• 子宮筋腫にリスクが!? 放置する危険性を詳しく解説

    子宮筋腫。良性の腫瘍が子宮にできる病気です。命を失うリスクは限りなく低いのですが…(悪性に変わる確率も限りなくゼロに近い)症状による身体への負担があまりにも大きくなりすぎると子宮全摘手術というところまで発展するか可能性はあります。
    めまいや貧血を起こしそれが起因で例えば運転中などにおこれば、死亡事故につながることも十分あり得ます。
    個人差によって異なりますが、まったく大きくならない人もいますし、生活改善により発見されても生涯症状が一切でないままというケースも決して珍しいことではありません。どんなことが危ないのか。どういったことに気を付ければいいのか詳しく解説していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    早期発見がリスクを抑えるカギ。見つかることによる安心感

    子宮筋腫はとにかく早期発見が大事。初期症状が小さいうちはまったくなく婦人科検診で見つかるケースもありますが、超音波検査でより見つけやすくなります。
    早期に見つかることで症状が発症しないうちに予防策や治療を行うことができ、普通の人は小さいうちはほとんどの症例は、経過観察というのが一般的です。
    なによりその段階で医師による診断が受けられ付き合い方や対策が相談できるので、かなり心強い一つのメリットです。子宮筋腫は何もしないまま放置していると、どんどん大きくなることも少なくありません(個人差はあります)
    子宮筋腫はホルモンバランスによる影響、ストレスによる起因が強いといわれており、薬や漢方で抑えることもできます。
    放置したままは特に注意。過多月経、下腹部痛、腹痛、頭痛、めまい等の症状の発症。人によっては筋腫が巨大化しすぎて、リスクファクターの危険性が高まり、足の付け根の血管を圧迫。別の病気(例:深部静脈血栓症など)併発する恐れもありここまで発展すると、立ち仕事などの仕事に支障も出てきてしまいます。
    放置することで生じるデメリットは大きいので、手術後の後遺症、妊活中であれば性生活の影響。重いケースだと子宮全摘のケースもあるため、リスクを抑えるために早期発見。そして見つかっても大きくならないと数年、長時間放置するなどは極力避けた方が良いといえるでしょう。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫の初期症状。痛みがあるの?気になる自覚症状

    子宮筋腫とは?子宮内に良性の腫瘍ができる病気です。子宮筋腫は個人差もありますが、日常生活を送っている上ではほとんどの方が初期症状もなく過ごしていることが多いです。そして、必ずしもすべての人が子宮筋腫になったからといって、症状を引き起こすわけではありません。子宮筋腫の初期症状がどうして気づきにくいのか詳しく解説していきます。

    子宮筋腫の初期症状が気づきにくい理由は…?

    子宮筋腫の初期症状、特に腫瘍が小さいうちは影響がほとんどありません。子宮筋腫という病気を初めて聞く人は、病名があると怖いイメージがあります。医師の論文や説によって数字が異なりますが、3人に1人。4人に1人。子宮筋腫を発症するといわれているほど、病気自体は決して珍しい病気ではありません。
    中には子宮筋腫があると診断されていますが、そのまま大きくなることもなく(適切な予防や生活改善による場合も)閉経を向かえ、何も症状が現れないといったケースもあります。無症状ということは、自覚症状が一切ないため発症していても気づきにくいといえます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    子宮筋腫を気づくケースで考える

    子宮筋腫が発見されるのは、症状が出ることで異変を感じ病院で発見されるケースがあります。子宮筋腫が一定の大きさになると、発症した病状の種類によりますが、やはり症状が出ることがあります、
    過多月経、出血量の増加。通常とは異なる月経痛の痛み、腹痛、下腹部痛、めまいや貧血、吐き気など特に月経時に筋腫があることで正常に機能せず、いつもと違う症状を感じ病院で診断を受けたときに、子宮筋腫が見つかるといったことも多いです。
    ただ、症状が出てからだとある程度の腫瘍が大きくなっていることがあり(小さいうちから症状を発症することもあります)その状態だと場合によっては手術での切除の可能性も十分あり得ます。
    気づきにくい子宮筋腫を初期症状がないもない状態で発見する場合は非常に検査が重要です。婦人科検診での内診検査。超音波検査(エコー検査)。子宮鏡(ヒステロスコピー)検査(可能であれば経腹法と経腟法の両方を選択するのがベスト)。MRI検査と検査方法もさまざまあります。過度な心配こそ必要はありませんが、特に妊娠を考える人は、赤ちゃんを授かったときに、影響がある場合も考えられます。
    もし一度も受けたことがない人がいたら、一度受診するといいかもしれません。早期に発見できれば医師の診断の元、経過観察や適切な治療を受けることができるため、初期症状の発症の前に予防策や改善の対処策をとることができます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。