• 幼少期の逆境体験が高齢者の疾患リスクに――日本とフィンランドで同じ結果

    子どもの頃に逆境体験(過酷な体験)をした人は成人後の主観的健康観が低く、生活習慣病の有病率が高いとする国際研究の結果が明らかになった。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男氏らの研究グループの報告で、詳細は「BMJ Open」に8月20日オンライン掲載された。

     この研究は高齢者を対象に、現在の主観的健康観や既往症(がん、心臓病または脳卒中、糖尿病)、BMI、喫煙歴と、幼少期の逆境体験(adverse childhood experiences;ACE)との関連を質問票により調査したもの。ACEは、親の離婚、家族内の恐怖(本人への身体的虐待や家庭内暴力の目撃)、経済的困窮という3項目をカウントした。

    高齢者に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象は、日本の65歳以上の成人1万3,123人(平均年齢69.5歳、男性47.4%)と、フィンランドの60歳以上の成人1万353人(64.4歳、男性30.9%)。日本人については日本老年学的評価研究の登録データを用い、介護保険サービスを利用していない(要介助・介護状態でない)者を対象とした。

     まず幼少期のACE体験の有無を見ると、日本では50.0%、フィンランドでは37.2%が1つ以上のACEを体験していた。次に、体験したACEの数と主観的健康観との関連を検討。年齢と性別で調整した[モデル1]では、日本のオッズ比(OR)1.43、フィンランドのORは1.39で、ACEを多く体験しているほど主観的健康観が低いという有意な関連が認められた。調整因子に教育歴、配偶者の有無、就労状況を追加した[モデル2]でもやはり有意だった(ORは、日本1.35、フィンランド1.34)。

     ACEの数と既往症の関連も認められた。具体的には、日本における各疾患のORがモデル1で、がん1.16、心臓病または脳卒中1.14、糖尿病1.08であり、モデル2でも、がん1.20、心臓病または脳卒中1.10であって、それぞれACE数が多いほどリスクが上昇する有意な関連があった。フィンランドでは、モデル1で心臓病または脳卒中のORが1.14、糖尿病は1.18で有意に関連しており、糖尿病はモデル2でも有意だった(OR1.17)。このほか、ACE数が多いほどBMIが高値で現喫煙者・前喫煙者の割合が高いという有意な関連が、日本・フィンランドの双方で見られた。

     ACEと成人後の疾患リスクの関連については、米国などの社会格差が大きい国からは既に報告されているが、その他の地域、特に日本からの報告は少ない。今回の研究で、日本とフィンランドという比較的格差が少なく、かつ平等な義務教育や医療保険制度が存在する両国においても同様の傾向が示された。著者らは「ACEと主観的健康観の低下、生活習慣病および健康行動との関連は、日本とフィンランド双方の高齢者で類似していた。この国際比較研究は、健康に対するACEの影響が文化的・社会的環境を問わず一貫していることを示唆している」とまとめている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年9月17日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 糖尿病性腎臓病の予防には体重管理も大切――日本人対象の縦断研究より

    糖尿病性腎臓病(DKD)は透析導入の主要原因であり、また心血管疾患のリスク因子でもある。そのDKDの抑制には、血糖管理に加え体重管理も重要であることが、日本人糖尿病患者を対象とした縦断研究の結果から示された。川崎医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科の中西修平氏らの研究によるもので、詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」9月号に掲載された。

     中西氏らは、2000~2018年に川崎医科大学附属病院の外来へ2年以上継続受診した2型糖尿病患者を対象とする後ろ向き縦断研究を実施。受診開始時の年齢が20歳未満の患者、および受診開始から3年以内に細小血管症が認められた患者を除外して検討した。

     解析対象となった2,306人(平均年齢61.0±12.2歳)を、HbA1c7%、BMI25をカットオフ値として、血糖管理良好/不良、肥満なし/ありに分け、計4つのグループに群分け。年齢、性別、糖尿病罹病期間、高血圧・脂質異常症の投薬の有無で調整した後のDKD発症リスクを比較した。なお、DKDは高血糖により生じる糖尿病に典型的な「糖尿病性腎症」に加え、加齢や高血圧など高血糖以外の要因も関係して発症・進行する腎障害を含めた比較的新しい疾患カテゴリー。本研究では、eGFR30mL/分/1.73m2未満または尿アルブミン30mg/gCr以上をDKDと定義した。

     追跡期間5.96±6.89年におけるDKD発症リスクは、血糖管理良好かつ肥満なし(HbA1c7%未満でBMI25未満)の群に比し、他の3群はいずれも有意に高かった〔各群のハザード比:HbA1c7%未満・BMI25以上;1.40(P=0.03)、HbA1c7%以上・BMI25未満;1.40(P=0.028)、HbA1c7%以上・BMI25以上;1.54(P=0.008)〕。

     研究グループはさらに、腎症以外の細小血管症についても検討。神経障害発症のハザード比は前記と同順に1.18(P=0.37)、1.83(P<0.0001)、1.62(P=0.005)、網膜症は0.73(P=0.34)、2.58(P<0.0001)、2.22(P=0.001)、細小血管症全体では1.22(P=0.12)、1.43(P=0.002)、1.39(P=0.011)であり、腎症と異なり肥満は有意なリスク因子でなく、HbA1c7%以上が重要なリスク因子として示された。

     肥満は近年、腎機能低下のリスク因子として注目されている。今回の検討でも、神経障害や網膜症では認められなかったBMIの関与が、DKDでは認められた。結論として著者らは「日本人の2型糖尿病患者において、肥満は血糖管理不良と同等のDKD発症リスクである可能性がある。DKDを防ぐには、HbA1c7%未満に加えてBMIを25未満に維持することを考慮すべき」と述べている。

    糖尿病性腎症のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病の3大合併症として知られる、『糖尿病性腎症』。この病気は現在、透析治療を受けている患者さんの原因疾患・第一位でもあり、治療せずに悪化すると腎不全などのリスクも。この記事では糖尿病性腎病を早期発見・早期治療するための手段として、簡易的なセルフチェックや体の症状について紹介していきます。

    糖尿病性腎症リスクを体の症状からセルフチェック!

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年9月17日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 幸福感が強い人の脳は“ゆらぎ”が少ない――感情処理力と関連か?

    幸福感と脳活動の関連が報告された。自分が幸福だと強く感じている人は、大脳右楔前部という部分の安静時活動性が低いという。京都大学こころの未来研究センターの佐藤弥氏らの研究によるもので、詳細は「Scientific Reports」8月20日オンライン版に掲載された。

     佐藤氏らの研究グループは、大脳右楔前部の灰白質容積と主観的な幸福感が正相関することを既に報告しているが、右楔前部の活動性との関連は明らかでなかった。近年、脳内の低周波変動(低周波ゆらぎ)の振幅が自発的な神経活動の強度を反映すると報告されており、安静時に低周波ゆらぎとして観察される右楔前部の活動性が、主観的な幸福感と関係している可能性が考えられる。そこで佐藤氏らは、主観的幸福感と右楔前部の活動性との関連を検討した。

    脳活動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究対象はボランティア51人(平均年齢22.5±4.5歳、女性26人)。主観的幸福感は日本語版SHS(Subjective Happiness Scale)を用いてスコア化した。右楔前部の活動性は、被験者を5分かけて脳をリラックスさせた状態で、fMRI(磁気共鳴機能画像法)にて評価した。

     検討の結果、SHSスコアが高い(主観的な幸福感が強い)人ほど右楔前部の活動性が低い(低周波ゆらぎが少ない)という、有意な負の相関が確認された(r=-0.52、P<0.001)。楔前部の活動性は、否定的な自己意識や心の迷いと関係があることが先行研究で示されている。この知見と今回の検討結果を合わせて考察すると、否定的な自己意識や心に迷いを生じる働きが弱いことが、幸福感の基盤となっていることが示唆される。

     研究グループはさらに、右楔前部と右扁桃体の機能的なつながりに着目。両者の機能的結合が強い人ほどSHSスコアが高いという、有意な相関を認めた(r=0.48、P<0.001)。右偏桃体は感情の処理に関わる領域であることから、感情を適切に処理することで幸福感が生まれる可能性が考えられる。

     これら一連の結果について著者らは、「主観的幸福感と対応する脳活動および脳内ネットワークを初めて明らかにしたもの」としている。そして「楔前部の活動性が瞑想によって低下するといった知見もあることから、科学的データに裏打ちされた“幸福増進プログラム”の作成も期待される」と将来の展望を述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年9月9日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 腸内細菌叢の乱れを免疫誘導で制御――肥満・糖尿病予防ワクチンに期待

    近年、さまざまな疾患領域において腸内細菌の関与がトピックとなっている中、腸管などの粘膜面の疾患特異的な免疫をワクチンによって強化する方法が開発された。細菌感染症の治療だけでなく、肥満や糖尿病などの予防への応用も期待される。大阪市立大学大学院医学研究科ゲノム免疫学の植松智氏・藤本康介氏らのグループの研究によるもので、詳細は「Gastroenterology」8月21日オンライン版に掲載された。

     新たに開発されたのは、粘膜面に存在しているIgA(免疫グロブリンA)という細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ仕組みを、感染防御のために必要な粘膜へ誘導するワクチン。このワクチンを接種後に、感染防御に必要な粘膜面へ抗原を加えることで、発症を予防したい疾患に対する免疫力を高めることができる。細菌感染症の治療に使われる抗生物質には、体の恒常性維持に必要な常在菌も殺傷してしまうリスクがあるのに対し、新しく開発されたこの方法は標的とする細菌の粘膜面への侵入や定着を阻害できるというメリットもある。

    腸内細菌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究グループではこの方法の効果を、細菌性肺炎の原因菌として最も多い肺炎球菌で検討した。肺炎球菌に対するワクチンを作成しマウスに接種。その6週間後に肺炎球菌の抗原を鼻から投与したところ、気管支肺胞洗浄液中の抗原特異的IgA およびIgGが、ワクチンを接種していないマウスに比較し有意に上昇した。さらに肺炎球菌の定着が阻害され、肺炎の重症化が抑制されることも確認できた。

     また、肥満や糖尿病との関連が報告されているClostridium ramosumという腸内常在細菌に対するワクチンを作成。このワクチンを、ヒト肥満者の糞便を定着させたノトバイオートマウス(無菌マウスに特定の微生物のみを定着させたマウス)に接種して高脂肪食を与え飼育したところ、ワクチンを接種していないマウスに比較し体重増加が有意に少なく、ブドウ糖負荷後の血糖上昇も有意に抑制されていた。

     ゲノム解析研究が進んだことで、腸内細菌叢の乱れが肥満や糖尿病、動脈硬化、炎症性腸疾患、関節リウマチ、大腸がん、パーキンソン病など、多くの疾患と関係していることが分かってきている。しかしこれまで疾患特異的IgAを狙い通りに誘導する技術が存在しなかったため、体に有益な細菌へ影響を及ぼさずに疾患を予防・治療する効果的な方法は確立されていない。

     研究者らは、「このワクチンをヒトで実用化することで、病原体の侵入門戸である粘膜において強力な免疫応答を誘導できる。腸内細菌を標的として応用すれば、これまで制御できなかった腸内細菌叢の乱れに関連するさまざまな疾患の新たな治療アプローチとなり得る」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年9月9日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。