• 子宮筋腫になったら入院が必要?手術後の期間などを解説

    子宮筋腫と診断された場合、病状のことも気になりますが、入院したりする必要があるのかどうかもあると思います。まず初めに早期発見で、腫瘍が小さい状態であるならば、できる場所や大きさによって異なりますが、大半が手術の必要性がなく、通常であれば経過観察や薬での治療を用いられるケースが多いです。子宮筋腫ができたからといって、必ずしも入院が必要なわけではありません。医師による診断に基づくものが何より最善措置であり、一般的にはという認識ではあります。

     

    入院が必要なケースは?どのようなことが想定されるのか?

    先にも上げましたが通常であれば子宮筋腫が発見されたとしても入院の必要性はありません。ではどういったケースで入院が必要になるのか?

    それは大きく痛みの症状がでていたり、腫瘍の規模が大きい。不妊のリスクが高まる場合は、受診される患者さんの症状によって異なります。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    通常は経過観察や薬の場合は入院は必要がなく、手術の必要性がある場合は、どうしても入院の必要性が出てきます。

    術式(全摘出手術や腹膣鏡手術、開腹方法など)やできる箇所や大崎によって、入院にかかる時間や仕事の復帰ができるタイミングが異なります。

    いくつかある症状のうち、どれが該当するのか具体的な病名に対して、細かい部分は異なりますが、通常は一部分だけの切除といったケースでは入院期間はおよそ1週間前後の入院期間が多いです。全摘出に至るのは早期に発見されていた場合はほとんどそこへ至ることはありませんが、その場合は回復や改善の傾向によって前後しますが1か月程度の入院期間が必要になります。

     

    入院や手術に至らないためには早期発見が大切

    初期の子宮筋腫など症状がない時に発見されることで、手術に至るリスクは最小限に抑えられます。いざ入院するとなると持ち物を用意したり、費用のことを考えたり(保険適応される治療法とされない治療法があります)しなければならず負担も大きなものへとなっていきます。手術後の仕事復帰や痛みを抱えるよりも、早い段階で見つけてしまい、そこから適切なセルフケアを行うことで症状の緩和、完全になくなるといったケースも十分可能な病気なので、一度も受けたことがない人がいたら、ご自身の身を守る上では一度は検査を受けるというのも良いと思います。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫は怖い病気?知っておかなければならないこと

    子宮筋腫は、子宮に良性の筋腫ができる病気のことを言います。まず初めに子宮筋腫自体の病気に関しては、命にかかわる病気ではないと、著名な産婦人科医師も発言する通り、怖い病気ではないと言っている人がほとんどです。良性から悪性(子宮がん)に変わる可能性は決して0%ではありませんが限りなく0%に近い確率であり、子宮筋腫の病気自体は諸説は色々ありますが、3人に1人、4人に1人と言われるているほど、決して珍しい病気ではありません。ただ、最も怖いことは放置してしまうこと。これが何より一番リスクが大きくなります。どういったことが生じてしまうのか?詳しく解説していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    放置すると怖い?自分に負担がかかるリスクがあります

    先にもあげましたが子宮筋腫自体は命にかかわる病気ではありません。ただ子宮筋腫が検査などで発覚し、それを放置したり、子宮筋腫が大きくならないからといってある日の病院へ行かなくなるなど、できる限りは避けた方が良いでしょう。

    子宮筋腫の成長速度や大きくなるスピードは個人差があります。半年で大きくなる人もいれば、数十年大きくなることなく、閉経を迎え収縮するといったケースなどもあります。

    成長する速さは人により異なり、1年間成長しなかったからといって安心したときにふと症状が現れた時に病院に運ばれたときは、急激に成長したりといったケースもあります。

     

    怖いのは見守らないこと

    子宮筋腫が大きくなると、何処に腫瘍ができたかによって症状は変わりますが、不妊や食欲不振、生理時に出血量が大きくなったり、痛みが強くなったりずっと続いたり、さまざまな影響を及ぼします。通院のタイミング自体は医師と相談して決めることができますので、通院の負担が大きい場合は頻度を減らすなど相談すると良いでしょう。本当に怖いのは、通院を取りやめてしまうことであります。症状がわかり、原因であるストレスやその他要因を取り除いてあげることで、セルフケアの方法も変わります。万全な体制で備えることで、ある日、突然消えているといったケースや小さくなるといった症例も珍しくはありません。重要なのは自己診断で完結しないこと。これを気を付けていれば手術も行うことなく、負担なく日常生活を送れることもできます。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫の変性とは?壊死や石灰化の危険性など

    子宮筋腫は良性の腫瘍ができる病気であり、この筋腫の状態が変化することを子宮筋腫の変性と呼びます。
    大きくなる前に本来なら医師の診断の元適切な処置を行うのが良いのですが、早期発見、放置しない。
    これが何より大切が、ずっと放置したままにするとどういった症状が起きやすいのか、詳しく解説していきます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    子宮筋腫の変性はいくつか種類があります。

    〇硝子化変性
    酸素の欠乏や栄養や血液が回らず壊死した状態。ガラスのように硬くなり最も変性タイプでは該当症状に当たる人が多い症状の一つです。

    〇粘性変性
    硝子化変性が、粘液質に変化した状態の症状をあらわします。

    〇赤色変性 または 別名;肉様変性
    妊娠中に起きやすい症状です。妊娠前に本来であれば検査を受けたり、小さい時期から医師の観察下にあり経過観察などであれば安心感はあります。出血、鬱血すると筋腫が赤くなることからこう呼ばれています。

    〇水腫変性 または 別名:脂肪変性
    赤色変性の血液が溜まった状態ではなく、主に脂肪がかたまることにより引きおこる状態です。

    〇石灰化変性
    カルシウムが沈着することで、石のように硬くなった状態をあわらします。なる確率はそれほど高くなりませんが、子宮筋腫がある状態で閉経を迎えた人に多い症状です。

    〇悪性変性
    一番、死亡率が高く放置しておくには危険な状態です。子宮筋腫から編成になる確率は限りなく0に近いのですがレアなケースで良性の筋腫が悪性へと変化し、子宮肉腫に変わります。最近ではテレビで取り上げられていてご存知の方も多いと思いますが別名は、子宮がんのことを現します。

    おかしいと思ったら病院に行くのが重要

    定期検査、婦人科検診など検査を受けることが第一の予防策です。早期発見できれば手術することなく、薬や日々の生活改善で発症リスクも抑えられます。
    日々の仕事で中々いけない。そういったときに気を付けなければいけないのが痛みの変化です。子宮筋腫を患うと生理時、一つの症状のあらわれとして過多月経が起きます。
    普段感じない痛みを感じたり、出血の量が多くなったり、人により生じる影響はさまざまですが必ずその兆候が現れます。
    平気だから耐える。大丈夫だろうと放置するのは何より危険です。
    少しでも異変を感じたら、何もなければ安心できますし、発見できれば症状の変化が起きても医師の元、適切な治療が受けられ子宮筋腫の変性リスクも抑えられるので、怠らずおかしな症状がでたら、いつまでも我慢せずに病院へ行くことを強くおすすめいたします。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫による不安な気持ちの解消。原因と治療改善に

    子宮筋腫と婦人科検診や検査で診断されて不安になる人も決して少なくはないと思います。もちろん、病気自体は全てない方がかからない方が良いのは当たり前なのですが、子宮筋腫になったからといって過度に不安になる必要はありません。
    医師によって多少異なるのですが、3~4人に一人は子宮筋腫であるといわれており、その大きさや症状は問わず発症リスクは比較的高いといえます。
    ただ、その病気が発覚しているということは、現在医師から適切な診断や治療を受けている。もしくは受けられる環境であるといえます。子宮筋腫のケースで一番怖いのは、気づかないで症状が重くなっていくこと。激痛が走り突然救急車で運ばれてそのまま入院というケースもあります。実際に見つかった時点で医師と相談できるという時点では月経困難症のリスク、不妊リスク、妊娠中であれば子宮筋腫合併妊娠のリスクなどカバーできる環境であるため、まずこの時点では安心できる一つのポイントです。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治療方法はいくつも選択肢があり決められる

    医師による診断・治療方針の元にいくつか治療方法があります。

    ・薬物療法
    症状によっては異なりますが痛みの鎮静剤や止血剤など過度な痛みをもたらす過多月経などの治療に用いられます。日本の医療薬は優秀で治験(暗税の高い状態)など新薬の開発も活発的に行われています。

    ・手術による治療
    最大限のリスクとしては子宮の全摘出。こういったリスクもあります。ただこの状態に至るまでは相当な年月や放置期間(検査など受けず痛みに耐え続け長期間放置)。確率自体はそういったケースはかなり少ないのですが、検査や定期検診を行うわないでいると生じる可能性があるというのだけは頭に入れておかなければなりません。通常は経過観察(個人差はありますが数十年成長しない場合もある)、腫瘍のみを取り除く手術が行われるのが一般的です。

    ・偽閉経療法
    ホルモンバランスを抑え月経を止めるといった治療法です。子宮筋腫は初潮前では発症せず、閉経後には収縮するのでこういった治療法を用いる場合もあります。ただ長期間使うと若くして更年期障害を患うリスクがあるため、こちらは医師と相談して決めるといった選択が良いでしょう。

    子宮筋腫はとにかく早期発見。放置しないことが大事です。見つかれば生活習慣や食生活。ストレス発散など様々な防衛処置もとれて、治療方向へ進むことができます。不安を抱えてしまうのは当然ですが見つかったということは過度に不安がる必要はまったくありません。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫に痛みがある?見逃してはいけない身体のサイン

    子宮筋腫による痛みが出る症状は実はある程度進行した状態であることが多いケースがあります。過敏に気づきすぐに病院で検査して発覚ということがありますが、多くの人は初期症状が特に子宮筋腫が小さいときには無症状の状態が多く、中々気づきにくいものです。定期的に婦人科検診と超音波検査などを受けてた場合、痛みのない小さな段階で気づくことができ、薬による処置や経過観察といったことも決して珍しくはありません。子宮筋腫が及ぼす痛みはどのようなものがあるのか?詳しく解説していきます。

    生理痛(月経痛)

    女性であれば誰もが経験するものであり、重い症状の方もいらっしゃると思いますが多くは耐えられるほどの痛みではありません。子宮筋腫ができた状態の場合、内部の子宮内の筋肉や収縮に影響を及ぼし、いつも以上に痛みが出る場合があります。

    下腹部痛

    普段痛まない場所が痛み出したら注意が必要です。筋腫が大きくなると出来る場所によっては腸や膀胱、尿道まで広がり子宮以外へと痛みの原因となるケースがあります。排尿時の痛みなども、尿管を収縮させてしまうことで通常のように機能することができず痛みが生じます。こういった痛みのでるケースや頻尿になるケースも考えられるため違和感を感じ始めたら病院での検査を受けるのも良いでしょう。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    腰痛

    比較的、立ち仕事や座り仕事。月経時に腰への痛みを感じる場合も多いと思います。こういうケースは、子宮近く、骨盤周りの神経が筋腫により圧迫され痛みの症状を引き起こす場合もあります。特に生理が終わり腰痛が続く場合なども、原因の一つである可能性があります。

     

    いずれのケースも中々大きくならないと気づきにくく、ちょっとした違和感で検査を受けるというのが非常に大切です。子宮筋腫が出来ている状態で多少の痛みの変化。耐えられるから平気!と放置していると、ある日激痛に襲われ、市販の痛み止めでも効かず救急車で運ばれてそのまま入院ということもあります。

    日々の子宮筋腫の検査を受けることも重要ですが、ちょっとした痛み。いつもと違う痛みを感じた場合は無理に我慢するのでなく、もしもに備えて医師による診断を受けた方が良いでしょう。何もなければ安心できますし、他の病気が原因でも早期発見に繋がりやすくなります。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 生理(月経)時の血が止まらない原因は子宮筋腫の可能性も

    女性であれば必ず訪れる生理(月経)。ある日を境に突然と起きる大量出血。血が止まらないといった場合、普段とは違う症状に不安な気持ちも膨らんできます。

    もちろん、最終的には医師による適切な診断が一番安心できることではありますが、このページでは子宮筋腫による出血の可能性をご説明しています。

     

    子宮筋腫による出血のメカニズム

    子宮筋腫とは、子宮内にできる良性の腫瘍のことをさします。全ての人が必ずしも子宮筋腫により出血するわけではないのですが、その大きさやできる部位により、過多月経の症状を引き起こします。通常、婦人科検診や、超音波検査、内視鏡検査などで発見できるケースで事前にわかる人もいますが、発症からその大きくなるペースも違い、初期症状も普通に生活していると中々気づきにくい場合はよくあります。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    子宮筋腫には三つの状態があり、粘膜下筋腫、漿膜下筋腫、筋層内筋腫に分類されます。それぞれ粘膜下筋腫は子宮内の内側にできるため出血症状を及ぼしやすく、漿膜下筋腫、筋層内筋腫は子宮を囲うように外側にでき、漿膜や筋肉の層にできる筋腫は出血の影響は及ぼしにくいです。もちろん、内側にあればその影響下は小さい状態でも出血を招くケースも大きくなるのですが、外側でも大きさによって血管を圧迫したり、傷つけてしまうことで出血が止まらないといった症状を引き起こすため、必ずしもこの状態であるというのは検査を受けなければ可能性であって、確定ではありません。

    具体的な原因もどういったことが影響しているのか詳しく検査する必要があり、大量に血が出て止めることができない。出血時に塊がでる。痛み止めが利かない下腹部痛など、放置していると症状は重くなってしまうため、おかしいと異変を感じたときは迷わず病院に向かいましょう。

     

    不安な気持ちになるのは当然です。今まで体験したことがなければ、誰でも不安になります。そういったときこそ落ち着いて行動することが大切で、近くの病院に向かいましょう。痛みがひどく歩けない場合や深夜帯で特に出血とともにいつも以上に痛みが激しい場合は、救急車を呼ぶのも手段の一つです(実際に症状がひどい場合は病院の医師に言うと呼ぶべきであるといってくれます)

    子宮筋腫による過多月経は貧血の症状は引き起こしやすいですが、命をいきなり落とすといったことは確率としては物凄く少ないです。ただ、早くに見つかれば見つかるほど、ピルによるホルモンバランスの調整や止血剤などの対処法は色々あるので、まずは病院に行くということを何よりも心掛けてあげてください。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫が妊娠中に発見されたときに考えるリスクとトラブル

    子宮筋腫ができると妊娠前、妊娠中(妊婦)時にもリスクがあります。それは出来る場所により手術して取り除くべき症例やさまざまです。自覚症状がない初期の頃などは婦人科検診などにきちんといっていたり、超音波検査などきちんと意識的に受けないと、子宮筋腫を見逃すケースもあります。妊娠に関する子宮筋腫の情報を色々ある情報からまとめてご紹介いたします。

     

    Q.子宮筋腫中は妊娠しにくいの?

    A.しにくい場合があります。正確には出来る場所にもよって変わります。子宮筋腫があることで妊娠しないかというと、そういうことでもありません。妊娠できるというのは間違いはありませんが、ただ着床に影響は及ぼす多かれ少なかれ影響をきたすケースがあるということです。どうしても妊娠したい!という場合は限りなくリスク回避や確率をあげる意味でも可能性が低くなるのであれば医師の診断の元切除してしまった方が良いでしょう。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    Q.妊娠中に子宮筋腫があると、流産の可能性が?

    A.高まります他にも常位胎盤早期剥離、早産や前期破水など筋腫の大きさやできる箇所によりリスクは生じます。赤ちゃんは授かりもの、なるべく避けたい人は妊娠前にきちんと検査を受けておいた方が良いでしょう。子宮筋腫合併妊娠は、大きな事例をあげるのであれば胎児だけでなく、母体にまで命の危険性がある状態になることもあります。

    筋腫の大きさによっては、手術で取り除くことをせず出産後に切除するという選択もあります。子宮筋腫は発症から数年経過しても大きくならないこともありますが、1年間の間にあっという間に巨大化することもあります。妊娠中に発覚したときは、医師の診断の元きちんと監視し経過を見守ることが非常に大切です。自己判断せずにこれから生まれる子供のために適切な環境下の元、病気と向き合っていくことが凄く重要です。

     

    子宮内であれば問題がないケースも多いのですが子宮の入り口に筋腫ができた場合、産道を筋腫で塞いでしまい帝王切開の可能性も出てきます。痛みを少しでも避けたい方や帝王切開をなるべく回避したい方はトラブルを最大限に避けるために、妊娠をする前にきちんと検査を受けておくことをおすすめいたします。

     

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:12345
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 子宮筋腫の大きさ?どれぐらいの進行スピードなの?

    よく聞く女性であればよくきく子宮筋腫。良性の腫瘍ができる病気であり、女性であればなる可能性は大なり小なりあるといえます。どういったタイミングで気づくのかは、普通の人は、過多月経や月経痛に悩まされて、そういった症状が起きてから病院に行き検査を受けて2センチ、3センチで見つかるケースもあれば、異変を感じたものの仕事が忙しくてなかなか検診に行けず、気づいたときには一般的に取り除いた方が良いといわれている目明日10cm以上(実際は医師の判断に従って下さい)の大きさになっていたり、もしくは初期症状やできる箇所によっては体自体に異変がなかったものの、婦人科検診によって5cm、7cmぐらいの大きさまで無症状のまま見つからなかったケースもあったりします。

     

    どれぐらいの成長スピード?進行スピードがなのか?

    これも現代医学では解明はされておらず個人差の影響によるものが非常に多いといえます。一番の影響と考えられているのは女性ホルモンのエストロゲンに起因していることが有力説であるといわれており、女性ホルモンも個人によって差があるため一概に言えないといった部分があります。

    人によっては数年経過してもまったく大きさが変化しない人もいる反面、ある日、突然大きくなっていき、1年も前の婦人科検診よりもかなり大きくなっていて手術に至るといったケースもあります。

    女性ホルモンに関係することが有力と考えらえているのであれば、冷えや生活週間の崩れストレスが原因であるとも言えるため、今の現代社会、気を付けることはできていてもこれらをすべて回避するというのも難しいといえます。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    どういった人がなりやすいの?

    これも詳しくは解明されていません。ただ、初潮前には筋腫はできず、閉経後には筋腫が小さくなる傾向があるため、上記にあげた女性ホルモンに関係したこと。遺伝子レベルで元々なりやすい人、なりにくい人がいるということだけはわかっています。

    人種、日本人やアメリカ人などでもこの違いがあるともいわれ、先にあげた遺伝子レベルでの話や生活習慣、食生活による影響もあるかもしれません。

    食生活による影響は、肥満気味の方も通常の体系に比べて発症率が高い傾向があるとデータは発表されていますが、やはり主にこれが悪い!これが良いというのは現段階での解明は難しいようです。

     

    子宮筋腫は、日々の生活に気を付けていても完璧に防ぎきることはできにくく、女性であれば発症する可能性が0%ではないという病気であるといえます。過度な不安こそ抱く必要はありませんが、定期的な婦人科検診、検査などは安心を得るためにできるだけ面倒くさがらず受けるというのも、他の病気同様に大事なことかもしれません。

     

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:1234
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 子宮筋腫の病名とその病名分けされている種類とは?

    子宮筋腫の病名ですが、この病名自体は総称をさしており、どの部分に出来るかによってその病名自体も変わってきます。

    体部筋腫

    子宮の内側。内部にできる筋腫のことをさしており、ほとんどの方がこの体部筋腫と呼ばれる発症ケースに該当することが多いです。婦人科検診や超音波検査などで発見されることがあり、定期的に検査を受けていると筋腫も大きくならないうちに発見することができるます。主に体部の種類は3つあり、子宮内のどこにできるかで症状も変わってきます。

    粘膜下筋腫

    子宮の内膜部分に該当する箇所で体部筋腫の中では発症率は低めです。ただ、子宮の内側部分に発症する筋腫のため特に不妊の原因になりやすく、子作りをしている方は気を付けなければならないのが着床率の低下、そして流産のリスクが高いといわれているため、特に注意が必要です。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    漿膜下筋腫

    子宮内の外部、外側の漿膜(しょうまく)と呼ばれる部分にできる筋腫です。小さいうちはもっとも気づきにくく、月経痛、過多月経(出血量の増加)も他の種類に比べると痛みの自覚症状の影響も出にくく、大きくなってから発見されるケースが非常に多いといえます。定期検診をきちんと受けていないと、見落とす可能性があります。

     

    筋層内筋腫

    子宮筋層にできる筋腫で体部筋腫の中でも最も発症例が多い病気です。漿膜下筋腫と同様に症状が現れにくく、とても小さいうちは自覚症状がほとんどありません。出来る箇所が膀胱や直腸付近に近い部分にできるため、大きくなるにつれて尿意の頻度が増えていたり、便秘になったり、腰痛症状を引き起こしやすく、大きくなればなるほど体の機能への症状をきたしやすいといえます。

     

    頸部筋腫

    体部筋腫と異なり、子宮の入り口にできる筋腫です。発症はそれほど多くはないのですが、

    大きくなる前に手術は受けた方が良い種類であるといえます。排尿障害、腎水腫等の症状と併発しやすく、放置して大きくになりすぎる障害をきたし、特に妊娠をされている方は気を付けなければならないのが、胎児が出るための出口を塞ぐことになるので、帝王切開が必要になるケースがあるということを考えておかなければなりません。

    出来る箇所によって入院の必要性や手術難易度、再発リスクも変化してしまいますが何より重要なことは検査を積極的に受けること。大きくなればなるほど、手術、入院、再発などのリスクも高まっていきますので、何よりご自身のために心がけてあげてください。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:12
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 子宮筋腫の検査の項目やエコーやMRIや子宮鏡について

    子宮の筋肉にできる良性腫瘍の出来る病気を子宮筋腫と言います。がん化することは極まれですが放置すると過度な貧血症状を引き起こしてしまったり(月経時の出血量の増加が起因)や不妊の原因になるので、早期発見につながる検査は受けておくことは大切なことと言えます。手術に至るかどうか。早期発見であれば入院もいらないケースもあります。大きくなる前にどういった検査方法で発見できるのか、検査方法とともに一例でご紹介していきます。

     

    ・内診検査

    会社の健康診断で行われる婦人科検診などで行われる内診が一般的です。診察時に膣内や子宮内にしこりがないか調べることで、検査時に硬さ、形状の凹凸の有無などでわかることがあります。よく自治体によっては婦人科検診の無料期間を設けていたり推進していたりするのもこういった病気を早期改善・治療するためのものであり、面倒だ!と避けてしまうよりも積極的に受けた方が良いでしょう。

    子宮筋腫を発見にするための検査方法は?

    ・超音波(エコー)検査

    超音波検査は、モニター画像を見ながら子宮の状態を調べる方法で見落としてしまう小さな筋腫を発見できる可能性があります。経腹法と経腟法の2種類。一般的なお腹の上から当てて検査をするものか。膣内に入れて調べる方法があります。可能であれば両方を選択するとより早期発見につながるので可能であれば希望するのも良いかもしれません。

    子宮筋腫に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

     ・子宮鏡(ヒステロスコピー)検査

    胃カメラと同様に子宮に細いカメラを入れて子宮内部の状態を直接検査するものとなります。超音波検査や内診検査により、特に粘膜下筋腫の疑いが強い場合。次の検査の一つとして用いられるケースが多いようです。

     ・MRI検査

    よく医療番組でも取り上げられる聞きなれた言葉のMRI。上記の検査内でも発見できることではありますが、その正確さはやはり優れていて具体的な位置、大きさなどの種類をきちんと把握することができます。子宮筋腫の一種である子宮腺筋症、悪性の子宮肉腫と区別することができ、最初からMRI検査を受けるという選択肢か、疑いがある場合にすすめられますが、不安を取り除くためや早期治療のためには消極的にならず、受けた方が良いでしょう。

     

    色々な検査方法がありますが痛いといったイメージでも言われていますが、それは検査の方法によってさまざまです。生理中(月経中)でも検査自体は行ってもらえるため、受診する側は気にする必要はありません。重なって嫌な場合はもちろん別日で手配することもできます。

    検査の費用も高額に請求されるわけではないので、事が大きくなる前に正常か異常か、きちんと状態を把握するという意味でも検査を受けるということはおすすめです。

    子宮筋腫の基本情報についての詳しい解説はこちら

    子宮筋腫とは?症状や原因、過多月経や貧血。手術やそれ に伴う費用や入院期間の目安。どういった検査方法があるのかなど詳しく解説しています。

    子宮筋腫に関する基本情報

    参考サイト:1234
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。