• 体重減少が脳卒中のリスクと関連、女性では体重増加もリスク――JPHC研究

     日本人男性では体重減少と脳卒中発症リスクの上昇に、有意な関連があるというデータが報告された。一方、女性では体重減少と体重増加の双方でリスクが上昇する、U字型の関連があるという。国立がん研究センターなどによる多目的コホート研究(JPHC研究)によるもので、詳細は「Atherosclerosis」4月1日号に掲載された。

     ある一時点のBMIと脳卒中や虚血性心疾患の関連については、数多くの研究結果が報告されている。しかし、研究対象者を一定期間追跡して、その間の体重の変化がリスクとどのように関連するかを調べた研究は少ない。こうした中、JPHC研究からは、過去5年間で体重が10%以上増加した女性は脳卒中の発症リスクが有意に高くなるというデータが既に報告されている。今回の研究ではさらに、脳卒中の病型別により詳しく分析し、かつ虚血性心疾患についての解析も行った。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究の対象は、1990年と1993年に岩手県二戸、長野県佐久、沖縄県中部などの9保健所管内に居住していた一般住民のうち、がんや循環器疾患でなかった40~69歳の男女7万4,928人。この対象者を2012年まで追跡し、調査開始時から5年間の体重変化(5kg以上減少、3~4kg減少、±2kg以内の変化、3~4kg増加、5kg以上増加の5群に分類)と、脳卒中および虚血性心疾患の発症との関連を調べた。解析に際しては、地域、喫煙・飲酒・身体活動習慣、高血圧・糖尿病・脂質異常症の既往などを調整し、それらの要因による影響をできるだけ取り除いた。

     99万7,406人年の追跡で、3,975件の脳卒中と914件の虚血性心疾患が発症した。脳卒中全体で見ると、男性では体重変化が±2kg以内の群に比較し、5kg以上減少した群で有意なリスク上昇が認められた〔ハザード比(HR)1.17(95%信頼区間1.01~1.37)〕。女性では、体重が5kg以上減少した群と3~4kg減少した群に加えて、5kg以上増加した群においても有意なリスク上昇が認められ、U字型の関連が示された〔5kg以上増加した群のHR1.61(同1.36~1.92)〕。

     脳卒中の病型別に見ると、男性では虚血性脳卒中(血栓性、塞栓性)、出血性脳卒中(脳実質内出血、くも膜下出血)のいずれの病型も、体重変化と発症リスクとの間に有意な関連はみつからなかった。

     一方、女性では5kg以上体重が増加した群で、血栓性脳卒中の有意なリスク上昇が認められた(HR1.86)。塞栓性脳卒中については、体重の減少と増加の双方で統計学的に有意なリスク上昇が示され、U字型の関連が見られた(5kg以上減少した群HR2.49、3~4kg減少した群HR2.00、3~4kg増加した群HR1.66、5kg以上増加した群HR1.72)。脳実質内出血は3~4kg減少した群でのみ有意なリスク上昇が見られ(HR1.40)、くも膜下出血については体重変化との間に有意な関連はなかった。

     虚血性心疾患については、男性では5kg以上体重が増加した群で、統計学的に有意ではないもののリスク上昇が見られた〔HR1.22(同0.95~1.58)〕。追跡開始から5年以内の発症を除いて解析すると、より強い関連が見られた〔HR1.34(同1.00~1.82)〕。女性では、体重変化と虚血性心疾患の発症リスクとの間に関連が見られなかった。

     この結果から著者らは、「中年期の体重変化は、循環器疾患のリスクとして留意する必要があると考えられる」と結論付けている。なお、体重減少が脳卒中のリスク上昇との関連を示した理由については、「明らかではないが、併存疾患やサルコペニアなど、健康上好ましくない状態によって体重が減少していた人が含まれていた影響が考えられる」と考察。「今後はダイエットなどの意図的な減量と、そうでない体重減少を区別した研究が必要」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先1リンク先2
    HealthDay News 2021年5月10日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • ビタミン摂取量が多い女性は身体的QOLが高い――志賀町研究

     ビタミンの摂取量と女性の生活の質(QOL)に有意な関連があることが、日本人対象の研究から明らかになった。全種類のビタミン摂取量が、身体的側面のQOLを表すスコアと正相関し、かつ、一部のビタミンの摂取量は精神的なQOLのスコアとも正相関するという。ただし男性では、ビタミン摂取量とQOLの間に有意な関連は見られないとのことだ。

     この研究は、石川県志賀町で行われている生活習慣病に関する住民対象研究「志賀町研究」のデータを用いて、金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学の成川暢彦氏らが行った横断研究。結果の詳細は、「Nutrients」に3月22日掲載された。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究の対象は、志賀町研究参加者のうち、「SF-36」というQOL評価のためのアンケートに回答した40~99歳の3,202人(平均年齢は男性63.3歳、女性64.5歳)。食事アンケートに基づいて、14種類のビタミン摂取量を推計した(レチノールは活性当量も評価)。なお、サプリメントからの栄養素摂取は評価しなかった。また、摂取エネルギー量が600kcal/日未満または4,000kcal/日以上の人は、解析対象から除外した。

     QOL評価に用いたSF-36は、過去4週間の8つの健康指標(身体機能、体の痛み、活力、社会的機能など)をアンケートの回答を基に判定するもので、国際的に頻用されており、疾患の有無にかかわらず評価可能であることが検証されている。本研究では、それら8つの指標を「身体的スコア」、「精神的スコア」、「役割/社会的スコア」という3つの要約スコアに統合。男性、女性ごとに各スコアの高値群と低値群に二分し、ビタミン摂取量との関連を検討した。

     年齢やBMI、喫煙・飲酒・身体活動習慣、糖尿病・高血圧・脂質異常症の治療などで調整後、男性では、精神的スコア高値群のビタミンB2摂取量が、スコア低値群より有意に多かった。しかし、身体的スコアや役割/社会的スコアに関しては、高値群と低値群とで摂取量に有意差のあるビタミンはなく、精神的スコアについてもビタミンB2以外の13種類は有意差がなかった。

     一方、女性では、身体的スコア高値群は、ビタミンB2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、ビタミンKなど10種類のビタミン摂取量が、スコア低値群より有意に多かった。また、精神的スコア高値群は低値群より、ビタミンB6とナイアシンの摂取量が有意に多かった。役割/社会的スコアの高低では、ビタミン摂取量に有意差はなかった。

     女性の身体的スコアおよび精神的スコアを目的変数、ビタミン摂取量を説明変数とする重回帰分析の結果、身体的スコアに関しては全てのビタミン摂取量と有意な正の相関が認められ、精神的スコアに関してはビタミンB6、葉酸、ビタミンCの摂取量と有意な正の相関が認められた。

     著者らは本研究を、「大規模データに基づきビタミン摂取量とQOLの関連を性別に検討した初の研究」としている。一方、ビタミン摂取量の評価が自記式食事記録に基づく推計値のため精度が高くないことを、研究の限界点として挙げている。その上で、「横断研究であるため因果関係は不明だが、ビタミン不足は女性のQOLを低下させる可能性がある」と結論付けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年5月10日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。