• HDL-C値の低下と心筋梗塞、脳卒中との関係は? 多目的コホート研究から

    血中のHDL-コレステロール(HDL-C)値が低下すると男女ともに心筋梗塞やラクナ梗塞の発症リスクが高まる可能性があることを国立がん研究センターなどの多目的コホート研究(JPHC Study)グループが発表した。

    ただし、女性ではHDL-C値の上昇や低下による脳卒中全体のリスクへの影響はみられなかったほか、HDL-C値が高いほど脳出血リスクは高まることも示されており、研究グループはさらなる検討の必要性を指摘している。
    詳細は「Atherosclerosis」10月号に掲載された。

    これまでの研究で、善玉コレステロールとして知られるHDL-C値が低下するほど心筋梗塞などの虚血性心疾患リスクは高まることが報告されている。
    しかし、日本人では女性を対象とした研究が少なく、HDL-C値と脳卒中の関連については国内外で一致した見解が得られていなかった。
    そこで研究グループは今回、JPHC研究に参加した一般住民を前向きに15年間追跡したデータを元に、HDL-C値と虚血性心疾患および脳卒中の発症との関連を調べた。

    心筋梗塞に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、1993年および1995年に虚血性心疾患や脳卒中の既往がない40~69歳の住民3万736人。
    HDL-C値を男女別に五分位に分けて、喫煙や飲酒などリスク因子を調整した後、HDL-C値が最も高い群を基準として虚血性心疾患と脳卒中の発症リスクを比較した。

    その結果、虚血性心疾患の発症リスクは、男性ではHDL-C値が最も高い群と比べて最も低い群で1.85倍に有意に増加した(P=0.02)。
    女性でも同程度のリスク増加が認められたが、有意ではなく増加傾向にとどまっていた(P=0.07)。
    また、脳卒中の発症リスクについては、男性ではHDL-C最高値群と比べて最低値群で1.29倍に有意に高まっていたのに対し(P=0.03)、女性ではHDL-C値との関連はみられなかった。

    さらに、CT検査画像に基づいて脳卒中をサブタイプ(くも膜下出血、脳出血、ラクナ梗塞および皮質枝系脳梗塞、脳塞栓)で分けてHDL-C値との関連を調べたところ、このうちラクナ梗塞の発症リスクは、HDL-C最高値群と比べて最低値群では男性が1.63倍、女性が1.97倍に増加していた。
    しかし、女性ではHDL-C値が高いほど脳出血の発症リスクが有意に高まることも明らかにされた。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ラクナ梗塞は、脳の奥深くにある直径0.2~0.3mm程度の細い血管が詰まる小梗塞で、日本人が発症する脳梗塞で最も頻度が高いとされる。
    研究グループによると、これまでラクナ梗塞の原因となる細い血管の血栓形成にはHDL-C値は関与しないものと考えられてきた。
    しかし今回の研究ではHDL-C値が低いほどラクナ梗塞の発症リスクが増加するとの結果が得られており、HDL-Cには太い動脈だけでなく細い動脈でも血栓形成の予防に働く可能性が示唆されたとしている。

    また、女性ではHDL-C値が低いと脳出血リスクが低下したことについては、研究グループはHDL-Cによる血小板機能の影響が考えられると考察している。
    しかし、HDL-Cと循環器疾患の発症との関係は十分には解明されておらず、今後のさらなる研究が必要だと付け加えている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月30日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • プロバイオティクス飲料摂取で2型糖尿病患者の慢性炎症が抑制か 順天堂大の研究グループ

    日本人の2型糖尿病患者が腸内環境を整えるプロバイオティクス飲料を4カ月間継続して摂取すると、腸内で乳酸菌のラクトバチルス属(Lactobacillus)の中でも腸管のバリア機能を向上させる善玉菌の数が増えたほか、慢性炎症の原因となり得る腸内細菌の血中への移行を抑制することを、順天堂大学大学院代謝内分泌内科学准教授の金澤昭雄氏と准教授の佐藤淳子氏、教授の綿田裕孝氏とプロバイオティクス研究講座特任教授の山城雄一郎氏らの研究グループが(株)ヤクルト本社との共同研究で見出した。

    プロバイオティクス飲料を継続的に摂取すると腸内細菌の侵入を防ぐ腸管のバリア機能が強化され、全身の慢性炎症の抑制につながる可能性があるという。

    詳細は「Scientific Reports」9月21日オンライン版に掲載された。
    研究グループはこれまで、日本人の2型糖尿病患者は腸内フローラのバランスが乱れており、このバランスの乱れから腸管バリア機能が低下して腸内細菌が血液中へ移行するバクテリアルトランスロケーション(bacterial translocation)を引き起こしていることを突き止めていた(Diabetes Care 2014; 37: 2343-2350)。

    そこで研究グループは今回、2型糖尿病患者を対象に腸内フローラのバランスを整えるプロバイオティクス飲料を継続して摂取してもらい、腸内フローラの組成や腸内細菌の血液中への移行に及ぼす影響などを調べた。

    対象は食事療法や運動療法、薬物療法を行っている2型糖尿病患者70人(30~79歳、HbA1c値は6.0%以上8.0%未満)。
    対象患者をプロバイオティクス飲料(400億個のラクトバチルス カゼイ シロタ株含有の低カロリータイプ)を継続摂取する群と摂取しない群(各群35人)にランダムに割り付けて16週間観察した。
    摂取前および摂取開始から8週後、16週後に便中および血中の腸内フローラを解析し、炎症性サイトカイン〔腫瘍壊死因子(TNF)-α、インターロイキン(IL)-6、高感度C反応性タンパク(hs-CRP)〕の血中濃度を調べた。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    各群で34人が試験を完了した。
    腸内フローラの解析から、プロバイオティクス飲料を継続摂取した群では摂取していない群と比べてベースラインから試験終了時(16週後)には便中の総ラクトバチルス属菌が有意に増加し、特に善玉菌として知られるラクトバチルス カゼイ、ラクトバチルス ガセリ、ラクトバチルス ロイテリ、クロストリジウム コッコイデスグループの菌数が有意に増えていることが分かった。

    また、腸内から血液中に移行した細菌の総数は、試験開始から8週後では摂取群と非摂取群で差はみられなかったのに対し、16週後では血液1mL当たりの細菌数は非摂取群の6個に対し摂取群では1.8個にまで減少し、両群間に有意差が認められた(P<0.05)。
    一方で、プロバイオティクス摂取による炎症性サイトカインへの影響はみられなかった。

    研究グループは、プロバイオティクス飲料の摂取後に増加したラクトバチルス カゼイ、ラクトバチルス ガセリ、ラクトバチルス ロイテリは腸管の上皮細胞間の接着を強化する作用を持つとの報告があることから、「プロバイオティクス飲料の継続摂取は、2型糖尿病患者の腸内フローラに変化をもたらし腸管のバリア機能を強化して、血中への腸内細菌の移行を抑制すると考えられる」と述べている。

    また、腸内細菌の血中への移行は全身に慢性的な炎症を引き起こし、2型糖尿病の病態を悪化させることが懸念されることから、今後、腸管バリア機能を強化して慢性炎症を抑えることを標的とした新しい治療法の開発につながる可能性があると期待を示している。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月30日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 鼻の美容整形、魅力アップ以外にも効果

    鼻の美容整形にどの程度の価値があるのだろうか。米ジョンズ・ホプキンズ大学医学部形成外科学准教授のLisa Ishii氏らが実施した調査では、鼻の美容整形(鼻形成術)を受けた患者は他者に「魅力的」に映るだけでなく、「健康で成功している人物」と認識されやすくなることが分かった。

    詳細は「JAMA Facial Plastic Surgery」10月19日オンライン版に掲載された。

    米国では鼻形成術は珍しい手術ではない。米国形成外科学会(ASPS)によれば、米国では2016年の1年間に22万件以上の鼻形成術が実施され、脂肪吸引に並ぶ実施件数だという。

    今回の研究を実施した目的について、Ishii氏は「鼻の美容整形を望む人の多くは、自分の外見に対する自身の認識だけでなく、他者の見方も変えたいと考えている。
    このうち後者、つまり他者の見方がどのように変化するのかを明らかにしたかった」と説明している。

    この研究では鼻形成術を受けた患者とは関係のない18~73歳の男女473人(平均年齢29歳、女性70.8%)にオンライン調査に協力してもらった。
    調査協力者には鼻形成術を受けた患者13人の術前および術後6週以上経過後の写真を見せ、それぞれの外見を100点満点のvisual analog scale(VAS)で評価してもらった。
    ただし、どちらの写真が「術前」あるいは「術後」なのかは知らせなかった。

    その結果、術前および術後のVASの平均スコアは「魅力」については50.32点から56.46点に、また「成功」については58.23点から61.49点に、「健康」については61.32点から65.19点に上昇していた。
    Ishii氏は「この改善の度合いは大きい。今回の研究結果は鼻形成術を希望する患者にとって有益な情報となる。魅力的な人ほど成功して見えるということだ。鼻形成術に価値があるかどうかを決めるのは患者自身だ」と話している。

    一方、この研究結果を受け、慎重に解釈するよう呼び掛けているのは米カンザス大学ヘルスシステムの形成外科医であるClinton Humphrey氏だ。
    同氏は「鼻形成術には6,000ドルから2万5,000ドルもの高額な費用がかかり、保険が適用されないことが一般的だ」と指摘。

    また、鼻形成術は美容整形の中でも特に難しい施術だが、この研究ではIshii氏らが“理想的”と判定した患者のみを評価対象として選定していることに言及し、「自分自身も鼻形成術では最善を尽くしているが、全ての患者で“理想的”な結果が得られるわけではない」と話している。
    その上で、同氏は「この結果について、鼻形成術を受ければ誰もが他者から健康で魅力的で成功した人物だと認識されると解釈するのは誤りだ」との見方を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月19日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。