• 糖尿病予備軍でも肥満だと腎症リスク増 大阪市立大

    糖尿病と診断されるほどではないが、血糖値が正常よりわずかに高い糖尿病予備軍でも肥満があると糖尿病腎症を発症するリスクが高まる可能性があることが、大阪市立大学大学院代謝内分泌病態内科学講師の津田昌宏氏と同大学腎臓病態内科学特任教授の石村栄治氏らの研究グループの検討で分かった。

    インスリン抵抗性と糸球体内圧やアルブミン尿が関連することをヒトで初めて確認した点でも注目されるという。
    詳細は「Diabetes Care」9月13日オンライン版に掲載された。

    糖尿病の重大な合併症の一つである腎症は、進行すると末期腎不全から透析導入に至るため、早期発見と早期治療が重視されている。
    糖尿病腎症の診断には糸球体濾過量とアルブミン尿の測定が必要とされる。
    しかし、これまでヒトにおいてアルブミン尿の原因とされる糸球体内圧を直接測定するのは難しく、特に2型糖尿病では高血圧や脂質代謝異常症などの糸球体内圧に影響を与える併存症が多いため、インスリン抵抗性と糸球体内圧やアルブミン尿との直接的な関連を検討することは困難であった。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    津田氏らの研究グループは、腎移植ドナー候補者では合併症や既往歴、内服歴がないため、純粋に腎微小血管抵抗とインスリン抵抗性との関連性を評価できる点に着目。
    さらに、同氏らはこれまでにも、イヌリンクリアランスおよびパラアミノ馬尿酸クリアランスを測定の上、Gomezの式を用いて糸球体内圧を含む腎微小血管抵抗とさまざまな臨床指標との関連性を報告してきた。

    そこで津田氏らは今回、この手法を用い、糖尿病と診断されておらず、正常アルブミン尿で内服歴や喫煙歴がない腎移植ドナー候補の男女54人を対象に、肥満と糖代謝異常の有無で4つの群に分けて糸球体内圧と尿中アルブミン排泄量などの検査データを比較検討し、インスリン抵抗性指数との関連性を検討した。

    その結果、糖尿病予備軍と判定された肥満者11人では、他の3つの群に比べて糸球体内圧と尿中アルブミン排泄量がいずれも有意に高いことが分かった。
    また、肥満度(BMI)やインスリン抵抗性が高いほど糸球体内圧は高値であった。
    さらに、BMIとインスリン抵抗性、糸球体内圧はそれぞれが正常範囲内にある尿中アルブミン排泄量と関連することが明らかになった。
    年齢や性、血圧などで調整した解析でも同様の結果が得られたという。

    これらの結果について、津田氏らは「糖尿病を発症する前の段階でも肥満があると糸球体内圧が高く、アルブミン尿が多いことが明らかになった。糖尿病予備軍であっても腎機能を正確に評価し、腎症のスクリーニングを行うことが望まれる」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月1日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • オメガ3系脂肪酸摂取が不安症状の軽減に有効か 19件の臨床試験のメタ解析結果

    青魚などに含まれるオメガ3系脂肪酸を摂取すると不安症状が軽減する可能性があることが、国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊氏らの研究グループの検討で分かった。

    特に身体疾患や精神疾患などを抱えている患者で、オメガ3系脂肪酸の摂取による不安軽減効果は高かったという。
    研究の詳細は「JAMA Network Open」9月14日オンライン版に掲載された。

    これまでオメガ3系脂肪酸による不安症状の軽減効果については、数多くの研究が行われてきたが、そのほとんどはサンプル数が少なく、結果も一致していなかった。
    松岡氏らは今回、2018年3月までに公表された当該論文のシステマティックレビューを実施。
    基準を満たした19件の臨床試験を対象にメタ解析を実施した。
    これらの試験には計2,240人が参加し、このうちオメガ3系脂肪酸を摂取した群は1,203人(平均年齢43.7歳、女性55%)、非摂取群は1,037人(同40.6歳、55%)であった。

    不安症状に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    その結果、オメガ3系脂肪酸を摂取した群では、非摂取群と比べて不安症状が軽減されることが分かった。
    また、サブグループ解析の結果、身体疾患や精神疾患などの臨床診断された人を対象とした場合に、オメガ3系脂肪酸の摂取による不安軽減効果が大きいことが明らかになった。
    さらに、オメガ3系脂肪酸の摂取量が2,000mg以上であると不安軽減効果が得られることが示された。

    これらの結果を受け、松岡氏らは「今後、身体疾患や精神疾患を抱える患者を対象に、少なくとも2,000mg以上のオメガ3系脂肪酸の摂取による不安症状の軽減効果が検証されることが期待される。
    また、オメガ3系脂肪酸のうちエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸、アルファリノレン酸のどれが不安軽減に有効であるのかも検討する必要がある」と述べている。
    同氏らは、この結果はがん生存者の再発不安を軽減しうる研究などに応用できると期待を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月1日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 血中ALT値とGGT値の同時上昇で2型糖尿病リスク増 愛知職域コホート研究から

    中年期の日本人男性では、肝臓に関する血液検査の指標として知られるアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)とガンマグルタミルトランスフェラーゼ(GGT)の値が同時に上昇すると、2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性があることが、名古屋大学国際保健医療学・公衆衛生学教授の青山温子氏と金子佳世氏、藤田保健衛生大学公衆衛生学教授の八谷寛氏らの研究グループの検討で分かった。

    詳細は「Journal of Diabetes Investigation」9月11日オンライン版に掲載された。

    肝臓は血糖値の制御に重要な役割を担う臓器とされている。
    これまでの研究で、血中のALT値やGGT値が上昇すると2型糖尿病リスクが高まる可能性が報告されているが、これらの多くは横断研究で前向きに検討したものは限られていた。
    八谷氏らは今回、中年期の男性を対象に、前向きに長期にわたり追跡して、これらの測定値と2型糖尿病リスクとの関連を調べる研究を実施した。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、愛知職域コホート研究に参加し、研究開始時に2型糖尿病の既往がなかった男性労働者2,775人(平均年齢は48.1歳)。
    カットオフ値を分布(三分位の高い方)によってALTは28IU/L、GGTは49IU/Lとして、前向きに12年間追跡し、2型糖尿病の発症リスクとの関連を調べた。

    その結果、追跡期間中に276人が2型糖尿病を発症した。
    空腹時のインスリン値と血糖値で調整した解析でも、ALT値とGGT値が同時に上昇した群では、いずれも値が低かった群に比べて2型糖尿病の発症率は有意に高いことが分かった。
    また、飲酒の習慣がない人や適度な飲酒習慣のある人、適正体重の人でも同様の結果が得られたが、血清トリグリセライド(TG)値が150mg/dL未満の人ではこれらの関連は弱まることも明らかになった。
    さらに、2型糖尿病の発症リスクを予測する従来のリスク因子にALT値とGGT値を加えると、予測能は向上したという。

    以上の結果を踏まえて、八谷氏らは「中年期の日本人男性は、ALT値とGGT値が同時に上昇すると、飲酒の習慣や肥満といったリスク因子とは関係なく2型糖尿病リスクが高まる可能性がある。
    一方で、中性脂肪の値が正常レベルであれば、これらの関連は認められなかった」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月25日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 骨粗鬆症や椎体骨折は2型糖尿病患者のADLやQOL低下と関連 横断研究で検討、島根大

    日本人の2型糖尿病患者を対象とした研究から、骨粗鬆症や骨粗鬆症性の椎体骨折は、その他の糖尿病合併症の影響とは関係なく患者の日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)の低下をもたらす可能性のあることが、島根大学内科学第一の金沢一平氏らの研究グループの検討で分かった。

    詳細は「Journal of Bone and Mineral Metabolism」9月6日オンライン版に掲載された。

    糖尿病はADLとQOLの低下をもたらすことから、糖尿病患者の健康寿命を保つことは重要な課題とされている。
    また、糖尿病患者は骨粗鬆症になりやすく、脆弱性骨折を来しやすいとされるが、糖尿病に関連した骨粗鬆症がADLやQOLに及ぼす影響を検討した研究は限られていた。
    金沢氏らの研究グループは今回、2型糖尿病患者を対象に骨粗鬆症や椎体骨折の有病率を調べ、これらと患者のADLやQOLとの関連を検討する横断研究を実施した。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、同大学病院などを受診した2型糖尿病患者309人(男性196人、閉経後女性113人、平均年齢65.3歳)。バーセルインデックス(BI)および健康関連QOLを測定する尺度のSF-36を用いて、ADLとQOLを評価した。

    その結果、対象患者のうち166人(53.7%)には骨粗鬆症が、118人(38.2%)には椎体骨折が認められた。
    年齢や性、2型糖尿病の罹病期間、BMI、各種の糖尿病合併症の有無などで調整した解析の結果、骨粗鬆症があるとADLの指標であるBI値が低かっただけでなく(オッズ比は2.39)、全般的健康感や社会生活機能、心の健康も有意に低下することが分かった(オッズ比はそれぞれ2.56、1.79、1.92)。

    また、中等度変形(grade 2)以上の椎体骨折があるとBI値が低く、肉体的苦痛や全般的健康感、社会生活機能、心の健康の低下とも関連することが明らかになった。

    これらの結果を踏まえ、金沢氏らは「日本人の2型糖尿病患者は、骨粗鬆症や中等度変形以上の椎体骨折を来すと、糖尿病による細小血管合併症や大血管合併症とは独立してADLやQOLの低下をもたらす可能性のあることが分かった。
    2型糖尿病患者では骨粗鬆症は重要な合併症であり、骨粗鬆症を適切に管理してADLやQOLを維持することを考慮した介入を行う必要がある」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月25日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 血糖変動は急性冠症候群患者の予後予測に有用か 日本人のPCI施行患者を解析、横浜市立大

    持続血糖モニタリング(CGM)で測定した血糖変動は、重症の糖尿病を合併しない急性冠症候群(ACS)患者の予後予測に有用な可能性のあることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター講師の岩橋徳明氏らの研究グループの検討で分かった。

    詳細は「Cardiovascular Diabetology」8月18日オンライン版に掲載された。

    高血糖や低血糖などの糖代謝異常は、冠動脈疾患のリスク因子であることが知られている。
    これまでの研究で、CGMで測定した血糖変動はACS患者の死亡や冠動脈プラークの進展を予測する因子であることが報告されている。
    岩橋氏らの研究グループは今回、日本人のACS患者を対象に、CGMで評価した血糖変動が予後に及ぼす影響を調べる観察研究を実施した。

    急性冠症候群(ACS)に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、2012年4月~2016年11月に同センターで経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行したACS患者417人(平均年齢66歳、男性83%)。対象患者には入院中に病状が安定した後にCGMを24時間以上装着し、平均血糖変動幅(MAGE)などの血糖変動指標を算出した。
    対象患者をMAGEの第2三分位の値(50mg/dL)以上を高値群(149人)、50mg/dL未満を低値群(268人)に分けて中央値で39カ月間追跡した。

    その結果、対象患者の16%(66人)に主要有害脳心血管イベント(MACCE)の発生が認められた。
    その内訳は心血管疾患死5件、ACSの再発14件、再血行再建術を要する狭心症27件、心不全8件、脳卒中16件であった。

    また、MACCEの発生率は、MAGE高値群で低値群に比べて有意に高かった(23.5%対11.6%、P=0.002)。
    さらに、多変量解析の結果、MAGE高値群であることはMACCE発生の独立した予測因子であることが明らかになった。

    以上の結果を踏まえ、岩橋氏らは「重症糖尿病を合併しないACS患者では、CGMで評価した血糖変動が大きいことは予後不良の予測因子である可能性が示された。
    ACS患者における血糖変動の臨床上の有用性については、今後さらに検討する必要がある」と結論づけている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月10日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 肥満でなくても総コレステロール高値に注意 50歳以上の日本人男女を分析、滋賀医大

    50歳以上の日本人男女では、30年前に比べて総コレステロール(TC)高値に対する肥満の影響が弱まっている可能性のあることが、滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門教授の三浦克之氏が研究代表を務めるNIPPON DATA研究グループの調査で明らかになった。

    論文の筆頭著者で浜松医科大学健康社会医学講座の柴田陽介氏によると、30年前は肥満の人ほどTC高値になりやすく、痩せている人ほどなりにくかったが、近年では適正体重であっても、また女性では痩せている人でもTC高値になる人が増えていることが分かったという。
    詳細は「Journal of Epidemiology」7月21日オンライン版に掲載された。

    研究グループは今回、厚生労働省が1980年、1990年、2000年および2010年に実施した国民健康・栄養調査と旧循環器疾患基礎調査に参加した全国の50歳以上の男女(それぞれ5,014人、4,673人、5,059人および2,105人)を対象に、肥満度とTC高値との関連を調べる研究を実施した。

    なお、調査は全国300地区の一般住民を対象に行われた。研究では、TC高値は220mg/dL以上とし、肥満、痩せ、適正体重はそれぞれBMIが25.0kg/m2以上、18.5kg/m2未満、18.5kg/m2以上25.0kg/m2未満と定義した。

    肥満に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    その結果、30年間で肥満の人の割合は男性では16.3%、21.6%、28.2%、34.1%と上昇したが、女性ではほぼ横ばいで推移していた(26.2%、29.0%、27.1%、27.0%)。
    また、痩せている人の割合は男女とも低下傾向にあった。
    TC高値の人の割合は男性(14.3%、26.4%、24.7%、27.4%)、女性(28.9%、47.2%、44.2%、42.3%)ともに1990年まで増加し、その後はほぼ横ばいであった。

    また、肥満や痩せの人が適正体重の人に比べてTC高値にどのくらいなりやすいのかを、年齢や喫煙、飲酒、運動習慣の有無などで調整して解析した結果、男性では1980年には肥満の人は2.4倍だったが、2010年には0.9倍へと低下していた。
    痩せている人は0.3倍から0.4倍になった。
    さらに、女性では、肥満の人は1980年の1.4倍から2010年には0.9倍まで低下し、痩せている人は0.4倍から1.0倍へと増加した。

    以上の結果を踏まえ、三浦氏らは「日本人を対象とした大規模調査で、50歳以上の男女ではこの30年の間に肥満とTC高値との関連が弱まっていることが分かった。
    近年では、体型にかかわらず脂肪(特に飽和脂肪、食事性コレステロール)が多い食事を取る人が増えており、このことで肥満や痩せとTC高値との関連が弱くなった可能性が考えられる。
    脂質異常症を予防するには肥満対策だけでなく、肥満度にかかわらず食事中の脂肪分を減らすなどの対策も必要だ」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月10日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 日本人2型糖尿病患者の約3割に不眠症 神経症傾向が強いと不眠症リスク増、弘前大

    日本人の2型糖尿病患者の約3割に不眠症がみられ、特に神経症傾向が強いと不眠症になりやすいことが、弘前大学大学院神経精神医学講座の古郡規雄氏らの研究グループの検討で示唆された。

    不眠症にはその他にも女性や一人暮らし、肥満などが関連したが、HbA1c値や生活習慣との関連はみられないことも分かった。
    詳細は「Journal of Diabetes Investigation」9月5日オンライン版に掲載された。

    最近の研究では、睡眠障害は2型糖尿病のリスク因子であることが報告されており、中でも不眠症を伴う患者の割合は一般住民よりも高いとされている。
    また、不眠症には個人のパーソナリティ特性(personality traits)が関連することも示されている。
    古郡氏らの研究グループは今回、日本人の2型糖尿病患者を対象に、不眠症とパーソナリティ特性の関連を調べる横断研究を実施した。

    不眠症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は同大学病院に1年以上通院した糖尿病患者504人(平均年齢は63.9±12.5歳)。対象患者の睡眠障害はピッツバーグ睡眠質問票日本語版(PSQI-J)を用いて、パーソナリティ特性(外向性、協調性、勤勉性、神経症傾向、開放性)は日本語版Ten Item Personality Inventory(TIPI-J)を用いてそれぞれ評価した。
    また、対象患者の生活習慣因子やHbA1c値、抑うつ状態についても評価した。

    その結果、対象患者のうち30.6%(154人)に不眠症が認められた。
    交絡因子で調整した解析の結果、不眠症と有意に関連する因子として、女性や一人暮らし、BMI高値、強い神経症傾向が浮かび上がった。
    一方で、HbA1c値や喫煙、飲酒、運動などの生活習慣因子と不眠症との間には関連は認められなかった。

    以上の結果を踏まえて、古郡氏らは「日本人の2型糖尿病患者では不眠症の有病率が高く、神経症傾向といったパーソナリティ特性が関連することが分かった。
    2型糖尿病患者の不眠症に対する行動介入による治療効果については、さらに前向き研究で検討する必要がある」と結論づけている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月18日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 植物性たんぱく質の摂取量が多いと心血管疾患リスクは低い NIPPON DATA 90データを解析、慶應大

    日本人の成人では、植物性たんぱく質を多く摂取するほど心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低く、特に高血圧のない人でこの傾向が強いことが、慶應義塾大学衛生学公衆衛生学の栗原綾子氏らの研究グループの検討で分かった。

    植物性たんぱく質の摂取量が多いと、循環器系の疾患の中でも脳内出血による死亡率が低かったという。
    詳細は「Journal of Atherosclerosis and Thrombosis」8月9日オンライン版に掲載された。

    これまでの疫学研究で植物性たんぱく質の摂取量は血圧と逆相関することが報告されている。
    しかし、植物性または動物性たんぱく質の摂取や総たんぱく質の摂取と血圧やCVDとの関連については一定の方向性は示されていなかった。
    そこで、研究グループは今回、30歳以上の一般住民のランダムサンプルを対象とした大規模な前向き疫学研究(NIPPON DATA 90)のデータを用いて、食事からの植物性たんぱく質の摂取とCVDによる死亡率との関連を調べる研究を実施した。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究では、研究開始時点(1990年)でCVDの既往のない30歳以上の成人男女7,744人(男性3,224人)を対象に15年間追跡し、食事からの植物性たんぱく質の摂取とCVDによる死亡率との関連を調べた。
    研究開始時に実施した3日間の秤量法に基づく半定量式食事歴法により植物性たんぱく質からの摂取エネルギーが総摂取エネルギーに占める割合(エネルギー比率)を評価した。

    平均13.9年の追跡期間中に1,213人が死亡し、このうち29.2%(354人)はCVD死であった。
    植物性たんぱく質のエネルギー比率で四分位に分けてCVD死との関連を調べた結果、植物性たんぱく質の摂取比率が大きいほどCVD死亡率は低くなる傾向がみられた。
    また、植物性たんぱく質のエネルギー比率が1%増加するごとにCVDによる死亡リスクは14%低下し(ハザード比0.86、95%信頼区間0.75~0.99)、脳内出血による死亡リスクは42%低下した(同0.58、0.35~0.95)。

    さらに、対象者を研究開始時の高血圧の有無で分けて解析したところ、特に高血圧のない群において、植物性たんぱく質の摂取比率とCVDおよび脳卒中による死亡率に有意な逆相関が認められた。

    以上の結果を踏まえて、栗原氏らは「日本人は植物性たんぱく質を多く摂取するほどCVDや脳内出血で死亡するリスクが低い可能性がある。
    こうした植物性たんぱく質の摂取による効果は脂肪や食塩摂取量、BMIとは関係なく、男女差もみられなかった」と結論。
    「特に高血圧のない人では植物性たんぱく質を多く摂取すると、将来CVDになりにくいことが示唆されたが、ベースライン調査以降に血圧上昇が抑えられた効果が反映されている可能性もある。
    こうした結果が得られた背景についてはさらなる研究で明らかにする必要がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月18日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 高齢糖尿病患者のサルコペニア、「低BMI」「高体脂肪率」でリスク増 秋田大の研究グループ

    日本人の高齢糖尿病患者は、肥満度(BMI)が低過ぎたり、体脂肪率が高過ぎたりすると、加齢に伴って骨格筋量と骨格筋力が低下するサルコペニアになりやすい可能性のあることが、秋田大学大学院内分泌・代謝・老年内科学の福岡勇樹氏らの研究グループの検討で分かった。

    詳細は「Journal of Diabetes Investigation」8月11日オンライン版に掲載された。

    糖尿病患者は、健康な人に比べてサルコペニアになるリスクが約3倍に上ることが報告されている。特に高齢の患者では、日常生活動作(ADL)を保持するためにはサルコペニアの適切な管理が重要になるが、高齢患者を対象にサルコペニアについて検討した研究は限られていた。

    そこで、福岡氏らの研究グループは今回、日本人の高齢糖尿病患者を対象に、サルコペニアの有病率と関連する因子のほか、サルコペニアの指標となりうる身体評価項目について検討する横断研究を実施した。

    2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、2015年2月~7月に同大学病院の糖尿病・内分泌内科/老年内科を外来受診した65歳を超える糖尿病患者267人(平均年齢73.7歳、女性40.4%)。サルコペニアは、握力と歩行速度、四肢の骨格筋量指標を用いて、アジアのワーキンググループ(AWGS)による診断基準で評価した。
    また、生体インピーダンス法にて身体組成を測定し、BMIや四肢骨格筋量、体脂肪率を算出した。

    その結果、対象患者におけるサルコペニアの有病率は18.7%(267人中50人)であり、加齢に伴い有意に上昇していた。BMIを四分位に分けてサルコペニアの有病率を比較したところ、男女ともにBMIが低いグループほど有病率は有意に高かった。

    一方で、体脂肪率を四分位に分けて比較したところ、男女ともに体脂肪率が2番目に高いグループ(男性では25.3~30.2%、女性では33.1~38.7%)でサルコペニアの有病率は最も低く、体脂肪率が最も高いグループでは有病率は上昇していた。

    また、BMIと骨格筋量指数との間には有意な正の関連が認められた。

    交絡因子を調整した多重ロジスティック回帰分析の結果、男性ではBMI低値とメトホルミンを使用していないこと、骨ミネラル量の低下が、女性では骨ミネラル量の低下と血清アルブミン値の低下、加齢がそれぞれサルコペニアの有病率と有意に関連することも明らかになった。

    以上の結果を踏まえて、福岡氏らは「65歳を超える日本人の糖尿病患者は、BMIが低過ぎたり、体脂肪率が高過ぎたりするとサルコペニアになるリスクが高まる可能性がある。
    そのため、高齢の糖尿病患者のサルコペニアを予防するためには、BMIだけでなく、骨格筋量指数と体脂肪率のバランスの評価を含めた身体管理が重要になるだろう」と結論づけている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年9月3日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。