• 小児科待合室のぬいぐるみには触らない方が無難?

    小児科のクリニックの待合室におもちゃが用意されていることは珍しくない。しかし、子どもにはこうしたおもちゃ、特にぬいぐるみには触らせないようにした方がよいかもしれない―。

    米国小児科学会(AAP)は10月23日に発表した小児科外来施設での感染症対策に関する声明(Policy Statement)で、清潔を保つことが難しいぬいぐるみなどのおもちゃは病原菌を媒介する可能性があるため、患者には自宅からおもちゃを持って来てもらうことを勧めている。

    今回発表されたのはAAPが2007年に発表した声明の改訂版で、小児科外来施設での感染症予防を目的としたさまざまな対策がまとめられている。
    全文は「Pediatrics」10月23日オンライン版に掲載されている。

    この声明でAAPは待合室のおもちゃに関して(1)患者の家族には自宅からおもちゃや絵本を持って来ることを勧め、複数の子どもが待合室のおもちゃを共有する機会を減らす(2)おもちゃは使用のたびに洗うのが理想的だが、毎日診察時間が終わったら清潔にすることも許容される(3)おもちゃはせっけんを使用して汚れを洗い流した上で消毒して乾燥させる―などの対策を示している。なお、おもちゃの種類に関しては「ぬいぐるみなどは清潔に保つことが難しいため望ましくない」としている。

    また、AAPは咳やくしゃみのエチケットや手指衛生の重要性についても強調。
    小児科医に対し、咳やくしゃみが出そうになった場合は手ではなく肘で鼻や口を覆うことを求めるポスターなどを掲示し、待合室にアルコールベースの消毒剤やマスクを用意しておくよう勧めている。

    さらに、外来スタッフには毎年インフルエンザの予防接種を受けること、また百日咳やはしか、おたふくかぜ、風疹、水疱瘡、B型肝炎などそれ以外のワクチン接種歴についても施設に情報を提供することを求めている。

    このほか、特に配慮すべき疾患として嚢胞性線維症を挙げ、「嚢胞性線維症患者の肺は薬剤耐性菌への感染に特に脆弱であるため、他の患者と接触する可能性がある待合室では待たせずに、直接診察室に案内すべき」としている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月23日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 団体スポーツでの感染症拡大を防ぐ

    団体スポーツはとてもよい運動になりますが、バスや更衣室は感染症の格好の温床となります。

    チームの健康を維持するために、以下のポイントに十分注意しましょう。

    • 水筒、マウスガード、タオルなど個人の持ち物を共有してはいけません。
    • まめにシャワーを浴びる、スポーツ用具を洗浄するなど、個人の衛生を励行しましょう。
    • 事前の身体検査を強化し、皮膚感染症がないかチェックするほか、定められているワクチンの接種を徹底しましょう。

    情報元:米国小児科学会(AAP)

    感染症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月19日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 産後に胎盤を食べる「胎盤食」、メリットなく感染リスクも

    産後うつの予防や母乳の分泌を促進させる効果などへの期待から、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」が一部の女性の間で流行している。

    しかし、米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らが胎盤食に関する文献レビューを行ったところ、こうした行為による健康上のメリットはなく、むしろ感染症などのリスクを伴うことが明らかになった。
    このことから同氏らは「胎盤食に興味を示す妊産婦に対し、産婦人科医は真実を伝えるべきだ」と呼び掛けている。
    詳細は「American Journal of Obstetrics and Gynecology」8月28日オンライン版に掲載された。

    Grünebaum氏によると近年、分娩後に胎盤を食べるため持ち帰ることを希望する女性が増えており、同氏の元にはその対応について産科医からの問い合わせが寄せられることが少なくないという。
    胎盤食には産後うつの予防や全般的な気分および活力の向上のほか、母乳の分泌促進や産後の出血抑制といった効果があると一部で考えられていることが背景にある。

    感染症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ヒトの胎盤食に関する記述は約100年前の文献にみられるが、最近は一部の有名人が胎盤食を支持していることを明らかにし、それがきっかけで一般女性の間でも関心が高まっている。
    ただ、哺乳類の多くは産後に胎盤を食べることが知られているが、ヒトの胎盤は通常、分娩後に廃棄されてきた。

    食べ方は生食あるいは加熱調理のほか、乾燥させて食べたり、カプセルやスムージーで摂取したりする。
    このうち最も多いのはカプセルでの摂取と考えられており、米国では既に多くの企業が200~400ドルの費用で胎盤を食用に加工するサービスを提供している。

    しかし今回、Grünebaum氏らが胎盤食に関する文献のレビューを行った結果、胎盤食の提唱者が主張するような健康上のメリットがあるとのエビデンスはなかったという。
    一方で、今年6月には米疾病対策センター(CDC)から汚染された胎盤カプセルを摂取した母親の子どもがB型連鎖球菌に起因した敗血症を発症したとの報告があったとして、「胎盤の加熱処理が不十分だとHIVやジカウイルス、肝炎などのウイルスを十分に死滅させられない可能性がある」と指摘。
    「胎盤を食べるかどうかの決断は、願望的思考ではなく科学的情報に基づくべきであり、医師は患者に正しい情報を伝えるべきだ」と強調している。

    米クリスティアナケア・ヘルスシステム産婦人科のMatthew Hoffman氏は、今回のGrünebaum氏らの報告について「タイムリーかつ有用な情報だ」と評価。
    最近、Hoffman氏の施設でも胎盤食を希望する女性が増えてきていたことから、現在その対応に関する施設方針について議論されており、「方針の決定にはGrünebaum氏らの報告が少なからず影響するだろう」としている。

    なお、最近の調査では産科医の約54%が胎盤食について情報が不十分だと感じており、60%が胎盤食に賛同すべきかどうか分からないと回答しているという。
    Hoffman氏は「胎盤食には明確なリスクがあり、宣伝されているメリットに科学的根拠はないことを患者に伝え、患者にとって最善の意思決定を促す上で、今回のGrünebaum氏らによる研究は大いに役立つ」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月29日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 流行は冬だけじゃない!溶連菌(ようれんきん)感染症とは?

    溶連菌について

    溶連菌感染症の患者数が増加してます。そもそも溶連菌とは何なのか?そして、どのように予防し向き合っていくべきなのかをお伝えできればと思います。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 溶連菌(ようれんきん)とは
    3. 3. 溶連菌感染症の感染経路と病原因子
    4. 4. 溶連菌感染症の症状
    5. 5. 紫斑の出現から消失まで
    6. 6. 溶連菌感染症の予防と治療法
    7. 7. まとめ

    はじめに

    溶連菌は小さな子供が感染しやすいことから、子供の健康管理をきっかけに知ることが多いようです。
    子供を持つ家庭において一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
    この菌、実は大人にも感染することがあるのです。
    しかも、放っておくと良くならないことがあります。

    そんな、溶連菌の実態については分からないことも多いはずです。
    この記事ではそんな溶連菌について説明していきます。

    感染症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    溶連菌(ようれんきん)とは

    溶連菌と呼ばれるものは略称で、正式には溶血性連鎖球菌といいます。 
    通常、化膿レンサ球菌という細菌を指していることが多いです。

    この菌は毒素を産生して、血液中の赤血球の壁を溶かすように壊す、という特徴があります。
    また顕微鏡で観察した時に、球形の菌が連鎖上につらなって見えます。
    このことから『溶血性』の『連鎖』している『球形』の菌、ということで溶血性連鎖球菌という名前がついています。

    溶連菌は、2015年に溶連菌感染症の患者数は過去10年間で最高数に達したとされています。
    溶連菌のうちA群β溶血性連鎖球菌と言われる菌は、人に対する病原性細菌であると古くから認識されています。以前は、感染時の発熱が軽度であることが多かったことから、抗生物質での管理も必要ないとされていました。
    しかし、1980年代から敗血性ショック症状など非常に重い症状も欧米で報告され始めます。

    溶連菌は菌体そのものの感染も問題ですが、菌体を認識している免疫反応の異常や、産生する毒素も病原因子となります。つまり、菌の感染だけでなく産生される毒素も問題となることが多いのです。

    実は種類も多岐にわたっているのがこの溶連菌です。
    分類方法としては、タンパク質の種類によって区別されています。
    現在ではランスフィールド抗原分類法と呼ばれる方法を用いて、タンパク質の構造(菌体表層分子のMタンパク質)で分類しており、100種類以上のMタンパク質が確認されています。

    また、初期症状は呼吸器症状と発熱です。
    連菌感染症は学校保健安全法に定められる感染症です。
    適切な治療が開始されてから24時間以内は登校することができません。
    溶連菌感染症のピークは冬だけではありません。
    感染のピークは初夏と冬の一年に2回です。

    特に冬はインフルエンザや感染性腸炎の流行時期でもあります。
    冬期の発症にはこれらのウイルスと混合感染を起こすこともあります。
    溶連菌に対するワクチンは存在しないため、手洗いやうがいとマスクの着用で感染拡大を防ぎましょう。

    家庭では溶連菌で汚染された食品や水も感染源となるので注意が必要です。
    食器の殺菌やタオル、浴槽の共有を控えることが必要です。

    溶連菌感染症の感染経路と病原因子

    溶連菌は、ヒトのくしゃみや咳などによって飛び散るしぶきによって鼻や喉の粘膜に感染します。

    これは飛沫感染と呼ばれており、主に上気道に感染します。

    また、手指などを介して感染する接触感染が主な感染経路です。

    溶連菌が悪さをする病原因子には2種類あります。
    それが、菌体表層分子と酵素です。

    表層分子と言われるMタンパク質が人の角質細胞に接着されることで悪さをします。
    またMタンパク質の構造の違いによって、溶連菌の血清型を決めています。

    酵素には、ストレプトリジンというのがあります。
    このストレプトリジンが赤血球の細胞膜を破壊する毒素でもあります。
    これが悪さをしています。

    ストレプトリジンにも種類が2つあります。
    ストレプトリジンOとストレプトリジンSです。

    このストレプトリジンが多いことで症状が悪化するので、抗ストレプトリジン抗体価(ASLO)と言う値の上昇が溶連菌感染症の回復の指標となっています。
    これはストレプトリジンが体の中で抑えられてきたこと意味します。

    こんなことから手洗いうがいが大切なのです。
    またくしゃみや咳も感染することがあるので、エチケットを心がけましょう。

    溶連菌感染症の症状

    溶連菌の症状と言っても様々な反応があります。
    ポイントは2つです。

    溶連菌(化膿レンサ球菌)の悪さをする物質(病原因子)が病原性を発揮する直接作用。
    溶連菌に対する免疫反応。

    以上の2つの点により症状が決まってきます。

    化膿レンサ球菌の病原因子は上記に記載しましたが、中でも重症化が危惧されるのは毒素です。

    毒素性ショック症候群(TSS)は化膿レンサ球菌の毒素に対するアレルギー反応です。

    アレルギー反応として有名なのが猩紅熱(scarlet fever)です。
    皮疹を併発し、紫斑が出現する場合もあります。

    重症例ではショック状態に陥り、多臓器不全を起こします。

    ポイントは、悪さをする毒素を取り除くことにあります。
    溶連菌自体を抑制しても治療効果はなく、ガンマグロブリンや透析によって血液から毒素を浄化します。

    また、急性扁桃炎は扁桃腺に感染した化膿レンサ球菌によって、発熱や咽頭痛を生じるものです。

    発熱や喉の痛みも辛いですが、アレルギー反応が一番怖いので注意が必要です。

    感染症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    紫斑の出現から消失まで

    斑は皮膚疾患などで見られる皮疹の1つで、紅斑、白斑、色素斑そして紫斑という種類があります。

    紫斑は出血傾向があります。
    血管から漏れ出た赤血球が、皮膚や粘膜の下に出現し溶血して紫色に見えています。

    紫斑が出現するのは感染症による血管炎や血管の脆弱性、閉塞などが原因で赤血球が皮内に漏出し、溶血した状態を示しています。

    紫斑は次第に褐色がかった黄色になり、通常は2,3週間で消失します。

    紫斑は体の出血傾向を示すサインでもあります。
    皮膚での紫斑は内臓での出血傾向の可能性も示唆されるので注意が必要です。

    溶連菌感染症の予防と治療法

    溶連菌は常在菌であるために、完全な感染対策はどうしても困難です。

    ポイントは感染部位である咽頭や扁桃で菌を増殖させないことです。

    そのためには手洗いとうがいなどの基本的な対策が重要です。
    家族やクラスメイトに感染の疑いがある人がいるときは特に気をつけましょう。
    また、飛沫感染であることからマスクの着用も効果的です。

    飛沫や手指で汚染された食品も感染源となります。
    食器やタオルから感染が起こることも多いので、工夫が必要です。
    場合によっては入浴で感染することもあります。

    治療はペニシリン系の抗生物質を投与するのが一般的です。
    服用後は解熱に続いて痛みの緩和が現れます。

    普通の風邪とは異なり、放っておいても良くならないので早めに病院を受診しましょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    流行しやすい季節もあることから早めの対策を立てましょう。
    常在菌として常にある溶連菌ですが、手洗いうがいをこまめに行い予防していくのが基本です。
    咳やくしゃみなどをするときはなるべく人に離れてする、そして必ず口や鼻を塞ぐ。
    こんなこともみんなでエチケットを守ることにより予防の一歩に繋がります。

    流行る季節には特に対策をしっかりと実行しましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 公園の砂場は細菌の温床     

    子どもが大好きな砂場遊びは、運動技能や社会的技能の発達にも役立つ。しかし、動物にトイレとして使われたり、複数の子どもが接触する場になったりすることで、砂場は細菌や寄生虫などの感染性の病原菌の温床となっている可能性があることが、「Zoonoses and Public Health」7月7日オンライン版に掲載の研究で明らかにされた。

     今回、マドリード・コンプルテンセ大学(スペイン)のJose Blanco氏らの調査で、52.5%の砂場からクロストリジウム・ディフィシル(C. difficile)という細菌が見つかった。C. difficile感染症の症状は軽度の下痢から命に関わる腸炎までさまざまだが、腸内環境も変えてしまうため治療が難しいことで知られる。

     Blanco氏らは、同国のマドリード地域にある子ども用の砂場20カ所とイヌ用の砂場20カ所から砂を採取し分析した。その結果、子ども用の砂場9カ所、イヌ用の砂場12カ所からC. difficileが検出され、その中には毒素を多く産生する型や抗菌薬に対する耐性を示す型も認められた。

     砂場に潜む病原菌はC. difficileだけではない。米疾病対策センター(CDC)によると、米国の調査ではトキソプラズマや回虫、ギョウ虫などの寄生虫が砂場にいることが示されている。イヌやネコに由来するトキソカラ(Toxocara)という回虫の感染症による失明は米国で年間約70症例にも達し、その多くは小児だという。

     Blanco氏は、「身の回りには多数の病原菌が存在しており、私たちはその中で生きていく方法を学ばなければならない。今回、C. difficileが環境中に広く存在していることが示されたが、地域社会における実態を明らかにするには追加の研究が必要だ」と話している。また、別の専門家は、砂場は“塩素消毒をしていないスイミングプールのようなもの”だと評している。

    病原菌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     米国小児科学会(AAP)は、砂場遊びで病気になることを防ぐための注意点を挙げている。

    • 砂場を使わないときは蓋をして、昆虫や動物を近づけない。
    • 砂が湿っていると細菌が繁殖しやすくなるため、乾燥させてから蓋をする。
    • 定期的に熊手を使い、破片や砂のかたまりなどの異物を取り除く。
    • 砂場をトイレと勘違いする可能性があるため、ペットには砂場で遊ばせない。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月7日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • プロバイオティクスのサプリ、保育園児の感染予防には効果なし?

    1歳前後の保育園児にプロバイオティクスのサプリメントを使用しても、風邪や感染性胃腸炎といった感染症を予防する効果は認められなかったとする研究結果が「Pediatrics」7月3日オンライン版に掲載された。

     この研究は、コペンハーゲン大学(デンマーク)栄養・運動・スポーツ学のRikke Pilmann Laursen氏らが実施したもの。同国の保育園に通う健康な生後8~14カ月の子ども290人を対象として、そのうち144人を6カ月間にわたって1日1回パウダー状のプロバイオティクスを食事や飲み物に混ぜて摂取してもらう群(プロバイオティクス群)に、146人をプラセボを混ぜて摂取してもらう群(プラセボ群)にランダムに割り付けた。

     その結果、保育園を休んだ日数や風邪の症状、下痢、発熱、嘔吐などの発生頻度がプロバイオティクス群で減少することはなく、プロバイオティクス群とプラセボ群との間に差は認められなかった。また、プロバイオティクス使用による副作用の報告もなかった。

     これまでに報告されている研究では、プロバイオティクスによる感染性胃腸炎の予防効果が示されているにもかかわらず、今回は同様の結果が得られなかった。この点について、同研究の論文に関する論評の著者の1人である米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)小児科学のMichael Cabana氏は、「今回の研究の対象となった子どものほぼ半数で研究期間中も母乳育児が続けられており、全般的に健康状態が良好であったため、プロバイオティクスによる効果が現れにくかったのではないか」と考察。母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖は乳児の消化管に固有の細菌の成長を促進するため、母乳は腸内細菌の健康的なバランスを保つ最良の方法かもしれないとしている。

     また、今回の研究ではプロバイオティクスの副作用は認められず、安全であることは示されたが、同氏は「プロバイオティクスにはさまざまな製品があるため、もし試したいなら、まずは小児科医に相談し、適切な菌株を含み厳格な臨床試験で評価された製品を選ぶとよい」と助言している。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月3日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。