• サルコペニア予防に筋トレ+必須アミノ酸+茶カテキンを

     高齢者のサルコペニアの予防に筋力トレーニングが推奨されているが、必須アミノ酸と茶カテキンの摂取を追加すると、より大きなメリットを得られる可能性を示唆するデータが報告された。骨格筋量の増大に加えてバランス力も向上できる可能性が示唆されたという。徳島大学先端酵素学研究所の森博康氏らの研究によるもので、詳細は「Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition」6月号に掲載された。

     加齢や疾患などで筋肉量減少や筋力低下が生じる「サルコペニア」は、要介護状態につながりやすく、効果的な予防・改善策の模索が続けられている。これまでのところ、筋力トレーニングに一定の効果があることが示されているが、栄養介入の有効性を示すエビデンスは十分でない。

    サルコペニアに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     こうした中、体内で作ることができないために食事からの摂取が欠かせない必須アミノ酸、特に筋タンパク質の合成を促すロイシンの重要性を示す報告が増えている。また、緑茶の渋みの成分である茶カテキンは、ミトコンドリアの機能を高めて加齢による筋委縮を抑制することが動物実験で示されている。ただし、ヒトを対象とした研究は少なく、これらの摂取によって高齢者のサルコペニアを予防し得るかは明らかでない。森氏らは一般高齢者を対象とする研究により、筋力トレーニングに加えて必須アミノ酸や茶カテキンを摂取した場合の有効性を検討した。

     研究の対象は、兵庫県在住の高齢者から募集された、サルコペニアや糖尿病、慢性腎臓病でない84人。無作為に以下の3群に分け、非盲検下で24週間介入し、筋肉量や筋力、バランス力、生活の質(QOL)などの変化を検討した。

     筋力トレーニング群(Ex群)は、1回1時間の筋力トレーニング指導を週に2回実施した。他の2群にもこの筋力トレーニングを指導した上で、必須アミノ酸群(Ex+AA群)はロイシンが高配合された必須アミノ酸試験食を、トレーニング終了後30分以内に摂取してもらった。さらに残りの1群(Ex+AA+TC群)には、高濃度茶カテキン試験食も同時に摂取してもらった。

     ベースラインにおいて3群間で、年齢、男女比、BMI、ふくらはぎ周囲長、栄養状態(MNA-SFスコア)、1日の歩数に有意差はなかった。また、介入期間中は、筋肉量や筋力に影響を及ぼし得るタンパク質の摂取量が、全群とも1.2g/kg/日以上となるように管理栄養士による食事管理が行われた。ベースライン時および介入終了時の食事調査の結果、摂取エネルギー量およびタンパク質摂取量に、有意な群間差は認められなかった。

     24週間の介入によって、ベースライン時から以下の有意な変化が認められた。

     まず、筋力トレーニングのみを行ったEx群では、握力(P=0.007)、膝伸展力(P=0.017)、歩行速度(P=0.012)、および身体的QOL(P=0.016)が有意に向上していた。

     必須アミノ酸摂取を追加したEx+AA群ではEx群と同様、握力(P=0.019)、膝伸展力(P=0.020)、歩行速度(P=0.002)、身体的QOL(P=0.041)が有意に向上し、さらに四肢の筋肉量を表す筋骨格指数(SMI)も有意に向上していた(P=0.014)。

     茶カテキン摂取も追加したEx+AA+TC群では、Ex+AA群と同様、握力(P=0.038)、膝伸展力(P=0.013)、歩行速度(P=0.008)、身体的QOL(P=0.020)、SMI(P=0.004)が有意に向上し、さらにバランス力を表す片足立ち持続時間も有意に伸びていた(P=0.045)。しかし、介入後のSMI、握力、膝伸展力、歩行速度、バランス力、身体的QOLの変化率をEx群、Ex+AA群、Ex+AA+TC群で比較検討したが、3群間で有意な差を認めなかった。

     精神的QOLについては3群とも有意な変化が見られなかった。

     著者らは、「健常な高齢者を対象に筋力トレーニング後の必須アミノ酸や茶カテキン摂取による、サルコペニア予防における上乗せ効果を検証した。特に、茶カテキン摂取は、バランス力の向上に寄与できる可能性が示唆された。一方、筋力トレーニングのみではSMIの有意な上昇は見られなかった」と結論付けている。なお、国内で市販されている緑茶飲料の茶カテキン含有量は、1杯(120mL)当たり約80mgとのことだ。本研究で使用された高濃度茶カテキン試験食には、市販の緑茶飲料の6~7倍の茶カテキンが含有されている。

    軽度認知障害(MCI)のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    軽度認知障害を予防し認知症への移行を防ぐためには早期発見、早期予防が重要なポイントとなります。そこで、今回は認知症や軽度認知障害(MCI)を早期発見できる認知度簡易セルフチェックをご紹介します。

    軽度認知障害(MCI)のリスクをセルフチェックしてみよう!

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年8月23日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 禁煙のメリットは体重が増えても相殺されない――JPHC研究

     禁煙後に体重が増えたとしてもその増加幅が5kg以内なら、喫煙を続けた人よりも循環器疾患の発症リスクが有意に低下することを示唆するデータが報告された。国立がん研究センターなどによる多目的コホート研究(JPHC研究)によるもので、詳細は「Heart」に6月2日掲載された。なるべく若いうちに禁煙した方が、より大きなメリットを得られることを示すデータも得られた。

     禁煙が循環器疾患の予防にとって重要であることは、多くの研究から明らかになっている。一方で、禁煙によって体重が増えてしまうことがある。体重の増加は循環器疾患のリスク因子の一つであり、せっかくの禁煙の効果を相殺してしまうことも考えられる。しかし、禁煙後の体重増加が、実際に禁煙のメリットを弱めるのかどうかは、よく分かっていなかった。

    循環器疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     今回発表された研究の対象は、1990年と1993年に、岩手県二戸、長野県佐久、茨城県水戸、高知県中央東、沖縄県宮古などの9保健所管内に居住していて、研究開始時と開始5年後の調査時にがんや循環器疾患の既往がなかった45~74歳の男女6万9,910人。中央値14.8年追跡し、喫煙状況と、体重増加、循環器疾患発症との関連を検討した。

     研究開始時と5年後のアンケートの回答結果から、対象者全体を喫煙状況により下記の4群に分類した。研究開始時と5年後ともに喫煙している「喫煙者」、過去に喫煙していたが研究開始時と5年後ともに喫煙していない「長期禁煙者」、過去から研究開始5年後にかけて喫煙したことがない「非喫煙者」、研究開始時に喫煙していて5年後には禁煙していた「新規禁煙者」。また、新規禁煙者についてはさらに、禁煙後の体重増加なし、0.1~5.0kg増加、5.1kg以上増加の3群に分類した。

     追跡期間中に、4,023人が循環器疾患(虚血性心疾患889人、脳卒中3,217人)を発症した。循環器疾患発症リスクに影響を及ぼし得る因子(年齢、性別、BMI、飲酒・身体活動習慣、糖尿病既往、血糖降下薬・降圧薬・コレステロール低下薬の服用、摂取エネルギー量、大豆・野菜・果物・魚・肉類・乳製品の摂取量、ビタミンサプリメントの摂取、循環器疾患の家族歴、居住地域)を統計学的に調整し、それらの影響をできるだけ取り除いた上で、喫煙者を基準としてその他の群の循環器疾患発症リスクを解析した。

     その結果、長期禁煙者の循環器疾患発症ハザード比(HR)は0.56(95%信頼区間0.49~0.64)、非喫煙者はHR0.60(0.55~0.66)で、いずれも喫煙者よりリスクが有意に低かった。また新規禁煙者でも、禁煙後に体重が増加していない群はHR0.66(同0.52~0.83)、体重増加幅が0.1~5.0kgの群はHR0.71(同0.55~0.90)と、喫煙者よりリスクが有意に低かった。体重増加幅が5.1kg以上の群はHR0.70(0.44~1.10)であり喫煙者のリスクと有意差がなかったが、研究グループは、この条件の該当者数が少ないために統計学的有意差に至らなかったと説明している。

     このほかに年齢層別の解析からは、60歳未満の新規禁煙者は60歳以上の新規禁煙者よりも、循環器疾患のリスクがより低いことが分かった。これらの結果は、先行研究で示されたデータと一致するものだという。

     以上より著者らは、「喫煙を続けた場合に比べて禁煙することは、その後の循環器疾患発症リスクが低いことと関連していた。また、より若い時期での禁煙によるリスク軽減効果が大きいことが示された」とまとめている。

    肺がんのセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    肺がんは初期の自覚症状が少ないからこそ、セルフチェックで早めにリスクを確かめておくことが大切です。セルフチェックリストを使って、肺がんにかかりやすい環境や生活習慣のチェック、症状のチェックをしていきましょう。

    肺がんのリスクを症状と生活習慣からセルフチェック!

    参考情報:リンク先1リンク先2
    HealthDay News 2021年8月23日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。