• 肥満患者との接し方に注意―医療従事者による肥満差別で重大な影響

    医療従事者が「肥満は恥ずべきこと(fat shaming)」という考え方に基づいて差別的な態度で肥満患者に対応すると、患者の心身の健康が損なわれる可能性があるというレビュー結果が、米国心理学会(APA、8月3~6日、ワシントンD.C.)のシンポジウムで報告された。このレビューは、米コネチカット大学心理学教授のJoan Chrisler氏が最近の研究をまとめたもの。

     Chrisler氏は「たとえ肥満者を励ましたい、あるいは行動を変えさせたいという意図であっても、医療従事者が失礼な態度をとったり、医療の現場で肥満を理由に恥をかかせたりすることは患者にストレスを与え、受診の遅れや治療の中断につながる可能性もある」と話している。

     医療従事者の中に過体重や肥満に対するネガティブな感情があると、無自覚のうちに態度に表れ、患者は差別的な扱いを受けていると感じてしまう。「例えば、太っている患者に触れるのをためらったり、患者の体重を記録するときに首を振ったり舌打ちしたりすることだ。こうした経験が重なると、患者は偏見を持たれていると感じるようになる可能性がある」と同氏は説明している。

     過体重や肥満に対する考え方は、医師の治療決定にも影響するという。例えば、過去の複数の研究で、過体重の患者に投与される抗菌薬や化学療法薬の用量は不十分である場合が少なくないことが示されている。他の研究では、医師が平均的な体重の患者に対してはCT検査や血液検査、理学療法を勧めるのに対し、太っている患者には繰り返し減量を勧めがちだという実態も明らかにされている。同氏は「病態が同じであるにもかかわらず、体重によって異なる治療を勧めることは非倫理的であり、医療過誤の一種といえる」としている。

    肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     さらに、医師は時折、過体重や肥満の患者が訴える症状を深刻に受け止めず、体重が原因だと思い込むことがあり、それが慎重さを欠いた診断や検査の未実施につながることもあるという。300件超の検死報告をレビューした研究によると、肥満者では他の人に比べて重大な疾患(心内膜炎や虚血性腸疾患、肺がんなど)が未診断となっている可能性が1.65倍であることが分かっている。

     同シンポジウムで肥満差別に関する別の研究結果を発表した心理学者のMaureen McHugh氏によると、肥満差別は肥満の減少や健康の増進には有効でないというエビデンスがあるという。「肥満者に偏見を持つことは、むしろ彼らの精神衛生上のリスクを上昇させる。肥満への偏見は精神的ストレスにつながり、心身の健康を悪化させることが明らかにされている」と、同氏は話している。

    肥満症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報を掲載しています。一般的に肥満とは違い、病気として症状があるため治療を受けることができます。どういった違いがあるのか?詳しく解説しています。

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月3日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 母乳の味を変えれば野菜好きの子に育つ?

    幼い子どもに野菜好きになってほしければ、母親が授乳中に野菜を食べておくとよいかもしれない。「American Journal of Clinical Nutrition」7月号に掲載された研究で、母親が授乳前に野菜ジュースを飲むと母乳が野菜の風味になり、その母乳を飲んだ子どもは後に同じ味のする食べ物を嫌がる可能性が低くなることが示された。

     今回の研究では、母乳育児中の母子97組を5つのグループにランダムに割り付け、第1~第4グループの母親には授乳前に野菜ジュース(ニンジン、セロリ、ビートなど)を半カップ飲んでもらうことにした。その時期は、第1~第3グループではそれぞれ子どもの生後2週間目、1.5カ月目、2.5カ月目から1カ月間とし、第4グループでは生後2週間目から3カ月間とした。第5グループは水を飲む対照群とした。

     子どもの離乳後(生後8カ月頃)、母親が子どもに対してプレーンまたはニンジン風味、ブロッコリー風味の離乳食用シリアルを与える様子をビデオ撮影し、子どもの嫌がるサイン(鼻にしわを寄せる、唇を尖らせる、顔をしかめる、スプーンを強く拒絶するなど)を観察した。

     その結果、野菜風味の母乳を飲んだ子どもはプレーンなシリアルや不慣れなブロッコリー風味のシリアルよりも、ニンジン風味のシリアルを好むことが分かった。また、生後2週間目から1カ月間、野菜風味の母乳を飲んだ子どもは、他のグループの子どもに比べてニンジン風味のシリアルをより多く、より勢いよく食べていた。この結果について研究では「生後数週間は授乳の頻度が高いためか、もしくは味覚の形成に影響を及ぼしやすい時期であるためだろう」と推測している。

     なお、母親の野菜摂取量は研究期間中を通して変化しておらず、8割が推奨量を満たしていなかったが、母親は次第に野菜ジュースの味を好むようになっていた。そのため、その後も子どもに健康的な食べ物を与え続ける可能性が高まっているかもしれないという。

    野菜に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究を率いた米Monell Chemical Senses CenterのJulie Mennella氏は「乳児の感覚的経験はそれぞれの児に固有のものだが、味覚の経験は子宮内にいるうちから始まり、母親が食べたものによる影響を受ける。母親から与えられる母乳は精密医療の極致といえるだろう」と述べている。母親が野菜を食べると、その風味が羊水や母乳に移行し、子どもに伝わる。それにより子どもが早期から野菜の味を学べば、固形食を取り始めたときに嫌がりにくくなる可能性があるという。

     米国栄養・食事療法学会(AND)スポークスパーソンのJennifer McDaniel氏は「他にも複数の研究で、母乳育児により食べ物の好き嫌いを少なくできる可能性が示されている。しかし、母乳育児をできない母親は自分を責めなくてよい。健康的で多様性に富む食事を与えれば、子どもは異なる味や食感を経験して受け入れていき、選り好みしない健康的な食事パターンを身につけられる可能性が高い」とアドバイスしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月4日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。