の声を伝えている。CTL019の承認を支持しているDon McMahon氏は、息子のConnor君が3歳でALLを発症してから12年もの間、耐え難い苦痛を伴うさまざまな治療を受けてきたと語る。しかし、Connor君は米デューク大学でこの新治療を受けてから順調に回復し、ホッケーをできるまでになったという。

    12歳のEmily Whiteheadさんは、CTL019を最初に投与された小児患者だ。今回、両親に付き添われてFDAの諮問委員会の会合に出席し、承認を求めた。Emilyさんは6歳でCTL019による治療を受け、一時は重篤な副作用で生命の危機に瀕したものの、その後はがんのない状態を維持しているという。

    この治療法では、まず認定を受けた医療施設で患者から数百万個の免疫細胞(T細胞)を採取し、凍結する。このT細胞をノバルティス社の研究室で解凍し、キメラ抗原受容体(CAR)という蛋白質を作るように遺伝子を改変する。この改変によりT細胞はALL細胞を見つけやすくなり、がん細胞を死滅させられるようになる。再プログラムされたT細胞は再び凍結された後、医療施設に返送され、点滴静注で患者の体内に戻される。

    治療法の開発に協力した米ペンシルベニア大学のCarl June氏によると、このT細胞はたった1個で10万個ものがん細胞を破壊できるという。他の治療が効かずもう手立てはないと思われた患者が、1回のみの治療で長期寛解を得られていると、ニューヨーク・タイムズ紙は報じている。

    ただ、この治療法は安価とはいえず、30万ドル(約3370万円)を超える費用がかかる可能性もある。また、複雑な手順を要し、重篤な合併症が起きる可能性もあるため、ノバルティス社は当面、CTL019の使用を米国内の30~35カ所の認定施設に限定する予定だという。FDAの諮問委員会でも重篤な副作用や後年の二次がんリスク上昇に関する懸念が示されたが、「二次がんのリスクに関しては、今後の追跡調査の結果をみなければ分からない」と、研究者らは述べている。

    白血病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月12日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • ED治療薬が心疾患のステント治療に有望

    男性の勃起不全(ED)に対する効果で知られるシルデナフィル(商品名:バイアグラ)が、虚血性心疾患に対するステント治療でも有望であることを示すラットを用いた研究結果が米国心臓協会(AHA)Basic Cardiovascular Sciences学術集会(BCVS 2017、7月10~13日、ポートランド)で報告された。

     血管内に「ステント」と呼ばれる小さな金属製の筒状の医療機器を留置して血管を広げるステント治療は、心筋梗塞や狭心症に対する治療の1つとして広く実施されている。しかし、「ベアメタルステント(BMS)」と呼ばれる従来型の金属がむき出しのステントを使用すると、血管の内膜が増殖して肥厚し、再び血管が狭窄してしまう場合がある。

     一方、こうした問題を克服するために開発された、ステントに薬剤を塗布した「薬剤溶出ステント(DES)」は、再狭窄リスクは低減できるものの、ステントの周囲に血栓ができるリスクがあることが分かっている。

     今回、ソウル大学病院(韓国)のHan-Mo Yang氏らは、実験室での検討で、シルデナフィルが血小板凝集を30%抑制することを確認。また、同薬をラットに使用すると、動脈壁の肥厚を防ぐ酵素であるプロテインキナーゼG(PKG)の活性が増強されることを明らかにした。

     ステントの留置により血管が損傷するとPKGの活性が低下し、血管壁の肥厚や血小板凝集が促進される。今回、シルデナフィルがPKGの活性を増強することが示されたことを受け、Yang氏らは「ステントを留置した患者にも同様の効果が期待できる」との見方を示し、「ラットを用いた研究であるため、今後ヒトを対象とした大規模研究で検証する必要はあるが、シルデナフィルはDESに塗布する薬剤として、またステント留置後に経口投与する薬剤として適している可能性がある」と述べている。

    勃起不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     さらに同氏らは「シルデナフィルは既に別の目的で広く使用されている薬剤であるため、今後、同薬がステント治療後の再狭窄に有効であることが確認されれば、すぐにも利用可能になるのではないか」としている。

     米ノースショア大学病院の心血管インターベンション治療医であるAvneet Singh氏も、「ステント治療にシルデナフィルを用いるというアプローチは有望」と評価。「血栓や瘢痕化による再狭窄リスクは、依然としてステント治療の弱点である」とした上で、「シルデナフィルの使用がステント治療をさらに安全かつ有効なものにする新境地を開く可能性がある」と期待を寄せている。

     一方、米レノックス・ヒル病院のCarl Reimers氏は、この研究は心臓に近い冠動脈ではなく、心臓から脳へつながるラットの頸動脈を用いて行われた点を指摘。「現時点での臨床的意義があるかどうかを判断するには不十分な研究である」との見解を示している。

     なお、一般的に学会で発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。