週1時間だけの運動でうつ病リスクが低下

強度にかかわらず週1時間だけでも何らかの運動をすると、将来うつ病を発症するリスクが低下する可能性があることが、ノルウェーの成人約3万4,000人を対象とした研究で明らかになった。

詳細は「American Journal of Psychiatry」10月3日オンライン版に掲載された。

この研究を実施したのはニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)精神医学部准教授のSamuel Harvey氏をはじめとするオーストラリア、ノルウェー、英国の共同研究グループ。1984~1997年にノルウェーの精神障害や身体疾患のない健康な成人3万3,908人を対象に実施された「HUNTコホート研究」のデータを分析した。

その結果、約11年間の追跡期間中に7%がうつ病を発症し、9%が不安障害を発症していたが、研究開始時に強度にかかわらず余暇に運動を定期的にしている人ではうつ病を発症するリスクが低いことが分かった。
交絡因子を調整して解析した結果、対象者の全員が週1時間以上運動していれば、その後発症したうつ病の12%を予防できたと推定された。
また、研究開始時に全く運動をしていなかった人では、週に1~2時間運動していた人と比べてうつ病を発症するリスクが44%高いことも示された。
一方、運動と不安障害リスクとの関連は認められなかった

うつ病の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

ただ、今回の研究では運動時間が2時間を超えるとうつ病リスクの抑制効果は頭打ちとなり、運動時間が長ければよりリスクが低下するわけではないことも示された。
これについてHarvey氏は「身体的な健康には運動時間が長いほどより多くのメリットが期待できるが、精神的な健康には同様のことは言えないようだ」と説明。
その上で、強度にかかわらず、運動によるうつ病リスクの低下が認められたことから、同氏は「ウォーキングといった軽い運動をはじめ、どのような種類の運動も、メンタルヘルスにメリットがあるということが今回の研究結果で最も重要なポイント」と強調している。

この研究結果について、米モンテフィオーレ医療センターのSimon Rego氏は「運動によるうつ病リスクの低減効果は、おそらく複数の機序を介したものと考えられるが、現時点でははっきりしたことは言えない」とした上で、「激しい運動でなくても、たった1時間の運動で良いというのは全く運動していない人にとってはハードルが低い。
これは心強い結果だ」と話している。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年10月3日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。