喘息(気管支喘息)とは?子供、大人に起こる原因

喘息はかかえている人は今の現代社会。大気汚染や排気ガス等の近代化の影響も一つの原因として昭和の年代に比べて増加をしています。ハウスダストや花粉、黄砂、PM2.5など様々なことが起因して発症する人もいるといわれています。働きすぎの日本社会もストレスや過労で免疫力が低下した状態で、上記のようなことが起因となり発症するというのも決してありあえない話ではありません。色々な原因や要因が考えら、子供の時は発症率が高い傾向にありますが、大人でも喘息にならないと言い切れないといえます。

喘息(気管支喘息)とは? その仕組みのメカニズム

健康体な人は通常は何気なく呼吸をし、普段通りの生活を送っておられる人が大半です。
喘息の症状がある人は、通常呼吸をするときに使う「気道」部分がずっと炎症をしている状態で気道を守っている気道上皮(きどうじょうひ・・・気道の表を保護する部分)がはがれて落ちてとても刺激を受けやすい状態になっています。

喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ここにタバコ、ホコリ、ストレス、花粉等の刺激要素が過度に加わることで気道が細くなり、気道の外側にある平滑筋(へいかつきん・・・血管や気道を調整する筋肉)が収縮し気道をふさいでしまうことで、発作時、発作発症前は過度な炎症が起こり、痰が喉に絡みやすくなったり、つばなどの分泌物が絡みやすい状態となります。
喘息の発作を起こしている人を身近に見ている人も少なくはないと思いますが、気道が狭くなることにより、呼吸がしづらい状態となって、過度にせき込んでしまったり、呼吸が荒い状態や呼吸をするたびに喉が鳴るような不自然な音が喉から聞こえてくるといった症状がおこります。

人によってはその症状の症状の重さも違いますが、症状の度合いによりますが喘息は治る病気ではありません。治療の目的は主に発作を起こさないため。健康的な人と同じように生活をしてもらうこと、これが一つのゴールと言われています。
ツボ治療や食事療法、適切な睡眠など緩和の効果があるともいわれていますが、自己判断でチェックするのではなく、医師の元適切な診断を受けて治療、対処してもらうのが何より大切なことといえます。

喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

喘息に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。