喘息の治療とは?重症化させないことが大事な治し方

大気の環境(花粉、排気ガスなどの大気汚染)やストレスによる精神的なことで起因する(免疫力の低下など)で今の現代社会、子供、大人問わず喘息症状に悩まされている人は少なくありません。喘息治療においては、完治させることはできず(限りなく完治に近い状態へと調整する)、あくまでも治し方としては、その症状を健康な人と同じように病気をコントロールし、発作などを起きさせない。その期間を長く保ち続ける(人によっては症状がでなくなることも)ことを中心に治療が行われます。

治療、症状緩和には薬物療法と生活環境・習慣が大切です

主に喘息治療は薬を使う薬物療法が一般的で、吸引型のステロイドなど炎症を鎮めたり、日常の気道の炎症によって引き起こさせる、喘息や咳喘息が起こらないように調整していきます。広く一般的に使われるのは、副作用も少なくすみため、安全に使用できること。そして効果が高いことがあげられます。

喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 

生活環境を限りなくよく、生活習慣を改善する

喘息の原因として多いのがハウスダウト、そこに含まれるダニアレルギーによる影響を受けやすい場合はこまめに掃除が必要です。とくに喘息を起こしている状態、ウィルス性の感染症も喉粘膜が受ける影響が高く、免疫力が低い状態なため風邪、インフルエンザなども冬の乾燥している時期は気を付けなければなりません。

 

タバコやお酒も出来るだけ控えるのがベスト

お酒は体調が優れているときは平気なケースもありますが、飲みすぎはよくありません。発作を誘発させることもあるので、特に不調の時は間違いなく避けた方が良いでしょう。

喘息症状に対しては特にタバコは厳禁です。周囲の煙でさえ気道には負荷が大きくかかるため、日々の仕事の付き合いで避けられないケースもありますが、極力煙の届かないところへ席を置くというのも大切です。人によって免疫力や体調によってもありますが極度に過敏症状ができる場合は、一大事になる前にきちんと伝えるなどの考慮も必要です。

 

病院での医師の診断により、アレルギー性(アトピー型)か非アレルギー性(非アトピー型)かきちんと見極めるのは一番優先事項ではありますが、日々の栄養バランスのとれた食事。極度にストレス負荷がかかり免疫力の低下や睡眠不足も喘息には天敵です。薬物療法も大切ですが、できるだけ避けれるものは極力避けられれば苦しい思いをせずに健康体の方と同じように過ごすこともできますので、可能な限り予防策を講じておくのも非常に大切といえます。

喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

喘息に関する基本情報

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。