意外と知らない?人工授精について詳しくご説明します

人工授精について

不妊治療の1つである人工授精の方法、スケジュール等、意外に知られていない流れを詳しく解説すると共に、人工授精の成功率やリスクについて説明していきます。
  1. 1. はじめに
  2. 2. 人工授精とは
  3. 3. 人工授精の方法とそのスケジュールとは
  4. 4. 人工授精の費用
  5. 5. 人工授精の授精率
  6. 6. 人工授精のリスク
  7. 7. まとめ

はじめに

自然妊娠で子供を授かれるのが一番の理想ですが、晩婚化等の影響で不妊に悩む夫婦が増えています。

そして不妊治療のタイミング法で上手くいかなかった時に選択される治療が人工授精ですが、具体的にどんな治療を行うのかを知っていますか?

今回は人工授精とはどんな治療なのかを詳しく説明していきます。

不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

人工授精とは

人工授精は予め男性から採取した精子を直接子宮の中に注射器で注入して妊娠を手助けする不妊治療の1つです。

自然妊娠が難しい場合、人工授精をして人工的に妊娠する確率っを上げます。

この方法は排卵に合わせて行うので最高のタイミングを図る必要があるんです。

人工授精の方法とスケジュールとは

人工授精の目的は精子の移動距離を短くして卵子のある卵管に1つでも多くの精子を到達されて授精に繋げる事です。

対象になる方は次の通りです。
  • 子宮頚管粘膜不全‥排卵期なのに子宮頚管粘液の分泌量が少ない等の症状
  • 男性不妊‥精子の数が少ない等、軽度の不妊
  • その他‥夫婦間の問題た原因不明の不妊等

人工授精が決まってからのスケジュールは生理が始まった日から換算します。

1.人工授精の準備
人工授精を行う時は様々な検査を事前に行って人工授精を行う日を決めていきます。

女性は基礎体温、子宮頚管粘膜検査、超音波検査等から排卵日を導き出します。

男性は人工授精が確定してから実施する5日前から禁欲する必要があります。

2.人工授精前日の準備
人工授精するとスケジュールで決定したら前日は禁酒、禁煙、禁欲、早寝、長時間の入浴を避ける等、生活に気を付けましょう。
特にお酒とタバコは人工授精しようと思ったら止めるのがベストな選択です。

また人工授精するからと思うのではなく、普段から生活習慣を整えておけば、いざという時に慌てなくて済みますし、規則正しい生活を贈るようにすると妊娠しやすい身体になりますので、日頃から整えておきましょう。

前日はリラックスをして過ごすようにすると尚良いですよ。

3.人工授精当日
検査データ等から算出した人工授精する日に先ずは男性から精液を採取します。

精液の採取は病院で行う他に、家で採取して専用の容器に入れて病院に持参する方法があります。

仕事の都合等もあるでしょうから事前に医師と相談しておくと良いでしょう。

精液を採取すると精液率や奇形率を測定します。

この結果に基づいて授精率を高める為に精液を洗浄して濃縮します。

以前は原液のまま注入していましたが、雑菌による卵管炎や精液に含まれるプロスタグランジンという物質が子宮の収縮を促してしまうので先に不純物を取り除いて妊娠率を高める為に洗浄する病院が多いです。

そして濃縮した精液を人工授精専用の柔らかいカテーテルを使って注入します。

注入は5分程で終わりますが、一連の処置が終わるまで1~2時間位要します。

注入後は30分位骨盤を高くして安静にし、感染予防の為の抗生剤を投与して終了です。

不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

4.人工授精した後の経過
人工授精した後も基礎体温は忘れずに測定しましょう。

高温期が2~3週間続くと妊娠している可能性が高いです。

人工授精は1回で成功するとは限りませんが一般的に5回位は試せるので一度失敗しても気持ちを切り替えて次に望みを託しましょう。

ただし、夫婦の年齢や母体の状態によって回数は変わります。

人工授精の費用

不妊治療って聞くと凄くお金がかかるイメージを抱いている方も多いと思います。
では具体的にどれくらいかかるのでしょうか?

先ずは人工授精をする為に前もって行う検査ですが、これは病院によって多少の違いがあります。
検査項目は基本的なもので女性が12項目、男性が2項目です。
ただ、女性の場合は特にその人の状態によってどの検査を行うかが異なりますので多少受ける検査の量は前後します。
これらの検査のほとんどは保険が適用されますので1~2万程度で収まる病院が多いです。
そして人工授精ですが、こちらは健康保険適用の適用外になってしまうので実費になっていまいます。
病院によって異なりますが、1回当たり15000円から20000円位かかります。
つまり、人工授精を5回受けると単純計算で増額は75000円から10万円位ですね。
因みに人工授精で授かれなった場合、体外授精に治療が移行されますが、体外授精の場合、1回にかかる費用は40万から80万と一気に金額が跳ね上がります。

人工授精の授精率

人工授精の成功率は5~10%と決して高い数字ではありません。人しようと工授必要な方の場合。人工授精でなければ、つまり自然に妊娠しようと思っても更に可能性は低くなってしまうんですね。

例えば3年間不妊の夫婦がタイミング法を行った場合、1周期につき、成功率はたったの2%しかないんです。

要は3年以上不妊の場合はタイミングだけでは妊娠する事が非常に困難なんですね。

そこから結論を導き出すと5~10%という数字は希望が持てる数値ではないでしょうか。

人工授精のリスク

人工授精は精液を直接注入しますが、身体を切開するような治療ではないので多くの病院では痛みや出血がないとされています。

しかし、人工的にカテーテルを挿入して精液を注入されるのでどうしてもリスクはあるんですね。

では、どんなリスクがあるのでしょうか。

子宮収縮による痛み
精液を注入する時、2つの方法があります。

  • 採取した精液を原液のまま注入する方法
  • 採取した精液を洗浄し、選別してから注入する方法

ここでポイントになるのは原液のまま注入した場合、精液の成分もそのまま子宮内に入ってしまう事です。

精液に含まれているプロスタグランジンという物質が子宮の痙攣を引き起こしてしまって強い痛みを感じる事になってしまうんですね。

一方、洗浄しているとプロスタグランジンも取り除かれて子宮内に注入するので子宮収縮は起こりにくいです。

カテーテル挿入による痛みや出血
カテーテルを挿入するという事は異物を体内に入れるという事になります。

その際に痛みに敏感な人はカテーテルが擦れる事で痛みや圧迫感を感じてしまうんです。

またカテーテルと子宮頚管の摩擦で出血が数日続く事があります。

上記の他に、人工授精が終わると暫くしてから人工授精の副作用で痛みを感じる事もあります。

人工授精では排卵のタイミングに合わせて精子を注入するので排卵誘発剤を使用して排卵をコントロールします。

この排卵誘発剤は卵巣が腫れる副作用がありますので、人工授精が終わった後に生理痛のような痛みを感じる事もあります。

まとめ

今回は人工授精について詳しく解説してきました。
人工授精は排卵に合わせて人工的に精液を注入するのでタイミングが非常に大事になります。
不妊治療や人工授精をすると決まったら普段の生活を改善して規則正しい生活を心がけましょう。

特にお酒やタバコは妊活の妨げにもなりますが、妊娠すればお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすので止める断ち切りましょう。

人工授精の費用は一通りの検査で約1~2万、人工授精は健康保険が適用されないので15000円から20000円は見ておいた方が無難でしょう。

人工授精を行うのは勇気がいるとは思いますが自然妊娠できない夫婦の希望の光ですので、夫婦二人三脚で、でも費用がかかる事なので夫婦でしっかり話し合いながら進めるようにして下さいね。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。