• 社員向け短時間のうつ病研修プログラムを開発 メンタル不調者への対応力が向上、九州大学など

    職場でメンタルヘルスの不調を抱える社員に適切に対応する方法を2時間で学べる研修プログラムを開発したと、九州大学大学院精神病態医学講師の加藤隆弘氏らが「PLOS ONE」12月7日オンライン版に発表した。研究は岩手医科大学神経精神科学講座教授の大塚耕太郎氏らと共同で行ったもの。暫定版のプログラムをパイロット試験として実施したところ、プログラムの受講者はメンタルヘルス不調者への対応力や理解力が向上したという。

     近年、メンタルヘルスの不調を理由に休職や退職に至るケースが増えており、職場のメンタルヘルス対策の向上は喫緊の課題となっている。しかし、気分の落ち込みや意欲低下、不眠などの抑うつ症状がある人は、そのことを周囲に訴えることはほとんどなく、周囲も気づきにくかったり、声をかけづらかったりするのが現状だ。

    うつ病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     そこで、加藤氏らは、オーストラリアで開発され国際的に普及している、一般市民がこころの応急処置を実践的に学ぶ12時間の「メンタルヘルス・ファーストエイド(MHFA)」と呼ばれるプログラムに着目。2007年にはMHFAを日本に導入し、その要素を震災支援事業や自殺対策事業に取り入れてきた。同氏らの研究チームは、今回、一般企業の従業員が受講しやすいように2時間にまとめたプログラム(暫定版)を作成した。

     MHFAのアクションプランには、(1)声をかけ、リスクを評価し支援を始める、(2)決めつけず、批判せずに話を聞く、(3)安心につながる支援と情報を提供する、(4)専門家のサポートを受けるよう勧める、(5)その他のヘルプやセルフヘルプなどのサポートを勧める-の5つのステップが掲げられている。加藤氏らが今回開発した2時間のプログラムは、うつ病に関する講義(50分)に加えて、上司役とメンタルヘルスの不調を抱える社員役のシナリオロールプレイによる演習(45分)を通じて、MHFAの5原則を実践的に身につけられるように構成されている。

     研究チームは次に、一般企業の会社員83人を対象に、暫定版プログラムを受講してもらうパイロット試験を実施した。プログラムの実施前後と1カ月後には、受講者にメンタルヘルスの不調を抱える社員や部下への対応に関するアンケートに回答してもらった。その結果、プログラムを受講後には、「メンタルヘルス不調者に対応するスキル」と「不調者に関わる上での自信」がいずれも向上していることが分かった。一方、メンタルヘルス不調者への偏見については低下していた。

     加藤氏らは「研究チームでは、忙しい会社員でも受講できるような短時間のMHFAプログラムを日本に導入し、普及に向けてインストラクターの育成を行っている。今後、この暫定版プログラムの有効性が対照群を設定した、より大規模な研究で検討されることが望まれる。さらなる研究でプログラムの有効性が確認され、多くの企業で活用されることで、うつ病の早期発見・早期治療につながるものと期待される」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年12月17日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 手軽なウォーキングで高齢者の筋肉脂肪が減少 糖尿病予防に有用か、名古屋大学など

    自宅で手軽に行えるウォーキングやレジスタンストレーニングを10週間行うと、糖尿病のリスク因子とされる筋肉内に蓄積した脂肪を減らせる可能性があることが、日本人の高齢者を対象に行った研究で明らかになった。高齢者のレジスタンストレーニングはサルコペニア対策の一つとされるが、筋肉を増やすだけでなく、筋肉脂肪を減らし、筋肉の質を改善するメリットもあると考えられるという。研究は、名古屋大学総合保健体育科学センター教授の秋間広氏と中京大学、早稲田大学が共同で実施し、詳細は「European Review of Aging and Physical Activity」11月19日オンライン版に掲載された。

     筋肉内に蓄積した筋肉脂肪は“第三の脂肪”として知られ、インスリン抵抗性を引き起こし、糖尿病の発症リスクを高める可能性が指摘されている。これまでの研究で、専用のトレーニングマシンを用いた高負荷のレジスタンストレーニングは筋肉脂肪の減少に有効と報告されている。しかし、こうした運動は自宅で手軽に行えないという課題があった。そこで、秋間氏らは今回、自宅で手軽に行えるウォーキングと自分の体重を負荷として用いる自重負荷レジスタンスレーニングに着目。高齢者を対象に、これらの運動が筋肉脂肪に及ぼす影響について検討した。

    ウォーキングに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究では、高齢者64人を対象に、ウォーキングを行う群(31人、平均年齢72±5歳)またはウォーキング+自重負荷レジスタンスレーニングを行う群(33人、同73±6歳)に分けて自宅で10週間行ってもらった。ウォーキングは1回30~60分を週2~3回、1日平均1万歩を目標とした。また、自重負荷レジスタンスレーニングは椅子座り立ちと太もも上げ、つま先立ち、脚の横上げ、腹筋運動を行い、各項目45回ずつの反復を1セットとして週2~3セットを目標とした。

     超音波装置で撮影した太ももの横断画像を用いて、筋肉脂肪と筋肉、皮下脂肪の量を定量化し、10週間後の変化を比較したところ、いずれの群も皮下脂肪量と筋量に変化はみられなかった。一方、筋肉脂肪はいずれの群でも有意に減少し、ウォーキング単独の群に比べてレジスタンスレーニングを併用した群でより顕著に減少していることが分かった。また、こうしたトレーニングを行うと、両群で腹筋力が、ウォーキング単独群では太もも前面部の筋力(椅子座り立ち運動)と歩行機能(5m最大速度歩行)が有意に改善した。

     さらに、筋肉脂肪を反映する指標の変化と運動機能および筋量の変化には有意な相関関係がみられた。これは、筋量が増えるほど筋肉脂肪が減少することを示しており、筋肉脂肪が減少するとサルコペニアも改善することが示唆されたという。

     以上の結果を踏まえ、秋間氏らは「自宅で簡単に行えるウォーキングとレジスタンストレーニングにより、2型糖尿病のリスク因子とされる筋肉脂肪の減少につながる可能性が示された。また、筋肉脂肪と筋肉量の変化は反比例の関係にあり、筋肉量を増やすレジスタンストレーニングが筋肉脂肪の減少にも有効なことも示された点で重要な結果だ」と結論づけている。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年12月17日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • アブラナ科野菜の摂取と大腸がん罹患は関連しない 約8万人の日本人男女を解析、JPHC研究

    中年期以降の日本人の男女は、キャベツやブロッコリー、白菜などのアブラナ科の野菜を多く摂取しても大腸がんの罹患リスクは低減しない可能性があることが、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの検討で分かった。一方、がんによる食事の変化の影響を考慮して解析すると、女性ではアブラナ科野菜の摂取量が多いほど結腸がんリスクが低い傾向がみられたという。研究の詳細は「European Journal of Cancer Prevention」11月5日オンライン版に掲載された。

     大腸がん予防には食生活の重要性が指摘されている。しかし、2005年に発表したJPHC研究では、野菜や果物の摂取量と大腸がん罹患との間に関連は認められなかった(Br J Cancer 2005; 92(9): 1782-1784)。一方、アブラナ科の野菜には、抗炎症作用や発がん抑制作用のある「イソチオシアネート」や抗酸化ビタミンが豊富に含まれており、がん予防に働くことが期待されている。研究グループは今回、JPHC研究に参加した45~74歳の男女約8万人を長期にわたり前向きに追跡したデータを用いて、アブラナ科野菜の摂取量と大腸がん罹患との関連について調べた。

     今回の研究では、ベースライン時(1990年および1993年)に全国10地域に在住し、がんや心筋梗塞、脳卒中の既往がなく、研究開始から5年後の食物摂取頻度質問票に回答した45~74歳の8万8,172人(うち男性4万1,164人)を対象に2013年まで追跡した。質問票では漬け物を含む11項目のアブラナ科の野菜(キャベツ、大根、小松菜、ブロッコリー、白菜、たくあん漬けや野沢菜漬けなど)からアブラナ科野菜の総摂取量を推定した。

    大腸がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     追跡期間中に2,612人が大腸がんに罹患していた。解析の結果、男女ともにアブラナ科野菜の摂取量と大腸がん罹患リスクとの間に有意な関連は認められなかった。追跡開始から3年以内の大腸がん罹患者と上皮内がん患者を解析から除外して、大腸がんがあることでアブラナ科野菜の摂取量が変化している影響を除いても同様の結果が得られた。

     また、アブラナ科野菜の摂取量と大腸がんリスクを部位別に検討した結果、男女ともにその摂取量と直腸がん、結腸がんリスクとの間に有意な関連は認められなかった。一方、追跡開始から3年以内の大腸がん罹患者などを除外すると、女性ではアブラナ科野菜の摂取量が多いほど結腸がんリスクは低い傾向がみられた。

     以上の結果を踏まえ、研究グループは「今回の研究では、アブラナ科野菜の大腸がん予防効果は認められなかった。しかし、海外の研究では野菜や果物の摂取は口腔がんや食道がんに予防的に働くことが報告されており、われわれの研究でもアブラナ科野菜の摂取量と肺がん罹患や全死亡リスクの低下との関連が示されていることから、これらを不足なく摂取することは健康に大切だと考えられる」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年12月10日
    Copyright c 2018 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。