• 長引く痛みによる抑うつ状態に、過剰なCRFが関与

    痛みが長引く「慢性痛」では、しばしば気分が落ち込む「抑うつ状態」になることはよく知られている。あたかも当然と思われがちな両者の関係は、実はこれまで詳細なメカニズムが不明だったが、脳内で分泌されるCRF(コルチコトロピン放出因子)という物質が脳内報酬系を抑制するために引き起こされることが新たな研究でわかった。北海道大学薬学研究院薬理学研究室の南雅文氏らの研究グループが明らかにしたもので、詳細は「The Journal of Neuroscience」8月26日オンライン版に掲載された。

    CRFは、さまざまなストレスを受けた時に脳内で分泌されるペプチドで、ストレスホルモンの遊離を促し、全身性のストレス反応を引き起こすことが知られている。また扁桃体などで分泌されるCRFは、不安や恐怖などのネガティブな情動の発生にも関与している。

    慢性痛に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究グループはまず、慢性痛のモデルラットを作製。それを用いた検討から、慢性痛によって脳内の分界条床核という部分の神経情報伝達に乱れが生じることを見いだした。そしてこのモデルラットでは、分界条床核、および分界条床核と機能的に関連している扁桃体中心核という領域で、CRFの遺伝子発現が増えていることを確認した。

    続いてラットの分界条床核にCRF受容体拮抗薬を投与し、CRFの働きを抑制する実験を行った。すると、CRFを抑制すると慢性痛により生じていた神経情報伝達の変化が回復することがわかった。このことから、慢性痛によって生じる分界条床核内の過剰なCRFが神経情報伝達の乱れの原因であることが示唆された。

    次に、分界条床核内のCRFによって乱れた神経情報伝達を遮断し、脳内報酬系への影響を検討した。脳内報酬系は、ヒトや動物が報酬を与えられた時などに活性化する神経系で、その活性化にはドパミン神経が重要な役割を果たしている。今回の検討の結果、乱れた神経情報伝達の遮断によって、ドパミン神経の活動が上昇することが明らかになった。

    ドパミン神経の活動低下はうつ病と関連すると考えられている。また、慢性痛によってドパミン神経活動が低下することが報告されている。研究グループでは、これらの知見と今回の検討結果をあわせて考察し、慢性痛時に分界条床核内でCRFが引き起こす神経情報伝達の乱れが、脳内報酬系で中心的な役割を担っているドパミン神経を持続的に抑制し、抑うつ状態が引き起こされると考えられるとまとめている。

    脳内報酬系は「快情動」や「やる気」を司っており、うつ病では脳内報酬系の機能が低下するために、楽しいはずのことが楽しくなくなる(快情動の喪失)、やる気がなくなるといった状態が引き起こされると考えられている。CRFをターゲットとした今後の研究により、慢性痛による抑うつ状態だけでなく、うつ病の新規治療薬の創薬も期待される。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年10月7日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 身体的フレイルの簡易チェックシート、Yes/Noで答えるだけ

    身体的フレイルを短時間で評価でき、妥当性が確保されたチェックシートが開発された。要介護状態への進行防止のため介入が必要とされる対象者を効率的に抽出できる。九州大学キャンパスライフ・健康支援センターの熊谷秋三氏らが開発したもので、詳細は「Journal of the American Medical Directors Association」オンライン版に9月12日掲載された。

    身体的フレイルは、加齢に伴いストレス耐性が低下した状態で、要介護の予備群であることが実証されており*、早期発見と早期介入の必要性が高まっている。 フレイルに該当する高齢者は少なくないが、現状において統一された診断基準がなく、いくつかのテストを課す診断方法が提案されている。しかし、いずれもテスト項目の中に、握力・歩行速度の測定といった調査・判定に時間を要するものが含まれている。よって、健診など短時間で多数に実施する必要がある場合への適用にハードルがある。
    *J. Nutr. Health Aging,2019(doi.org/10.1007/s12603-019-1242-6)

    熊谷氏らは、福岡県糸島市と共同でフレイルに関する疫学調査(糸島フレイル研究)を継続中で、そのデータを利用し今回のチェックシートを開発した。日本人の前期高齢者向けに作られており、5項目、6つの質問に「はい」「いいえ」で答えるだけで身体的フレイルを判定可能だ。

    チェック項目は以下の通り。なお、各項目の頭文字を並べると「Frail(フレイル)」となる。
    Fatigue(疲労感):気分が沈み込んで、何が起こっても気が晴れないように感じましたか/何をするのも骨折りだと感じましたか…1.はい・0.いいえ(どちらか1つにあてはまる場合も「はい」に〇)
    Resistance(筋力):階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか…0.はい・1.いいえ
    Aerobic(有酸素能力):1kmぐらいの距離を続けて歩くことができますか…0.はい・1.いいえ
    Inactivity(活動量低下):1日のうち、座っている又は横になっている時間は、起きている時間の80%以上ですか…1.はい・0.いいえ
    Loss of weight(体重減少):6カ月間で2~3kg以上の体重減少がありましたか…1.はい・0.いいえ

    このチェックシートの妥当性を、糸島フレイル研究の登録者である65~75歳の高齢者858人を対象に、既存の診断方法(Fried Frailty Phenotype)と比較し確認したところ、ROC解析で良好な値を示した。またスクリーニングにおいては、合計スコアを3点に設定する場合が、日本人の地域在住高齢者におけるカットオフ値となることが実証された。

    フレイルに対しては、2024年度までに全ての市町村でチェック・予防事業が開始されることが決まっている。そのため、より実効性の高いスクリーニング法として、今回開発されたチェックシートのような簡便で妥当性のある手法への期待が高まっている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年10月7日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 産後うつだと子どもへのネガティブな感情が1年続く?

    出産をきっかけにホルモンバランスや環境の変化によって発症するとされている「産後うつ」。出産から1カ月時点で産後うつ状態だと、子どもへの愛着が不十分な状況が産後1年にわたり続きがちなことが、富山大学エコチル調査ユニットセンターの笠松春花氏らの研究で明らかになった。研究の詳細は「Psychological Medicine」9月2日オンライン版に掲載された。産後の不安への介入が、子どもへの愛着低下(ボンディング障害)の予防につながる可能性もあるという。

    笠松氏らの研究は、環境省が2011年から継続している疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の登録者を対象としたもの。同氏らは既にエコチル調査のデータを用いた横断的研究から、産後1カ月の「エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)」と「赤ちゃんへの気持ち質問票(MIBS-J)」のスコアが有意に相関することを報告している。今回は対象を産後1年まで追跡する前向き研究によって両者の関連を詳細に検討した。

    産後うつに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    エコチル調査に登録している母親8万3,109人に対し、産後1カ月、6カ月にEPDSを用いて産後うつ状態を評価。さらに産後1年経過した時点でMIBS-Jを用い、対児愛着(ボンディング)の程度を評価した。過去の出産経験や健康状態など、ボンディングに影響し得る因子を調整した上で両者の関連を比較すると、産後1カ月、6カ月のEPDSスコアは、いずれも産後1年のMIBS-Jスコアの有意な予測因子だった。そのオッズ比は、産後1カ月で1.088(95%信頼区間:1.086~1.089)、6カ月は1.085(同:1.083~1.087)で、両スコアの関連の強さは5カ月経ても同等だった。

    また、これまでの研究でEPDSからは「不安」、「快感消失」、「抑うつ」、MIBS-Jからは「愛情の欠如」「怒りと拒絶」という因子を読み取れることが示されているが、本研究ではさらにこれらの因子について、相互の関連性を検討した。すると、全ての因子同士が統計的に有意な関連を示し、中でも「快感消失」と「愛情の欠如」、および「不安」と「怒りと拒絶」が、より強い関連があることがわかった。この結果から、産後うつに対して適切なケアを施すことが、その後のボンディングの向上に結び付く可能性が示唆された。

    産後の母親の10~15%にうつ症状が現れると言われ、特に産後1カ月の発症が多いとされている。一方、ボンディング障害では、自分の子どもに対して愛情が沸かず、イライラしたり敵意を感じたり攻撃したくなるといった症状が現れ、子どもの成長や発達に悪影響を与えたり虐待につながる危険性も指摘されている。

    笠松氏らは、本研究が観察研究であることから因果関係については断言できないとした上で、産後うつに特有の症状とされる「不安」因子が「怒りと拒絶」因子と特に強い関連を示したことを根拠とし、産後の「不安」のケアによって、子どもへのネガティブな感情を抑制できる可能性が高いと述べている。そして今後に向けて、「産後うつケアのための早期介入プログラムを提供するといった研究を積み重ね検証していく必要がある」と展望をまとめている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年9月30日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。