• PPI使用は糖尿病患者の腎機能低下と関連しない 日本人患者約3,800人を解析

    日本人の糖尿病患者において、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用はアルブミン尿の発症や進展、推算糸球体濾過量(eGFR)の低下といった腎機能の低下と関連しない可能性があると、天理よろづ相談所病院(奈良県)内分泌内科部長の林野泰明氏らの研究グループが発表した。

    詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」2月3日オンライン版に掲載された。

    これまでの疫学研究で、PPIの使用は大腿骨近位部骨折や市中肺炎、急性間質性腎炎、急性腎障害の発症と関連する可能性が示されている。また、最近の海外の報告では、PPIの使用はeGFR値の低下や慢性腎臓病(CKD)の発症と関連する可能性が示されているが、糖尿病患者においてPPIの使用による尿中アルブミン排泄量の増加への影響は明らかにされていない。研究グループは今回、大規模な日本人糖尿病患者レジストリーから得た患者の縦断データを用いて、PPIの使用とアルブミン尿の発症や進展、eGFR値の低下との関連を前向きに調べた。

    対象は、2011年12月から糖尿病の心理社会背景と糖尿病アウトカムに関する前向きコホート研究(Diabetes Distress and Care Registry at Tenri;DDCRT)に参加した1型および2型糖尿病患者3,875人。対象患者のうち95.4%が2型糖尿病であり、平均年齢は65.7歳、男性が約60%、平均BMIは24.5、平均HbA1c値は7.5%(NGSP値)であった。また、対象患者のうち385人がベースライン時にPPIを使用していた。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    まず、ベースライン時に正常アルブミン尿を呈した患者群(1,711人)を対象にPPIの使用とアルブミン尿の発症〔微量アルブミン尿または顕性アルブミン尿への進展と定義〕との関連について解析したところ、中央値で4.0年の追跡期間中に599人が微量アルブミン尿を発症した。プロペンシティスコアで調整したモデルを用いた解析で、PPIの使用とアルブミン尿の発症との間には有意な関連は認められなかった(ハザード比0.88、95%信頼区間0.77~1.01、P=0.058)。

    次に、ベースライン時に微量アルブミン尿を呈した患者群(1,279人)を対象にPPIの使用とアルブミン尿の進展との関連を解析したところ、中央値で3.7年の追跡期間中に290人でアルブミン尿の進展がみられたほか、中央値で3.8年間の追跡期間中に257人でeGFR値の40%以上の低下が認められた。傾向スコアで調整したモデルを用いた解析の結果、PPIの使用はアルブミン尿の進展(同1.24、0.87~1.79、P=0.236)、eGFR値の低下(同1.05、0.81~1.34、P=0.973)のいずれとも関連しなかった。

    研究グループは、今回は観察研究であるためPPIの使用と腎機能低下との間には他にも関連因子が存在する可能性があることや単施設で登録した糖尿病患者データの解析であるといった研究の限界点について指摘。「さらなる研究が必要とされるが、今回の研究では日本人糖尿病患者において、PPIの使用はアルブミン尿の発症や進展、eGFR値の低下とは関連しなかった」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月13日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 睡眠の質が血糖コントロールに及ぼす影響は? 約3,200人の日本人2型糖尿病患者を解析

    日本人の2型糖尿病患者は一般集団と比べて睡眠時間が短く、入眠までの時間が長いなど睡眠の質が低下しており、特に血糖コントロールが不良な患者でこの傾向が強い可能性のあることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター内分泌・糖尿病内科の阪本理夏氏と同科部長の山川正氏らの研究グループの検討で分かった。

    詳細は「PLOS ONE」1月24日オンライン版に掲載された。

    睡眠時間と肥満や高血圧、冠動脈疾患などの発症リスクとの間にはU字型の関連が報告されている。
    これまでの研究で睡眠時間は2型糖尿病の発症にも影響を及ぼし、長過ぎても短か過ぎても2型糖尿病の発症リスクは上昇することが報告されているが、いずれも欧米の研究が多く、日本人におけるこれらの関連性は明らかにされていない。
    研究グループは今回、日本人の成人糖尿病患者を対象に睡眠の質を評価し、血糖コントロール状況との関連を調べる観察研究を行った。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究グループは、糖尿病患者を対象に睡眠や食生活の質と血糖コントロール状況などの関連を調べる観察研究(Sleep and Food Registry in Kanagawa;SOREKA研究)に参加した20歳以上の2型糖尿病患者3,249人を対象に、ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)を用いて睡眠の質や睡眠状況を評価した。
    対象患者の年齢は65歳、BMIは24.6、HbA1c値は7.1%であった(いずれも中央値)。
    なお、PSQIスコアが高いほど睡眠の質の悪化を示し、今回はスコアが5を超える場合を「睡眠の質が悪い」と定義した。

    PSQIを用いた調査の結果、対象患者のPSQIスコアは平均で5.94±3.33であり、47.6%はスコア6以上で睡眠の質が悪いと判定された。
    PSQIの各項目をみると「睡眠時間」のスコアが最も高く、「睡眠の質」、「入眠時間」が続いた。

    対象患者をHbA1c値で4群(6.5%以下、6.6~7.0%、7.1~7.8%、7.9%以上)に分けて比較した結果、PSQIスコアはHbA1c値が最も高い群(7.9%以上)でその他の3群と比べて有意に高値を示した(P<0.001)。
    また、HbA1c値が最も高い群では他の3群と比べて睡眠時間が6.23±1.42時間と有意に短く(他3群は約6.44~6.5時間)、入眠時間は25.3±31.8分と有意に長かった(同じく約20分)。
    さらに、年齢や性、BMI、喫煙習慣などの因子で調整した解析でも、HbA1c値が最も高い群では低い群と比べてPSQIスコアが有意に高く、睡眠時間は短いことが分かった。

    以上の結果から、研究グループは「日本人の2型糖尿病患者は、特に血糖コントロールが不良な場合に睡眠時間が短く、入眠するまでの時間が長いなど睡眠の質が低下する可能性がある。
    糖尿病と睡眠は相互に影響を及ぼし合う可能性があり、糖尿病患者は疾患管理とともに適切な睡眠の質を保つことも重要になる」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月13日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 尿蛋白正常の慢性腎臓病は腎障害が進行しにくい可能性 東京医歯大グループ

    尿試験紙検査で尿蛋白が正常の慢性腎臓病(CKD)患者は腎障害が進行しにくい可能性があると、東京医科歯科大学腎臓内科の飯盛聡一郎氏らが「PLOS ONE」1月17日オンライン版に発表した。

    尿蛋白正常のCKD患者は、CKD病期が進行しても腎機能の低下速度は速まらず、心血管イベントの発生リスクや全死亡率にも病期間で有意な差は認められなかった。
    そのため、腎臓内科専門医の治療下にある病期が進行したCKD患者であっても、その進行は顕在化しない可能性もあるという。

    40歳以上の男女を対象とした特定健診(メタボ健診)などの一般健診では尿試験紙検査が行われているが、血清クレアチニン値は必須項目ではない。
    しかし、20歳以上の一般成人集団約57万人を対象とした調査から、尿試験紙検査で蛋白尿が正常でも推算糸球体濾過量(eGFR)値が60mL/分/1.73m2未満に低下しているCKD患者は約1割存在するとの報告もある(Clin Exp Nephrol 2009; 13: 621-630)。

    慢性腎臓病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    飯盛氏らは、eGFRの低下と尿蛋白排泄量の増加は死亡リスクの上昇と腎アウトカムの悪化の指標とされているが、尿蛋白正常のCKD患者については一般健診ではCKDの進行が見過ごされている可能性に着目。
    こうしたCKD患者を尿蛋白が正常か異常で分けてCKDの進行や予後を比較検討する前向きコホート研究を行った。

    保存期CKD患者を対象とした治療法や予後に関する観察研究(Chronic Kidney Disease Research of Outcomes in Treatment and Epidemiology;CKD-ROUTE研究)に参加し、2010年10月~2011年12月に腎臓内科専門医の外来を初めて受診した病期G2~G5の20歳以上のCKD患者1,138人(eGFR 60mL/分/1.73m2未満で尿蛋白正常の患者は32.5%)のうち、6カ月間を超えて追跡し得た患者927人を解析対象とした。平均年齢は67歳、約7割が男性であった。
    対象患者を尿試験紙検査の結果が(-)または(±)の尿蛋白正常群(352人)と(1+以上)だった尿蛋白異常群(575人)に分けて、CKDの進行(eGFRが50%以上低下あるいは透析導入)や心血管イベントの発生、全死亡を比較検討した。

    中央値で35カ月の追跡期間中、全対象患者のうち223人にCKDの進行、110人に心血管イベントの発生、55人に全死亡が認められた。
    多変量Cox比例ハザード解析の結果、尿蛋白正常群と比べて異常群ではCKDの進行リスクは有意に低かった(ハザード比0.20、95%信頼区間0.10~0.38)。

    また、尿蛋白正常群ではCKDの原因として腎硬化症(59.7%)の頻度が最も高かった。
    中央値で36カ月の追跡期間中、尿蛋白正常群では10人にCKDの進行、28人に心血管イベントの発生、18人に全死亡が認められた。
    カプランマイヤー法を用いた解析の結果、CKDの病期でCKDの進行リスクや心血管イベントの発生リスクには有意な差は認められなかったが、全死亡リスクは病期が進行するほど高まった。
    しかし、多変量Cox比例ハザード解析によると、これら3つのエンドポイントの発生率にCKD病期で有意な差はみられなかった。

    以上の結果から、飯盛氏らは「尿試験紙検査で尿蛋白が正常だったCKD患者を約3年間追跡した結果、こうした患者ではCKD病期が進行した患者でも腎機能の低下速度は速まらず、CKD病期で心血管イベントの発生率や死亡率に有意な差は認められなかった」と説明している。
    さらに、「この結果は、一般健診では尿蛋白が正常でもCKDが進行した患者が見逃されやすいこと、また、腎臓内科専門医の外来を初めて受診した尿蛋白正常のCKD患者では、病期が進行していても腎障害は進行しにくい可能性があることを示唆している」と結論づけている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月5日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • アルブミン尿は認知症の有意なリスク因子 久山町研究

    福岡県久山町の一般住民を対象とした疫学調査(久山町研究)から、日本人の高齢者においてアルブミン尿はアルツハイマー病(AD)および血管性認知症(VaD)の有意なリスク因子である可能性があると、九州大学大学院衛生・公衆衛生学分野教授の二宮利治氏らの研究グループが「Journal of the American Heart Association」1月20日オンライン版に発表した。

    一方で、アルブミン尿と推算糸球体濾過量(eGFR)低値を組み合わせるとVaDのみ発症リスクが上昇することも分かった。

    これまでの前向き疫学研究で、アルブミン尿と推算糸球体濾過量(eGFR)低値は認知機能の低下や認知症の発症と関連する可能性が示唆されているが、結論には至っていない。
    研究グループは、日本人の高齢者で慢性腎臓病(CKD)の有病率が上昇している背景も鑑み、久山町研究のデータを用いてアルブミン尿およびeGFR低値が認知症の発症リスクに与える影響について分析した。

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    今回の研究では、2002年および2003年に60歳以上で認知症のない一般住民1,562人(うち男性が672人)を対象に、前向きに2012年11月まで(中央値で10.2年)追跡した。
    対象者を尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)またはeGFR値で層別化し、Cox比例ハザードモデルを用いて全ての認知症と病型別(AD またはVaD)の発症率を比較検討した。

    追跡期間中に358人が認知症を発症した。こ
    のうち238人がAD、93人がVaDであった。
    対象者をUACRで四分位(6.9mg/g以下、7.0~12.7mg/g、12.8~29.9mg/g、30.0mg/g以上)に分けて最も低い群を参照として認知症の発症リスクを比較した結果、性や年齢、BMI、喫煙習慣、eGFRなどの因子で調整した解析によりUACRが高値なほど認知症リスクは有意に高まることが分かった〔ハザード比は参照群(1.00)に対し、それぞれ1.12(95%信頼区間0.78~1.60)、1.65(1.18~2.30)、1.56(1.11~2.19)〕。
    認知症の病型別の解析でも同様の結果が得られた〔AD:ハザード比はそれぞれ1.20(0.77~1.86)、1.75(1.16~2.64)、1.58(1.03~2.41)、VaD:同1.03(0.46~2.29)、1.94(0.96~3.95)、2.19(1.09~4.38)〕。

     一方で、対象者をeGFR値で高値群(60mL/分/1.73m2以上)と低値群(60mL/分/1.73m2未満)に分けて認知症の発症リスクを比較したところ、eGFR低値はVaD発症のリスク因子であったが、ADに関してはこうした関連は認められなかった。
    また、UACRが12.8mg/g以上かつeGFR値が60mL/分/1.73m2未満の群では、UACRが12.8mg/g未満かつeGFR値が60mL/分/1.73m2以上の群と比べてVaDリスクは3.3倍に上ることも分かった。

     以上の結果を踏まえて、研究グループは「今回の結果から、アルブミン尿を呈する高齢者は認知症(ADおよびVaD)リスクが高い集団であるとともに、eGFRの低下が同時に認められる場合はVaDリスクがさらに高い可能性が示唆された。
    今後のさらなる研究の蓄積が待たれるが、こうした集団に対しては注意深く認知症の発症を観察する必要があるかもしれない」と述べている。

    軽度認知症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。

    軽度認知症に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月5日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 初経が早かった女性は心臓病や脳卒中のリスクが高い?

    12歳未満で月経が始まった女性は、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を発症するリスクが高いことを示した研究結果が「Heart」1月15日オンライン版に掲載された。

    この研究では、初経が早かった女性だけでなく47歳未満で閉経を迎えた女性、流産あるいは死産、子宮摘出術の経験がある女性も心血管疾患リスクが高いことが示されたという。

    今回の研究は英オックスフォード大学のSanne Peters氏らが実施したもの。
    英国内の各地で2006~2010年にUK biobankと呼ばれる研究に登録された40~69歳の女性26万7,440人(研究開始時の平均年齢56歳)を中央値で7.1年間にわたって追跡した。

    心臓病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    その結果、12歳未満で初経を迎えた女性では、13歳以降に初経があった女性と比べて心血管疾患を発症するリスクが10%高かった。
    また、47歳未満で閉経を迎えた女性では、それ以降に閉経した女性と比べて心血管疾患リスクが33%高く、心筋梗塞リスクは29%、脳卒中リスクは42%高いことも分かった。

    さらに、流産の経験が1回増えるごとに心血管疾患リスクは6%上昇することや、死産の経験がある女性は経験がない女性と比べて心血管疾患リスクが22%高いことも明らかになった。

    今回の研究は観察研究であるため因果関係を証明したものではないが、研究規模は大きく、心血管疾患のリスクに影響しうるさまざまな因子を考慮して解析が実施されたという。
    この結果を踏まえ、Peters氏らは「初経が早かった女性や生殖医療に関連した問題の経験がある女性に対しては、より高頻度の心血管疾患のスクリーニングが心血管疾患の予防や発症を遅らせることに役立つ可能性がある」との見方を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年1月16日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。