• 数学理論を活用、メタボを未病段階で科学的に検出 先制医療をさらに一歩前進

    メタボリックシンドロームの発症前状態(未病)を数学理論に基づく手法で定量的に検出可能なことを、富山大学和漢医薬学総合研究所の小泉桂一氏と東京大学生産技術研究所の合原一幸氏らのグループが報告した。研究の詳細は「Scientific Reports」6月24日オンライン版に掲載された。

    疾患の発症前にその兆候をとらえ予防的に介入することで効率的な医療を達成できることから、社会的にも「未病」段階へのアプローチの重要性が注目されている。しかし未病の状態は疾患ではないことから診断基準が存在しない。よって現状において、個人にみられる何らかの変化がその後、疾患の発症につながるのか否かは経験的に判断するしかない。

    小泉氏らは、合原氏らが開発した生体信号の「揺らぎ」に着目した数学理論である「動的ネットワークバイオマーカー(Dynamic Network Biomarkers:DNB)理論」を活用。DNB理論に基づくと、健康な状態から病気の状態へ移行する直前に発生する生体信号の揺らぎの大幅な増加を、数理解析によって予測可能とされる。DNB理論の応用はこれまでのところ、健康な状態と病的な状態との差異が大きい急性疾患の超早期診断という観点から研究されてきた。一方、メタボリックシンドロームのような長い時間をかけ緩徐に発症・進行する病態にこの理論が適用できるかは明らかでなかった。

    今回発表された研究は、まずメタボリックシンドロームを自然発症するTSODマウスを飼育。その飼育期間中の3~7週齢にかけて、1週間ごとに脂肪組織における遺伝子の発現量を網羅的に測定した。次にDNB理論によるデータ解析を行い、遺伝子発現の揺らぎが増加したポイントを調べた。すると、メタボリックシンドロームを発症する前の5週齢の時点で、147個の遺伝子発現量の揺らぎが顕著に増大していることが確認された。

    小泉氏は「メタボリックシンドロームのような多くの慢性疾患は、発症時に突然、不連続な変化が生じるわけではなく、健康状態は連続的に悪化していくように思われる。しかし遺伝子発現のプロファイルには、一時的に急激な変化が生じている可能性がある」と述べている。メタボリックシンドロームのみならず、緩やかな経過をたどる認知症やサルコペニア、フレイルなどの予防・先制医療にも、本法の応用が期待される。

    肥満症のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    肥満という言葉を耳にして、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか?
    今回は肥満が原因となる疾患『肥満症』の危険度をセルフチェックする方法と一般的な肥満との違いについて解説していきます。

    肥満症の危険度をセルフチェック!一般的な肥満との違いは?

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年8月19日
    Copyright c 2019日 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 全レセプトデータから、日本の糖尿病診療の質が明らかに 地域や施設によるばらつきも

    国内で行われたほぼ全ての保険診療データの解析から、糖尿病合併症の検査実施割合に改善の余地があることが明らかになった。国立国際医療研究センター研究所糖尿病情報センターの杉山雄大氏らの研究によるもので「Diabetes Research and Clinical Practice」7月20日オンライン版に掲載された。

    同氏らは「レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)」を用いガイドラインが推奨している糖尿病合併症検査の実施状況を調査した。対象は2015年度に糖尿病薬を定期処方されていた外来患者約415万人。1型糖尿病患者が1.9%を占めた。年齢は40歳未満1.6%、40代5.8%、50代13.3%、60代29.6%、70代29.9%、80代17.6%、90歳以上2.7%、糖尿病薬としてインスリンが14.8%に処方されていた。糖尿病薬を処方していた医療機関の内訳は、診療所が63.5%、200床未満の病院が17.4%、200床以上の病院19.1%で、全体の11.0%が日本糖尿病学会(JDS)の認定教育施設であった。

    糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    血糖コントロール指標となる検査(HbA1cまたはグリコアルブミン)は、96.7%の患者に年1回以上実施されていた。都道府県別に見ても95.1~98.5%の範囲に収まり地域差は少なかった。それに対して網膜症の検査が行われていた患者は46.5%で半数にとどかず、都道府県別では最小の37.5%から最大の51.0%まで地域差が見られた。またJDS教育施設の認定ありでは59.8%、認定なしでは44.8%だった。

    腎症を調べる尿検査については、診療報酬算定条件の関係から200床以上の病院を除いて調査。その結果67.3%に年1回以上の尿定性検査がなされていた。都道府県別では54.1%~81.9%の範囲に広がり、北海道・東北地方で高く近畿地方で低いなど地域差がみられた。JDS認定ありでは92.8%、なしでは66.8%だった。

    腎症を早期・正確に把握できる尿アルブミンまたは尿蛋白の定量検査の実施割合はより低く、全体の19.4%にとどまった。都道府県別では10.8%~31.6%で、尿定性検査と同様に地域差を認めた。JDS認定ありで54.8%、なしでは18.7%であり、尿定量検査はJDS認定を受けている医療機関でも実施割合が低いことがわかった。

    本研究は診療報酬ベースの解析であり、各地域間における患者の重症度などが考慮されておらず、地域間の比較を行う際には注意が必要である。また尿アルブミン定量検査に関しては、頻回測定に対する診療報酬上の抑制が、年1度の測定の低下につながっている可能性があるかもしれない。しかし、これまで日本全体の糖尿病合併症検査の実施状況を明らかにした調査はなく本研究が初めてであり、本研究の結果を基に糖尿病診療のさらなる質の向上が期待される。研究グループでは、今後も定期的に糖尿病診療の質指標を測定し、診療の質向上や、適切な医療政策の立案に役立つ情報を提供していく予定であるという。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年8月19日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • CMAH遺伝子を失うという「進化」がヒトという種に動脈硬化をもたらした? 筑波大グループ

    進化の過程で「CMAH」という遺伝子を失ったことが、ヒトで動脈硬化が生じやすい要因となる可能性を、筑波大学医学医療系川西邦夫氏らのグループが報告した。研究の詳細は「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」7月22日オンライン版に掲載された。

    動脈硬化は世界の死亡原因の3分の1を占める心血管疾患(CVD)や脳卒中の主要な病因だ。数千年前のミイラにも動脈硬化の所見が認められ、人類を古くから苦しめてきたと考えられる。動脈硬化のリスクとして、脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙、加齢などが知られているが、CVD初発患者の約15%はそれらのリスクを有しておらず、未知の危険因子の存在が想定されている。

    動脈硬化に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ヒトに近い遺伝子をもつチンパンジーの調査によると、チンパンジーはヒトより血清のコレステロール値や中性脂肪値が高く、血圧も高値でありながら、動脈硬化性病変が生じることはまれで、「CVDを伴わない心臓の線維化」で死亡するケースが多いことがわかっている。このことは、ヒトの種に特有の動脈硬化危険因子が存在する可能性を示唆している。

    川西氏らは、所属していた米国カリフォルニア大学サンディエゴ校において、ヒトとチンパンジーの相違の一つである「CMAH(CMP-Neu5Ac水酸化酵素)」の有無に着目した。CMAHはヒト以外のほぼすべての哺乳類がもつ酵素で、細胞表面を覆う糖鎖の末端に位置するシアル酸Neu5Gcの合成に関わっている。しかしヒトではおよそ200~300万年前に生じた突然変異によって、CMAH遺伝子がその機能を失ったと考えられている。多くの微生物は細胞表面のシアル酸を認識して宿主に感染することから、ヒトがNeu5Gcを合成できないことは、人畜共通感染症のリスクを低下させる利点があったと考えられている。

    同氏らの研究ではまず、ヒトと同じようにCMAHをもたないCmah遺伝子ノックアウトマウスを、動脈硬化モデル研究に用いられるLdlr遺伝子ノックアウトマウスと掛け合わせ、シアル酸を含まない高脂肪食で飼育し、動脈硬化の進展レベルを通常のLdlr遺伝子ノックアウトマウス(Cmah野生型)と比較した。するとCmah遺伝子ノックアウトマウスは野生型マウスに比べて1.9倍に拡大した動脈硬化性病変が形成された。血清コレステロール値や中性脂肪値は両群に有意差がなかった。他方、Cmah遺伝子ノックアウトマウスは耐糖能が悪化し、マクロファージの炎症性サイトカイン発現が亢進していた。

    次に、Cmah遺伝子とLdlr遺伝子のダブルノックアウトマウスに、抗Neu5Gc抗体を誘導し、Neu5Gc含有高脂肪食で飼育したところ、他の条件に比べてさらに動脈硬化が早く進展することがわかった。Neu5Gcは、牛肉、豚肉、羊肉などの赤身肉に多く含まれている。CMAHをもたないヒトは抗Neu5Gc抗体を持つことが知られているが、赤身肉を過剰に摂取すると、体内に蓄積したNeu5Gcと抗Neu5Gc抗体による慢性炎症が惹起され、動脈硬化を進行させるリスク因子となる可能性が示唆される。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年8月5日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。