• AIとの会話がパーキンソン病患者の笑顔を増やす

     人工知能(AI)を用いた自動会話システム(チャットボット)との会話によって、パーキンソン病患者の笑顔が増えたり、発語障害が改善する可能性が報告された。順天堂大学大学院医学研究科神経内科の服部信孝氏、大山彦光氏らの研究によるもので、研究成果が「Parkinsonism & Related Disorders」に5月4日、短報として掲載された。

     パーキンソン病は、神経伝達物質の一つであるドパミンが減って、運動機能が障害される病気。顔の筋肉も影響を受けるため、笑顔が減ったり発語しにくくなったりすることがあり、パーキンソン病の重症度や治療効果を評価する指標にもなっている。

    パーキンソン病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     これらの症状に対して発語訓練などのリハビリテーションが行われるが、その機会が十分提供されているとは言えず、患者のニーズを満たせていない。大山氏らは、遠隔医療とテクノロジーがそのニーズを満たす手段となり得るのではないかと考え、自動音声認識・言語処理システム、およびAIを利用して、患者と自動的に会話するチャットボットを開発し、以下の検討を行った。

     研究参加者は順天堂医院の外来に通院しているパーキンソン病患者から、年齢が20~80歳で日本語を母国語としていることを条件に抽出した20人。認知機能障害(MMSEが20点未満)や自動音声認識システムで認識できない発語障害のある患者は含まれていない。

     まず、20人全員にトライアル期間として、チャットボットによる会話を毎日、5カ月間にわたって続けてもらった。会話の内容は、症状に関することだけでなく、病気とは無関係の事柄(例えば趣味や好きな食べ物、日常生活での出来事など)を含め、毎日5つ以上のトピックを目安とした。このトライアル期間中、主治医との遠隔での面談が週に1回のペースで続けられた。チャットボットで交わされた会話の内容は自動でレポートが生成され、主治医はそれを閲覧することができた。なお、処方の変更などの臨床判断は、遠隔面談とは別の機会に行われた。

     続いて全体を無作為に1対1で2群に分け、1群には引き続きチャットボットでの毎日の会話と週に1回の主治医との面談を5カ月間継続。他の1群には週に1回の主治医との面談のみを5カ月間継続した。介入効果は、笑顔の表情の変化の程度や持続時間などを自動判定する「笑顔度」という指標で評価した。また、会話の間を埋める「つなぎ言葉」(えー、あー、など)をカウントして会話の流暢さを評価したほか、運動機能や認知機能、生活の質(QOL)の変化も検討した。

     解析の結果、トライアル期間も含めて計10カ月間の介入を行った群で、笑顔度の有意な改善が認められた(反復測定分散分析による時間と群間の交互作用が、笑顔の頻度はP=0.02、最大持続時間はP=0.04)。また、つなぎ言葉の頻度は、介入群は8.6%減少し、非介入群は22.8%増加していた(P=0.04)。

     一方、運動機能や認知機能、うつレベル、QOLには有意な影響が認められなかった。ただし、探索的分析から、笑顔度の上昇やつなぎ言葉の減少と、認知機能や運動機能、精神症状の改善とが有意に相関することが明らかになった。

     これらの結果から著者らは、「AIによるチャットボットを利用した遠隔医療によって、医療従事者の直接的な介入時間を増やすことなく、パーキンソン病患者の笑顔と会話を増やせる可能性がある。また、自動解析システムを用いることで、医師の診察時には把握することができないような、病状のわずかな変化も見いだすことができるのではないか」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2022年7月4日
    Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved. Photo Credit: Adobe Stock
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 腎機能障害がCOVID-19重症化に独立して関連――国内多施設共同研究

     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による入院時に腎機能障害を有することが、COVID-19重症化リスクと独立して有意に関連していることが国内の研究から明らかになった。横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター内科の佐藤亮佑氏、松澤泰志氏、同大学大学院医学研究科循環器・腎臓・高血圧内科学の田村功一氏らによる多施設共同研究の結果であり、詳細は「Clinical and Experimental Nephrology」に6月3日掲載された。

     肺炎や尿路感染症などの感染症での入院時には、腎機能障害が予後に関連していることが既に知られている。ただしCOVID-19入院患者での腎機能と予後との関連は不明。松澤氏らはこの点について、国内8病院の入院患者のデータを遡及的に解析した。

    COVID-19に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     解析対象は、2020年2月5日から同年末までのCOVID-19入院患者のうち、解析に必要なデータの欠落がない500人(平均年齢51±19歳、男性61.2%)。推算糸球体濾過量(eGFR)60mL/分/1.73m2未満または尿蛋白1+以上を腎機能障害と定義すると、171人(34.2%)が該当した。重症化リスクは、院内死亡、体外式膜型人工肺(ECMO)や人工呼吸管理(侵襲的または非侵襲的)による治療、ICU入室で構成される複合エンドポイントの発生率で評価した。

     複合エンドポイント発生率は全体で12.0%であり、腎機能障害を有する群の方が有意に高かった(25.2対5.2%、P<0.0001)。エンドポイントを個別に見ても、院内死亡(12.3対1.2%)、人工呼吸管理(13.5対4.0%)、ICU入室(18.1対5.2%)は、腎機能障害を有する群の発生率が有意に高かった(いずれもP<0.0001)。ECMO施行の群間差は有意水準に至らなかった(2.9対0.9%、P=0.09)。

     eGFRで層別化して解析すると、腎機能が高度に低下しているほど複合エンドポイント発生率が高いことが分かった(eGFR60以上で8.3%、45~59は20.7%、45未満は32.6%、P<0.0001)。尿蛋白レベルで層別化した場合も結果は同様だった(尿蛋白陰性または±で6.9%、1+以上では29.3%、P<0.0001)。

     多変量ロジスティック回帰分析で、予後に影響を与え得る因子(年齢、性別、高血圧・糖尿病・脳血管疾患・心血管疾患・慢性閉塞性肺疾患の既往、免疫抑制状態、血清アルブミン、CRP)を調整後、入院時の腎機能障害がCOVID-19重症化に有意かつ独立して関連していることが明らかになった〔オッズ比(OR)2.35(95%信頼区間1.14~4.86)、P=0.02)〕。

     腎機能障害のほかには、年齢〔65歳以上でOR2.84(同1.33~6.05)、P=0.007〕、CRP〔1mg/dL当たりOR1.13(同1.06~1.20)、P=0.0001〕がそれぞれ重症化に有意に関連していた。一方、血清アルブミン〔1g/dL当たりOR0.34(同0.16~0.71)、P=0.004〕は有意な負の関連因子だった。

     著者らによると、本研究はCOVID-19入院患者の短期予後予測マーカーとしての腎機能障害の有用性を示した国内初の研究という。腎機能障害が交絡因子を調整後もCOVID-19重症化と関連していることが明らかになったことから、「COVID-19による入院時の腎機能障害は、重症化リスクの層別化に役立つと考えられる。併存疾患や検査所見にかかわりなく、腎機能障害のあるCOVID-19患者の治療には注意を要する。また、腎機能障害の早期発見と適切な治療戦略によって、COVID-19患者の予後改善につながる可能性がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2022年7月4日
    Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved. Photo Credit: Adobe Stock
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。