• 子宮筋腫と静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)

    子宮筋腫による病状はさまざまあります。通常、検診・検査などで見つかる場合がほとんどで、自覚症状がなく発見されることもあります。必ずしもすべての人が症状を発症するものではなく、人によっては、生涯無症状といったことも不思議なことではありません。
    静脈血栓塞栓症は、本当に何もしなかった場合に起こりうる症状の一つとしてご紹介しています。

    静脈血栓塞栓症を発症。子宮筋腫が発見。通院をやめてしまった後の放置するリスク

    医療の学会などで報告されることの症例で比較的多いのが、子宮筋腫は発見されたものの放置してしまったケースです。必ずしも全ての人がそうなるというわけではありませんが定期的な通院をやめてしまい、医師の観察下ではない状態で引き起こすことが多いとも言えます。

    静脈血栓塞栓症のメカニズム

    エコノミー症候群。この言葉はニュースなどでもとりあげられて知っている人も多いと思います。長時間同じ姿勢を続けていることで血の巡りが悪くなり、血のかたまり(血栓)ができ、静脈の血流の流れをとめてしまい、下肢の痛みや変色、むくみを引き起こす疾患です。下肢及び急性肺血栓塞栓症…肺静脈を塞いだ場合は呼吸困難に陥ることもあります。
    被災地などで車中泊をしており、エコノミー症候群でお亡くなりになる方がいらっしゃるのもこの疾患が原因という場合もあります。
    子宮筋腫でも同様な仕組みがおこり、小さいうちはそれほど問題になるケースは少ないのですが、子宮筋腫が10cm、20cmと巨大化していくと子宮内だけでなく、周りの血流の流れを妨げることで、エコノミー症候群と同様の疾患を引き起こす可能性も決して0ではありません。実際の事例でも、大きな状態で発見され、病院にいかずに放置してしまい子宮筋腫が原因で血栓を生じさせたという報告もあります。通院していらっしゃればD-ダイマー(血栓数値)を調べて異常数値に気づき、手術に至らなかった可能性もあります。

    あくまでもここに至るまでは、長い年月何もしないと起こりやすい…リスクが高まる可能性がある一例なので、医師にきちんと見てもらっていれば過度に不安がる必要はありません。お腹が重い、おへそあたりに違和感が月経時の血の量が増えたなど少しでも異変を感じたら検査してみるのもリスク回避の意味ではよいかもしれません。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 「6歳未満はトランポリンで遊ばせるべきでない」米学会が注意喚起

    トランポリンで遊ぶのは楽しく運動にもなるが、子どもには極めて危険な場合もあると、米国整形外科学会(AAOS)が保護者に対して注意を喚起している。特に6歳未満の子どもは負傷するリスクが高いため、トランポリンで遊ばせるべきではないという。

     米国内の病院ではトランポリンによる負傷者の治療件数が2015年だけで29万5,000件を超える。このうち約10万3,000件は救急部門での治療だった。

     AAOSのスポークスパーソンである小児整形外科医Jennifer Weiss氏は「特に夏には、子どもたちに体を動かすことを楽しんでほしい」としつつも、「両親や保育者はトランポリンの危険性を知り、重傷を負う可能性があることを理解しておく必要がある」と話している。特に6歳未満の幼児は、トランポリンで安全に飛び跳ねるために必要な筋肉の協調運動や身体意識(body awareness)、すばやく反応する能力が十分に発達していないため、危険性が高まるという。

     トランポリンに関連して最も多くみられる負傷は捻挫と骨折で、トランポリンのマット、フレーム、スプリング上での転倒、他人との衝突、技の失敗、トランポリンから地面などの硬い面への落下によって起きる。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     トランポリンを安全に使用するために、AAOSは以下の点を注意するよう勧めている。

    • 6歳未満の子どもにはトランポリンを使わせない。子どもが誰も見ていないときに使わないように、使用後はトランポリンの梯子を外しておく。
    • 一度に2人以上でトランポリンに乗らない。
    • 定期的に道具を点検する。すり切れたり壊れたりしている場合は、交換用の部品を入手するか使用をやめる。
    • 負傷予防のための安全ネットで囲えば安心というわけではないことに留意する(ほとんどの負傷はトランポリンの上で起きる)。手すりやマット、周囲の着地面が十分にパッドで保護され、良好な状態であることを確認する。
    • 体育の授業や体操競技、飛び込みの練習などでトランポリンを使う場合、大人による監督と適切な安全対策、指導が重要である。
    • トランポリンの使用中は監視員を置く。宙返りなどのリスクの高い技は、適切な監督と指導、ハーネスなどの保護装置がない限りさせてはならない。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    情報元:リンク先
    HealthDay News 2017年7月29日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 「自分は運動不足」と考えるだけで寿命が縮む?

     実際の運動量は同レベルであったとしても、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人は、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人よりも早く死亡するリスクが高い可能性があることが、新たな研究で示された。研究を実施した米スタンフォード大学心理学のAlia Crum氏は「健康に長生きするには、健康的な行動だけでなく健康的な考え方を心掛けることが重要」と話している。

     Crum氏らは今回、主観的な運動量と死亡リスクとの関連について検討するため、米国で定期的に実施されている米国民健康聞き取り調査(NHIS)などの調査データを用い、成人6万1,141人を21年間追跡。実際の運動量、健康状態やそれに影響する行動、社会人口学的因子などで調整して解析した結果、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人では、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人と比べて追跡期間中に死亡する可能性が71%高いことが示されたとしている。

     Crum氏によると、最近、考え方(mindset)が健康面で重要な役割を果たしている可能性があることを示す研究報告が増えつつあるという。同氏は「これまで、国民の健康増進を目的とした取り組みでは、より健康的な食事をとり、運動量を増やすといった行動面への働きかけに主眼が置かれていた。しかし、健康的な行動に関する考え方への働きかけは進んでいない」と指摘している。

    運動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     ただし今回の研究は、考え方と死亡リスクとの関連を示したに過ぎず、運動不足と考えることが早期死亡リスクを高めることを証明するものではない。

     では、日常生活でこの研究結果をどのように生かせばよいのだろうか。Crum氏らは「十分な運動量を維持するにはジムで厳しいエクササイズをするしかないと考えている米国民は多いだろう。しかし、階段を上ったり、通勤で歩いたり、自転車に乗ったり、掃除をしたりといった日常的な活動を気分良く行うだけでも、健康にベネフィットをもたらす最初のステップになるだろう」と話している。

     この研究結果は「Health Psychology」7月20日オンライン版に掲載された。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。