• 血流感染リスクを高める3つの因子

    ウイルスや細菌などの血流感染が原因で臓器障害の状態となる敗血症は、死亡リスクが20%を超える重篤な疾患として知られている。先ごろノルウェーで実施された研究では、こうした重篤な疾患をもたらす血流感染リスクを高める3つの因子が明らかになった。

    この研究を実施したのは、ノルウェー科学技術大学(NTNU)などノルウェー中部の複数の施設を中心とした敗血症の共同研究グループ。
    同グループは今回、同国の健康診断受診者を追跡した前向きコホート研究であるHUNT研究の参加者6万4,027人のデータを分析した。

    このうち1,844人(2.9%)が中央値で14.8年間の追跡期間中に1回以上の血流感染を経験していたが、解析の結果、「肥満」が血流感染の最大のリスク因子であることが示された。
    例えば、適正体重の人と比べてBMI(体格指数)が30.0~34.9の人では31%、35.0~39.9の人では87%、40.0以上の人では210%の血流感染リスクの上昇が認められた。

    敗血症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    このほか、「喫煙」および「運動不足」も血流感染リスクを高めることが示された。
    さらに、肥満に加えてこれら2つのリスク因子もある人では、これらのリスク因子がない人と比べて血流感染リスクが約5倍に上ることも分かった。
    なお、これら3つの因子は死亡リスクを高めることも明らかになったという。

    敗血症による死亡者数は世界で600万人とも推定されている。
    この研究結果は因果関係を示すものではないが、研究を実施したNTNUのJulie Paulsen氏は「われわれの研究では、肥満が敗血症の重要なリスク因子であることが示された」と話し、「生活習慣に関連したリスク因子に対応することで、重篤な感染症のリスクを低減できる可能性がある」との見方を示している。

    なお、この研究の詳細は「International Journal of Epidemiology」6月15日オンライン版に掲載された。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月11日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • まれな眼疾患の治療に光、米で遺伝子治療の承認へ

    米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10月12日、RPE65遺伝子変異を原因とするまれな遺伝性網膜疾患に対し、遺伝子治療薬の承認を勧告することを全会一致で決定した。この遺伝子治療薬を開発する米Spark Therapeutics社が同日、明らかにした。

    この疾患は若年期から進行し、最終的に失明する場合が多いが、これまで有効な治療薬はなかった。もし承認されれば米国で初の遺伝性疾患に対する遺伝子治療となる。

    遺伝性網膜疾患に関連する遺伝子は数多くあり、RPE65遺伝子はその1つ。
    米国での患者数は約1,000人と推定されている。今回承認されたvoretigene neparvovec(商品名 Luxturna)は、人体に無害なウイルスをベクターとして用いてRPE65遺伝子を網膜内の細胞に注入することで同遺伝子が正常な状態に修復され、細胞の機能が回復するという。
    同薬の開発にも参加した医師は「最大限の回復のためには両眼に注入する必要がある」としている。

    網膜疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    遺伝性網膜疾患の患者団体Foundation Fighting BlindnessのStephen Rose氏によると、米国には失明の可能性がある遺伝性疾患の患者数は約20万人と推定されており、こうした疾患に関連する約250の遺伝子が同定されている。
    RPE65遺伝子はその1つで患者数は少ないが、「当事者にとっては極めて大きな問題だ」と同氏は強調する。

    Luxturnaによる治療は、RPE65遺伝子変異のある患者の視力を正常レベルにまで回復させるわけではないが、視機能は改善するという。Rose氏は「この治療によって患者は盲導犬や杖なしで移動できるようになる可能性があるということだ。
    これまで治療法がなかった患者に希望をもたらす新たな治療といえる」と話す。

    FDAの諮問委員会が同薬の承認を勧告する根拠としている臨床試験では、Luxturnaによる治療を受けた患者29人のうち27人(93%)にmulti-luminance mobility test (MLMT)で評価した視機能の改善が認められたという。

    同試験の対象となった患者には4歳の小児もいたが、Rose氏は「できるだけ早い時期に治療を行い、網膜変性を抑制することが理想的だ」と話す。
    また、遺伝子治療による効果が生涯にわたって持続するのかどうかは現時点では不明だが、10年以上前にこの治療を受けた患者の視力は現在も維持されているという。

    AP通信は、実際にこの治療を3年前に受けたCole Carperさん(11歳)と姉のCarolineさん(13歳)を紹介しているが、それによるとColeさんは治療後、空を見上げて母に「あの光るものは何?」と尋ね、「あれは星よ」と教えてもらったという。
    また、Caroline さんは「治療の後、雪や雨が降ってくるのを見て本当に驚いた。雨や雪は地面にあるものだと思っていた」と振り返っている。

    今後Luxturna が承認されれば、2種類の血液がんに対する抗CD19キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法に続く3件目の遺伝子治療の承認となり、遺伝性疾患に対する遺伝子治療としては初となる。

    米ニクラウス小児病院のZenia Aguilera氏は「遺伝性眼疾患の遺伝子治療においてFDAは大きな一歩を踏み出した」と話す。
    一方、Rose氏は「治療費がどの程度になるのか、またこの治療に保険が適用されるか否かは未定だが、必要とする誰もが治療を受けられるようになってほしい」と期待を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月12日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 冠動脈プラークの脆弱性と強く関連する血糖変動指標とは? 神戸大の研究グループ

    血糖値の変動性は冠動脈疾患(CAD)の発症や進展に影響を及ぼし、血糖変動指標の中でも血糖値の標準偏差(SD)と平均血糖変動幅(MAGE)の増大は冠動脈プラークの脆弱性の予測因子として優れる可能性のあることが、神戸大学大学院糖尿病・内分泌内科学准教授の坂口一彦氏らの検討で分かった。

    詳細は「Journal of Diabetes Investigation」9月16日オンライン版に掲載された。

    耐糖能異常(IGT)や糖尿病はCADの重要なリスク因子とされ、このCADの発症には血糖値の上昇だけでなく血糖変動も影響を及ぼすと考えられている。
    坂口氏らの研究グループはCADと血糖変動指標との関連を調べるため、CAD患者で測定した4つの血糖変動指標とvirtual histology-IVUS(血管内超音波検査)で評価した冠動脈プラークの脆弱性(plaque vulnerability)との関連を調べる後ろ向き観察研究を行った。

    対象は、2012年6月~2014年5月に同大学病院に経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行のため入院したCAD患者53人(年齢は20~80歳)。
    うち8人は正常耐糖能(NGT)で、16人はIGT、29人は糖尿病であった。

    対象患者には持続血糖モニタリング(CGM)を3日間以上行い、CGMデータから(1)血糖値のSD、(2)MAGE、(3)1時間ごとのcontinuous overlapping net glycemic action(CONGA-1)、(4)mean of daily differences(MODD;連続した2日間の同時刻の血糖値の変動)の4つの血糖変動係数を求めた。

    また、冠動脈プラークの脆弱性の指標として、virtual histology-IVUSにより冠動脈病変の合計したプラーク体積における壊死した組織塊の割合(percentage necrotic core of total plaque volume;%NC)を算出し、血糖変動係数との関連を調べた。

    解析の結果、血糖変動の指標はいずれも冠動脈プラークの脆弱性の指標(%NC)と有意に関連し、相関係数はそれぞれlog血糖値SDが0.593、logMAGEが0.626、logCONGA-1が0.318、logMODDが0.388であった。
    線形回帰分析の結果、%NCの決定係数(冠動脈プラークの脆弱性との関連性を表す指標)はMAGEが最も大きく、血糖値SDが続き、これらの値はCONGA-1、MODDよりも大きいことも明らかにされた。

    以上の結果から、坂口氏らは「冠動脈プラークの脆弱性を予測する血糖変動指標には、CONGA-1、MODDよりもMAGEと血糖値SDの方が優れる可能性がある。より大規模な前向き研究でNGT、IGTまたは糖尿病患者における血糖変動指標のCADへの影響を検討する必要がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月23日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。