がんを防ぐ食事と習慣

がんの発症リスクに食事や運動との関連がみられることは、多数の研究で明らかにされています。以下のポイントを踏まえて、がんにならない生活習慣を心掛けましょう。
  • 健康的な体重を維持しましょう。
    肥満になるとエストロゲンやインスリンなど、がんの増殖を促進するホルモンの分泌が増大します。

  • 定期的に運動をしましょう。
    毎日の運動は体重維持にも役立ち、ホルモン値の改善や免疫系の強化にも有効です。適度な運動を週に150分以上、または激しい運動を週に75分以上することが推奨されています。

  • 植物性の食品をたくさん食べましょう。
    また、加工肉や赤肉は控えましょう。

  • 飲酒量を制限しましょう。
    女性は1日1杯、男性は1日2杯までにしましょう。

  • たばこは止めましょう。
      癌の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
      郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
      治験に関する詳しい解説はこちら

      治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

      治験・臨床試験についての詳しい説明

      参考情報:リンク先
      HealthDay News 2017年9月4日
      Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
      記載記事の無断転用は禁じます。