飼い犬に与えない方がよい「おやつ」

飼い犬に与えたおやつやごほうびが、思わぬけがや病気の原因となってしまうことがあります。

ペットが不適切なものを口にすると、胃や腸の閉塞、窒息、口のけが、嘔吐、下痢、内出血などが生じ、最悪の場合は死に至ることもあるといいます。

以下の点に注意して、飼い犬の安全を守りましょう。

  • 料理に含まれる骨の中には折れやすく、割れると鋭利な破片が生じるものがあります(特に鶏骨)。そのため、調理中や家族の食事中は、ペットが料理を口にしないよう気を付けましょう。
  • ごみの処理にも十分に注意しましょう。犬はごみの中から食べ物を探すのがとても上手です。
  • 飼い犬に適した安全なおやつについて、獣医に相談しましょう。

情報元:米食品医薬品局(FDA)

治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年12月15日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。