• 緊急事態宣言で低下した身体活動量は宣言解除後も回復していない

     人々の身体活動が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴う緊急事態宣言によって減少し、宣言解除後も以前のレベルにまで回復していない実態が報告された。鹿児島大学医学部保健学科の牧迫飛雄馬氏らが、昨春の国内パンデミック第一波前後の変化を調べた研究結果であり、「International Journal of Environmental Research and Public Health」に4月30日、論文が掲載された。

     COVID-19のパンデミックとそれに伴う緊急事態宣言によって、人々の身体活動が減少したとするデータが多く報告されている。しかし、緊急事態宣言解除後に人々の身体活動がどの程度回復したのかについては、あまり調査が行われていない。

    COVID-19に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     牧迫氏らは「Yahoo!クラウドソーシング」のオンラインアンケートシステムを用い、2020年10月19~28日に国内在住40歳以上の成人を対象とする調査を実施。COVID-19出現前(2019年10月)、1回目の緊急事態宣言中(2020年4月)、宣言解除後(2020年10月)の身体活動の変化を検討した。なお、宣言解除後の身体活動についてはアンケート時点の活動状況を回答してもらい、前二者についてはそれぞれの時期の活動状況を思い出して答えてもらった。

     アンケートに回答したのは3,048人で、極端な身体活動時間(1日960分以上、または最大値が最小値の10倍以上など)を報告した回答や、身体活動に影響を及ぼし得る疾患(脳卒中、パーキンソン病、認知症、うつ病など)のある人を除外した1,986人(40~69歳)の回答を解析対象とした。身体活動レベルは、国際身体活動質問票(International Physical Activity Questionnaire;IPAQ)で評価した。また、「緊急事態宣言後に体力の低下を感じるか?」との質問の回答により、体力低下の自覚の有無を把握した。

     解析対象者の平均年齢は50.1±6.9歳で、38.9%が女性だった。また、重点的な感染拡大防止策が必要とされた特定警戒都道府県(東京、大阪、北海道など13都道府県)の居住者が71.2%を占めていた。

     身体活動時間は、COVID-19出現前の2019年10月が中央値355分/週(四分位範囲150~660)であったのに対して、緊急事態宣言中の2020年4月は同240分/週(80~540)と32.4%有意に減少し、宣言解除後の2020年10月も同300分/週(120~600)と15.5%有意に少ないままだった(いずれもP<0.001)。

     対象者の33.8%が体力低下を自覚していた。体力低下を自覚していた群は自覚していなかった群に比較して、女性の割合が高く、特定警戒都道府県の居住者が多かった。また、緊急事態宣言中の身体活動時間は、体力低下を自覚している群でより大きく減少していた〔270分/週(100~600)対180分/週(60~480)、P<0.01〕。COVID-19出現前および緊急事態宣言解除後については、体力低下の自覚の有無による身体活動時間の有意差はなかった。

     体力低下の自覚がない群ではCOVID-19出現前に比較して、緊急事態宣言中の身体活動時間が20.6%減少し、宣言解除後も11.8%少なかった。一方、体力低下を自覚している群では、緊急事態宣言中は50.5%減と半分以下に減少し、宣言解除後も25.0%少なかった(すべてP<0.01)。

     著者らはこの解析結果を解釈する際の留意点として、年齢や性別、収入などの交絡因子を調整していないこと、過去の身体活動を思い出し法で評価しているため正確でない可能性があること、体力変化の評価法が客観的手法でないことなどを挙げている。その上で、「緊急事態宣言下で日本人の身体活動は大きく減少し、特に体力低下を自覚した人で顕著に低下していた。また、緊急事態宣言解除後も、以前の身体活動レベルに戻ることが困難であることが示された」と結論付けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年6月7日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 交通事故の3割にドライバーの意識レベル低下が関与か――日本医大

     救急治療を要する負傷者が発生した交通事故の約3割に、運転中のドライバーの意識レベル低下が関与していた可能性が報告された。日本医科大学千葉北総病院ショック・外傷センターの小田有哉氏(現在の所属は神栖済生会病院)らの研究によるもので、詳細は「Acute Medicine and Surgery」に5月1日掲載された。意識レベル低下と関連する因子としては、過去の単独事故の履歴や高血圧などが有意である一方、年齢や性別は有意でないという。

     自動車運転中の意識レベル低下は、重大な交通事故につながりかねない。商用車に関してはドライバーの健康上の問題による事故が年間300件程度発生しているとの報告があるが、自家用車の事故とドライバーの健康問題の関連はあまり研究されておらず、運転中の意識レベル低下の事故への影響はほとんど分かっていない。そこで小田氏らは、交通事故による外傷のため同センターへ救急搬送されたドライバーを対象に以下の検討を行った。

    睡眠時無呼吸に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     2018年1年間の同センターの受け入れ患者2,721人のうち、自分が運転中の交通事故で搬送された患者の中から、死亡者や事故の詳細が不明の患者を除外し、193人を解析対象とした。ドライブレコーダーの画像、本人や同乗者または目撃者へのインタビューをもとに、58件が運転中の意識レベル低下が関与した事故と判定された。なお、同センターの受療歴があり、意識レベル低下の既往が複数の医師によって確認されている場合もこれに含めた。

     意識レベル低下が関与した事故と関与していない事故とでドライバーを比較すると、年齢や性別、重症度などには有意差がなかった。また、既往症のうち、心疾患、呼吸器疾患、腎疾患の有病率、および透析患者の割合は群間に有意差がなかった。糖尿病については、意識レベル低下が関与した可能性のある事故のドライバーで有病率がやや高かったが、群間差は統計的有意レベル未満だった(P=0.055)。

     一方、過去の単独事故や、てんかん、高血圧、および精神障害の有病率は、意識レベル低下が関与した可能性のある事故のドライバーの方が有意に高かった。ロジスティック回帰分析の結果、過去の単独事故〔オッズ比(OR)3.59、95%信頼区間1.76~7.34、P<0.001〕、高血圧(OR2.64、同1.13~6.15、P=0.0248)、精神障害(OR3.49、同1.08~11.3、P=0.0370)が有意な因子として抽出された。てんかんについては有意性が消失した。

     なお、ドライバー本人や目撃者の情報および検査所見から意識レベル低下の原因を推測すると、32.8%が居眠り、19.0%が急性アルコール中毒、13.8%が不明で、疾患関連では不整脈10.3%、感染症8.6%、てんかん6.9%などが上位を占めた。

     以上の結果について著者らは、「交通事故の前にドライバーの30.1%が意識レベルの低下を来していた。単独事故の履歴および高血圧と精神障害は、事故につながる意識レベルの低下に関連する因子だった」とまとめている。なお、高血圧と意識レベル低下との関連の背景について、高血圧患者は睡眠時無呼吸を併存していることが多く、その影響が考えられるとしている。また精神障害については、抗精神病薬の副作用の関与の可能性を指摘している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年6月7日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。