• 「喫煙、糖尿病、骨粗鬆症」で歯の喪失リスク増 教育歴や職歴なども関連、富山大

    日本人の高齢者では、喫煙習慣と糖尿病、骨粗鬆症が歯を喪失するリスク因子である可能性があると、敦賀市立看護大学(福井県)の中堀伸枝氏と富山大学教授の関根道和氏らの研究グループが「BMC Public Health」6月4日オンライン版に発表した。富山県の高齢者を対象に実施した症例対照研究では、歯の喪失には、短い教育歴と肉体労働の職歴といった社会経済的因子が関連することも示されたという。

    歯周病などの口腔衛生と食生活や喫煙などの生活習慣は、高齢者が歯を喪失するリスクを高めることが報告されている。しかし、日本人の高齢者を対象に、社会経済的因子と残存歯の関連を調べた研究は限られていた。そこで、関根氏らは今回、2014年に実施された「富山県認知症高齢者実態調査」のデータを用い、残存歯の有無と教育歴や生活習慣病などとの関連を調べた。

    歯周病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    同調査は、同県在住の65歳以上の高齢者1,537人を無作為に抽出し、同意が得られた1,303人(回答率84.8%)を対象としたもの。今回の研究では、歯を完全に喪失した275人と残存歯がある898人(対照群)の計1,173人を対象に分析した。

    年齢や性などで調整して解析した結果、喫煙習慣がある人や糖尿病、骨粗鬆症がある人では歯の喪失リスクが高いことが分かった(調整オッズ比はそれぞれ4.05、1.72、1.88)。関根氏らによれば、喫煙習慣や糖尿病があると口腔内の免疫力が低下し、歯周病などの原因になることや、骨粗鬆症になると骨の強度が低下して歯の喪失につながりやすいといった理由が考えられるという。

    また、高齢者の歯の喪失には、社会経済的因子も重要であることが明らかになった。教育歴が「10年以上」と長い人と比べて、「6年以下」と短い人では歯の喪失リスクが高かったほか、非肉体労働に就いていた人に比べて、肉体労働の職歴がある人ではそのリスクが高かった(調整オッズ比はそれぞれ3.07、1.93)。

    高齢者の歯の喪失と社会経済的因子との関連について、関根氏らは「教育歴は歯磨きの回数や虫歯の本数に影響するとの報告があり、口腔衛生習慣の差が影響した可能性がある。また、肉体労働の職歴があると歯の喪失リスクが高まる背景には、交代勤務などの不規則な生活習慣の関与が考えられる」と説明。その上で、「歯の喪失は栄養不良の原因となり、高齢者のフレイル(虚弱)やQOL(生活の質)の低下につながりやすい。そのため、健康に老いるためには、小児期から高齢期にかけて生涯にわたる総合的な対策が重要になる」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年6月24日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 起床前後の交感神経活性の変動が24時間血糖変動と関連か 日本人2型糖尿病患者を解析、愛媛大グループ

    日本人の2型糖尿病患者では、起床前後の交感神経活性の変動が24時間の血糖変動と関連している可能性があることが、愛媛大学大学院糖尿病内科学講座の松下由美氏らの研究グループの検討で分かった。これらの変動の増大は、糖尿病患者における心血管イベント発症の一因である可能性が考えられるという。研究の詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」6月号に掲載された。

     糖尿病患者では、明け方からの血糖上昇(暁現象)に、カテコラミンなどのインスリン拮抗ホルモンが関連している。一方、膵臓では交感神経刺激によりインスリン分泌抑制とグルカゴン分泌促進が起こり、血糖値が上昇すると報告されている。自律神経活性には日内変動があり、特に起床前後の変化は糖代謝や血糖変動に関連する可能性がある。そこで、今回、松下氏らは、2型糖尿病患者にホルター心電図と持続グルコースモニタリング(CGM)を同時に施行し、これらの関連について解析した。

    血糖値に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象は、同大学病院の入院2型糖尿病患者41人。血糖変動の指標を(1)起床前後1時間のSD(標準偏差)およびdelta(Δ)グルコース(最大値と最小値の差)(2)24時間のSDおよびMAGE(平均血糖変動幅)とし、慢性高血糖の指標を(3)24時間の平均血糖値、HbA1c値とした。また、自律神経活性の評価は、ホルター心電図の心拍変動解析により行った。low frequency(LF)を交感・副交感神経両者、high frequency(HF)を副交感神経活性、LF/HFを交感神経活性の指標とし、これらの起床前後1時間の最大値と最小値の差を変動指標とした(ΔLF wake-up、ΔHF wake-upおよびΔLF/HF wake-up)。

     年齢や性、BMI、糖尿病の罹病期間、多発神経障害の有無で調整した重回帰分析の結果、ΔLF/HF wake-upは起床前後1時間および24時間の血糖変動指標と正に関連したが、慢性高血糖の指標とは関連しなかった。さらに、ΔLF/HF wake-upは暁現象に関与する空腹時血中コルチゾールやアドレナリンとも正に関連していた。

     これらの結果から、松下氏らは「今回の研究結果は、起床前後の交感神経活性の変動、インスリン拮抗ホルモンおよび血糖変動が密接に関連する可能性を示唆している」と結論。その上で、「ΔLF/HF wake-upは24時間のLF/HF変動と正に関連したことから、起床前後の交感神経活性の変動が24時間の変動を反映して、24時間の血糖変動と関連している可能性がある。血糖変動は慢性高血糖よりも酸化ストレス、内皮障害と関連し、心血管イベントに関与するという報告があり、起床前後の交感神経活性の変動と血糖変動の増大は心血管イベント発症機序の一部を説明し得るかもしれない」と説明している。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年6月17日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 蛋白尿とeGFR低値が認知機能低下と関連か 日本人高齢男性を分析、滋賀医大グループ

    日本人高齢男性では、蛋白尿の存在と推算糸球体濾過量(eGFR)の低下はいずれも認知機能の低下と関連する可能性があることが、滋賀医科大学客員教授の藤吉朗氏(和歌山県立医科大学衛生学講座教授)らの研究グループによる横断研究で示された。これらの関連は、従来の循環器疾患危険因子とは独立して認められたという。詳細は「Journal of Epidemiology」5月25日オンライン版に掲載された。

     蛋白尿(アルブミン尿)やeGFR値の低下で定義される慢性腎臓病(CKD)は、認知機能低下や認知症の危険因子と考えられている。しかし、蛋白尿およびeGFR低値と認知機能との関連については、明らかでない部分も多い。藤吉氏らの研究グループは今回、地域在住の高齢男性を対象に横断研究を実施し、蛋白尿およびeGFR値の低下と認知機能低下との関連について調べた。

    腎機能低下に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     この研究は、滋賀県草津市からランダムに抽出した参加者(40~79歳)を対象とした滋賀動脈硬化疫学研究(SESSA)の男性1,094人のうち、追跡調査(2009~2014年)時に65歳以上で脳卒中の既往がなく、認知機能検査(cognitive abilities screening instrument;CASI)を受けた561人を対象としたもの。対象男性のうち48.1%(270人)がCKDの定義を満たしていた。

     参加者を、eGFR(mL/分/1.73m2)値(60以上、40~59、40未満)または蛋白尿(陰性、微量、陽性)でそれぞれ3つの群に分けてCASIスコアとの関連を調べた。なお、CASIスコア(0~100)は高いほど認知機能が良好であることを意味する。

     その結果、蛋白尿が多い群ほど、また、eGFR値が低い群ほど認知機能が有意に低いことが分かった。多変量で調整したCASIスコアの平均は、蛋白尿が陰性群で90.1、微量群で89.3、陽性群で88.4であり(傾向P値=0.029)、eGFR値が正常群で90.0、中等症群および進行群はいずれも88.5であった(同0.015)。

     さらに、参加者を蛋白尿とeGFR値により「CKDなし」(51.9%)、「eGFR低下(60mL/分/1.73m2未満)または蛋白尿のどちらか一方あり」(39.9%)、「eGFR低下かつ蛋白尿あり」(8.2%)に分けて解析したところ、CASIスコアの平均はそれぞれ90.4、89.4、87.5であった。

     これらの結果を踏まえ、藤吉氏らは「日本人の高齢男性において、蛋白尿の存在やeGFRの中等度低下であっても認知機能の低下と関連することが分かった。高齢者の認知機能の低下を早期に発見し、進行を抑えるためには、蛋白尿とeGFR値のモニタリングが重要な指標となることが示唆された」と結論づけている。

    軽度認知障害(MCI)のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    軽度認知障害を予防し認知症への移行を防ぐためには早期発見、早期予防が重要なポイントとなります。そこで、今回は認知症や軽度認知障害(MCI)を早期発見できる認知度簡易セルフチェックをご紹介します。

    軽度認知障害(MCI)のリスクをセルフチェックしてみよう!

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年6月17日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。