• 色覚の異常がある人も色から受ける印象は一般色覚者と同じ

    色覚の異常(色覚多様性)があって微妙な色の区別ができない人も、実生活においては一般色覚者(色覚正常者)とほぼ同じように、色によって表現される意味の違いを理解している。色の区別がつきにくいのになぜ意味の違いは分かるのか、その理由はこれまで不明だった。しかし、色覚に異常がある人は、過去の経験や学習した情報を基に意味を区別し判断していることを、高知工科大学情報学群の篠森敬三氏らが明らかにし、「Journal of the Optical Society of America, A」3月19日オンライン版に報告した。

    光の色が赤、緑、青という3つの原色で表せるように、ヒトの網膜には、3種類の視細胞がある。しかし、遺伝的にそのいずれかがないか機能が低下している場合、色覚が一般者と異なる。男性の20人に1人が該当し、緑を感じる視細胞がなく赤と緑の色の違いを識別できない「2型2色覚」が多い。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    篠森氏と金沢工業大学情報フロンティア学部の根岸一平氏らの研究グループは、色覚異常がある人がどのように色の意味の違いを認識しているのかを調べるため、2型2色覚の学生と一般色覚の学生各5人に対し、以下の2つの実験を行った。

    最初の実験は、パソコンのディスプレイ上に「元気な」「重厚な」「繊細な」「さびれた」など9種類の言葉と2色の色をランダムに表示し、言葉によりマッチするのはどちらの色かを、できるだけ短時間で選択するという篠森氏が新たに開発した手法の実験。色は15種類ありその組み合わせは色の左右の違いを入れて210通りで、1人に対してそれぞれ3回(計630回)テストを行った。回答所要時間は1回あたり平均3.7~4.6秒だった。

    この実験の結果、2型2色覚の人は赤や緑などはあまり選択せず、黄色や白を選択する頻度が高いことが分かった。これは2型2色覚の場合はやはり、赤や緑を区別しにくい(見えにくい)ことを意味する。

    続いて行ったのは、最初の実験で使ったものと同じ15種類の色の中から1色をランダムに見せて、その色の印象が形容詞にどの程度あてはまるかという実験。形容詞には最初の実験に用いた9種類の言葉も含め、「壮麗な」と「貧弱な」、「デリケートな」と「がさつな」などの対義語を一対として示し、いずれにあてはまるかを-3から+3の数値で表してもらった。被験者は、答えが決まるまで提示された色を見ることができる設定とし、1色につき6~9分かけて35種類の形容詞を選択した。

    この実験の結果、2型2色覚の人と一般色覚の人とで、それぞれの形容詞の数値にほとんど差がないことが分かった。これは、2型2色覚の場合でも過去の経験や学習から、一般色覚者と同じような色の印象が形成されていることを意味する。

    一連の実験から、異なる色をじっくり見ることができる状況なら、2色覚の人へ一般色覚者と同様に色の印象を伝えることが可能であり、反対に数秒程度(今回の実験では4秒程度)で判断しなければならない状況では理解が間に合わない可能性のあることが分かった。実生活において2色覚の人は、例えば信号機のサインは色ではなく、経験と学習を基に、点灯している場所や明るさなどで判断していると考えられる。

    以上の検討を基に研究グループでは、「長時間見ることができる物の配色については全てを2色覚者向けに変更する必要はなく、より自由なデザイン提案があってよい。一方で色が重要な意味を持つ情報については、従来から提唱されているカラーユニバーサルデザインの配慮が必要」とまとめている。またこの研究の今後の方向性として、「色覚の異常がある人の持つ色の印象が、何歳ぐらいで一般色覚者と同じように形成されるのかを調べるため、年齢層別の比較実験を行うことが必要」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2020年4月20日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 男性は睡眠時間が短い方がCKDになりにくい?――京都府医大

    健康な男性では、睡眠時間が少ない人の方が慢性腎臓病(CKD)になりにくい可能性を示唆するデータが、京都府立医科大学内分泌・代謝内科学の中島華子氏、橋本善隆氏らによって「Kidney & Blood Pressure Research」3月4日オンライン版に報告された。

    CKDはほとんど自覚症状が現れないまま腎不全に進行したり、心臓血管系の病気のリスクを高めたりする。近年、睡眠時間が高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクに関連することが分かってきたが、CKDとの関連は明確になっていない。研究グループは、岐阜県で行っている朝日大学病院との共同による人間ドック受診者住民対象コホート研究「NAGALA研究」のデータを用い、睡眠時間とCKDリスクの関連を後方視的に検討した。

    慢性腎臓病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    解析対象は、朝日大学病院で1994~2013年に健診を受けた人から、腎機能が低下している人(eGFR60mL/分/1.73m2以下)や、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症に関する薬および睡眠薬を服用している人を除いた1万4,474人(うち男性53.6%)。睡眠時間を6時間未満、6~7時間、7~8時間、8時間以上の4群に分け、男性は7.0年(中央値)、女性は6.7年(同)にわたり追跡した。

    追跡期間中に、男性の19.5%、女性の10.2%がCKDを発症した。CKDを発症した人の割合を睡眠時間別に比較すると、男性では6時間未満群12.5%、6~7時間群17.5%、7~8時間群25.0%、8時間以上群24.2%であり、女性では同順に9.4%、10.7%、9.9%、11.2%だった。男性では、睡眠時間が短いほど血清クレアチニンの変化量が少なく、弱いながら有意な相関が認められた(r=0.0316、P=0.006)。女性では、睡眠時間と血清クレアチニンの値に相関は見られなかった。

    次に、腎機能低下に関連する因子である、年齢、性別、BMI、喫煙・飲酒・運動習慣、血清クレアチニン、尿酸、トリグリセライド、血圧などで調整の上、睡眠時間7~8時間群を基準として、他の群のCKD発症リスクを比較した。

    すると男性では、睡眠時間6時間未満群でハザード比(HR)が0.54、6~7時間群ではHR0.73であり、有意なリスク低下が認められた(いずれもP<0.001)。8時間以上群はHR0.93で有意でなかった(P=0.433)。一方、女性では、6時間未満群はHR0.89、6~7時間群1.16、8時間以上群1.08で、いずれも7~8時間群と有意差がなかった。

    研究グループの濵口真英氏、福井道明氏らは結論として、「健康な男性では、睡眠時間が6時間未満の群でCKDリスクが最も低かった。睡眠時間の変化がCKD発症の初期兆候として見られる可能性があり、臨床において睡眠時間を継続的に把握する必要があるかもしれない」とまとめている。

    なお、短時間睡眠がCKDリスクを低下させる機序については「詳細は不明」としながらも、文献的考察から短時間睡眠が、抗炎症作用のあるグレリンレベルの上昇、腎機能低下と関連するレプチンレベルの低下を介して、腎保護的に働く可能性があるとしている。

    糖尿病性腎症のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病の3大合併症として知られる、『糖尿病性腎症』。この病気は現在、透析治療を受けている患者さんの原因疾患・第一位でもあり、治療せずに悪化すると腎不全などのリスクも。この記事では糖尿病性腎病を早期発見・早期治療するための手段として、簡易的なセルフチェックや体の症状について紹介していきます。

    糖尿病性腎症リスクを体の症状からセルフチェック!

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年4月20日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。