手指の関節可動制限が頸動脈アテローム性硬化症と関連 -日本人2型糖尿病患者で検討-

日本人2型糖尿病患者では、手指の関節動作が制限される関節可動制限(limited joint mobility)は頸動脈アテローム性硬化症と関連し、特に頸動脈エコー検査で評価したプラークスコアと強く関連することが、市立大津市民病院(滋賀県)内科の峠岡佑典氏と京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学の橋本善隆氏、福井道明氏らの研究グループの検討で分かった。

日常診療で診断しやすい手指の関節可動制限の有無は、2型糖尿病患者における無症候性動脈硬化症の有用な評価指標となる可能性があるという。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」7月20日オンライン版に掲載された。

 糖尿病患者を含めた心血管疾患高リスク患者の転帰を改善するには、無症候性の動脈硬化症を早期に発見し治療することが重要とされる。峠岡氏らは今回、糖尿病合併症の1つに挙げられ、細小血管合併症との関連が指摘されている「手指の関節可動制限」に着目。2型糖尿病患者を対象とした横断研究を行い、手指の関節可動制限と頸動脈内膜中膜肥厚(IMT)およびプラークスコアで評価した頸動脈アテローム性硬化症との関連を調べた。

2型糖尿病の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 峠岡氏らは、2012~2014年の連続した外来2型糖尿病患者341人を対象に頸動脈エコー検査を行い、頸動脈IMTとプラークスコアを評価した。手指の関節可動制限の診断には、prayer sign(指を伸ばして両手を合わせ、両手指の間に隙間が空かないかを確認する)とtable test(テーブルの上に手指を隙間なく置けるかを確認する)を用いた。

 その結果、全対象患者のうち72人に手指の関節可動制限が認められた。解析の結果、手指の関節可動制限が認められた患者では、可動制限が認められなかった患者に比べて頸動脈IMTとプラークスコアが有意に高かった(それぞれ1.45±0.66mm対1.14±0.68mm、P=0.013、8.0±5.3mm対5.4±4.8mm、P<0.001)。

 また、多変量線形回帰分析の結果、年齢や性、糖尿病罹病期間、BMI、HbA1c値などの複数因子を調整しても手指の関節可動制限はプラークスコアと有意な正の関連を示すことが分かった。

 以上の結果を踏まえ、峠岡氏らは「2型糖尿病患者に併存する心血管疾患やそのリスクを予測するサロゲートマーカーとしては頸動脈エコー検査でIMTやプラークスコアを測定することが重要であるが、外来で簡便に確認できる手指の関節可動制限の有無も無症候性動脈硬化症の有用な評価指標となる可能性がある」と述べている。

糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

糖尿病とは? 血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

Abstract:リンク先
HealthDay News 2017年8月28日
Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。