がん治療中も学校の勉強を続けよう

子どもががんの治療を受けているときは、学校の勉強は優先すべき対象から外されがちかもしれません。

しかし小児がん患者の多くは学校に行き、ほかの子どもたちと一緒に過ごすことを平常な生活の象徴と考えています。

治療中でも以下のような方法でできる限り学習を続けましょう。

  • 自宅での指導を頼んでみましょう。米国では多くの場合、公立学校が無償で指導を提供しています。
  • 病院やクリニックで院内学級に参加することもできます。
  • 医学的に問題がなく、子どもの体調が十分によければ、治療中でも通常どおり通学を続けることもできます。

情報元:米国がん協会(ACS)

小児がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年12月28日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。