糖尿病患者がインフルエンザに罹ったら

インフルエンザは急速に発症し、筋肉痛、高熱、悪寒などの症状をもたらします。糖尿病のある人は、インフルエンザに罹る前に備えておくことが重要です。
  • 血糖値を測定する頻度を増やし、ケトン体を監視するよう医師から勧められることがあります。
  • インフルエンザが治るまでの間、薬を調整するよう医師から指示されることがあります。
  • 咳止めシロップや鼻づまりの薬など、インフルエンザの症状を改善する薬には糖が含まれる場合があることを知っておきましょう。
  • 水分を十分に摂取しましょう。
  • 身体が感染症と戦うための栄養を摂取するために、普段通りの食事を取りましょう。

情報元:National Diabetes Foundation

2型糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年12月4日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。