スクリーニングと治療の進歩で乳がん死が半減

近年、スクリーニングと治療が飛躍的に進歩したことで、乳がん死亡率が大幅に低下したことが米スタンフォード大学医学部教授のSylvia Plevritis氏らの研究で明らかになった。

シミュレーションモデルを用いたこの研究では、スクリーニングや治療によって乳がん死が半減したと推定された。
詳細は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」1月9日号に掲載された。

Plevritis氏らは今回、6つのCISNET(Cancer Intervention and Surveillance Modeling Network)のシミュレーションモデルを用いて、2000~2010年に30~79歳の米国人女性の乳がん死亡率低減にスクリーニングと治療がどの程度寄与したのかについて検討した。

その結果、2000年にはスクリーニングおよび治療によって乳がん死亡率が37%低下したと推定された。
また、こうした乳がん死亡率の低減効果の44%はスクリーニング、56%は治療によるものであることが分かった。

2012年にはスクリーニングおよび治療によって乳がん死亡率が49%低下し、その低減効果の37%はスクリーニング、63%は治療によるものと推定された。
なお、2000年と比べて2012年に乳がん死亡率がさらに低下したのは、この間に乳がんの治療とスクリーニングが大幅に向上したためであることも明らかになった。

なお、2000年の時点では乳がん死亡の抑制効果に対する寄与度はスクリーニングと治療で同程度だったが、2012年には治療がスクリーニングを上回っており、スクリーニングよりも治療の向上の方が死亡率の低減により大きく貢献したことも分かった。

乳がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

米国がん協会(ACS)医務部門副部長のLen Lichtenfeld氏によると、この間に乳がん治療ではエストロゲンによって増殖するタイプ(ER陽性)の乳がんに対してホルモン療法が実施されるようになったほか、特定の遺伝子(HER2遺伝子)に異常があるタイプ(HER2陽性)の乳がんに対しては新たな治療薬としてトラツズマブ(商品名ハーセプチン)といった分子標的薬が登場。

以前から行われている化学療法も向上したことも、乳がんの予後を改善した。
スクリーニングについては、この間に従来のマンモグラフィと比べて鮮明な画像が得られるデジタルマンモグラフィが普及し、死亡率の低減に寄与した。

Plevritis氏らによる今回の研究では、乳がんのサブタイプごとのスクリーニングと治療による乳がん死亡率の抑制効果についても検討された。
その結果、ER陽性かつHER2陽性の乳がんによる死亡率の低減効果のうち、69%は治療、31%はスクリーニングによる効果であることが示された。

一方、エストロゲンなどのホルモン受容体が陰性で、HER2も陰性の「トリプルネガティブ」と呼ばれるタイプの乳がんでは、死亡率の低減に治療とスクリーニングが同程度に寄与していることが分かった。

米国臨床腫瘍学会(ASCO)前代表で米ミシガン大学のDaniel Hayes 氏は「乳がんは早期に発見すれば治療の成功率も高まる。どのタイプのがんでも、スクリーニングで早期発見して治療することで死亡リスクは低下する」とスクリーニングの重要性を強調。

Lichtenfeld氏も「コンピューターモデルを用いた今回の研究で、マンモグラフィが乳がんによる死亡を大幅に低減してきたことが明示された。
治療が全てであると捉えるべきではない」と話している。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2018年1月9日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。