• 血糖値や脂質値の変動に腸内細菌が強く関与 熊本大グループ

    腸内細菌の働きで産生される代謝産物の「二次胆汁酸」が糖代謝や脂質代謝に関与するメカニズムを解明したと、熊本大学大学院微生物薬学分野教授の大槻純男氏らの研究グループが「Scientific Reports」1月19日オンライン版に発表した。

    抗生物質の服用で腸内細菌叢のバランスが崩れると二次胆汁酸を産生する腸内細菌と二次胆汁酸が大きく減少し、血糖や脂質の値の低下が引き起こされることがマウスを用いた実験で分かった。
    二次胆汁酸を産生する腸内細菌を標的とした糖尿病や脂質異常症の新しい治療の開発につながる可能性があるという。

    腸内細菌叢の変化は宿主であるヒトの健康に大きな影響を及ぼすことは広く知られている。
    研究グループはプレスリリースの中で腸内細菌叢に大きな変化をもたらす要因の一つとして抗生物質の使用を挙げ、抗生物質の使用により腸内細菌叢を構成する細菌のバランスが破綻する「dysbiosis」と呼ばれる状態が引き起こされると指摘している。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    これまで複数の研究で抗生物質の使用による腸内細菌叢のバランスの破綻は、肝臓の蛋白質の発現量に影響を与えることが報告されている。
    肝臓は糖代謝や脂質代謝を担う重要な臓器であることから、研究グループは今回、こうした腸内細菌叢のバランスの破綻が糖代謝や脂質代謝に及ぼす影響を調べるマウスを用いた実験を行った。

    まず、抗生物質を5日間投与してdysbiosisモデルマウスを作製し、血糖値と中性脂肪(トリグリセライド;TG)値を調べたところ、抗生物質を投与していない対照マウスと比べてdysbiosisモデルマウスでは血糖値が64%、TG値が43%低下することが分かった。

    研究グループは次に、腸内細菌が産生する代謝物「二次胆汁酸」に着目して解析したところ、dysbiosisモデルマウスでは二次胆汁酸を産生する腸内細菌の数と肝臓における二次胆汁酸の濃度が対照マウスと比べて低下していることが分かった。
    dysbiosisモデルマウスに抗生物質と同時に二次胆汁酸を補充すると血糖値とTG値が回復することも見出した。

    さらに、蛋白質の発現量を網羅的に解析する定量プロテオミクスの手法を用いて、二重胆汁酸がどのように肝臓の糖代謝や脂質代謝に影響しているのかを分析したところ、dysbiosisモデルマウスの肝臓ではグリコーゲン代謝とコレステロールや胆汁酸の生合成に関わる蛋白質の発現量に変化がみられた。
    二次胆汁酸を補充するとこうした蛋白質の発現量は正常に回復したという。

    これらの結果を踏まえて、研究グループは「腸内細菌が産生する二次胆汁酸は糖代謝や脂質代謝に影響を及ぼしている可能性がある。
    二次胆汁酸を産生する腸内細菌が糖尿病や脂質異常症などの新しい治療標的となることが期待される」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月19日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 日本人2型糖尿病患者の脂肪肝の判定に有用な指標とは? 未治療患者119人を対象に解析

    未治療の日本人の2型糖尿病患者では、生体インピーダンス法を用いて評価した筋肉量と体脂肪量の比と血液検査のアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)値は脂肪肝の判定に有用な指標となる可能性のあることが、陣内病院(熊本県)院長の陣内秀昭氏らの検討で分かった。

    詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」2月12日オンライン版に掲載された。

    2型糖尿病患者は肥満リスクが高く、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を発症するリスクも高いことが知られている。
    NAFLDの中でも非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は肝硬変や肝がんに進行する可能性が高く、これらの早期発見と早期治療は重要な課題となっている。
    陣内氏らは今回、未治療の2型糖尿病患者を対象に、生体インピーダンス法を用いた身体組成分析と血液検査を組み合わせることで肝臓の異所性脂肪の蓄積を評価できるとの仮説を立て、腹部CT画像で評価した肝臓と脾臓の脂肪量のCT値比(liver to spleen attenuation ratio;L/S比)との関連を調べる研究を行った。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、2014年6月~2017年10月に同病院を外来受診した未治療の2型糖尿病患者119人。
    腹部CTスキャンによる体脂肪分布を測定し、L/S比を評価した。
    なお、L/S比が1.0未満を示す場合に脂肪肝と判定した。

    解析の結果、体重やBMI、ウエスト周囲長、総筋肉量、体脂肪量、体脂肪率といった身体計測および体組成の指標の中でも筋肉量と体脂肪量の比はL/S比と有意に関連し(P<0.0001)、肝臓の脂肪沈着を表す最適な変数であることが分かった。
    多変量ロジスティック回帰分析の結果、筋肉量と体脂肪量の比(オッズ比0.40、95%信頼区間0.22~0.73、P<0.01)およびALT値(同1.06、1.02~1.10、P<0.01)は脂肪肝と独立して有意に関連した。
    ROC解析で筋肉量と体脂肪量の比による脂肪肝の診断能を分析したところ、カットオフ値は2.34で、曲線下面積(AUC)は0.74(感度80%、特異度66%、P<0.001)であった。

    以上の結果を踏まえて、陣内氏らは「2型糖尿病患者で合併頻度が高い脂肪肝は、インピーダンス法で評価した筋肉量と体脂肪量の比と血液検査のALT値といった臨床上で評価しやすい指標で判定できる可能性がある」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年3月5日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 進行したCKD合併高血圧患者の予後がARBベースの降圧治療で改善 ATTEMPT-CVD研究の事後解析

    進行した慢性腎臓病(CKD)を合併した高血圧患者では、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)をベースとした降圧治療により心血管疾患や腎機能の悪化が抑制され、予後が改善する可能性のあることが熊本大学大学院生体機能薬理学教授の光山勝慶氏らの研究グループの分析で分かった。

    CKDが進行すると心筋梗塞や脳卒中などの心血管病の発症リスクが高まるほか、末期腎不全に至ると透析導入を余儀なくされることから重症化予防が喫緊の課題とされている。
    研究グループは、ARBを適切に用いればこうした患者の予後改善が期待できるとしている。
    詳細は「Scientific Reports」2月16日オンライン版に掲載された。

    研究グループは今回、2型糖尿病や心血管疾患などの心血管リスク因子を一つ以上有する高リスク高血圧患者を対象に、ARBをベースとした降圧治療と通常降圧治療による各種バイオマーカーと心血管・腎イベント発症への影響を無作為化2群比較オープン試験(PROBE法)にて比較検討したATTEMPT-CVD(A Trial of Telmisartan Prevention of Cardiovascular Disease)研究の事後解析を行った。
    同研究に登録した外来高血圧患者1,222人のうち、推算糸球体濾過量(eGFR)値が45mL/分/1.73m3未満あるいは尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)が300mg/gクレアチニン以上のどちらかまたは両方を呈する進行CKDを合併した患者187人をARB投与の有無で分けて、心血管イベントや腎イベントの発症率と各種バイオマーカーへの影響を比較検討した。

    慢性腎不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象とした進行CKD合併患者群では、ARB投与群と非投与群の間でベースライン時の患者背景に有意な差はみられず、両群とも3年間の追跡期間を通して血圧は良好にコントロールされていた。

    解析の結果、心血管イベントおよび腎イベントの複合エンドポイントの発症率は、ARB非投与群と比べてARB投与群で有意に低かった〔ハザード比0.465、95%信頼区間(CI)0.224~0.965、P=0.040〕。
    また、追跡期間中のUACRはARB非投与群と比べてARB投与群で有意に低かったが(P=0.0003)、eGFR値および血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値、血圧値には両群間で差はみられなかった。

    一方で、進行CKDの合併がない患者群(1,035人)の解析では、ARB投与の有無で心血管イベントおよび腎イベントの複合イベント発症率に有意な差はみられなかった(ハザード比0.913、95%CI 0.538~1.551、P=0.737)。

    さらに、心血管および腎の複合イベントの発症に関連する予後因子について多変量Cox回帰分析を行ったところ、進行CKD合併患者においてARBの服用(P=0.0268)と糖尿病の既往(P=0.0126)はこれらの発症の独立した予測因子であることが分かった。
    一方で、進行CKDの合併がない患者群ではARB投与はこれらの発症とは関連していなかった。

    以上の結果を踏まえて、研究グループは「進行したCKDを合併した高血圧患者において、ARBをベースとした降圧治療により心血管疾患や腎機能の悪化を抑制できる可能性のあることが分かった。
    ARB治療によるこうしたベネフィットは血圧やeGFR値ではなくアルブミン尿の有意な低下と関連している可能性が考えられる」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月26日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 2型糖尿病患者はゆっくり食べると肥満になりにくい? 九州大グループ

    日本人の2型糖尿病患者は、6年間のうちにゆっくり食べるようになると、速く食べる人と比べて肥満になりにくい可能性のあることが、九州大学大学院医療経営・管理学講座准教授の福田治久氏らの検討で分かった。

    約6万人の日本人2型糖尿病患者のデータを分析したもので、就寝前2時間以内の夕食や夕食後の間食といった習慣をやめることも体重の増えすぎを避ける上で重要なことも明らかになった。
    詳細は「BMJ Open」2月12日オンライン版に掲載された。

    過体重やメタボリック症候群になるリスクには、エネルギー摂取量だけでなく、食べる速さや食事の頻度、タイミングのほか飲酒や喫煙、睡眠の質といったさまざまな生活習慣因子が影響を及ぼすことが報告されている。
    しかし、こうした生活習慣の変化が肥満にどのような影響を及ぼすのかは明らかにされてない。
    福田氏らは今回、2型糖尿病患者に着目し、大規模な健康保険組合加入者のパネルデータを用いて6年間の食べる速さやその他の生活習慣因子の変化と肥満やBMIとの関連を調べた。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、健康保険組合に加入し、2005年1月~2013年6月に2型糖尿病と診断され、保険請求データおよび健診データを入手し得た成人男女5万9,717人。追跡期間は2008~2013年とした。
    BMI 25以上を肥満と定義した。
    また、生活習慣因子については健診時の質問票の結果をもとに判定。
    食べる速さ(「速い」・「普通」・「遅い」)のほか、就寝前2時間以内の夕食、夕食後の間食、朝食を抜く(いずれも週に3回以上)といった食習慣とアルコールの摂取頻度、睡眠時間、喫煙習慣の有無についても尋ねた。

    ベースライン時には、2万2,070人が食べる速さが「速い」と回答し、3万3,455人が「普通」、4,192人が「遅い」と回答していた。
    食べる速さが遅い群では普通と回答した群や速いと回答した群と比べて女性が多く、平均BMIが低く、肥満者の割合も低いといった特徴がみられた。

    対象者の約半数(51.9%)で追跡期間中の食べる速さに変化がみられた。
    一般化推定方程式によるモデルを用いた解析の結果、食べる速さが速くなった群と比べて、遅くなった群では肥満リスクは42%低減し、普通になった群でも29%低減することが分かった(それぞれのオッズ比は0.58、0.71、いずれもP<0.001)。
    同様に、固定効果モデルを用いた解析でも食べる速さが遅くなるとBMIとウエスト周囲長が減少した。

    さらに、就寝前2時間以内に夕食をとったり、夕食後に間食する習慣をやめると体重増加を抑えられることも明らかになった。
    適切な睡眠習慣を身につけ、禁煙することも肥満リスクの低減に重要であった。

    以上の結果を踏まえて、福田氏らは「2型糖尿病患者において、食習慣の変化は肥満やBMI、ウエスト周囲長に影響することが分かった。食習慣の是正を促す介入を行う際には、重点的にゆっくり食べるように指導することが肥満予防に役立つ可能性がある」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月19日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 血清シスタチンC測定が動脈硬化の早期発見に有用な可能性 日本人2型糖尿病患者180人を解析、東北大

    頸動脈に肥厚がみられない2型糖尿病患者で、血清シスタチンC値は動脈硬化の早期進展度を表す血管壁の弾性率と独立して強く関連することが、東北大学大学院糖尿病代謝内科学分野の澤田正二郎氏らの研究グループの検討で分かった。

    2型糖尿病患者において、血清シスタチンCの測定は早期の動脈硬化症の有用なマーカーとなる可能性があるという。
    詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」2月15日オンライン版に掲載された。

    2型糖尿病患者の心血管疾患を予防するためには動脈硬化症を早期に診断することが重要であり、早期診断に有用なバイオマーカーの確立が求められている。
    研究グループは今回、腎機能の指標として使用されている血清シスタチンCに着目した。
    2型糖尿病患者を対象に、頸動脈超音波検査により血管壁の弾性率を測定し、血清シスタチンCを含む複数の動脈硬化因子との関連を調べる横断研究を行った。

    対象は、2012年1月~2015年12月に同大学病院に血糖管理のために入院し、超音波検査による頸動脈内膜中膜複合体(IMT)測定で動脈硬化が検出されなかった(IMTが1.1mm未満)2型糖尿病患者180人。
    対象患者の平均年齢は52.0±15.6歳で、約6割が男性、糖尿病罹病期間は平均で8.0年であった。
    対象患者の血清シスタチンC値と推算糸球体濾過量(eGFR)値、尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)を測定し、超音波位相差トラッキング法を用いた頸動脈の血管壁弾性率およびIMT、心臓足首血管指数(cardio-ankle vascular index;CAVI)との関連を調べた。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    多変量線形回帰分析の結果、血清シスタチンC値は早期の動脈硬化の指標と考えられる血管壁弾性率と有意に関連した。eGFR値およびACR値と血管壁弾性率との間には関連は認められなかった。
    また、血清シスタチンC値はIMT、CAVIよりも血管壁弾性率と最も強く相関し、動脈硬化の中でも特に早期状態を反映するものと考えられた。

    さらに、対象患者を血管壁弾性率の高値群と低値群で分けて解析したところ、血管壁弾性率低値群では血清シスタチンC値と血管壁弾性率との関連性は消失し、動脈硬化が始まっていない患者ではこれらは関連しないことも示された。

    以上の結果を踏まえて、研究グループは「頸動脈超音波検査のIMT基準で動脈硬化症がない2型糖尿病患者において、血清シスタチンC値は血管壁弾性率と強く関連したことから、血清シスタチンC値の測定は無症候性の早期動脈硬化症の有用なマーカーとなる可能性がある」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年2月26日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。