• 脂肪細胞のベージュ化を促す調節メカニズムを解明 M2マクロファージの除去が鍵か、富山大

    基礎代謝を高めるために起こる脂肪細胞のベージュ化(褐色化)を調節するメカニズムの一端を明らかにしたと、富山大学大学院内科学講座1教授の戸邉一之氏らの研究グループが「Scientific Reports」10月1日オンライン版に発表した。寒冷時にはエネルギーを燃やすベージュ脂肪細胞が活性化されて基礎代謝が高まるが、特定のマクロファージを選択的に除去するとベージュ化がさらに活性化されて血糖値が改善することを、マウスを用いた実験で突き止めたという。

     脂肪細胞にはエネルギーを貯蔵する白色脂肪細胞とエネルギーを燃やして体温を保つ褐色脂肪細胞がある。白色脂肪細胞の中には、常温環境では白色脂肪細胞だが、寒冷時にはベージュ化して熱を産生する脂肪細胞群が散在しており、ベージュ脂肪細胞と呼ばれている。このベージュ脂肪細胞を活性化すると肥満や糖尿病になりにくくなることが指摘されている。

    血糖値に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     戸邉氏らは、これまで脂肪細胞に存在するさまざまな脂肪組織内の免疫細胞の中でも、M2マクロファージと呼ばれるマクロファージに着目してきた。そこで今回、生体内のM2マクロファージのみを任意のタイミングで除去できる遺伝子改変マウスを作製し、脂肪細胞のベージュ化について解析した。

     その結果、寒冷時には正常なマウスでも皮下脂肪のベージュ化が起こるが、M2マクロファージを除去したマウスではより強いベージュ化が起こっていることが分かった。それにより、M2マクロファージを除去したマウスでは基礎代謝が高まり、血糖値が低下するほか、インスリンの効きも改善することが明らかになった。さらに、このベージュ化は皮下脂肪にある前駆ベージュ脂肪細胞の数が増えることで引き起こされていることも明らかになったという。

     これらの結果を踏まえ、戸邉氏らは「今回のマウスを用いた検討から、前駆ベージュ脂肪細胞の数の調節にM2マクロファージが関与している可能性が示唆された。M2マクロファージを除去したり減らしたりすると白色脂肪細胞からベージュ脂肪細胞に性質が転換し、基礎代謝がより高く、肥満や糖尿病になりにくい体質に改善できる可能性がある。今回の結果は、これらの予防法の開発につながると期待される」と結論づけている。さらに、M2マクロファージは肝臓や骨格筋などの臓器にも存在することから、脂肪組織以外におけるこのマクロファージの役割についても解明していきたいと展望している。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月15日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 全身持久力を高く保つと高血圧になりにくい? 約6千人の日本人男性で検討、東北大

    全身持久力を測定した約6,000人の日本人成人男性を23年間追跡した結果、厚生労働省が推奨する全身持久力の基準を継続的に達成すると高血圧になりにくい可能性があることが、東北大学大学院運動学分野講師の門間陽樹氏らの研究グループの検討で分かった。6年間に全身持久力の基準を3回以上達成すると、高血圧を発症するリスクが最大で38%低下することが示されたという。詳細は「Journal of Hypertension」9月17日オンライン版に掲載された。

     全身持久力を高く保つと高血圧の発症リスクが低減すると考えられているが、どのレベルの全身持久力を、どのくらいの期間保つ必要があるのかについては明らかになっていない。そこで、門間氏らは今回、全身持久力を測定した男性を長期にわたり追跡し、厚労省が推奨する全身持久力の基準の達成状況と高血圧の発症リスクとの関連を検討する研究を実施した。

    高血圧に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象は、1986年の研究開始時またはそれ以前に全身持久力を測定した高血圧のない男性6,653人。対象者を最大で23年間追跡し、1980~1986年に測定された全身持久力の値に基づいて、厚労省が公表している「健康づくりのための身体活動基準2013」で定められている基準を達成した回数を評価し、1986~2009年の高血圧発症との関連を検討した。

     追跡期間中に3,630人が高血圧を発症した。解析の結果、研究開始時に全身持久力の基準に達していた群では、達していなかった群に比べて高血圧リスクが21%低いことが分かった(調整後ハザード比0.79、95%信頼区間0.74~0.85)。また、追跡開始以前の6年間における全身持久力の基準の達成回数が多いほど、高血圧リスクは低下した。さらに、この基準の達成回数が1~2回だった場合には、達成の有無で高血圧リスクに差はみられなかったが、基準を3回以上達成すると高血圧リスクは顕著に低い値を示すことも明らかになった(調整後ハザード比は基準達成回数が3回の場合は0.72、7回の場合は0.62)。

     以上の結果を踏まえ、門間氏らは「厚労省が推奨する全身持久力の基準を継続的に達成すると高血圧の予防につながる可能性がある」と結論づけている。また、同氏らは、この結果は、厚労省の身体活動基準による全身持久力の基準は高血圧予防において妥当であることを支持するもので、運動指導や保健指導の現場で活用する根拠にもなるとしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月15日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 高齢者では低強度運動がインスリン抵抗性と関連か 名古屋大の研究グループ

    糖尿病のない日本人の高齢者では、低強度の身体活動と1日の歩数はインスリン抵抗性をはじめとする心血管代謝リスク因子と関連する可能性があることが、名古屋大学大学院地域在宅医療学老年科学准教授の梅垣宏行氏らの研究グループの検討で分かった。高齢者におけるインスリン抵抗性の予防や改善には、運動強度よりも運動量の方が重要だと考えられるという。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」7月26日オンライン版に掲載された。

     インスリン抵抗性は血糖異常や脂質異常、高血圧につながるだけでなく、認知機能の低下やサルコペニア(加齢に伴う筋肉量の減少)と関連することが示されている。そのため、高齢者の2型糖尿病の発症を予防するにはインスリン抵抗性の改善が重要とされる。梅垣氏らは今回、糖尿病のない高齢の地域住民を対象に、身体活動とインスリン抵抗性をはじめとする心血管代謝リスク因子との関連を検討する横断研究を実施した。

    インスリン抵抗性に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象は、愛知県豊田市の住民を対象に運動が認知機能に及ぼす影響を検討したランダム化比較試験に参加した、65~85歳の高齢者388人(平均年齢72.5±4.7歳、男性51%)。研究開始時に加速度計を用いて評価した低強度または中高強度の身体活動や1日の総歩数などと、インスリン抵抗性指数(HOMA-IR)や血圧、脂質、炎症マーカーなどの心血管代謝リスク因子との関連を調べた。

     その結果、低強度身体活動が増えるほど血圧値とトリグリセライド(TG)値は低下し、ウエスト周囲長とBMIは減少し、HDL-コレステロール値は上昇したほか、インスリン抵抗性は改善することが分かった。1日の総歩数もインスリン抵抗性と有意に関連することが明らかになった。一方、中高強度身体活動はTG値とC反応性蛋白(CRP)値、インスリン抵抗性と関連した。

     さらに、多変量回帰分析の結果、低強度身体活動とインスリン抵抗性は、血圧値やBMI、TG値などとは独立して関連したのに対し、中高強度身体活動とインスリン抵抗性との関連は、他の因子で調整後の解析では消失することも分かった。

     以上の結果を踏まえ、梅垣氏らは「今回の研究では、糖尿病のない高齢者では、インスリン抵抗性には低強度の身体活動と1日の歩数が関連する可能性が示された。高齢者の健康を維持するためには、医療従事者が中心となって運動するように働きかける必要がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月9日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 左室心筋重量減少に有効な経口血糖降下薬とは? 2型糖尿病患者のRCTネットワークメタ解析

     経口血糖降下薬のうちスルホニル尿素(SU)薬であるグリクラジドだけが、プラセボや他の血糖降下薬と比べて2型糖尿病患者の左室心筋重量(LVM)の減少に有効な可能性があることが、伊勢赤十字病院(三重県)糖尿病・代謝内科の井田諭氏らが実施したネットワークメタ解析の結果から示された。詳細は「Cardiovascular Diabetology」9月27日オンライン版に掲載された。

     これまでの研究で、2型糖尿病患者はLVMが増大しやすく、LVMの増大は心不全などの心血管疾患や突然死などの独立した予測因子であることが報告されている。一方、経口の血糖降下薬によるLVMへの効果については、これまでの研究で一致した結果は得られていない。

    糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     井田氏らは今回、2018年1月までに公表された、2型糖尿病患者を対象に経口血糖降下薬によるLVMへの有効性を検討したランダム化比較試験(RCT)論文を検索。基準を満たした11件のRCT(計1,410人が参加)を対象にネットワークメタ解析を実施した。解析対象患者の平均年齢は60.3歳で、女性が44.6%であった。

     解析の結果、経口血糖降下薬のうちSU薬であるグリクラジドだけがプラセボと比べて有意にLVMを減少させることが分かった。また、経口血糖降下薬間でLVM減少効果を比較したところ、グリクラジドは他の薬剤〔同じくSU薬のglyburide(グリブリド、日本国内の一般名はグリベンクラミド)、α-グルコシダーゼ阻害薬のボグリボース、メトホルミン、チアゾリジン系薬のピオグリタゾン、rosigritazone(日本国内未発売)、DPP-4阻害薬のシタグリプチン〕と比べて唯一、LVMを減少させることが明らかになった。

     以上の結果から、井田氏らは「今回の解析から、経口血糖降下薬のうちグリクラジドだけがLVMを有意に減少させる可能性が示された。心不全の初発や再発予防を必要とする2型糖尿病患者に対しては、グリクラジドの選択が適している可能性がある」と結論づけている。一方で、経口血糖降下薬によるLVMへの有効性については、RCT報告の蓄積を待って、今後さらなる解析を行う必要があるほか、LVMを減少させれば心不全の発症抑制につながるか否かも研究すべきだと付け加えている。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月9日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。