• スリープポジショナーは赤ちゃんに危険

    乳児用スリープポジショナーは、赤ちゃんの寝返り防止を目的とする寝具ですが、窒息の原因になることもあると警告されています。

    赤ちゃんを寝かせるときは、安全のため以下のポイントを守るようにしましょう。

    • スリープポジショナーは種類にかかわらず使用を避けましょう。
    • ベビーベッドには枕、毛布、シーツ、キルトなどを置かないようにしましょう。毛布などがなくても暖かさを保てるよう季節にあった服を着せましょう。
    • ベビーベッドにおもちゃや物を置くことも避けましょう。
    • 赤ちゃんは常に仰向けで寝かせましょう。

    情報元:米食品医薬品局(FDA)

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月16日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。