女性の喫煙本数と心理的苦痛が有意に関連――奈良県立医大

 タバコを吸う女性は吸わない女性より心理的苦痛を強く感じていて、さらに喫煙本数が多い女性ほどその傾向が強いことを示すデータが報告された。一方、男性ではこのような関連は見られないという。奈良県立医科大学県民健康増進支援センターの冨岡公子氏らの研究によるもので、詳細は「Harm Reduction Journal」に3月4日掲載された。

 喫煙は修正可能な早期死亡の最大のリスク因子であるとともに、不安やうつなどの心理的苦痛の高さと関連することが知られている。ただしこの関連における性差や年齢の影響については十分検討されていない。そこで冨岡氏らは、厚生労働省「国民生活基礎調査」の匿名データを用いて、この点を検討した。

禁煙に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 解析対象は、2013年の同調査の20歳以上の回答者から、要介護認定を受けている人や、医療・福祉施設に入院・入居中の人を除いた地域住民7万1,182人(男性3万3,925人、女性3万7,257人)。全体を、喫煙歴なし、元喫煙者、現喫煙者(1日の喫煙本数10本以下、同11~20本、同21本以上)という5群に分類し、心理的苦痛との関連を比較した。

 心理的苦痛は、K6という尺度(心理的ストレスを含む何らかの精神的な問題の程度を表す指標。点数が高いほど精神的な問題がより重い可能性があるとされている)を用いて評価し、13点以上の場合を「心理的苦痛が強い」と判定した。その結果、男性の3.5%、女性の4.5%が13点以上であり、女性の方が有意にその割合が高かった(カイ二乗検定、P<0.001)。喫煙や心理的苦痛に影響を及ぼし得る因子(婚姻状況、教育歴、就労状況、家計支出、慢性疾患の現病歴など)を調整変数、喫煙レベルを説明変数とし、多重ロジスティック回帰モデルを用いて、「心理的苦痛が強い」に対する調整オッズ比(OR)を算出した。

 性別に層化解析した結果、女性においては、調整OR(95%信頼区間)は、喫煙歴なしを基準とすると、元喫煙者が1.22(0.92~1.63)、1日の喫煙本数10本以下の現喫煙者が1.52(1.25~1.84)、11~20本の現喫煙者が1.75(1.46~2.09)、21本以上の現喫煙者が2.22(1.59~3.10)であり、現喫煙者は「心理的苦痛が強い」に対するORが有意に高く、かつ喫煙レベルが高いほど「心理的苦痛が強い」人が多くなる量反応関係が認められた(傾向性P<0.001)。

 一方、男性においては、喫煙レベルと「心理的苦痛が強い」との量反応関連はなく(傾向性P=0.700)、21本以上の現喫煙者のみ「心理的苦痛が強い」に対するORが有意に高くなっていた(調整OR1.32、95%信頼区間1.07~1.64)。量反応関係における性別の交互作用は有意であった(交互作用P<0.001)。

 続いて年齢層別に解析すると、どの年齢層でも、喫煙本数が多いほど「心理的苦痛が強い」に該当する人が多くなることが分かった。具体的には、各年齢層の傾向性P値が、20~44歳は0.008、45~64歳は0.006、65歳以上は0.007であり、量反応関係における年齢の交互作用は見られなかった(交互作用P=0.409)。

 著者らは本研究を、「喫煙歴の有無および喫煙本数と心理的苦痛の関連を、性・年齢別に検討した初の研究」と述べている。また横断研究のため因果関係は不明ながらも、女性においてのみ有意な関連が認められた背景として以下の考察を加えている。

 まず、女性は男性に比較して喫煙に対する中枢神経系への影響が大きく現れるという、生物学的な相違の存在する可能性が、先行研究から示唆されているという。また、日本はジェンダーギャップが大きい国であり、ジェンダーギャップは日本人女性の精神的健康に悪影響を与えている可能性がある。さらには、欧米諸国に比較し日本は喫煙率の性差が大きく、女性は喫煙することで男性よりも社会的不承認を経験しやすく、精神的健康に悪影響を与えている可能性があるとしている。

 結論として、「日本のタバコ対策において、精神的不調を呈している女性に対して精神的ケアと禁煙支援の充実が必要である」と述べている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2021年4月5日
Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。