• みかんの匂いが分らないことが脳の萎縮と関連――福岡アイランドシティ研究

     みかんの匂いが分からないことと、記憶や感情にかかわる脳の内側側頭領域の萎縮が有意に関連しているというデータが報告された。福岡大学スポーツ科学部の古瀬裕次郎氏らの研究で、詳細は「BMC Geriatrics」に7月12日掲載された。

     パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患では嗅覚が低下することが知られており、また嗅覚障害は認知機能低下のリスクマーカーの一つとされている。しかし、健康診断では嗅覚検査が行われていないため、一般住民での嗅覚機能と身体機能、認知機能、脳萎縮との関連はほとんど分かっていない。このような背景から古瀬氏らは、福岡市の人工島であるアイランドシティの住民を対象とする疫学研究「福岡アイランドシティ研究」の一環として、以下の検討を行った。

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     研究対象者は、介護を要さず自立した生活を送っている63~85歳の地域住民44人(平均年齢72.4±5.7歳、男性14人)。日本の生活で嗅ぐ機会の多い12種類の匂い(バラ、木材、みかん、練乳、カレー、使用後の靴下など)の試薬を用いて嗅覚検査を行い、その結果と認知機能、身体機能、脳MRI検査の結果、および併存疾患(高血圧、糖尿病、脂質異常症)やうつレベルとの関連を検討した。

     嗅覚検査は、12種類の匂いを正しく判定できた数を合計スコアとして解析。また、個々の匂いを判定できたか否かでも、他の検査結果との関連を解析した。脳MRI検査では、記憶や感情にかかわる海馬や扁桃体、嗅内皮質が含まれる内側側頭領域と、脳全体の灰白質の萎縮(Zスコア)を評価した。認知機能は、認知症のスクリーニングで用いられる質問票などで評価し、身体機能については歩行速度、開眼片足立ちテストなどで評価した。

     嗅覚検査の合計スコアは12点満点中平均6.8±3.3点であり、性別による有意差はなかった(P=0.178)。個々の匂いに対する感度の性差については、木材(P=0.017)と練乳(P=0.031)は女性の方が高スコアだった。認知機能や身体機能、脳萎縮の程度に性差はなかった。

     次に、嗅覚検査の合計スコアを三分位に分けて、他の検査指標との関連を検討。その結果、認知機能検査のうち実行機能(TMT検査。スコアが高いほど実行機能が低いと判定される)は、嗅覚スコアの上位分位群の方が下位分位群よりも低い(実行機能が高い)という有意な傾向性が認められた。ただし、年齢と性別で調整すると、有意性が消失した。

     続いて、12種類の個々の匂いと、認知機能、身体機能、脳萎縮との関連を検討した。結果に影響を及ぼし得る因子(年齢、性別、BMI、高血圧、糖尿病、脂質異常症、うつレベル)で調整後、みかんの匂いが分らないことと、内側側頭領域の萎縮との有意な関連が見いだされた(β=-0.347、P<0.05)。

     そこで、みかんの匂いを識別できた14人と、識別できなかった30人とを比較すると、内側側頭領域の萎縮を除く全ての因子(年齢、性別、BMI、併存疾患、身体機能、認知機能、灰白質の萎縮)は、有意な群間差が見られなかった。一方、内側側頭領域萎縮のZスコアは、前者が0.59±0.40、後者は0.85±0.37で、みかんの匂いを識別できなかった群の方が、萎縮が大きかった(P=0.039)。前記と同様の因子で調整後もこの関係は引き続き有意だった(P=0.0498)。

     著者らは本研究を行うに当たって既報に基づき、嗅覚機能の低下が身体機能や認知機能の低下と関連しているとの仮説を立てていた。結果は、内側側頭領域の萎縮との関連のみが有意であり、既報とは異なるものとなった。その理由について著者らは、本研究の対象が既報の研究(77.4±8.5歳)よりも若い集団であったためではないかと考察している。

     また、12種類の匂いの中で、みかんの匂いのみが内側側頭領域の萎縮と関連していたことの理由は不明としながらも、「みかんは日本人の身近な食べ物であり、その匂いを識別できないことが嗅覚の低下と内側側頭領域の萎縮の早期発見に役立つ可能性がある」と述べている。

    軽度認知障害(MCI)のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    軽度認知障害を予防し認知症への移行を防ぐためには早期発見、早期予防が重要なポイントとなります。そこで、今回は認知症や軽度認知障害(MCI)を早期発見できる認知度簡易セルフチェックをご紹介します。

    軽度認知障害(MCI)のリスクをセルフチェックしてみよう!

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年8月10日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 緑地の存在が自殺リスクの低さと関連――初の全国調査

     日本国内の全ての市区町村の公園や森林などの緑地と、自殺による死亡率との関連を解析した研究結果が報告され、緑地の存在が近隣住民の自殺リスクの低下につながっている可能性が示された。早稲田大学政治経済学術院の上田路子氏らの研究によるもので、詳細は「Social Science & Medicine」8月号に掲載された。

     緑地の多さがその地域に住む人々のメンタルヘルスに良い影響を与えている可能性を指摘した研究報告は少なくない。しかし、緑地の多さと自殺との関連は十分検討されていない。これを背景として上田氏らは1975年までデータを遡り、緑地と自殺リスクとの関連に関する初の全国調査を行った。

    メンタルヘルスに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     調査対象は、国内の全ての市区町村(合併などによる境界線の変化を考慮に入れた2015年の情報に基づく1,741)。政府統計に基づき、大都市(43)、中小都市(790)、農村(908)に分類。市区町村の規模により影響は異なる可能性があることから、それぞれの分類ごとに、性別・年齢層別に緑地の多さと自殺による死亡率との関連を比較検討した。分析には国勢調査の実施に合わせて1980年から2010年までの10年ごとのデータを用いた。

     緑地の多さの評価には、農林水産省などのデータに基づき全ての自然/人工公園8万4,370カ所と森林について、各調査年につき市区町村ごとに人口当たりの数と面積を算出し変数として用いた。自殺による死亡率は、厚生労働省のデータに基づき、市区町村ごとに人口10万人当たり調査年を中心とした10年間の平均値を算出し(例えば1980年のデータには1975~1984年の平均値を使用)、その対数変換した値を分析に用いた。なお、18歳未満、外国人または国外で死亡した日本人、死亡場所の情報がない人のデータは解析から除外した。

     解析に際しては、自殺リスクに影響を及ぼし得る以下の要因を調整した。人口密度、産業構造(第一・二次・三次産業の人口比)、収入(1人当たりの税収)、失業率、および人口当たりの単身世帯数、離婚・結婚件数、居住外国人数、精神科病院数。また、市区町村および各調査年に固有の要因の影響も調整した。

     1975~2014年の自殺による死亡者数は、88万6,440人であった。自殺による死亡率の全体的な傾向として、日本の北東部と南西部で高く、男性は女性より高かった。緑地の多さと自殺死亡者率との間には、以下のような有意な関連が存在した。

     まず、大都市では、人口当たりの公園の数が多いほど、65歳以上の女性の自殺死亡者率(人口10万人当たり死亡率の対数変換値)が低かった(係数-1.24±0.19、P<0.001)。推計結果は人口当たりの公園の数が1標準偏差分多いごとに、当該グループの自殺死亡者率が約24.8%少ない傾向にあり、10万人当たり自殺死亡者数は8.1人少ないことを示唆している。そのほかにも、18~39歳の男性(-0.51±0.18、P<0.01)、同女性(-0.62±0.18、P<0.001)、40~64歳の女性(-0.39±0.20、P<0.05)、65歳以上の男性(-0.64±0.22、P<0.01)で、人口当たりの公園の数と自殺死亡者率の低さの有意な関連が認められた。一方、公園や森林の面積とは有意な関連がなかった。

     続いて中小都市では、公園の面積の広さが、40~64歳の女性(-4.19±1.97、P<0.05)、65歳以上の女性(-5.08±1.37、P<0.001)の自殺死亡者率の低さと有意に関連し、人口当たりの公園の多さは65歳以上の男性(-0.07±0.03、P<0.05)の自殺死亡者率の低さと有意に関連していた。森林の面積とは有意な関連がなかった。

     農村では、公園の面積や人口当たりの公園の数は、自殺死亡者率との間に有意な関連がない一方で、森林の面積の広さが自殺死亡者率の低さと関連していた。具体的には、65歳以上の男性の自殺死亡者率については森林面積が有意に負の関係にあった(-3.44±1.73、P<0.05)。これは人口当たりの森林面積が1標準偏差分多いごとに、自殺死亡者率が約5.5%低下して、10年で10万人当たり14.9人減少することを意味する。また、40~64歳の男性も森林面積の広さが自殺死亡者率の低さと有意に関連していた(-3.32±1.35、P<0.05)。

     著者らは、「都市部の公園と農村の森林は自殺死亡率に対する保護効果があるようだ」と結論付けるとともに、本研究では検討対象に含めなかった未成年者について今後の研究が必要としている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年8月10日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。