• 意外と知らない?人工授精について詳しくご説明します

    人工授精について

    不妊治療の1つである人工授精の方法、スケジュール等、意外に知られていない流れを詳しく解説すると共に、人工授精の成功率やリスクについて説明していきます。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 人工授精とは
    3. 3. 人工授精の方法とそのスケジュールとは
    4. 4. 人工授精の費用
    5. 5. 人工授精の授精率
    6. 6. 人工授精のリスク
    7. 7. まとめ

    はじめに

    自然妊娠で子供を授かれるのが一番の理想ですが、晩婚化等の影響で不妊に悩む夫婦が増えています。

    そして不妊治療のタイミング法で上手くいかなかった時に選択される治療が人工授精ですが、具体的にどんな治療を行うのかを知っていますか?

    今回は人工授精とはどんな治療なのかを詳しく説明していきます。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    人工授精とは

    人工授精は予め男性から採取した精子を直接子宮の中に注射器で注入して妊娠を手助けする不妊治療の1つです。

    自然妊娠が難しい場合、人工授精をして人工的に妊娠する確率っを上げます。

    この方法は排卵に合わせて行うので最高のタイミングを図る必要があるんです。

    人工授精の方法とスケジュールとは

    人工授精の目的は精子の移動距離を短くして卵子のある卵管に1つでも多くの精子を到達されて授精に繋げる事です。

    対象になる方は次の通りです。
    • 子宮頚管粘膜不全‥排卵期なのに子宮頚管粘液の分泌量が少ない等の症状
    • 男性不妊‥精子の数が少ない等、軽度の不妊
    • その他‥夫婦間の問題た原因不明の不妊等

    人工授精が決まってからのスケジュールは生理が始まった日から換算します。

    1.人工授精の準備
    人工授精を行う時は様々な検査を事前に行って人工授精を行う日を決めていきます。

    女性は基礎体温、子宮頚管粘膜検査、超音波検査等から排卵日を導き出します。

    男性は人工授精が確定してから実施する5日前から禁欲する必要があります。

    2.人工授精前日の準備
    人工授精するとスケジュールで決定したら前日は禁酒、禁煙、禁欲、早寝、長時間の入浴を避ける等、生活に気を付けましょう。
    特にお酒とタバコは人工授精しようと思ったら止めるのがベストな選択です。

    また人工授精するからと思うのではなく、普段から生活習慣を整えておけば、いざという時に慌てなくて済みますし、規則正しい生活を贈るようにすると妊娠しやすい身体になりますので、日頃から整えておきましょう。

    前日はリラックスをして過ごすようにすると尚良いですよ。

    3.人工授精当日
    検査データ等から算出した人工授精する日に先ずは男性から精液を採取します。

    精液の採取は病院で行う他に、家で採取して専用の容器に入れて病院に持参する方法があります。

    仕事の都合等もあるでしょうから事前に医師と相談しておくと良いでしょう。

    精液を採取すると精液率や奇形率を測定します。

    この結果に基づいて授精率を高める為に精液を洗浄して濃縮します。

    以前は原液のまま注入していましたが、雑菌による卵管炎や精液に含まれるプロスタグランジンという物質が子宮の収縮を促してしまうので先に不純物を取り除いて妊娠率を高める為に洗浄する病院が多いです。

    そして濃縮した精液を人工授精専用の柔らかいカテーテルを使って注入します。

    注入は5分程で終わりますが、一連の処置が終わるまで1~2時間位要します。

    注入後は30分位骨盤を高くして安静にし、感染予防の為の抗生剤を投与して終了です。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    4.人工授精した後の経過
    人工授精した後も基礎体温は忘れずに測定しましょう。

    高温期が2~3週間続くと妊娠している可能性が高いです。

    人工授精は1回で成功するとは限りませんが一般的に5回位は試せるので一度失敗しても気持ちを切り替えて次に望みを託しましょう。

    ただし、夫婦の年齢や母体の状態によって回数は変わります。

    人工授精の費用

    不妊治療って聞くと凄くお金がかかるイメージを抱いている方も多いと思います。
    では具体的にどれくらいかかるのでしょうか?

    先ずは人工授精をする為に前もって行う検査ですが、これは病院によって多少の違いがあります。
    検査項目は基本的なもので女性が12項目、男性が2項目です。
    ただ、女性の場合は特にその人の状態によってどの検査を行うかが異なりますので多少受ける検査の量は前後します。
    これらの検査のほとんどは保険が適用されますので1~2万程度で収まる病院が多いです。
    そして人工授精ですが、こちらは健康保険適用の適用外になってしまうので実費になっていまいます。
    病院によって異なりますが、1回当たり15000円から20000円位かかります。
    つまり、人工授精を5回受けると単純計算で増額は75000円から10万円位ですね。
    因みに人工授精で授かれなった場合、体外授精に治療が移行されますが、体外授精の場合、1回にかかる費用は40万から80万と一気に金額が跳ね上がります。

    人工授精の授精率

    人工授精の成功率は5~10%と決して高い数字ではありません。人しようと工授必要な方の場合。人工授精でなければ、つまり自然に妊娠しようと思っても更に可能性は低くなってしまうんですね。

    例えば3年間不妊の夫婦がタイミング法を行った場合、1周期につき、成功率はたったの2%しかないんです。

    要は3年以上不妊の場合はタイミングだけでは妊娠する事が非常に困難なんですね。

    そこから結論を導き出すと5~10%という数字は希望が持てる数値ではないでしょうか。

    人工授精のリスク

    人工授精は精液を直接注入しますが、身体を切開するような治療ではないので多くの病院では痛みや出血がないとされています。

    しかし、人工的にカテーテルを挿入して精液を注入されるのでどうしてもリスクはあるんですね。

    では、どんなリスクがあるのでしょうか。

    子宮収縮による痛み
    精液を注入する時、2つの方法があります。

    • 採取した精液を原液のまま注入する方法
    • 採取した精液を洗浄し、選別してから注入する方法

    ここでポイントになるのは原液のまま注入した場合、精液の成分もそのまま子宮内に入ってしまう事です。

    精液に含まれているプロスタグランジンという物質が子宮の痙攣を引き起こしてしまって強い痛みを感じる事になってしまうんですね。

    一方、洗浄しているとプロスタグランジンも取り除かれて子宮内に注入するので子宮収縮は起こりにくいです。

    カテーテル挿入による痛みや出血
    カテーテルを挿入するという事は異物を体内に入れるという事になります。

    その際に痛みに敏感な人はカテーテルが擦れる事で痛みや圧迫感を感じてしまうんです。

    またカテーテルと子宮頚管の摩擦で出血が数日続く事があります。

    上記の他に、人工授精が終わると暫くしてから人工授精の副作用で痛みを感じる事もあります。

    人工授精では排卵のタイミングに合わせて精子を注入するので排卵誘発剤を使用して排卵をコントロールします。

    この排卵誘発剤は卵巣が腫れる副作用がありますので、人工授精が終わった後に生理痛のような痛みを感じる事もあります。

    まとめ

    今回は人工授精について詳しく解説してきました。
    人工授精は排卵に合わせて人工的に精液を注入するのでタイミングが非常に大事になります。
    不妊治療や人工授精をすると決まったら普段の生活を改善して規則正しい生活を心がけましょう。

    特にお酒やタバコは妊活の妨げにもなりますが、妊娠すればお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすので止める断ち切りましょう。

    人工授精の費用は一通りの検査で約1~2万、人工授精は健康保険が適用されないので15000円から20000円は見ておいた方が無難でしょう。

    人工授精を行うのは勇気がいるとは思いますが自然妊娠できない夫婦の希望の光ですので、夫婦二人三脚で、でも費用がかかる事なので夫婦でしっかり話し合いながら進めるようにして下さいね。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 子宮外妊娠とは?原因・症状・検査・治療などを大解剖

    子宮外妊娠について

    子宮外妊娠とは、異所性妊娠とも呼ばれ、子宮腔内以外の場所で着床が起こった状態を言います。何が原因で子宮外妊娠は起こるのでしょうか?子宮外妊娠かどうかの検査方法や、子宮外妊娠が疑われる症状、子宮外妊娠だとわかった場合の対処法などもあわせて紹介します。
    1. 1. 子宮外妊娠とは
    2. 2. 子宮外妊娠の原因
    3. 3. 子宮外妊娠の症状
    4. 4. 子宮外妊娠の検査
    5. 5. 子宮外妊娠の治療
    6. 6. 赤ちゃんと再開するためにすぐに治療を

    子宮外妊娠とは

    子宮外妊娠とは、子宮腔内以外の場所で着床が起こった状態を言います。受精卵が着床した部位によって、何種類かに分類されています。

    1.卵管妊娠
    子宮外妊娠のなかで一番割合が高いのが、この卵管妊娠です。
    卵子は卵巣から飛び出した後、卵管を通って子宮に到達します。通常、卵管では受精が起こるのみで、受精卵は子宮内部に到着してから着床となります。
    ところが、さまざまな要因で卵子が子宮に到着できずにいると、そのまま卵管に着床せざるを得ません。
    これが卵管妊娠です。

    2.卵巣妊娠
    基本的な原理は卵管妊娠と変わりません。
    卵子は成熟し、排卵自体は起こったにもかかわらず、何らかの原因で卵管まで進むことが出来なかったことが原因です。そのため、卵巣内で受精が行われ、そのまま着床してしまいます。

    3.腹膜妊娠
    子宮や卵巣は腹膜という膜で覆われています。

    何らかの原因で腹膜に着床してしまった場合が腹膜妊娠です。
    もともと腹膜に着床する原発性腹膜妊娠と、卵管妊娠や卵巣妊娠が流産した途中で腹膜に再度着床する続発性腹膜妊娠があります。
    腹膜妊娠のほとんどは、後者の続発性腹膜妊娠です。

    4.子宮頚管妊娠
    子宮頚管とは、子宮と産道をつなぐ部分です。分娩時以外は細く閉じられています。
    本来着床するべき子宮腔内を通過してしまい、子宮頚管にて着床が起こった場合を、子宮頚管妊娠と言います。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    子宮外妊娠の原因

    本来、受精から着床までの期間は約1週間程度です。ちょうどそれくらいの時間がすぎると、受精卵は子宮腔内に到着し、着床を行います。

    ところが、様々な要因から、受精卵の到着の時期が着床の時期とタイミングを合わせられなくなるとおこるのが子宮外妊娠です。

    ほとんどが卵管通過障害
    様々な要因で卵子が卵管内をスムーズに通れなくなっていると、子宮に到着する前に着床が起こってしまいます。これが卵巣妊娠や卵管妊娠の起こる原因です。

    では、卵管通過障害が起こるのはどうしてなのでしょうか?

    卵管通過障害の原因の多くは性感染症
    クラミジアを代表する性感染症の治療が適切に行われないと、感染がどんどん広がっていきます。
    すると、子宮内から卵管、卵巣へと菌やウィルスが侵食していきます。その結果、卵管が炎症を起こし狭くなってしまいます。これが通過障害の原因となるのです。

    子宮の奇形や子宮内膜炎
    子宮奇形や子宮筋腫、子宮内膜症も子宮外妊娠を誘発する要因と言われています。
    特に、子宮頚管妊娠では、その傾向が大きくなります。

    子宮外妊娠の症状

    一般的に、正常妊娠の自覚症状はこのようなものです。
    • 生理の遅れ
    • 基礎体温の高温期の継続
    • 妊娠検査薬の陽性反応
    • つわり症状の開始
    それでは、子宮外妊娠の場合、特徴的な症状はあるのでしょうか?

    基本的には正常妊娠と変わらない
    子宮外妊娠であっても、妊娠自体は成立しています。
    つまり、正常妊娠にみられる自覚症状は同じように感じることになります。

    およそ妊娠6週未満においては、子宮外妊娠特有の症状を自覚することはほとんどないと言えるでしょう。

    突然の腹痛
    受精卵は日々成長を続けていきます。
    子宮外妊娠で受精卵が着床した場所は、基本的にどこも狭く小さな場所です。いつか、受精卵のほうが大きくなってしまいます。

    その結果、卵管が破れたり、亀裂が入ったり、受精卵が無理やり剥がれ落ちたりします。

    子宮外妊娠が確定していない段階では、このような症状はあるとき突然、もしくは徐々に起こります。最初は腹部の違和感や鈍い痛みから始まり、突然にこれまで感じたことのないような激痛に襲われるのです。

    出血
    腹痛と同時に起こるのが出血です。

    少量の出血がみられ、徐々に出血量が多くなっていく場合と、突然の腹痛とともに大量出血する場合があります。

    前者の場合は生理と勘違いしやすく、発見が遅れがちになります。
    後者の場合は卵管などの破裂が想定されるため、緊急の対応が必要となります。

    子宮外妊娠の検査

    子宮外妊娠が判明するパターンは2通りあります。
    それぞれを詳しく見ていきましょう。

    産婦人科受診で判明するケース
    妊娠の自覚症状が現れると、産婦人科を受診しますよね。
    その際に、本当に妊娠しているのかをエコー検査で確認します。尿検査で妊娠反応があるにも関わらず、子宮内に赤ちゃんを確認できない場合、子宮外妊娠が疑われることになります。

    ただし、妊娠の早い段階では、赤ちゃんが小さすぎてエコーでは見つけられないこともあります。翌週以降に再度エコー検査を行い、それでも子宮内に赤ちゃんがみられない場合、子宮外妊娠であることが判明します。

    そのほか、腹腔内の妊娠や出血状況を見るための検査や、流産の有無を確認するための検査なども併せて行われることもあります。

    突然の腹痛や出血で判明するケース
    妊娠していることに気付かず、赤ちゃんが大きくなっていくと、着床部位が耐えられずに出血や腹痛が起こります。

    そのような異変に気付いて受診した結果、子宮外妊娠であったことが判明する場合もあります。行われる検査は、基本的には先の内容と同じですが、緊急の場合はそのまま治療に入ることになります。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    子宮外妊娠の治療

    子宮外妊娠の場合、お母さんや赤ちゃんはどうなってしまうのでしょうか?
    子宮外妊娠が判明した場合の治療法について解説します。

    妊娠の継続は不可能
    着床部位がどこであろうと、子宮外妊娠であることが確定した場合、非常に残念ですが妊娠を中断しなければなりません。それもできるだけ早期にです。

    せっかく宿ってくれた大切な命ですが、そのまま妊娠を継続させたとしても赤ちゃんと会うことはできません。いつの日か赤ちゃんかお母さんの命が絶えられなくなるからです。

    そしてそのリスクは日を追うごとに急激に高まります。とてもつらいことですが、一日でも早い決断が必要となります。

    卵管妊娠の場合
    子宮外妊娠のほとんどを占めているのが卵管妊娠です。

    卵管妊娠の治療には次の方法があります。どの治療を行うのかは妊娠の状態によって異なってきます。

    • 卵管切除:着床部位の卵管を切り取ってしまう方法です。そのため、切除した側の卵巣からの妊娠を望むことはできません。
    • 卵管切開:卵管を切り開き、受精卵を取り除いた後、再び縫合します。切除とは違って、卵管を残すことが出来るのがメリットです。
    • 薬物療法:MTXという抗がん剤を投与し、受精卵などの妊娠組織を消滅させます。この場合も卵管を残すことが可能です。

    卵巣妊娠の場合
    卵巣妊娠の場合も、基本的には卵管妊娠に準じた治療が行われます。

    • 卵巣切除:着床している方の卵巣を取り除きます。卵巣は女性ホルモンを分泌する場所でもあるため、PMSや更年期障害などが強く現れやすくなる場合があります。片側の卵巣のみの切除の場合は、再び妊娠も可能です。
    • 薬物療法:卵管妊娠同様にMTXを投与します。

    子宮頚管妊娠の場合
    子宮頚管妊娠であった場合、状況によっては子宮全摘出を行わなければなりません。
    しかし、状態によっては子宮を残すことは可能です。
    部分的な切除やMTX投与などがそれにあたります。

    腹膜妊娠の場合
    腹膜妊娠の場合、腹腔症や開腹手術で着床部位を切除します。
    場合によってはMTX投与も可能であり、再び妊娠することも望めます。

    場合によっては待機療法も
    正常妊娠であっても、初期には赤ちゃん側の要因で流産となってしまうことがあります。自然流産の確率は子宮外妊娠でも同じです。

    お腹の中で育つことが出来なかった赤ちゃんは、お母さんの体内に吸収されるか、自然に流産となりお腹の外に出されます。
    その時を待つのが待機療法です。

    待機療法は適応できるケースが非常に限定されてしまいますが、一番体への負担が少ない方法です。

    赤ちゃんと再開するためにすぐに治療を

    産科医療の発展によって、子宮外妊娠であっても再び妊娠を望める可能性は格段に高くなりました。

    今、お腹の中にいる命とは一度お別れしなくてはいけないのはとても悲しいことです。もういちどきちんと準備を整えてお母さんのもとに帰ってきてくれます。

    その時、今度こそ元気に産んであげられるように、今はお母さんの体を最優先に考えなくてはなりません。子宮外妊娠は、とにかく早期の発見と早期の治療が重要なのです。

    お母さんも赤ちゃんも、今はお互いに元気な対面をするための準備をする機会なのかもしれません。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 健康に産みたい!! 体外授精のリスクとその回避法とは

    体外授精という言葉は聞いたことはあるけど、具体的にはどうするのか分からないという方もいるのはないでしょうか?本記事では、体外授精をする上での母体と胎児のリスク、体外受精の回避法について紹介します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 体外授精とは
    3. 3. 体外授精の母体へのリスク
    4. 4. 体外授精の胎児へのリスク
    5. 5. 体外授精のリスクを避けるためには
    6. 6. まとめ

    はじめに

    なかなか子供に恵まれない方に希望を与えてくれるのが不妊治療です。
    その中でタイミング法等に効果がない方に行われるのが体外授精です。

    せっかく授かった赤ちゃんが元気に産まれて欲しいと思うのは誰もが同じではないでしょうか。
    そこで気になるのは体外授精によるリスクだと思います。

    今回は体外授精にはどんなリスクがあるのかを詳しく説明していきます。

    体外授精とは

    体外授精は不妊治療の1つで、通常は体内で行う授精を身体の外で行います。つまり、人工的に授精させ、分裂した卵子を子宮の中に移植する方法が体外授精になります。

    体外授精の母体へのリスク

    体外授精する上で気になるのが、そのリスクかと思います。
    具体的にどんなリスクがあるのかをご説明します。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    卵巣過剰刺激症候群
    体外授精は良い状態の卵子をできるだけ多く獲得する必要があるので排卵誘発剤が使われます。
    卵子過剰刺激症候群は排卵誘発剤の副作用で、卵巣に過剰な負荷をかける事で発症してしまいます。
    症状は腹痛、お腹に水が溜まる、吐き気、過剰な喉の渇き等が主になります。
    この症状は自然に治まる場合も多いですが、症状が酷い場合は排卵誘発剤の使用について医師に相談した方が良いでしょう。

    採卵による出血
    採卵とは卵巣で十分に成熟した卵子を卵巣に針を刺して取り出す事です。
    針を刺して卵子を取り出す時に出血する場合があります。
    ほとんどの場合、出血は自然に治まりますので問題ありませんが、出血が多い場合は輸血が必要になり、場合によっては開腹手術になる事もあるようです。
    また、針を体内に入れて採卵しますので、誤って子宮や膀胱、腸等の卵巣の近くにある臓器を刺してしまうリスクが伴います。
    この場合、血尿や不正出血を引き起こしますので異常を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

    採卵時の麻酔の使用
    採卵時、膣から卵巣まで針を刺すので当然痛みを伴います。
    昔は麻酔を使わないで行われていましたが、最近は全身麻酔や局所麻酔を使用してくれる病院が多くなりました。
    ただ、麻酔も強い薬剤を使用しますので、アレルギー反応によるショックや神経障害といった副作用が出てしまう方もいらっしゃいます。

    多胎児の妊娠
    体外授精の場合、双子を妊娠する確率は自然妊娠の2倍以上と言われています。
    お腹に胎児が2人いるので当然、母体への負担も1人を普通に妊娠する倍の負担が母体にかかりますので、切迫早産や帝王切開による出産のリスクも高まってしまいます。

    また双子の場合、妊娠高血圧症症候群に罹患する確率は通常の6倍に跳ね上がります。

    子宮外妊娠
    子宮外妊娠とは受精卵が卵管や腹腔等の子宮以外の場所に妊娠してしまう事になります。
    体外授精の場合、自然妊娠と比べて子宮外妊娠の可能性が高いです。
    この場合は残念ですが、堕胎せざるを得ません。
    ただ、自然妊娠でも一定の割合で起こってしまう事ですので悲観せずに早めに処置してもらいましょう。
    子宮外妊娠は自然妊娠の場合で1%、体外授精の場合でも約5%の確率で起こります。
    近年では細胞分裂がある程度進んでから受精卵を戻し、着床までの期間を短くできる胚盤胞移植という方法があり、子宮外妊娠のリスクの防止として注目されています。

    体外授精の胎児へのリスク

    体外授精する上で母体のリスクも気になりますが、これから産まれてくる我が子への負担はもっと気になるかと思います。

    ここでは、体外授精における胎児へのリスクをご紹介します。

    多胎児になる事での胎児の影響
    多胎児は自然妊娠でもリスクは同じですが、体外授精では多胎児の可能性も自然妊娠より可能性が高いので取り上げておきます。
    一卵性双生児のばあい、胎盤1つを2人で共有した状態が胎児にとって一番リスクが高いです。
    その中でも双児間輸血症候群は母からの血液循環が双方の胎児に均等に供給されずに起こります。
    血液が余分に流れてくる赤ちゃんは多尿、羊水過多、心不全になり、血液が思うように貰えない赤ちゃんは腎不全、羊水過少、発育不全になってしまいます。
    母体に現れる症状としては羊水過多の場合、腹囲が急増する事があり、子宮収縮の痛みを感じる、喉が渇く等があります。

    これの原因はまだ解明されてませんが、赤ちゃんを助ける為の処置の方法はありますので、異変を感じたら慌てずに先ずは受診しましょう。
    その他にも多胎児の場合、2500g以下の未熟児で産まれる事も多いですし、脳性麻痺や奇形等のリスクの懸念もあります。

    遺伝子異常等による男性不妊
    男性側に不妊の原因があって体外授精に踏み切った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    不妊治療が確立される前は染色体異常がある精子とは授精する確率が極めて低く、授精する事がなかったので遺伝する事もなかったのが、この遺伝子異常による男性の不妊です。
    今までは授精する事はなかったのですが、体外授精によって人工的に授精出来るようになって初めて遺伝性が明らかになりました。
    まだ研究が進められている段階ですが、今後、不妊治療する上で大事な指針になると思われます。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体外授精のリスクを避けるには

    体外授精のリスクの大半は必要なプロセスの結果として起こるので絶対ではありません。
    ただし、卵巣過剰刺激症候群や採卵による出血は症状が現れたら自己判断せずに医師に相談する事をお勧めします。

    不妊治療日々進歩していて、昔は排卵誘発剤で沢山卵子を取り出して何個も戻すのが主流でした。
    しかし、今は質の良い卵子を取り出せる場合は排卵誘発剤を使用しないケースも増えています。
    子宮に戻す受精卵の数も複数個ではなく、単体で戻しても妊娠する確率は変わらないと判断している医師もいらっしゃるようです。

    子宮外妊娠は自然妊娠でも起こり得る事ですので、体外授精をしたからと思う必要はないでしょう。
    リスクを避ける為には異常を感じたらすぐに医療機関を受診する事が大事になります。

    まとめ

    体外授精における母体のリスクは卵巣過剰刺激症候群、採卵における出血、採卵時の麻酔による副作用、多胎児の妊娠、子宮外妊娠です。

    胎児へのリスクは多胎児になる事での影響、男性不妊の遺伝の懸念です。

    しかし、これらのほとんどは不妊治療のプロセスで起こるものです。
    過剰に心配する必要はないですが、異常を感じたら自己判断したり、我慢せず、すぐに医療機関を受診しましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 体外受精と人工授精!方法、費用、受精率の違いは?

    不妊治療の方法として体外受精、人工授精という言葉を聞いたことがあると思います。しかし、いまいち違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?治療対象や方法や費用、受精率など違いを理解し、自分たちに合った方法を選びましょう。今回はこの二つの違いに注目しながら人工授精と体外受精の対象、方法、費用、受精率についてご説明します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 体外受精、人工授精の対象の違い
    3. 3. 体外受精、人工授精の方法の違い
    4. 4. 体外受精、人工授精の費用の違い
    5. 5. 体外受精、人工授精の受精率の違い
    6. 6. まとめ

    はじめに

    体外受精と人工授精、この二つの違いを説明できますか?

    どちらも不妊治療の方法として知られていますが、詳しい方法まで知っている方は少ないのではないでしょうか?

    今回はこの二つの違いに注目しながら人工授精と体外受精の対象、方法、費用、受精率についてご説明します。

    体外受精・人工授精の対象の違い

    不妊の原因というのは人それぞれ異なります。そのため、不妊の原因によって治療方法が異なってきます。

    〔人工授精〕
    人工授精は、主に男性側に不妊の原因がある場合に行われることが多い治療方法です。
    精子の数が少ない「乏精子症」、精子の運動率が低い「精子無力症」、勃起不全(ED)や逆行性射精などの性機能障害によって妊娠が難しい場合が対象となります。

    〔体外受精〕
    体外受精は主に女性側に不妊の原因がある場合に行われることが多い治療方法です。
    女性が抗精子抗体を持っていることで精子の進入や受精が妨げられてしまったり、卵管の両側に機能不全がある場合などが対象となります。

    〔原因不明の場合は?〕
    不妊の原因が不明の場合には、身体への負担が比較的少ない人工授精を行い、人工授精を5回行っても妊娠できない場合には体外受精への移行を考えます。

    体外受精・人工授精の方法の違い

    不妊の原因により体外受精・人工授精を選びますが、治療方法はどのように違うのでしょうか。
    詳しくみていきましょう。

    〔人工授精の治療方法〕
    人工授精は人工的に卵子近くの子宮内に精子を送り込んで妊娠しやすくするという治療方法です。

    受精が行われる卵管までたどり着く精子の数を増やすことで妊娠の確率が上がります。
    人工授精は排卵日を予測し排卵直前~排卵直後の期間に人口受精を行います。

    自然妊娠に近いため、身体への負担は比較的少なくて済むのがメリットです。

    〔体外受精の治療方法〕
    精子と卵子を採取し体外で受精させ、受精卵をある程度の成長段階まで培養し、子宮に戻すという治療方法です。

    不妊の原因が不明な場合や、自然妊娠率が下がる30代後半~40代になると、人口受精より体外受精を行う女性が増えます。

    〔卵子の凍結保存〕
    体外受精の場合、女性の体内から採取した卵子を凍結し、長時間保存しておくことができます。
    排卵された卵子を採取し、-196度の超低温液体窒素で凍結して保存するのです。

    卵子は女性の年齢が上がるにつれて老化し、妊娠の確率が下がるため、若いうちに未授精の状態で卵子の凍結保存をするという女性も増えています。

    凍結保存した卵子は、妊娠したい時に解凍し体外受精をし、受精卵を子宮内に戻します。

    日本生殖医学会のガイドラインでは、卵子の採取は40歳まで、受精卵の移植は45歳までというルールが定められています。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体外受精・人工授精の費用の違い

    それぞれ治療法が違う体外受精と人工授精ですが、費用はどうなのでしょうか?

    体外受精や人工授精は自由診療の扱いになるため保険が適用されません。

    この二つは、それぞれの1周期あたりの費用が大きく異なります。

    人工授精は1回あたり約2~3万円が一般的で、体外受精になると1回あたり約10万円~30万円となります。

    さらに体外受精の場合は培養した受精卵を元に戻すための費用が別途かかるので、全部で約100万円程度の費用がかかることもあります。

    また卵子を凍結保存できると先ほど紹介しましたが、そのための費用も保険適用外なので約70万円~100万円と高額です。

    さらに卵子1つにつき年間約1万円の保管料を毎年払い、凍結した卵子を解凍し体外受精を行うには約30万円~50万円の費用がかかります。体外受精だけではなく、卵子の凍結保存もする場合には高額な費用がかかることも覚えておきましょう。

    この費用についてはあくまでも一般的な費用なので、かかる病院により費用が異なる場合もあります。事前に病院に確認しておくのが良いでしょう。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体外受精・人工授精の受精率の違い

    体外受精と人工授精の場合受精率にはどれくらい違うのでしょうか?

    日本産婦人科学会の2012年のデータによると、人工授精は約5%、体外受精は約15~25%となっています。

    また、どちらの方法にしても女性の年齢が上がるにつれて妊娠、出生率は下がるという結果も出ています。

    32歳頃までは約20%の出生率ですが、32歳を超えると年齢と共に1%ずつ、37歳を超えると2%ずつ出生率が下がり、流産の可能性が高くなるようです。

    まとめ

    不妊の原因は人それぞれ違うので、自分たちに合った治療方法を見つけることが大切です。

    男性に原因がある場合、女性に原因がある場合で治療方法が異なりますので、不妊治療を始める場合にはご主人の協力も必要不可欠です。

    また人工授精に比べると体外受精は妊娠、出生率が上がりますが、その分費用も上がります。
    治療を始める際には夫婦でよく話し合い、二人が納得できる方法で行うようにしましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 体外受精で助成金を受け取れる?不妊治療の助成金を徹底解説

    不妊治療は保険適用外のものが多いため、高額な費用がかかるのが現実です。いつ妊娠、出産できるのか確かではなく、費用も高額となるとなかなか不妊治療に取り組めないという方もいるのではないでしょうか?しかし、不妊治療には助成金制度があるのです。今回は、助成金制度の受け取り条件や金額、助成金申請の手続きの仕方などをご紹介します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 不妊治療の助成金制度
    3. 3. 助成金の受取り条件
    4. 4. 受け取れる金額
    5. 5. 助成金申請の手続き
    6. 6. 体外受精に関する助成金
    7. 7. まとめ

    はじめに

    不妊治療に対する関心は年々高まってきています。
    不妊治療の実施件数も増え、子どもが欲しいと望む方々の選択肢のひとつとして確立しています。
    しかし、不妊治療というと高額な治療費がかかるイメージが強く、それが理由で治療に踏み切れない方々もいるのではないでしょうか?

    しかし、不妊治療には助成金制度というものがあるのです。

    今回は、助成金制度の受け取り条件や金額、助成金申請の手続きの仕方などをご紹介します。

    不妊治療の助成金制度

    不妊治療にはいくつか治療方法があり、タイミング法は保険適用となりますが、それ以外の人工授精や体外受精などの治療方法は保険適用外となり費用はすべて自己負担となります。

    人工授精であれば1回15,000円程度ですが、体外受精となると1回20~50万円と高額な費用がかかります。

    さらに妊娠することができずに治療期間が長くなると、その分費用が重なります。

    そのため、不妊治療に取り組む人の経済的負担を減らすために、厚生労働省は特定治療支援事業制度を設けています。

    自治体の指定を受けた医療機関で不妊治療を受けた場合に助成金を受け取れるという制度です。

    助成金制度は都道府県が実施している制度と市区町村が独自に実施している制度の2種類があり、それぞれ対象となる治療方法などの内容が異なります。

    都道府県が実施している場合は、体外受精、顕微授精が対象となり、タイミング法や人工授精などは対象外です。

    市区町村の制度では人工授精やタイミング法なども対象になる場合や、通院にかかる交通費が支給の対象になることもあります。

    助成を受けられる上限や回数などもそれぞれの自治体によって異なるので、制度を利用する場合には事前にお住いの都道府県や市区町村に問い合わせ調べておきましょう。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    助成金の受取り条件

    助成金を受け取るにはいくつかの条件があります。

    〔自治体の指定を受けた医療機関での治療〕
    助成金制度を利用するには、自治体の指定を受けた医療機関で不妊治療を行うことが条件です。
    それ以外の医療機関で不妊治療をした場合には制度を利用することができないので注意しましょう。
    これから不妊治療を行い、助成金制度を利用することを考えている場合には、自分が通院する予定の病院が指定医療機関であるかを確認する必要があります。

    〔年間所得730万円未満〕
    夫婦2人分の所得の合計が730万円未満でなければ助成金を受け取ることができません。
    ごく一部所得制限がないという自治体もありますが、ほとんどの場合は所得制限があります。
    所得制限で助成金が受け取ることができない場合には、医療費控除や高額療養費制度を利用することができます。

    〔戸籍上の夫婦〕
    助成金を受けることができるのは、戸籍上の夫婦のみに限られています。

    事実婚や内縁関係などの場合には、この制度を利用することができません。
    助成金の申請をする時には夫婦それぞれの住所や戸籍を確認できる書類を提出する必要があります。

    〔不妊治療が必要であること〕
    体外受精や顕微授精などの治療方法でなければ妊娠する見込みがない、妊娠する可能性が極めて低いと診断された場合に助成金を受け取ることができます。

    受け取れる金額

    助成金として受け取れる金額は都道府県や市区町村により異なります。

    国が定めている助成金の限度額は、体外受精、顕微授精1回につき15万円です。

    ただ、以前に凍結した卵子を解凍し移植を実施したり、採卵したが状態が悪く治療を中止したなどの場合には7.5万円になります。

    都道府県や市区町村によってはさらに上乗せされるというところもありますので、お住いの自治体に問い合わせてみましょう。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    助成金申請の手続き

    助成金の申請は申請期限内に自治体の窓口で手続きしなければなりません。

    ほとんどの場合、申請期限は不妊治療が終了した日の年度内(3月31日)までに行わなければなりません。

    一部の自治体では治療終了した日から60日以内、治療終了した日が属する年度の翌年度4月末までといったところもありますので自治体に確認してみましょう。

    必要とされる書類は各自治体により異なりますが、

    • 住民票
    • 戸籍上夫婦であることがわかる資料
    • 自治体で指定された医療機関の領収書、明細

    これらの書類を各自治体の窓口に期限内に提出しなければなりません。

    体外受精に関する助成金

    不妊治療の方法はいくつかありますが、体外受精であれば都道府県が実施している制度の対象となります。

    市区町村が実施している制度でも対象となる場合が多いです。

    ごく一部ではありますが、体外受精に対し企業独自の健康保険組合や共済会で助成をしてくれるところもあります。1夫婦につき10回まで、初回は10万円、2回目以降5万円の助成をしてくれるという事例もあります。

    まとめ

    今回は、助成金制度の受け取り条件や金額、助成金申請の手続きの仕方などをご紹介しました。

    助成金の金額や手続きは、都道府県や市区町村によって内容が異なるので、事前に調べておきましょう。

    また、指定された医療機関でなければ助成金を受け取ることができないので、病院を選ぶときには注意が必要です。

    助成金制度を活用して、不妊治療の負担を減らしましょう!

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 体外受精での新鮮胚移植の方法が知りたい!

    妊娠・出産を望んでいるにもかかわらず子どもを授かることができない時には、男女ともに不妊症の検査や治療を行います。本記事では、体外受精の中でも新鮮胚移植という方法を取り上げ、新鮮胚移植とは何なのか、移植の注意点やスケジュール、着床率、移植後の症状や注意点をご紹介します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 体外受精の新鮮胚移植とは
    3. 3. 新鮮胚移植の方法
    4. 4. 新鮮胚移植のスケジュール
    5. 5. 新鮮胚移植後の着床率
    6. 6. 新鮮胚移植後の症状や注意点
    7. 7. まとめ

    はじめに

    不妊治療は一般的に精子と卵子がタイミングよく出会うように施す治療や、人工的に精子を女性の子宮に注入する人工授精などがあります。以前はこれらの治療で妊娠が出来なかった場合は諦めるしかありませんでしたが、体外受精によって子供を授かるチャンスが広がりました。

    体外受精は精子と卵子を体外で出会わせてできた受精卵(胚)を子宮に移植し、着床させ、妊娠・出産に導くものです。

    今回は、体外受精の中でも新鮮胚移植という方法についての着床率、移植後の症状や注意点をご紹介します。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体外受精の新鮮胚移植とは

    新鮮胚移植とは、一度の月経周期のうちに女性から卵子を取り出し、受精させ、胚を移植する体外受精の方法です。

    体外受精には他にも胚を凍結して次回以降の月経周期に移植する凍結胚移植があります。

    体外受精では排卵誘発剤処置などで女性から1~複数個の卵子を採ってその全てを受精させます。それらの中から最も妊娠の可能性の高い胚(発生をはじめたばかりの受精卵)を選び出し、移植します。

    このときに、子宮が着床する準備が十分に出来ていない場合には、胚を凍結させて次の移植のチャンスを探ります。

    新鮮胚移植の方法

    体外受精による不妊症治療を始めるにあたって、まずは治療周期に関する説明があります。
    生活との兼ね合いや1回の治療で子どもが授からない場合の事前相談などを積極的にする事をおすすめします。
    次に、卵子を採る確率を上げるための排卵誘発剤の前処置などを受けるか否かの選択と、受ける場合には前処置の開始があります。この排卵誘発剤処置は通院か自己注射かを選ぶことができます。
    良く使用される排卵誘発剤を下にまとめます(括弧内は商品名)。

    【卵胞を育てる薬】

    • クロミフェン(クロミッド、セロフェン、スパクロミン錠)
    • シクロフェニル(セキソビット)
    • レトロゾール(フェナミーラ)
    • アナストゾール(アリミデックス)
    • HMG(HMGテイゾー、フェリング、hMGコーワ、hMG「F」)
    • FSH(フェリルモンP、ゴナピュール)
    • recFSH(フォリスチム、フォリスチムペン、ゴナールF、ゴナールFペン)

    【卵胞の成長のコントロールと排卵を抑制する薬】

    • GnRHアゴニスト(スプレキュア、プセレキュア、イトレリン、フセット、ナサニール、ナファレリール、リュープリン、リュープライド)
    • GnRHアンタゴニスト(ガニレスト、セトロタイド、セトロレニックス)

    【卵胞の成熟と排卵を促す薬】

    • hCG(ゴナトロピン、hCGモチダ、プレグニール、hCG「F」、HCG)
    次に、女性から卵子を男性から精子を採取します。

    採卵前に超音波検査で卵子の入った卵胞が発育していることを確認できます。

    採卵は、麻酔下でモニターを見ながら卵胞をチューブで吸い出します。
    採取した精液からは運動性の高い精子を選んで濃縮します。

    その後の受精には卵子に精子を振りかける体外受精法と顕微鏡下で精子を卵子に細い管で注入する顕微授精法の2つがあります。

    受精卵(胚)は専用の機器内で培養し精子が卵子と融合しているか、胚が正常に胎児へと変化する準備をしているかを顕微鏡で確認します。最も状態良く胎児へ変化する準備が整った胚を専用のチューブを使って子宮の内膜に移植し着床させます。

    その後、尿の妊娠反応で妊娠の有無を確定します。

    新鮮胚移植のスケジュール

    以下に治療の流れを示します。
    • 【採卵当日】採卵と採精を行い体外で卵子と精子を出合わせます。
    • 【採卵1日後】受精しているかを顕微鏡で確認します。
    • 【採卵2~3日後】卵割が起こっているかを顕微鏡で確認します。
    • 【採卵5~6日後】卵割が順調に進んでいるかを顕微鏡で観察します。
    • 【採卵2~6日後】子宮内膜の状態に合わせて卵割した胚を子宮内に移植します。
    • 【採卵約2週間後】着床し妊娠したことを判定します。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    新鮮胚移植後の着床率

    これまでの説明にあるように、体外受精には多くのステップがあります。どの段階からの成功率なのか、また着床をどのように確認したかによって成功率は大幅に変わります。

    ここでは日本産婦人科学会のデータを参考に、採卵してから子宮内に胎児の入っている袋(胎嚢)が確認できた時点を着床成功とします。

    1991年では採卵してから着床まで確認できた割合は15.5%でした。その後わずかにですが着床率は上がり、16.3%(1994)、18.5%(1997)、21.0%(2000)、23.0%(2003)となりました。

    その後は横ばいで現在でも22%前後という数値です。1回の治療における数値は決して高いものではありません。

    新鮮胚移植後の症状や注意点

    妊娠の確立を高めるために多く数の胚を移植することが考えられます。すると、多胎妊娠になる可能性が高まり母体と子供の安全が問題となります。

    日本産婦人科学会では2008年に原則1胚移植のみにすること、35歳以上の女性で2回以上妊娠不成立であった場合では2胚移植まで認めることが決められています。しかし、最近では1胚移植と2胚移植で妊娠率に差が無い事が分かっています。

    また、多くの体外受精実施施設で多胚妊娠の説明があります。多胚妊娠になった場合でも引き続きケアするために、新鮮胚移植施設と周産施設は連携していることが多いです。

    まとめ

    今回は、体外受精の方法のひとつである新鮮胚移植をご紹介しました。
    体外受精をする場合は、夫婦、家族で事前に治療の期間や方法についてきちんと話し合いをすることが大切です。
    事前の準備を入念にし、治療に専念できるようにしましょう!

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 体外受精から排卵誘発法の特徴までを解説   

    不妊症である多くの人の悩みを解決している体外受精ですが、よりよい妊娠へと導くには排卵を正常にすることが大切となってきます。実際に取り組むにしてもある程度の知識は持って臨みたいものです。体外受精から排卵誘発法の詳細までを解説いたします。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 体外受精とはこういうもの
    3. 3. 体外受精で用いられる排卵誘発法とは
    4. 4. 排卵誘発方法5つの特徴
    5. 5. 排卵誘発方法を選ぶときに留意すること
    6. 6. まとめ

    はじめに

    体外受精が世界に誕生したのは1978年のイギリスが最初です。今では日本においても普及率は目まぐるしく、産まれてきた赤ちゃんの50人に1人は体外受精によって命を授かったといわれます。

    不妊に悩む多くの夫婦が体外受精法によって新たな道を歩むようになりました。その「体外受精」とはどんなものなのか、「排卵誘発」とはどんなものか、詳しく見てみましょう。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体外受精とはこういうもの

    体外受精(ART)は女性の卵子と男性の精子を体外に取り出し、シャーレのなかに共に保存することで自然な受精をさせ、細胞分裂が一定の段階まで進んでから子宮に着床させる方法です。

    似たような方法に人工授精がありますが、体外受精との違いは自力で排卵するのを待ってから受精させるか、排卵をさまざまな力を使って誘発するかという排卵方法の部分になります。

    性行為によって受精させるかどうかの違いはありますが、受精卵を着床させたあとはお腹の中で赤ちゃんが育つ過程においては差がないので親となる実感は自然妊娠とは差異がありません。
    人工授精でも難しいと判断された方たちの不妊治療の最終療法となります。

    適応する人は?

    • 卵管が閉塞している場合
    • 手術などで卵管がない場合
    • 抗精子抗体と診断された場合
    • 子宮内膜症
    • 女性の年齢が高く卵子の老化が考えられる場合
    • 男性が乏精子症や精子無力症
    • 免疫系の疾患が原因の不妊症

    どんな流れ?

    • 各選択方法で排卵を促す
    • 膣内から卵子を採取する
    • 自宅または病院で射精によって精子を採取
    • 培養容器内(シャーレ)で卵子と精子を自然受精させる(3~12時間)
    • 細胞分裂させる(3~4日)
    • 膣から受精卵を女性の子宮内にもどす
    • 妊娠判定(2~4週間後)
    • 体外受精で用いられる排卵誘発法とは

      体外で卵子と精子を受精させる前段階として排卵を促進させる手法が用いられます。
      排卵はあるけれど毎回ではなく不規則に起きる方や自力では排卵が起きないといった方を適応として排卵をサポートするわけですが、排卵誘発はただ卵子を引き出すのではなく、卵子を正常な機能を維持させるように育てるという目的のものです。

      受精に対して体外で行われる方法も多くの改良方法が生み出されていますが、体内環境で卵子に受精能力を高める自然な方法には勝てません。そういった点でも排卵誘発が重要となります。誘発方法としては排卵誘発剤を内服薬として投与か、注射によって投与かという2種類があります。

      不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

      お近くの治験情報を全国から検索できます。

      排卵誘発方法5つの特徴

      排卵誘発方法は排卵誘発剤の使い分けだけではなく排卵を抑制しながら必要なタイミングで排卵を誘発する、あるいは卵巣への刺激の大きさや効果の強弱によっても方法の種類は変わってきます。
      刺激の大きさで分類すると5種類に大別されます。

      完全自然周期
      内服でも注射でも排卵誘発剤を一切使わない方法です。
      その人が持っている排卵周期に合わせて採取するものですので培養する卵子は一つとなります。女性の卵巣や体に負担をかけないことが最大のメリットであり、その分複数の卵子に比べると受精の確立が低くなる、採卵も複数回になると費用も高くなるというデメリットがあります。

      低刺激周期
      排卵誘発剤を内服薬として投与し卵子を数個育てる方法です。
      経口薬剤といっても卵巣に与える刺激が少なく、注射を打たなきゃならない苦痛からも逃れられ負担が軽い用法です。
      またできるだけ自然体に近い方法ですので、その分卵子の質が良いとされます。
      しかし排卵のタイミングが合わなかいことや卵子が基本的に1個のため受精しにくいというデメリットがあります。

      高刺激(ショート法)
      1ヶ月で採卵するというもので、月経が開始してからGnRHアゴニスト製剤を投与し(点鼻薬)、排卵させないようにホルモンをコントロールしながら、卵胞を育てるためのhMG製剤の注射も並行して行います。
      採卵日が決定したら今度はhMG製剤を中止して、排卵を促す作用のhCG製剤を投与し採卵となります。

      治療期間が短いので時間の拘束が少なく、投与する薬も少なくて済みます。しかしhCG注射の副作用で卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすいというデメリットもあります。

      高刺激(ロング法)
      月経1か月前からGnRHアゴニスト製剤を投与し排卵を抑制します。hMG注射で卵子の成長を促し、採卵日が決まってからhMG製剤を中止して、排卵を促す作用のhCG製剤を投与し採卵となります。

      ショート法に比べて採卵日を調整しやすく、育てた卵子の数も多くなるので妊娠率が高くなります。反面、注射の回数も多く苦痛、治療費も高額となる、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクもあるというデメリットがあります。

      高刺激(アンタゴニスト法)
      排卵反応を抑えるためにアゴニスト製剤を使用しますが、同じような働きをするアンタゴニスト製剤を注射で投与する方法です。
      点鼻薬は約3週間にもわたって投与していかなければならないのに対して、排卵のタイミングを見てから投与できるというメリットがあります。デメリットは注射の苦痛や費用が高価という部分になるでしょう。

      排卵誘発方法を選ぶときに留意すること

      女性の年齢や妊娠歴、流産歴、卵巣や子宮の機能、女性ホルモンの状態などが選択するためのベースとなります。

      女性の体を重要視するならば完全自然法から低刺激法が良いと思われますが、卵子の老化などがあっては適応しないこともあります。
      また多嚢胞性卵巣症候群などで排卵コントロールが難しい場合や確実性を一番重視するには高刺激法が適応することになるでしょう。しかし、治療期間や費用なども関わってきますので、まずは担当医師としっかり話し合うことが必要です。

      まとめ

      体外受精を決定したとしても排卵誘発方法が変わってきます。
      個人の環境や体の状態に合わせてテーラーメイドされますので種類も多くなります。

      良いとされている方法でも自分には合わないとか費用や治療期間の融通さも必要になってきます。なによりも体にとって負担がゼロのものはありませんので、しっかりと内容を把握し、医師との相談を重視することが必要です。

      治験に関する詳しい解説はこちら

      治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

      治験・臨床試験についての詳しい説明

      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 人工授精で着床したらどうする?成功させる為には

    不妊治療で人工授精をしようと思う方に人工授精の方法や流れ、着床した後の身体の変化、妊娠を成功させる為にどんな事に気を付けて生活した方が良いのかをご紹介します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 人工授精とは
    3. 3. 人工授精の着床時期
    4. 4. 着床後の身体の変化と過ごし方
    5. 5. 着床後の成功率
    6. 6. まとめ

    はじめに

    子供が欲しくても何らかの理由で自然妊娠でが子供が授かれない夫婦にとって一縷の望みである体外授精ですが、着床してから妊娠が確定するまで安心できませんよね?

    せっかく着床したんだから妊娠したいと思うのは当然です。

    せっかく授精してくれた命を育てる為にできる事を考えていきましょう。

    人工授精とは

    人工授精は予め採取しておいた夫の精液を直接子宮腔内に注入する方法です。

    最近は精液を直接注入するのではなく、運動精子のみ注入するのが主流になっています。
    選別する事で妊娠率が上がり、副作用も少ないと言われています。
    この方法は男性不妊の場合に適用される事が多いです。

    人工授精の方法と流れ
    人工授精は母体の状態が大事になります。

    準備は排卵前から始まっていて、人工授精を行って妊娠しているかを確認するまでが1つの流れになります。

    では、順を追って説明しますね。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    1.排卵日の推測
    これは生理がきてから7日以内に行われ、人工授精の成功率を上げるポイントになります。

    生理になった段階から次の排卵日に向けて準備を進めていかなくてはなりません。

    何故なら次の排卵日に合わせて精子を注入するからです。

    排卵方法は母体の状態に合わせて完全自然排卵と排卵誘発剤を使用して排卵させるかの選択が行われます。

    理想は完全自排卵ですが、昨今は晩婚化の影響で妊娠する母体も高齢になっていて、良い卵子が作れない為、排卵誘発剤が使用するケースが多いです。

    生活習慣を見直し、バランスの良い食事、質の良い睡眠等、身体の調子を整えましょう。

    また冷え性も大敵ですので、身体を冷やさない様に心がけましょう。

    2.排卵前検査
    生理10日から12日の間に行われます。

    超音波検査で直接卵胞の成長を確認したり、排卵検査薬で黄体ホルモンを測定し、排卵日を正確に予想する為、非常に大事な検査です。

    排卵日は個人差や体調によって変わってくるので、人工授精をする際の重要ポイントと言っても良いでしょう。

    排卵日を特定した上で、人工授精に向けての準備をします。

    3.排卵日
    目安は大体ですが生理12日以降になります。

    排卵してから24時間以内のタイミングで人工授精する様に定期的に病院に通う必要があります。
    ここも重要で、排卵してから猶予は24時間しかないんですよね。
    ここを逃すと次回の排卵日まで治療はできませんので注意が必要です。
    この時、女性は排卵しているかを確認しに病院に行き、男性は排卵に備えて採取した精子を病院に渡す必要があります。
    この場合、自宅か病院でマスターベーションを行って指定の容器に入れて提出します。

    そして病院は精子中の雑菌を洗浄を行い、排卵していると確認してからその精子を細いチューブを使って母体の子宮に注入します。
    精子を洗浄する理由は子宮に直接注入するので、雑菌によって卵管炎を引き起こしたり、精子に含ませているプラスタグランジンという物質が子宮の収縮を促してしまう効果があるので、それらのリスクを最小限に抑える為です。

    4.妊娠確定
    人工授精してから14日後に妊娠の判定を行い、着床してない場合は再度人工授精を行います。
    この間、当然ですが、喫煙や飲酒は控えましょう。
    また夫婦生活においては問題ないとされていますが、医師の判断に従いましょう。

    人工授精の着床時期

    精子を注入した後の妊娠の流れは自然妊娠と同じになります。

    卵子と精子が授精するまで1~3日、受精卵が子宮内膜に着床するまで約7日、子宮内膜に受精卵が潜り込むのに約5日かかるので、その前に調べても妊娠検査結果を正確に知る事が出来ないんですね。

    よって授精してから妊娠が確定するまで2週間位が目安です。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    着床後の身体の変化と過ごし方

    着床後に出る症状は以下の通りです。

    1.着床痛
    着床前後に下腹部にチクチクする痛みを感じる場合があります。

    2.着床出血
    着床のタイミングで子宮内膜から出血する場合があります。
    これはおりものに似ていて、薄茶色や薄ピンク等の出血です。
    1日から2日で治まる人もいれば、1週間以上続く方もいらっしゃり、個人差が大きいです。

    3.着床後の体温
    高温期が続きます。
    2週間以上続く場合、妊娠している可能性が高いです。

    4.おりものの変化
    おりものは膣内の自浄作用を担っていて普段から分泌しているものですが、着床して妊娠すると黄体ホルモンや女性ホルモンの分泌が増えるのでおりものの量も増える事が多いです。

    5.その他の症状
    寒気や咳、微熱、喉の痛み、くしゃみ、頭痛等、風邪や生理前のような症状が現れる事があります。
    間違えて薬を飲んでしまったら大変です。
    予め妊娠したらこういう症状が出るんだなと知っておく事が大事になります。
    そして着床したらどう過ごすべきか。
    それは赤ちゃんの為に生活習慣の見直しをしましょう。
    特に重要なのは食事を睡眠です。
    食事は1日3回、栄養バランスを考えたメニューにしましょう。
    妊娠初期は葉酸を積極的に摂取するよ良いと言われています。
    何故なら葉酸は細胞分裂に必要な栄養素だからです。
    葉酸を摂取する事で神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天性疾患の予防に繋がる事が分かっています。
    そして食事と同じくらい大事なのが睡眠です。
    不規則な睡眠時間では体調を整えるのが難しいんですね。
    なるべく同じ時間に寝る習慣を心がけましょう。

    着床後の成功率

    人工授精での着床率は約5%と決して高い確率ではありません。

    しかし人工授精を行った場合、人工授精を行って成功した夫婦の殆どは一度では妊娠できず、大体3~4回位で妊娠すると言われています。
    そして着床してから妊娠が成功する確率は20%です。
    ただ、健康な男女が排卵のタイミングで夫婦生活を行った場合でも5~6組中、1組位しか成功しないんですよ。

    そう考えるとそんなに悲観する数値ではないでしょう?

    人工授精の場合、1回目より2回目、3回目で成功する確率の方が高いのが特徴です。
    ただ、回数の目安は5回と言われていますし、母体の状態や不妊の原因等によっては早めに打ち切って次の段階に移行する場合もあるようです。

    まとめ

    人工授精とは予め採取しておいた精子を直接子宮に注入して妊娠を促す不妊治療の1つです。
    これを行う場合、生活習慣を見直し、妊娠しやすい身体を作っておく事が大事になりますす。
    人工授精してから着床して妊娠が確定するまでの過程は自然妊娠と同じです。

    そして着床後に出現する症状を知っておく事も妊娠に備える上で大切です。
    普段から健康的な生活を送る事が不妊治療に向けた第一歩といえるのかもしれませんね。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 人工授精で助成金がもらえる?条件や手続きについて

    以前に比べると不妊治療を行っているご夫婦も増えてきていますが、不妊治療は保険適用外ということもあり高額な費用がかかってしまうために一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか?しかし、人工授精をする場合に都道府県からの助成金が出る場合があるのをご存知ですか?人工授精の助成金制度について詳しくみていきましょう。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 人工授精とは
    3. 3. 人工授精の助成金制度とは
    4. 4. 都道府県によっての助成金の違い
    5. 5. 助成金の条件と金額
    6. 6. 助成金申請の手続き
    7. 7. まとめ

    はじめに

    人工授精も一般に認識され始め、不妊治療を行う夫婦は年々増えています。
    しかし、高額な治療費のために、人工授精を諦めている方々も多いのではないでしょうか?
    そんな方々に知って欲しいのが人工授精の助成金制度です。

    今回は、人工授精の助成金制度の条件と金額、申請手続きについてご紹介します。

    人工授精とは

    人工授精とは、女性の体内に人工的に精子を送り込み受精させる方法です。

    精子の数が少ない、精子が膣内でうまく射精されないなど男性側に不妊の原因がある場合には人工授精が行われ、妊娠する確率を上げます。

    身体への負担が比較的少なく、自然妊娠に近い治療方法です。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    人工授精の流れ
    人工授精は排卵に合わせて精子を注入することが必要なので、生理~7日以内に排卵日の予測をします。
    生理10~12日で超音波検査、排卵検査薬などで排卵日を正確に予測し人工授精に向けての準備を行います。
    排卵から24時間以内のタイミングで人工授精を行うために女性は定期的に通院し、男性は排卵に備えて採取した精子を病院へ渡します。
    女性が排卵していると判断されたら、細いチューブを使い女性の体内へ精子を送り込みます。
    人工授精後は着床する可能性を高めるための処置を行い、人工授精を行ってから14日後に妊娠しているかの判定を行います。
    着床していない場合には、再度人工授精をします。

    人工授精の助成金制度とは

    人工授精をはじめとする不妊治療は保険適用外なので、不妊治療にかかった費用はすべて自費となります。
    しかし、あまり知られていないのですが、不妊治療に対する助成金制度があるのです。
    助成金制度とは都道府県が実施している制度、市区町村が実施している制度の2種類があり、それぞれ内容が異なります。
    また、年齢によって助成を受けられる回数が異なり、上限回数も設けられています。

    ️都道府県によっての助成金の違い

    先ほど紹介しましたが、助成金制度には2種類あり、都道府県が実施している制度と市区町村が実施している制度があります。

    都道府県が実施している制度では、不妊治療の中でも体外受精、顕微授精が対象となるため、治療方法が人工授精の場合は助成金を受け取ることができません。

    市区町村が独自で実施している制度は、内容が市区町村によって異なります。

    • 都道府県同様体外受精、顕微授精が対象となる
    • タイミング法や人工授精を行った時点で対象となる
    • 通院にかかる交通費を対象とする

    人工授精を行った場合には、市区町村の制度で助成金を受けることができる可能性があるので、お住いの市区町村に問い合わせると良いでしょう。

    ️助成金の条件と金額
    都道府県、市区町村の制度を利用するときの条件や金額について詳しくみていきましょう。

    〔条件〕
    助成金を受け取るには条件があります。

    申請日現在、申請する都道府県に住所を有し、指定されている医療機関で不妊治療を行っている戸籍上の夫婦が助成金制度を利用できます。

    また、夫婦の合算年間所得額が730万円未満の方が対象です。
    助成金制度を利用できるのは、43歳までと決められているところもあります。

    〔金額〕
    助成金の金額はそれぞれの都道府県、市区町村によって異なります。

    また、金額は不妊治療の進み方により治療ステージという段階が設けられていて、治療ステージによって金額が変わってきます。国が定めている金額では、7.5万円~15万円です。

    卵胞が発育しない、採卵準備中、体調不良などで治療中止という場合には対象外となり、助成金を受け取ることができません。

    この金額はあくまでも国が定めている金額ですので、都道府県や市区町村によってはさらに金額が上乗せされるという場合もあります。金額についても住んでいる都道府県、または市区町村に確認してみましょう。

    不妊症の臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    助成金申請の手続き
    助成金の申請は不妊治療が終わった後に必要な書類を提出し、申請を行います。

    〔保健所〕

    • 特定不妊治療費助成事業申請書
    • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書

    〔病院〕

    • 指定医療機関が発行した治療費の領収書
    • 指定医療機関が発行した治療費の明細(領収書で確認できる場合は省略できます)

    〔市区町村の役場〕

    • 夫婦それぞれの住所を確認できる書類
    • 戸籍上の夫婦であることを証明する書類
    • 夫婦それぞれの前年の所得金額、所得控除の内訳が記載された証明書

    これらの書類を準備し提出をするのですが、市区町村独自の制度を利用する場合には必要書類や提出先などが異なる場合があるので、各市区町村に確認して下さい。
    また、申請は不妊治療が終了した日が属する年度内(3月31日まで)に行わなければなりません。

    まとめ
    不妊治療は保険適用外のため高額な費用がかかります。

    ぜひお住いの都道府県、市区町村の助成金制度を調べてみて下さい。
    助成金を受け取ることができれば、不妊治療という新たな一歩を踏み出せるかもしれません。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 不妊治療ってどうなの?不妊治療の内容、料金、成功率、注意点について説明します。

    不妊治療という言葉は聞いたことがあっても、その治療内容、費用、効果まではあまり知らないという方もいるのではないでしょうか?しかも、不妊症は病気ではなく症候群のため、原因も何も関係なしに理由は分からないのです。不妊治療は努力してもできないという方にとって良い手段になる可能性もあります。今回はそんな不妊治療の概要について説明します。
    1. 1. はじめに
    2. 2. 不妊治療とは
    3. 3. 不妊治療の検査の内容、タイミング
    4. 4. 不妊治療の内容・料金、成功率
    5. 5. 不妊治療を行うときの注意点
    6. 6. まとめ

    はじめに

    不妊治療という言葉は聞いたことがあっても、その治療内容、費用、効果などの実態まで詳しく把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。

    晩婚化に伴い、現在は実に新生児約21人に一人が体外受精によって生まれているのです。

    赤ちゃんがほしいと思ったときに自然に授かれることがベストですが、不妊治療という手段をよく知っておくことが自分やパートナー、生まれてくる赤ちゃんにとっても良いことであったりします。

    今回はそんな不妊治療の概要について説明します。

    不妊治療とは

    不妊の定義
    そもそも不妊症とは、避妊なく性交渉をしても1年間妊娠しないものを言います。
    (以前は2年間とされていましたが、近年では1年間とされています。)

    不妊症のカップルは10組に1組いると言われていますが、近年の晩婚化、あるいは妊娠を希望する年齢が上昇していることもあり、その割合はもっと増えているとされています。

    不妊治療
    不妊治療は妊娠しにくい原因を調べて治療することと、妊娠の可能性を高める治療とで構成されます。不妊の検査をしながら、いくつかの治療法を試し、段階的に治療法をアップしていきます。

    不妊治療はタイミング法などの一般的不妊治療と体外受精などの特定不妊治療に分類されます。
    詳細については後述しますが、特定不妊治療の方が料金は高額になります。

    治療開始から妊娠成立までには平均で2年から3年程度かかるとされています。

    不妊治療の検査の内容、タイミング

    検査は婦人科で行います。

    各種検査
    次に述べるような検査(ここに紹介するのは一部であり、この他にも検査はあります)を行い、不妊の原因が男性にあるのか、女性にあるのかを調べ、今後の治療方針を決定します。

    原因は男性にある場合と女性にある場合が半々とされています。
    また、詳細な検査を行っても原因が特定できない場合(全体の1割程度)もあります。

    検査には健康保険が適応(一部保険適応外の場合もあるため注意が必要)され、自己負担は数千円から1万円程度となっています。

    すべての検査を行うわけではなく、検査・治療を受ける人の年齢や治療方針等によって内容は大きく変わってきます。
     
    問診、カウンセリング
    性交渉の頻度、避妊を解除してからの期間、人工妊娠中絶や流産の有無・回数など一般的な内科よりもプライベートに踏み込んだ問診内容となります。

    基礎体温
    女性の基礎体温は卵巣の働きを知る重要な情報となるため、初診時に2、3ヶ月程度の基礎体温表を持って受診すると良いでしょう。
    基礎体温は婦人体温計(舌下で測定するもので、一般的な体温計よりも体温を細かく測定できるようになっている)を用いて、起床後すぐ寝たままで測定します。排卵の有無や黄体機能を見ます。

    経膣超音波検査
    細い棒状の機械を膣内に挿入して、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫(のうしゅ)などがないか診断します。その他にも子宮内膜の厚さ、卵胞の発育程度などを見ます。

    子宮頚管(けいかん)粘液検査
    子宮粘液とは子宮頚部から分泌される粘液で、月経周期によって量や粘稠度などの性質が変化します。排卵時期に採取することで、排卵時期を推測することや、卵巣の機能を見ることができます。

    子宮卵管造影検査
    子宮口からカテーテルを入れ、造影剤を注入してレントゲン撮影をします。子宮腔の形状、卵管の狭窄の有無などが分かります。
    また造影剤を注入することで、軽度であれば卵管の癒着を防げる効果もあるため、妊娠しやすい状態を作ることができます。

    フーナーテスト 
    排卵前後に性交してもらい、その後子宮口入り口や子宮頸管内の粘液を採取します。
    頸管内の精子の数や動きを観察します。
    必要に応じて複数回検査を行い、この検査の結果精子に問題があるとされた場合は、抗精子抗体検査(この抗体が多いと精子を外敵とみなして攻撃・排除してしまう)といって血液を採取して詳しく調べます。

    通気検査
    子宮から卵管に炭酸ガスを通して、その圧力で卵管の通過性を予想します。
    子宮卵管造影検査と同様に、検査によって卵管の軽度の癒着を改善し、妊娠しやすい状態を作ることができます。

    ホルモン検査
    血液検査を行い、血液中のホルモン濃度を調べます。
    女性側の卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、エストロゲン、プロゲステロン、プロラクチン、甲状腺ホルモン、男性側のテストステロンを調べます。
    また、LHは尿から採取することもあります。

    クラミジア検査
    血液検査(抗体価を調べる)と子宮頚部の細胞を綿棒で採取する検査があります。
    クラミジアは卵管周辺に癒着を起こし、卵管を閉塞させるため不妊症の原因となります。

    精液検査
    2日から5日間ほど禁欲後射精してもらい、精液を採取します。
    精液の量、1mlあたりの精子の数、運動率、奇形率を見ます。

    不妊治療を開始するタイミング
    避妊を解除してからの期間が1年以上
    冒頭でも述べたように避妊せず性交渉を行っていても1年間妊娠に至らない場合は、不妊治療を開始する一つの目安になるでしょう。

    女性の年齢が35歳以上
    女性の年齢は35歳を超えた頃から自然妊娠をする確立が急激に低下していきますので、女性の年齢というのもポイントです。
    35歳以上の夫婦が毎月排卵日付近に性交渉をしても6ヶ月以上妊娠に至らない場合は、検査・治療を考える目安となります。

    婦人科系、泌尿器科系の持病・問題がある人
    女性であれば生理不順な人、毎月生活に支障をきたす程の月経痛や経血量の多い人(子宮内膜症や子宮筋腫など婦人科疾患が原因となっていることがあります)、過去に婦人科疾患で手術の既往がある人などが当てはまります。
    男性であれば勃起障害のある人、精巣炎などの既往がある人が当てはまります。
    これらが即不妊症になるということではなく、原因(リスク)の一つとなり得ます。
    検査をスムーズに進めたり、治療の成功率を少しでも高めるために自分たちがまずリスク知っておくことが大切です。

    不妊症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    不妊治療の内容・料金、成功率

    一般不妊治療
    一般不妊治療とは、特定不妊治療とは異なり、女性の体内から卵子を体外に取り出すことなく、妊娠を成立させるための様々な治療法(タイミング法、排卵誘発法、人工授精など)を言います。

    人工授精は保険適応外となる点に注意が必要です。

    タイミング法
    一般不妊治療で最もスタンダードな治療法です。
    排卵時期(排卵の2日前頃が最も妊娠しやすいと言われています)に合わせて性交を行うものです。
    排卵日を尿検査や超音波検査などで確認することによって、妊娠の可能性を高めます。費用は数千円から数万円です。

    一般的不妊治療を2年ほど試みても妊娠に至らない場合は、次の特定不妊治療のステップに進みます。
    期間はあくまでも目安であり、女性の年齢によっては、より早い段階で特定不妊治療に移行することもあります。

    排卵誘発法
    タイミング法で妊娠に至らない場合は、ホルモン剤(内服薬や注射)で排卵を促します。
    排卵障害がある場合、黄体機能不全によって子宮の内膜に受精卵が着床しない場合に行います。
    この方法を排卵誘発法と言い、1回当たりの費用は数千円から数万円です。

    人工授精(AIH)
    タイミング法や排卵誘発法で妊娠しなかった場合に行います。
    人工授精とは良好な精子を取り出して、排卵時期に注射器などで子宮内に直接注入する方法です。
    原因不明の不妊症や男性の精子に問題がある場合に有効とされています。
    1回当たりの費用は約2万円(保険適応外)です。

    特定不妊治療(高度生殖医療:ART)
    特定不妊治療とは、卵子を体内から取り出して体外で精子と受精させ、受精卵が8分割程度になるまで培養してから再び子宮に戻す治療です。
    より専門技術を必要とすると、保険適応外なため一般不妊治療より費用は高額になります。
    特定不妊治療は公的助成制度の対象となります。
    しかし、助成を受けるにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

    • 夫婦の年収の合計が730万円以下であること
    • 法律上婚姻関係にあること
    • 特定不妊治療を行わなければ妊娠が難しいと医師が診断していること
    • 女性の年齢が42歳以下であることです。

    また、1回の最大助成額は15万円まで、通算5年間で10回までという回数・額の上限が設けられました(年齢は39歳以下であれば6回まで助成対象となり、40歳以上は初年度3回、次年度からは2回となります。)
    こういった年齢や助成回数・額に制限が設けられた背景には、不妊治療を受ける人の急増によって、自治体の助成額が増えてしまったということがあるのです。

    体外受精
    体外受精とは、卵巣から卵子を取り出し(採卵)、子宮内に受精卵(胚)を戻す過程(胚移植)において、体外で精子を卵子にふりかけるなどして受精させる方法を言います。
    受精した胚細胞のうち、良好なものを選んで子宮内に注入します。
    1回当たりの費用は約30万円です。
    採卵という作業が独特の痛みを伴うことが多いようです。

    顕微授精
    顕微授精とは胚移植の過程において、精子を卵子の中に針で注入して受精させる方法を言います。
    精子に問題があり、体外受精でも妊娠に至らなかった場合に行います。
    1回当たりの費用は約40万円です。

    手術
    検査を行った結果、女性に卵管癒着や子宮内膜症などの婦人科疾患がある場合、必要があれば卵管癒着剥離(ゆちゃくはくり)術、卵管形成術、腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術などの手術を行います。

    不妊治療の成功率

    一般不妊治療の成功率
    タイミング法による妊娠確率は1回目で37%、5回目までで90%とされています。
    逆に6回目以降は確率が低下するため、ここが次の段階に進むポイントになります。
    1回の人工授精で妊娠する確率は7%から10%程度とされています。
    これに排卵誘発剤を併用すると10%から15%程度に上がるというデータがあります。
    どの治療法においても女性、男性の年齢は若い方が妊娠確率は高くなります。

    特定不妊治療の成功率
    日本産婦人科学会によると、2014年の特定不妊治療による妊娠率は16.9%となっています。
    妊娠率は女性の年齢が上がるにつれて低下していき、30歳の女性であれば28%ですが、40歳で15%、44歳では5%となります。
    特に36歳を過ぎた頃から妊娠率が急激に低下していきます。
    逆に流産率は年齢が上がるにつれて高くなります。

    不妊治療を行うときの注意点

    産婦人科ですべての不妊治療を受けられるわけではない
    これまで説明したように不妊治療は段階が進むほど高額になるため、自治体の公的助成制度を受けることができます。
    しかし、各都道府県が指定した医療機関で特定不妊治療を受けなければ、助成の対象にはなりません。
    具体的な医療機関名は各都道府県、指定都市、中核市のホームページなどに掲載されている特定不妊治療費助成事業の指定医療機関を参照してください。

    妊娠までには時間もお金もかかる
    公的助成制度があるとは言え、まだまだ個人にかかる負担は相当なもとだと言われています。
    (治療費は数百万円とも言われます。)
    そこで特に費用のかかる特定不妊治療をサポートする民間の医療保険も発売されています。
    不妊治療中だけでなく、これから妊娠を考えている女性は知識として得ておくと良いでしょう。
    一度の不妊治療で妊娠に至ることは珍しく、検査や治療は段階を踏みながら行っていくため、平均で2、3年ときには5年以上を要します。

    不妊治療イコール妊娠ではない
    最も注意しなければならないのが、時間もお金もかかり、検査や治療項目によっては女性の体に負担のかかるものもあるのに、すべての女性が妊娠・出産に至るわけではないということでしょう。
    先に述べたように、特定不妊治療による妊娠率は約17%です。
    不妊治療は決して甘いものではないということを肝に銘じて治療に望む必要があります。
    また、こういった状況を踏まえつつ、10代、20代の若い頃から結婚や出産時期、子どもの数などのライフプランを漠然とでも持っておくことが大切です。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    不妊治療と言っても、様々な角度から考える必要があるとわかっていただけたと思います。
    一番重要なのは夫婦間のコミュニケーションが何よりも大事だと言う場合も多いです。
    話し合いながら納得して治療できる環境を整えていくのが良いでしょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。