• 魚の摂取量と大動脈疾患による死亡リスクが関連か 国立がん研究センターなど

    魚をほとんど食べない人は、大動脈解離や大動脈瘤などの大動脈疾患による死亡リスクが高い可能性があることが、国立がんセンターや筑波大学らの共同研究グループの検討で明らかになった。魚の摂取頻度と大動脈疾患による死亡との関連を疫学的に検討した研究は世界初。魚を月に1~2回程度摂取していれば大動脈疾患で死亡するリスクは上昇しない可能性も示されたという。詳細は「Clinical Nutrition」8月16日オンライン版に掲載された。

     日本では高齢化の進展に伴い、近年では大動脈疾患による死亡率が増加している。大動脈疾患の予後はきわめて悪く予防が重要となるが、魚の摂取による影響はほとんど検討されていなかった。そこで、研究グループは今回、日本人の8つの大規模コホート研究に参加し、心血管疾患またはがんの既往がない成人男女36万人6,048人を統合したプール解析から、魚の摂取頻度と大動脈疾患による死亡の関連について検討を行った。

    大動脈疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     今回のプール解析には、多目的コホート研究(JPHC-IおよびJPHC-II)とJACC研究、宮城県コホート研究、大崎国保コホート研究、三府県宮城コホート研究、三府県愛知コホート研究、三府県大阪コホート研究の計8つのコホート研究データが含まれた。食習慣アンケート調査結果から、魚の摂取頻度を「ほとんど食べない」「月に1~2回」「週に1~2回」「週に3~4回」「ほとんど毎日」の5つの群に分けて解析した。

     その結果、魚を週に1~2回摂取する群に比べて、ほとんど摂取しない群では大動脈解離で死亡するリスクは2.5倍、大動脈瘤で死亡するリスクは2.0倍で、これらを合わせた大動脈疾患で死亡するリスクは1.93倍であることが分かった。一方、魚を月に1~2回摂取する群では、週に1~2回摂取する群に比べて大動脈解離による死亡リスクには上昇はみられなかったが、大動脈瘤による死亡リスクには1.9倍とやや上昇傾向がみられた。魚を週に3~4回摂取する群とほとんど毎日食べる群では、いずれの疾患による死亡リスクに上昇はみられなかった。

     以上の結果から、研究グループは「魚をほとんど摂取しない場合には大動脈疾患による死亡リスクが上昇した一方で、月に1~2回摂取するとこうしたリスクは高くならない可能性が示された」と結論づけている。研究グループによれば、既に魚の摂取量が多いと心筋梗塞の発症リスクが低減することが報告されており、より多くの魚を摂取することが循環器疾患予防に重要だと強調している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月29日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 歯の本数が高齢者の睡眠時間と関連か 本数が少ないほど短時間や長時間睡眠になりやすい?

    現在の歯の本数が少ない高齢者は、歯の本数が多い人に比べて短時間睡眠や長時間睡眠になるリスクが高い可能性があることが、東北大学大学院国際歯科保健学分野の小山史穂子氏(現・大阪国際がんセンターがん対策センター)の検討で分かった。詳細は「Sleep Medicine」12月号オンライン版に掲載される。

     適切な睡眠時間を保つことは健康維持に重要であるが、これまでの研究で睡眠時間は長すぎても短すぎても死亡率の上昇など健康問題につながることが示されている。一方、歯の本数が少ない人は噛み合わせが不安定になり、下の顎(あご)が上方に回転して気道を狭め、睡眠時の呼吸を妨げる可能性があることが指摘されている。そこで、小山氏らは今回、日本人の高齢者を対象に、歯の本数と睡眠時間の長さの関連を調べる横断研究を実施した。

    睡眠に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     この研究は、65歳以上を対象に実施した日本老年学的評価研究(JAGESプロジェクト)の2010年度調査データを用いたもの。睡眠時間に関する質問については、ランダムに抽出した2万3,444人のうち2万548人(平均年齢73.7歳)から回答が得られた。解析では、7時間の睡眠時間を基準として現在の歯の本数と短時間睡眠(4時間以下)あるいは長時間睡眠(10時間以上)との関連を調べた。

     その結果、歯が20本以上の高齢者では、短時間睡眠の割合は2.3%(160人)、長時間睡眠の割合は2.8%(195人)だったのに対し、歯が少ない高齢者ではそれぞれ3.3%(100人)、9.0%(272人)といずれも割合が高いことが分かった。また、性や年齢などの関連因子で調整して統計解析したところ、歯の本数と睡眠時間はU字型の関連を示し、歯が20本以上の高齢者に比べて歯が少ない人では短時間睡眠であるリスクは1.4倍、長時間睡眠であるリスクは1.8倍であることが明らかになった。さらに、歯の本数が1~9本の人でも短時間睡眠のリスクは1.3倍、長時間睡眠のリスクは1.5倍であった。

     以上の結果を踏まえ、小山氏らは「歯が20本以上ある高齢者に比べて、10本未満と少ない高齢者では短時間睡眠や長時間睡眠になりやすい可能性がある。高齢になっても歯の健康を保ち、数多くの歯を保持することが適切な睡眠時間を取り続けることにつながると考えられる」と結論づけている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月22日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 日本人男性ホームレス生活者の糖尿病有病率を調査 岐阜大の研究グループ

    日本人の男性ホームレス生活者における糖尿病の有病率は、一般集団と変わらない可能性があることが、岐阜大学保健管理センター准教授の西尾彰泰氏らの研究グループの検討で分かった。また、社会的支援を受けている人では、受けていない人に比べて耐糖能異常(いわゆる糖尿病予備群)の頻度が低いことも示された。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」9月28日オンライン版に掲載された

     ホームレス生活者の実態を現場で調査することは難しいため、その糖尿病有病率は明らかになっていない。また、ホームレス生活者は保険未加入者が多く、糖尿病は重症化するまで自覚症状が現れないため、たとえ糖尿病状態であっても医療管理下にある者は少ないと推察される。

    糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     そこで、ホームレス生活者の糖尿病ケア支援システムを構築するために、研究グループは、ホームレス生活者における糖尿病と耐糖能異常の有病率を調査し、それらの有病率と社会的背景、精神疾患および認知機能低下の有無との関連を検討した。なお、本調査は、名古屋市でホームレスを支援するNPO、ささしまサポートセンターが中心となって実施され、同センター長の山本眞由美氏(糖尿病専門医)が解析を担当した。

     研究では、名古屋市内の男性のホームレス生活者106人(平均年齢54.2歳)の社会的背景、精神疾患や認知機能低下の有無と血液検査によるHbA1c値の関係を詳細に解析した。HbA1c値で6.5%以上、6.0~6.4%、5.9%以下をそれぞれ糖尿病、耐糖能異常、正常と推定した。精神疾患は精神疾患簡易構造化面接法(Mini International Neuropsychiatric Interview)を、認知機能はウェクスラー成人知能検査を用いて評価した。

     その結果、7人(6.6%)が糖尿病、12人(11.3%)が耐糖能異常で、これらの有病率は国民健康・栄養調査による一般集団と同様の傾向であることが分かった。また、耐糖能異常の有病率は、社会的支援を受けている人では受けていない人に比べて有意に低かった(P<0.05)。一方、糖尿病および耐糖能異常の有病率は、精神疾患や認知機能低下の有無、ホームレス生活者であった期間や経験回数、喫煙や飲酒といった生活習慣、教育レベルで差はみられなかった。

     以上の結果を踏まえ、研究グループは「都会の日本人男性ホームレス生活者における糖尿病と耐糖能異常の有病率は、日本人の一般集団と同様の傾向であるため、ホームレス生活者においてもこれらの疾患の早期発見、早期治療が必要である。また、社会支援の提供は糖尿病予防に寄与するだろう」と結論づけている。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年10月22日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。