シニア女性の物忘れに銅が関係?――東京医科歯科大

 銅の摂取量が多いシニア世代の女性は、物忘れが多いことが明らかになった。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科茨城県地域産科婦人科学講座の寺内公一氏らの研究による結果で、詳細は「Food Science & Nutrition」7月1日オンライン版に掲載された。

 閉経期や閉経後の女性は、閉経前女性に比較して記憶障害が多いことが報告されている。その原因として、女性ホルモンの分泌量低下のほか、摂取栄養素との関係を示唆する海外からの報告も見られるが、詳細は分かっていない。そこで寺内氏らは、日本人女性を対象とする横断研究を行い、栄養摂取状況と物忘れの重症度との相関を検討した。

認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

 研究対象者は、2009年1月~2017年8月に東京医科歯科大学病院の更年期外来を受診し栄養教育プログラムを受けた40歳以上の患者のうち、食事調査および生活の質(QOL)や不安・うつに関する調査に回答した245人(平均年齢53.4±6.8歳)。ホルモン補充療法を受けている人や子宮摘出術既往者、向精神薬服用者、閉経状態が不明の人などは除外した。

 物忘れの重症度は、本人の自覚を基に、物忘れの頻度が月に0~1回の場合を「物忘れなし」、週1~2回を「軽度」、週に3~4回を「中等度」、ほぼ毎日を「重度」と4段階に分類した。それぞれの該当者数は同順に、82人(33.5%)、87人(35.5%)、39人(15.9%)、37人(15.1%)だった。

 この4群間に、年齢や閉経状態(閉経前/閉経期/閉経後の人が占める割合)、BMI、除脂肪体重、併存疾患、喫煙・飲酒・身体活動習慣などの有意差はなかった。ただし、物忘れの重症度が高いほど、不眠や不安、抑うつなどの訴えが多く、生活満足度が低かった。また、物忘れの重症度と有意な関連のある摂取栄養素は見つからなかった。

 次に、対象者全体を40~54歳の中年群(166人)と、55歳以上のシニア群(79人)に分類した上で同様の検討を行った。すると、中年群では全体解析と結果が変わらず、物忘れの重症度と摂取栄養素の相関は見られなかった。一方、シニア群では、カリウム、マグネシウム、銅、ビタミンB1の摂取量が多いほど物忘れが重症という有意な関連が認められた。また摂取栄養素以外では、身体の自覚症状、生活満足度、不安、抑うつなども物忘れと有意に関連していた。

 これら、有意な関連が見られた因子を独立変数とする多重ロジスティック回帰分析の結果、栄養素の中では銅の摂取量のみが引き続き有意な因子として残った〔10mg/kJ/日あたりの調整オッズ比(aOR)1.34(95%信頼区間1.11~1.66)、P=0.004〕。さらに、年齢やBMI、その他の背景因子を加えて調整しても、銅の摂取量が多いことは、やはり物忘れの重症度と有意に関連していた〔aOR1.25(1.08~1.50)、P=0.006〕。

 この結果から著者らは、「銅の過剰摂取は高齢日本人女性の主観的な物忘れの重症度と正の関連がある。銅の摂取量を減らすことが、高齢女性の物忘れ症状を抑制するかもしれない」と述べている。銅の過剰摂取が物忘れにつながる機序については、「アミノ酸と結合した銅の一部は血液脳関門を通過して脳に到達し、酸化ストレスや細胞障害を惹起する可能性がある」などの考察を加えている。

 なお、一部の著者が食品関連企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。

軽度認知障害(MCI)のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

軽度認知障害を予防し認知症への移行を防ぐためには早期発見、早期予防が重要なポイントとなります。そこで、今回は認知症や軽度認知障害(MCI)を早期発見できる認知度簡易セルフチェックをご紹介します。

軽度認知障害(MCI)のリスクをセルフチェックしてみよう!

参考情報:リンク先
HealthDay News 2020年10月5日
Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。