• 妊娠中、少しだけなら飲酒しても大丈夫なのか

    妊娠中には飲酒すべきでないと考えられているが、1、2杯のビールやワインでも本当に胎児に悪影響があるのだろうか。多くの妊婦が抱くこの疑問に対し、現代の科学は最終的な結論を導き出せていない。

    しかし今回、妊娠中の少量のアルコール摂取により、早産や児の低出生体重のリスクがわずかに高まる可能性が、英ブリストル大学のLoubabaMamluk氏らによる研究で示唆された。

    米疾病対策センター(CDC)によると、妊娠中の飲酒は児のさまざまな医学的問題に関連する。特に大量飲酒は、胎児の小頭症や低身長・低体重、視覚や聴覚の問題、発話や認知機能の問題といった胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)につながることが明らかにされている。

    今回の研究でMamluk氏らは、妊娠中の少量のアルコール摂取(週32g以下のアルコール摂取と定義)による児への影響を調べた過去の研究結果を検索し、26件の研究を特定。

    妊娠に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    これらの研究のデータを統合して解析した。
    なお、32gのアルコールは、アルコール度数が高めのビールであればジョッキ1杯、白ワインであればミディアムサイズのグラス1杯に相当するという。

    その結果、妊娠中の少量のアルコール摂取による低出生体重や早産のリスクへの影響について検討した研究はあったが、それ以外の医学的問題に対する影響については十分なデータがないことが判明した。

    また、26件中7件の研究を解析した結果、妊娠中に少量のアルコールを摂取した母親から生まれた児では、全くアルコールを摂取しなかった母親から生まれた児と比べて低出生体重となるリスクが8%高いことが明らかになった。

    さらに、9件の研究を解析した結果、妊娠中に少量のアルコールを摂取した母親から生まれた児では早産となるリスクも10%高いことが分かったが、この関連は統計学的に有意ではなかった。

    ただ、今回の解析の対象となった研究の中には母親の喫煙や経済的な状況による影響が考慮されていないものがあるなどの限界もあるため、この解析結果は決定的なものとはいえないとMamluk氏らは説明している。

    この研究結果は「BMJOpen」8月3日オンライン版に掲載された。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月12日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 1日1回のアスピリンに重篤な妊娠合併症の予防効果

    妊娠中に毎日アスピリンを使用することで、重篤な妊娠合併症の1つである妊娠高血圧腎症を予防できる可能性を示した研究結果が胎児医学財団年次学術学術集会(FMF、2017年6月25~29日、スロベニア)で発表された。また、詳細は「New England Journal of Medicine」6月28日オンライン版に掲載された。

     妊娠高血圧腎症は、母体だけでなく胎児あるいは出生児に深刻な合併症をもたらし、死亡の原因となる場合もある。これまでにも複数の研究で低用量(50~150mg/日)のアスピリンによる妊娠高血圧腎症の予防効果が報告されており、これらの研究データのメタ解析では10%前後のリスク低減が示されていた。これに対し、今回の研究ではより高用量のアスピリン150mg/日を使用した結果、妊娠高血圧腎症のリスクは62%も低下したという。

     今回の研究は、英キングス・カレッジ病院のKypros Nicolaides氏らが実施したもの。対象は、英国やスペインなど欧州の5カ国およびイスラエルの産科施設13カ所で登録された、妊娠高血圧腎症のリスクが高い妊婦約1,700人。このうち798人をアスピリン(150mg/日)使用群(アスピリン群)、822人をプラセボ使用群(プラセボ群)にランダムに割り付けた。なお、妊娠高血圧腎症のリスクは、妊娠11~13週に母体の因子や動脈圧、胎盤成長因子などを組みあわせたアルゴリズムに基づき評価した。アスピリンまたはプラセボの使用期間は妊娠11~14週から妊娠36週まで、または出産が早ければ出産までとした。

     その結果、妊娠高血圧腎症により妊娠37週までに分娩となった妊婦の割合は、プラセボ群の4.3%に対してアスピリン群では1.6%と有意に低かった(オッズ比0.38、95%信頼区間0.20~0.74、P=0.004)。また、妊娠高血圧腎症により妊娠34週までに分娩となるリスクは、プラセボ群に比べてアスピリン群で82%の低下が認められた(同0.18、0.03~1.03)。一方、アスピリンの使用による重篤な副作用はみられず、胎児の有害事象も認められなかった。ただし、アスピリンは出血リスクを増大させるため、妊娠中の使用については医師に相談する必要がある。

     Nicolaides氏は、「アスピリンが母体から胎盤への血流を促進する可能性がある」と説明している。一方、米ハンティントン病院のMitchell Kramer氏は、「この研究から、アスピリンの使用によって正期産の妊婦における妊娠高血圧腎症だけでなく、妊娠高血圧腎症による早産の頻度も低減できる可能性が示された。早産は児にとって危険であるため、これは重要な点だ」と説明。さらに同氏は、低用量アスピリンは子癇の発生率を低減するのにも有効である可能性があると指摘している。

     なお、米国産科婦人科学会(ACOG)では既に、妊娠高血圧腎症リスクが高い妊婦に対し、妊娠12~28週に低用量アスピリン(81 mg/日)の使用を開始することを推奨しているという。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年6月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。