• 胎児に悪影響!妊婦がかかると危ないトキソプラズマ感染症とは

    トキソプラズマ感染症について

    トキソプラズマ感染症という言葉を聞いたことはありますか?妊娠中に感染してしまうと、お腹の赤ちゃんにも感染して障害がでる可能性があります。そんなトキソプラズマ感染症の症状や感染経路などについてまとめました。

    ペットを飼っている人や土いじりを行っている人は必読です。

    1. 1.トキソプラズマ感染症とは
    2. 2.トキソプラズマ感染症の症状
    3. 3.トキソプラズマ感染症の感染経路と潜伏期間
    4. 4.トキソプラズマ感染症が母体や胎児に与える影響
    5. 5.トキソプラズマ感染症の抗体とは
    6. 6.トキソプラズマ感染症の予防・治療法

    トキソプラズマ感染症とは

    トキソプラズマ感染症という名前を聞いたことがありますか?インフルエンザやノロウィルスなどとは違って、あまりメジャーな感染症ではありませんよね。ですがこのトキソプラズマ、実は私たちのとても身近なところにいるのです。

    トキソプラズマ原虫という寄生虫による感染症
    トキソプラズマ感染症とは、トキソプラズマ原虫という寄生虫に感染してしまったことを言います。
    この原虫は、目には見えないとても小さな寄生虫です。
    人間や動物などの細胞内に寄生し増殖していきます。
    健康な人がトキソプラズマに感染しても何も問題ありませんが、妊娠中にお母さんが初めて感染する場合、へその緒を通じて赤ちゃんにも感染する可能性がああります。

    トキソプラズマはどこにいるの?
    トキソプラズマは主に、動物の肉や排泄物、野菜、土などに住んでいます。
    簡単にいうと、「どこにでも」います。
    トキソプラズマに接触する機会は非常に多いと言えるのです。

    トキソプラズマ症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    トキソプラズマ感染症の症状

    接触する機会の多いトキソプラズマ原虫。
    感染してしまうとどのような症状が現れるのでしょうか?

    ほとんど自覚症状がない
    健康な大人がトキソプラズマに感染しても、基本的に発症することはありません。
    トキソプラズマ原虫の感染力は強くないので、人間が持っている免疫機能で十分対処可能なためです。
    しかし、疲れや体調不良などによって免疫力が衰えた状態になっていると、トキソプラズマ感染症を発症してしまう事があります。

    トキソプラズマ感染症の大きな特徴として、自覚症状がほとんどないことがあげられます。
    せいぜい、風邪のような症状が数日間現れる程度です。

    トキソプラズマ感染症の感染経路と潜伏期間

    どこにでもいるトキソプラズマ原虫。
    いったいどのようにして私たちの体の中に入ってくるのでしょう?
    トキソプラズマの感染経路と発症率、潜伏期間についてまとめました。

    トキソプラズマの感染経路は?
    トキソプラズマ原虫は、動物の肉や排泄物、土の中や植物にくっついています。
    人間の体への感染経路は、口と眼が中心です。
    空気感染もしませんし、ヒトからヒトにうつることはありません。
    動物に触れることでも感染はありませんから安心してください。
    具体的な感染経路として重要になってくるのが生肉と猫です。
    トキソプラズマはほぼすべての動物に寄生しています。

    • 過熱が不十分な肉や生の肉を食べる
    • 生肉を調理した際の手や調理器具の消毒が不十分

    などの場合に、手を介して口や眼から感染します。
    もう一つのポイントである猫ですが、トキソプラズマの最終的な宿主が猫なのです。
    猫の排泄物にトキソプラズマ原虫が含まれているため、猫の糞の処理時に手に付着し、手を介して口や眼から体内に侵入します。
    一度でも屋外に出たことのある猫や、多頭飼いの猫の場合、たいていはトキソプラズマ原虫を持っています。
    最後に、土や野菜、植物です。
    これは主に野良猫や外出自由な猫が原因となります。そういった猫たちが排泄した土には高確率でトキソプラズマが潜んでいます。
    知らずに土に触れたり、その場所にある植物や野菜などに触れることでトキソプラズマが人間に移行するのです。

    トキソプラズマの潜伏期間はどれくらい?
    トキソプラズマの潜伏期間は約1周間程度と言われています。
    その期間にトキソプラズマの感染経路にあたる行動を行い、風邪のような症状が現れた場合、念のため感染しているかの検査を行った方がよいかもしれません。

    お母さんの感染率はどのくらい?
    トキソプラズマ自体はそれほど強い感染力を持っているわけではありません。
    トキソプラズマ原虫がお母さんの体内に侵入したとしても、感染する確率は数パーセント以下という非常に低い数値です。

    過去にトキソプラズマが体内に侵入した経験があり、トキソプラズマへの免疫を持っている人は約1割程度と言われています。
    そのような人はトキソプラズマに対して抗体が作られているので、再度トキソプラズマに接触しても基本的には発症することはありません。
    しかし、注意が必要となるのは、妊娠中にトキソプラズマに初めて感染してしまったお母さんです。

    トキソプラズマ感染症が母体や胎児に与える影響

    妊娠中に初めてトキソプラズマに感染してしまうと、お母さんや赤ちゃんにどのような影響が出るのでしょう?

    お母さんへの影響は?
    トキソプラズマのお母さんへの影響はほとんどありません。
    せいぜい風邪のような症状が現れる程度です。
    しかし、赤ちゃんへの影響は比べ物にならない位危険なものとなり得ます。

    お腹の赤ちゃんへの感染率は?
    赤ちゃんへのトキソプラズマへの感染率は、妊娠週数によって大きく異なってきます。
    その際に重要なことが、胎盤の完成度と赤ちゃんへの血流量です。
    赤ちゃんは胎盤を通じてお母さんと繋がっています。
    胎盤から伸びたへその緒から栄養や酸素をもらって成長していくのです。

    しかしながら、胎盤から赤ちゃんに届けられるのはいいものばかりとは限りません。
    妊娠中のアルコールやタバコなどが良くないとされているのはこのためです。
    トキソプラズマもへその緒を通じて赤ちゃんの体内に侵入してしまうのです。

    赤ちゃんはトキソプラズマへの免疫を持っていませんから、感染してしまう確率が高くなります。
    妊娠初期であればあるほど赤ちゃんへの感染率は低くなり、週数が進むほどに感染率が高くなっていきます。

    妊娠初期は胎盤が十分に形成されておらす、赤ちゃんへの血流量も少ないためです。
    しかし妊娠後期になると、大きくなった赤ちゃんに送られる血液は増えますから、その分トキソプラズマへの感染率が高くなってしまうのです。
    統計的には、妊娠15週ごろまでは10パーセント以下、妊娠30週ごろまでは20~30パーセント程度、それ以降は60パーセント以上と急上昇します。

    お腹の赤ちゃんが感染するとどんな影響がある?
    赤ちゃんがトキソプラズマに感染した場合の影響も、妊娠週数によって大きく異なってきます。

    妊娠初期に感染してしまった場合ほど、先天的な異常をもって産まれてくる確率が高くなります。逆に、後期は感染率は高くはありますが、赤ちゃんの体が出来上がってきているため、障害を持たずに産まれてくるケースもみられます。
    妊娠初期での感染では、脳や神経系の異常。
    妊娠中期では消化器などの内蔵系の異常。
    妊娠後期では眼に関する異常が見られることもあるが、無症状の場合も多い。
    赤ちゃんへの影響をまとめるとこのようになります。

    トキソプラズマ症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    トキソプラズマ感染症の抗体とは

    トキソプラズマが赤ちゃんに感染するかどうかは、お母さんがトキソプラズマに対する免疫を持っているかどうかがカギになってきます。
    つまり、お母さんがトキソプラズマに対する抗体を持っている場合、赤ちゃんへの感染は起こりません。

    抗体とは何か?
    さて、抗体とはいったいなんでしょう?
    人間の体には免疫機能というものがあります。体の中に病原菌やウィルスなどが侵入して来たとき、それらをやっつけるのが免疫です。
    免疫機能が正常に働くと、体の中に抗体というものがつくられます。
    抗体とは「敵のやっつけかたマニュアル」のようなものです。
    一度体内に侵入した敵の種類ごとに作られるため、次にやってきたときには感染することなく体内から排除できるようになります。
    この抗体の仕組みをうまく利用したのが予防接種というわけです。

    抗体があるか調べる方法は?
    自分の体の中にトキソプラズマに対する抗体が出来上がっているかは、血液検査で調べることができます。
    採血によって、血液中の抗体の有無がわかるのです。

    通常、産院でも検査は可能ですから、心配な場合は医師に相談してみましょう。

    トキソプラズマ感染症の予防・治療法

    仮にトキソプラズマに対する抗体を持っていなかった場合、感染予防をしっかりと行わなくてはなりません。
    トキソプラズマ感染症の予防法と、万が一感染してしまった場合の治療法を紹介します。

    トキソプラズマに感染してしまった場合の治療法とは?
    妊娠中にトキソプラズマに感染してしまった場合でも、トキソプラズマを殺す薬を使用すれば赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。
    完全に防ぐことはできないかもしれませんが、発症率や先天性の異常がおこる確率を大幅に下げることが可能です。
    感染が疑われる場合は早急に受診して、薬の服用を開始してください。

    トキソプラズマの感染を防ぐためにできること
    一番大切なのは何といっても予防です。
    トキソプラズマ感染症を防ぐ効果的な方法を紹介します。

    • 生肉やペットのふん、土いじりをは素手で行わない。もしくは十分に手を洗う。
    • 肉は十分に加熱する。
    • 野菜は加熱できるものはしっかりと火を通す。十分に流水で洗う。
    • 調理器具の消毒を十分に行う。
    • 素手で目や口をさわらない。

    トキソプラズマは、お母さんが手洗いや食品衛生などといった基本的なことを行えば十分に防ぐことができます。
    これらの予防法はトキソプラズマに限らず多くの感染症にも有効ですから、今のうちからしっかりと習慣にしたいものですね。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 出血があったら要注意!常位胎盤早期剥離とは

    常位胎盤早期剥離について

    赤ちゃんが産まれてくる前に、胎盤が子宮壁からはがれてきてしまうことを早期胎盤剥離と言います。突然の激痛と子宮収縮、出血などがみられます。胎盤早期剥離はお母さんも赤ちゃんも命の危険を伴う緊急事態です。

    常位胎盤早期剥離の状態や症状、処置方法などをまとめました。

    1. 1.常位胎盤早期剥離とは
    2. 2.常位胎盤早期剥離のリスクと死亡率
    3. 3.常位胎盤早期剥離の原因
    4. 4.常位胎盤早期剥離の兆候
    5. 5.常位胎盤早期剥離の診断と治療方法
    6. 6.常位胎盤早期剥離の予防

    常位胎盤早期剥離とは

    常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)とは、「常位胎盤」と「早期剥離」に分けて考えられている症状です。
    常位胎盤とは、胎盤が正しい位置にあること。例えば、前置胎盤や低置胎盤などといった胎盤の位置に異常がないことを指します。胎盤が正常な位置に出来上がっているという意味ですね。
    早期剥離とは、赤ちゃんよりも先に胎盤がはがれてしまうことを言います。

    通常のお産と常位胎盤早期剥離の違い
    正常なお産では、一番最初に外に出てくるのが赤ちゃんです。その後、胎盤などの赤ちゃんの付属物が子宮からはがれてお腹から出てきます。
    しかし胎盤早期剥離では、妊娠中や出産中に赤ちゃんよりも先に胎盤がはがれ出してしまいます。
    お腹の外に出る前の赤ちゃんは、胎盤とつながるへその緒から酸素や栄養をもらっています。
    その胎盤が先にはがれてしまうことで、赤ちゃんの状態は急激に悪化してしまいます。
    さらに、適切ではないタイミングで胎盤がはがれてしまうことで、子宮の壁と胎盤の間で出血が起こります。

    胎盤に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    それがさらに胎盤をはがす要因となり、症状がどんどん進行していくのです。
    つまり、常位胎盤早期剥離とは、胎盤の位置には問題はないが、赤ちゃんがお腹から出るよりも先に胎盤がはがれだしてきてしまう状態をいうのです。

    常位胎盤早期剥離のリスクと死亡率

    常位胎盤早期剥離は、母子ともに命に関わる非常に危険な状態です。
    具体的にどのようなリスクがあるのかを、お母さん・赤ちゃんのそれぞれについてまとめました。

    常位胎盤早期剥離のお母さんへのリスクと死亡率
    常位胎盤早期剥離がおこると、お母さんにはどのような危険が及ぶのでしょう?

    1.播種性血管内凝固:DIC
    胎盤が子宮壁からはがれ始めると、その部分から出血が起こります。
    出血成分の中には血液を凝固させる成分が含まれています。
    そして、その成分がお母さんの血管をめぐり体内に血栓がたくさんつくられます。
    すると当然、血液凝固成分が不足してしまいますよね。その結果として、血が止まりにくくなりどんどん出血が続きます。
    このような状態を播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ):DICと呼んでいます。
    DICは常位胎盤早期剥離のみが原因で起こるとは限りませんが、DICの約半数は常位胎盤早期剥離が原因となっています。

    2.産科ショック
    急激な出血によって、お母さんの体はショック状態に陥ります。
    険な部類に入ります。

    • 血圧の低下
    • 心拍数の増加
    • 脈が弱くなる
    • 意識障害
    • 呼吸状態の悪化

    などといった症状がみられます。
    産科ショックも様々な要因で起こりますが、急激な多量の出血を原因とする出血性ショックが圧倒的に多い原因となっています。

    3.お母さんの死亡率
    常位胎盤早期剥離は妊娠・出産トラブルの中でも極めて危険な部類に入ります。
    胎盤剥離の程度や進行具合にもよりますが、常位胎盤早期剥離によるお母さんの死亡率は約1~2パーセント程度となっています。
    母体死亡率でも圧倒的に高い割合を占めているのが大量出血です。常位胎盤早期剥離は大量出血を招きやすい要因の一つです。予防と早期発見・早期治療が非常に重要となってきます。

    常位胎盤早期剥離の赤ちゃんへのリスクと死亡率
    赤ちゃんが産声を上げるまでは、その命はお母さんとつながっています。
    つまり、文字通り母と子は一心同体になっているのです。
    常位胎盤早期剥離によってお母さんの状態が危険にさらされるということは、赤ちゃんも同様に命の危機にあると言えます。赤ちゃんにはどのようなリスクが想定されるのでしょうか?

    1.胎児機能不全
    子宮の中で出血が進むにつれて、血の塊がどんどん赤ちゃんやへその緒を圧迫していきます。
    その結果、赤ちゃんには十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。
    呼吸や循環が妨げられることによって、赤ちゃんの状態は急激に悪化していきます。
    この状態を、胎児機能不全と呼んでいます。

    早急に適切な対応を行わないと、脳などに障害がおこったり、最悪の場合、赤ちゃんの命に関わったりします。

    2.胎児死亡
    胎児機能不全が進行してしまい、処置が間に合わなかった場合、赤ちゃんが亡くなってしまうこともあります。
    そしてその確率は決して低くないのです。

    3.赤ちゃんの死亡率
    常位胎盤早期剥離でのお母さんの死亡率はわずか1パーセント程度。しかし赤ちゃんの場合、そうはいきません。
    剥離の進行具合や、赤ちゃんの状態、処置の速さなどによって異なりますが、胎児の死亡率はおよそ20~80パーセントと非常に高くなっています。

    常位胎盤早期剥離の原因

    お産はお母さんも赤ちゃんも命がけであることを非常によく現わしているのが常位胎盤早期剥離です。
    常位胎盤早期剥離が起こる原因はどこにあるのでしょう?

    1.正確な原因は不明
    常位胎盤早期剥離が起こる原因は、はっきりとはわかっていません。
    「これが原因で起こった」と特定することが非常に難しいためです。
    しかし、常位胎盤早期剥離を起こしやすくする要素としていくつか考えられます。

    • 妊娠高血圧症候群
    • 高齢妊娠
    • 多胎妊娠
    • 喫煙
    • 麻薬
    • 子宮内圧の急激な低下

    などです。

    2.子宮への衝撃
    物理的な衝撃も、常位胎盤早期剥離の要因となります。

    腹部の外傷や衝撃、時には逆子の処置として行われる外回転術が誘因となることもあります。

    常位胎盤早期剥離の兆候

    常位胎盤早期剥離では、とにかく早期に異常に気付くことが欠かせません。
    1秒でも早い処置が必要となってくるためです。

    常位胎盤早期剥離の兆候について知っておきましょう。

    常位胎盤早期剥離が疑われる症状
    実際に常位胎盤早期剥離であるかは、医師の診断を行わなければわかりません。
    しかし、常位胎盤早期剥離が疑われる症状には次のようなものがあります。
    このような症状がみられた場合、できるだけすぐに受診する必要があります。
    常位胎盤早期剥離が疑われる症状

    • 突然の腹痛
    • 子宮の収縮
    • おなかの張り
    • 出血
    • 動悸
    • 冷や汗
    • 意識もうろう
    • 脈が速い

    などです。
    常位胎盤早期剥離は出血が子宮内のみでとどまり、見た目では出血が確認できない場合もあります。
    出血がないからと油断してはいけません。

    胎盤に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    常位胎盤早期剥離の診断と治療方法

    常位胎盤早期剥離が疑われる場合、早急に受診する必要があります。
    実際に、どのような状態であれば常位胎盤早期剥離と診断されるのでしょう?
    診断方法と治療法についてまとめました。

    常位胎盤早期剥離の診断

    エコー検査
    エコーでの画像診断によって、子宮と胎盤の間に血液の存在を確認できます。
    胎盤の厚みや出血量が常位胎盤早期剥離の進行具合の判断材料となります。

    外診
    お腹を触っても、赤ちゃんの場所がわかりにくくなります。

    胎児モニタリング
    NSTという機械をお母さんのおなかにつけて、赤ちゃんの心拍数などをモニタリングします。
    これによって、赤ちゃんがどれだけ元気でいるかがわかります。

    その他、必要に応じて血液検査や尿検査、MRI検査などが行われます。

    常位胎盤早期剥離の治療法
    常位胎盤早期剥離の治療は、大きく分けて2種類です。
    一つは、安静にして出産時期まで耐えること。もう一つは、出産に踏み切ることです。

    1.安静
    剥離の程度が軽い場合、即入院となり絶対安静となります。
    胎盤の機能に問題がない場合、特に妊娠34週未満では、できるだけ赤ちゃんがお腹の中にとどまれるようにします。
    できるだけ赤ちゃんが発育するのを待つのです。

    2.急速遂娩
    赤ちゃんやお母さんの状態が非常に悪い場合、すぐに出産に踏み切ります。
    一般的には帝王切開や吸引分娩などの方法がとられますが、医師の判断によってケースバイケースとなります。
    赤ちゃんとお母さんを助ける確率を1パーセントでも高められるベストな方法を選択するのです。

    常位胎盤早期剥離の予防

    常位胎盤早期剥離のはっきりとした原因は不明であっても、そのリスクとなる要因はわかっています。
    例えば高齢妊娠や双子など、自分ではどうすることもできない要素もありますが、日々の生活上で十分管理できる事柄も多いのです。

    常位胎盤早期剥離を防ぐためにできること

    減塩:妊娠高血圧症は大きなリスクとなります。
    禁煙:喫煙は常位胎盤早期剥離だけでなく、発育不全の原因にもなります。
    ヒールのある靴を避ける:転倒してお腹をぶつける危険が高くなります。
    運動:高血圧の予防になります。
    無理をしない:心身ともに無理をすると切迫早産などにもつながりやすくなります。

    これらのことは、常位胎盤早期剥離を防ぐだけでなく、妊娠中の様々なリスクを低下させてくれます。
    妊娠中は我慢しなければいけないことも多く、それをストレスに感じるお母さんも少なくはないでしょう。
    ですが、赤ちゃんとお母さんは一心同体。みんなが二人の無事を心から願っているのです。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。