• ドライアイの女性は老眼になりやすい?――慶大

     ドライアイの女性は老眼になりやすい可能性を示唆するデータが報告された。慶應義塾大学医学部眼科の綾木雅彦氏、根岸一乃氏らの研究によるもので、詳細は「BioMed Research International」に1月28日掲載された。眼の表面の涙の膜の安定性が低い女性はそうでない女性よりも、水晶体の厚さの調節力が有意に低いという。一方、男性ではそのような関係が見られないとのことだ。

     眼は水晶体(眼のレンズ)の厚さを変えることで、瞳孔から入った光の屈折を調節し、網膜にピントを合わせている。ところが、加齢とともに水晶体の柔軟性が徐々に失われるため、ピントを合わせられる範囲が狭くなる。これが老眼であり、このような変化に伴い近くのものが見にくくなるほかに、眼精疲労などが起きやすくなる。一方、ドライアイは、涙の量が少ないことや、涙の膜の安定性が悪いために、眼の表面(角膜や結膜)が乾燥しやすくなる病気であり、眼精疲労のほかに眼の痛みや視力の低下などが自覚される。

    ドライアイに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     ドライアイも老眼同様に加齢とともに増加するため、両者が視機能や自覚症状に互いに影響を及ぼす可能性があるが、それを検証した研究はこれまで行われていない。このような背景のもと綾木氏らは、ドライアイと老眼との関連を横断的に検討した。

     研究対象は、つくばセントラル病院眼科、および、おおたけ眼科つきみ野医院(神奈川県)の外来ドライアイ患者のうち、年齢40~69歳で、左右ともに有水晶体眼(白内障手術を受けていない眼)、矯正視力が20/30(小数点視力で0.7弱)以上の1,411人(平均年齢50.6歳、女性75.3%)。緑内障や白内障の患者、および視力に影響を及ぼし得るその他の疾患や、最近の眼科手術既往者は除外されている。

     老眼は、遠見視力と近見視力の双方が20/25(小数点視力で0.8)以上に到達するための「加入度数」という指標で評価。ドライアイは、開眼後に眼の表面の涙の層が失われる部分が生じるまでの時間である「涙液層破壊時間(BUT)」や、下の瞼にろ紙を挟み、涙で湿った長さで涙液分泌量を把握する「シルマーテスト」などで評価した。そのほかに、自覚症状のアンケートを行った。

     BUTは1,030人で測定されていた。女性の36.2%、男性の17.3%が3秒未満で涙液層が途切れ、女性の方が有意にBUT短縮型ドライアイが多かった(P<0.001)。一方、シルマーテストの値は性別による有意差がなかった。アンケートでは、乾燥感、痛み、まぶしさ、眼精疲労など6項目の評価指標の全てについて女性の訴えの方が強く、性別による有意差が認められた。

     続いて、加入度数が+3.00ディオプター以上を老眼と定義し、BUT3秒未満と以上とに二分して、カプランマイヤー法で加齢と老眼の関連を検討。その結果、女性ではBUT3秒未満の群は老眼の進行が有意に速いことが明らかになった(P=0.043)。一方、男性ではBUTが短いことと老眼の進行の速さとの間に関連は認められなかった(P=0.759)。

     女性では、ドライアイが老眼の進行に影響を及ぼす可能性が示されたことに関連して、著者らは、ドライアイによって水晶体の厚さを調節する毛様体の筋肉の痙攣が引き起こされるという報告に着目。「毛様体の筋肉の痙攣が屈折調節機能の低下につながるのではないか」と、ドライアイと老眼の関連のメカニズムを考察している。また、男性でこの関連が有意でなかったことについては、「女性に比べてサンプル数が少なかったことに加えて、BUT短縮型ドライアイの割合が低かったことも、結果に影響を及ぼしたと考えられる」と述べている。

     著者らは結論として、「BUTが短い女性ドライアイ患者では、老眼の進行が速いことが示唆された。今後は、水晶体の厚さや眼軸長などの眼局所のパラメーター、および、併存疾患などの全身因子も考慮に入れた上で、ドライアイと調節機能との関連の検討が望まれる」とまとめている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2022年4月4日
    Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved. Photo Credit: Adobe Stock
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • COVID-19入院中のせん妄が死亡率と有意に関連――近畿中央呼吸器センター

     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者のせん妄の発症率、リスク因子、および転帰との関連が報告された。国立病院機構近畿中央呼吸器センターの倉原優氏らの研究によるもので、詳細は「Internal Medicine」に2月26日掲載された。COVID-19入院中のせん妄発症は、院内死亡率に独立して関連しているという。

     せん妄は一過性の意識障害で入院中に発症しやすく、特に高齢者に多い。入院中のせん妄は一般に、入院期間の延長や予後の悪化と関連することが知られている。ただし、COVID-19での入院時のせん妄の実態はまだよく分かっていないことから、倉原氏らは以下の研究を行った。

    COVID-19に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     解析対象は、COVID-19のため2020年4月~2021年9月に、同院に入院した全患者、連続600人〔年齢中央値61.0歳(四分位範囲49.0~77.0)、女性37.3%〕。ICU入室、機械的人工換気、体外式膜型人工肺(ECMO)のいずれかを要した場合、あるいはCOVID-19によって死亡した場合に「重症COVID-19」と定義した。また、せん妄の発症は、米国精神神経医学会の疾患診断基準(DSM-5)または医師の臨床判断に基づいて判定した。なお、同院の医師の9割以上が、緩和ケア継続教育プログラムを修了しており、全看護師が多職種せん妄対応プログラムを修了している。

     入院中にせん妄を発症した患者は、61人(10.2%)だった。そのうち95.1%に当たる58人は入院第1週にせん妄を発症し、他の3人は第2週に発症していた。せん妄を発症した患者は非発症患者に比べて、高齢で〔年齢中央値84.0歳(四分位範囲77.5~88.0)対56歳(同49.0~74.0)、P<0.01〕、心血管疾患、認知症、慢性腎臓病の既往者が多く、またCOVID-19が重症の定義に当てはまる割合(32.8%対11.3%)が高かった(すべてP<0.01)。一方、高血圧や糖尿病の有病率は有意差がなく、また性別(男女比)も有意差がなかった。

     検査データ関連では、炎症マーカー(CRP)や凝固マーカー(D-ダイマー)、および乳酸脱水素酵素(LDH)がせん妄を発症した患者で高く、有意差が認められた。治療内容に関しては、酸素投与(65.6%対53.6%、P=0.012)、呼吸困難に対するモルヒネ投与(14.8%対0.4%、P<0.01)の施行率が、せん妄発症患者で高かった。ステロイド投与や機械的人工換気の施行は、有意な差がなかった。また、せん妄を発症した患者は入院期間〔中央値18日(四分位範囲12~23)対11日(10~15)〕が長く、院内死亡率(24.6%対1.6%)が高かった(いずれもP<0.01)。

     多変量解析(強制投入法とステップワイズ法)の結果、せん妄の発症に独立して関連する因子として、高齢〔1歳ごとにオッズ比(OR)1.092~1.120〕、重症COVID-19(OR3.937~4.497)、認知症(OR5.279~8.046)、およびLDH高値(10IU/LごとにOR1.046~1.057)が抽出された。また、せん妄の発症は院内死亡率と独立して関連していた〔変数増減法でOR3.476(95%信頼区間1.105~11.900)、P=0.047〕。

     著者らは、「COVID-19入院患者でのせん妄発症率は高く、また転帰不良と関連している。パンデミック中に全てのCOVID-19患者に対して手厚いケアを行うことは困難だが、せん妄のリスクを認識して最適な管理を目指す必要があるだろう」と結論付けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2022年4月4日
    Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved. Photo Credit: Adobe Stock
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。