• 身長が伸びなくなっても骨の成長は続く

    「身長が伸びなくなったら成長期は終わり」というわけではないことが、米フィラデルフィア小児病院のShana McCormack氏らによる研究で示された。米国内の5~19歳の男女2,014人を最長で7年間追跡調査した結果、10歳代後半に身長の伸びが止まった後も、骨量は増加し続けることが分かったという。詳細は「JAMA Pediatrics」7月3日オンライン版に掲載された。

     McCormack氏らは今回、2002~2010年に実施されたThe Bone Mineral Density in Childhood Study (BMDCS)に参加したさまざまな人種の小児および青少年の身長や骨量の経時的な変化について調べた。その結果、身長よりも骨の方が成長が遅く、10歳代後半に身長が伸びなくなった後も、骨量は約10%増え続けることが示された。また、骨の成長の速度は骨格の部位によって異なること、アフリカ系米国人は他の人種の米国人と比べて早く骨の成長のピークを迎えることも分かったという。

     小児や青少年では骨折率が高いが、この研究結果によってその説明がつきそうだ。成人するまでに骨折を経験する小児や青少年の割合は30~50%に上ると推定されている。

     McCormack氏らは「小児の成長といえば身長が指標にされがちだが、全体的な骨の発達も重要」と強調。「10歳代後半には喫煙や飲酒、乱れた食生活、運動不足といったリスキーな行動をとり始める若者もいるが、こうした行動は骨の発達を妨げる可能性がある。親や保護者は、特にこの年代の若者に対しては、健康的な食事や運動の習慣といった健康的な行動を勧めるべき」と呼びかけている。

    小児に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月17日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 塩分を控えるコツ          

    食事中の塩分量を減らすように意識している人は多いでしょう。しかし、特に加工食品には多くの塩分が含まれがちです。その対策を紹介します。

    • まず、基本的には生鮮食品を使用し、塩を加えずに調理しましょう。
    • 缶詰または冷凍ものの野菜など、加工された食品を用いるときは「食塩不使用」の表示があるものを選びましょう。
    • 各メーカーの製品のナトリウム含有量を食品ラベルで確認し、比較しましょう。
    • ツナなどの缶詰製品は、水ですすぐと塩分量を減らすことができます。
    • 治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
      お近くの治験情報を全国から検索できます。

      情報元:米国立心肺血液研究所(NHLBI)
      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 米国のティーン、5割超が「性経験なし」

    米国ではメディアに性に関する情報があふれ、今どきのティーンエージャーは性に奔放だと見られがちだが、実際はそうではないことが米国立健康統計センター(NCHS)のJoyce Abma氏らによる研究で示された。研究では、15~19歳の男女の5割超に性行為の経験がないことが明らかになったという。この研究結果を受けて、米シアトル小児病院のCora Breuner氏は「高校生は皆セックスをしているという考えは間違っている」とコメントしている。

     今回の研究結果は、2011~2015年に米国疾病管理予防センター(CDC)の支援を受けて全米で実施された、15~19歳の男女4,000人以上の対面調査の結果に基づいたもの。同調査によると、「今までに1回以上の性行為の経験がある」と回答した人は、女性で42%、男性で44%だった。経験がある人のうち、女性の74%、男性の51%は、初めての性行為の相手と「交際関係」にあった。一方、初めての性行為を会ったばかりの相手と経験した人の割合は、女性では2%、男性では7%であった。

     性行為の経験率は2002年の調査からはほとんど変わっていなかったが、1988年には15~19歳の女性の51%、男性の60%が性行為の経験があると回答していた。Breuner氏は、近年の若年者が性行為に慎重になっている主な理由はHIVだと考えており、「この致死的な性感染症に関する情報が広がった後、性行為の経験率は現在のレベルまで減少した」と話している。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     一方、妊娠に対する意識は高まっているようであることが分かった。女性の89%、男性の80%は「性行為により妊娠したら困る」と回答しており、「妊娠したらうれしい」と回答したのは女性11%、男性20%にとどまった。直近の性行為の際に「何らかの方法で避妊をした」と回答した人の割合は、2002年には83%だったが、今回の調査では90%に上昇していた。

     最もよく使用される避妊法はコンドームで、女性の56%が最後の性交時にコンドームを使用していた。女性の31%がピル、13%がその他のホルモン製剤ベースの避妊薬を使用しており、22%はコンドームと避妊薬を併用していた。さらに、性経験のある女性の23%は緊急避妊薬を使用した経験が1回以上あり、この割合は2002年の8%から増加していた。

     こうした避妊法の変化は、若年者が親の介入なしに避妊具や避妊薬を入手しやすくなったことによるものだと考えられる。また、親が子どもと性について率直に話し合い、賢い性行動を促すようになっていることも要因だと、Breuner氏は付け加えている。

     この研究は、CDC発行の「National Health Statistics Report」6月22日号に掲載された。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年6月22日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。