コンタクトレンズのリスク

コンタクトレンズは、感染症や角膜潰瘍などの深刻な眼疾患の発症リスクを増大させることがあります。

以下のような徴候がみられる場合は、コンタクトレンズの使用を中止して医師の診察を受けることが重要です。

  • 痛みや不快感
  • 過剰な流涙や目やに
  • 光に対する異常な過敏性
  • 痒みまたは灼熱感
  • 異常な赤み
  • かすみ目
  • 腫れ

情報元:米食品医薬品局(FDA)

コンタクトレンズに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年9月13日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。