インフル大流行で米国の輸血用血液が不足

この冬、米国を襲った厳しい寒さとインフルエンザの大流行は、輸血用血液の供給にも打撃を与えている。

インフルエンザの感染者は献血できないため、献血者が減少したことに加え、悪天候で献血活動の中止が相次いだことから、輸血用の血液や血小板が不足した状況が続いているという。

米国赤十字社によると、悪天候のため中止された同社の献血活動は今年に入ってからだけで既に500件を超えている。
中止によって集めることができなかった血液や血小板の量は推定で約6,000Lに達するという。
悪天候に加えてインフルエンザ感染を理由に献血を控えざるを得ない人が増えたことも、輸血用血液の減少に拍車をかけた。

「今シーズンのすさまじいインフルエンザの流行は、輸血用の血液や血小板の不足という予期せぬ事態を招いた」と米レノックス・ヒル病院の救急医であるRobert Glatter氏は話す。
同氏は「インフルエンザを発症した人やインフルエンザ様の症状がある人は、完全に回復するまで献血は控えるべきだ」としているが、「インフルエンザワクチンを接種したばかりの人は、それを理由に献血を避ける必要はない」と強調。

インフルエンザに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ワクチンを介してインフルエンザが感染するリスクはないため、症状がなく献血者としての基準さえ満たしていればワクチンを接種したばかりでも献血はできるとしている。

米国赤十字社血液サービス・コミュニケーション部門長のJodi Sheedy氏によると、同社では通常、少なくとも5日分の血液や血小板を備えておくようにしている。
しかし現在、献血によって提供された血液はすぐに供給に回されている状況だという。

特に深刻なのは血小板の不足だ。
血小板はがんなどの慢性疾患や外傷の患者にとってなくてはならないもので、米国では30秒ごとに血小板を必要とする状況が発生していると推定されている。

ただ、献血によって得られた血小板は保存できる期間が5日間と短いため、コンスタントに提供してもらう必要があるとSheedy氏は説明している。

その上で、同氏は「献血のために必要な時間は1時間程度で、実際に血液を採取する時間はわずか5~10分だ。

一方、血小板を提供するために必要な時間は約2時間半とより長いが、血小板は常に必要とされており、重要性も高い」と話し、献血への協力を呼び掛けている。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2018年1月22日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。